人気ブログランキング |
NSRフロントブレーキメンテナンス
カタナに続いてNSRもフロントブレーキメンテナンスやります。

週末にかけていい天気になりましたが、まだ5月なのに気温が猛烈に上がって30度超えです。屋外作業も日陰がないとバテますね。
c0147448_1762499.jpg
パッドの残量は十分あるので変色が進んだフルードを交換します。
c0147448_1714422.jpg
キャリパーとパッドは洗浄し、パッドには薄くシリコングリースを塗っておきます。
c0147448_17154784.jpg
リザーバタンクのフルードを汲み出し、キャリパーのブリーダーからも注射器で吸い出し、取れたフルードは約70cc
c0147448_17164857.jpg
この時、キャリパーのピストンを目一杯押し込んでおくと、古いフルードの残留がほとんど無くなるのと、新しいフルードの注入が捗ります。

ここでキャリパーからブリーダーボルトを取り外してみて、ちょっとビックリ。
c0147448_17344397.jpg
Oリングがついています。

ほかと比べてみると、
c0147448_17352622.jpg
ブレンボもトキコもOリングはありません。
これが普通だと思っていましたが、さすがですね。Oリングがあることで、ネジを伝って上がってくるフルードがにじみ出ることは無いし、エア抜きの時などにエアを吸い込むことも無いです。

前にNSRのフルード交換をやったときはブリーダーボルトを外さなかったので気づきませんでしたが、エア抜きが捗り、すぐに終わったのはこのOリングのおかげだったんですね。

あと、トキコのは8ミリのレンチを使いますが、エア抜きホースを差し込むとレンチのかけ替えが出来ません。ニッシンのは10ミリなのでかけ替えOKです。細かいところですが、こういう作業性の良さも地味に満足度上がりますね。

キャリパー、ブリーダーボルト、パッドを元通りに組み、新しいフルードを注ぎます。
c0147448_1745683.jpg
キャリパーのブリーダーボルトにシリンジポンプをつなぎ、ブリーダーボルトを少し開けて吸引します。
フルードが少し出てきたら、ブレーキレバーをストロークさせ、しっかり出てくるようになったら一旦閉めて反対側も同様にします。
c0147448_17471745.jpg
この時点でほぼ仕上がっていて、両方のブリーダーボルトを閉めてレバーをストロークさせ、ピストンが出切ったところでしっかりした手応えが出てきました。
あとは普通に左右のキャリパーでエア抜きをして完了。

シリンジポンプで吸引しているときにブリーダーボルトのネジ部からエアを吸い込んでいる感触は一切ありませんし、もちろんフルード漏れも無し。やっぱりニッシンはよく出来てますね~

吸引とエア抜きで排出した新しいフルードは25ccでした。
c0147448_180586.jpg
リザーバタンク内のフルード量を調整し、フタをします。
c0147448_1814617.jpg
〆にコレをやって終了ですw
ブリーダーボルトの中に残ったフルードもやっぱり吸い出しておかないとね。
c0147448_1821948.jpg

# by group-a | 2019-05-26 18:09 | NSR250R | Comments(0)
フロントブレーキメンテナンス
カタナのフロントブレーキメンテナンスです。

今朝も宮ヶ瀬に行ってきましたが、暗いイヤな雲が湧いていて、ちょっとイヤな感じはしていました。そうしたらやはり雨がパラパラ降ってきて、じきに雨脚も強くなってきました。しばらくしたら止みましたが、路面が乾かないうちにまた雨粒が落ちてきたので早めに退散しました。雨が降っていたのは宮ヶ瀬湖あたりだけだったようです。

帰宅後、カタナのフロントブレーキのメンテナンスに取り掛かりました。

キャリパーの清掃、フルード交換、そして、マスターシリンダーのパーツ交換とリザーバタンク交換をやります。

まずキャリパーの洗浄。パーツクリーナーで汚れを流し、食器用洗剤とぬるま湯でブラシ洗い。
洗浄が済んだら、フルード交換を捗らせるためピストンを目一杯押し込んでおきますが、もう片方の洗浄とピストン押し込みをする間はパッド3枚を挟んでピストンのせり出し防止としておきました。
c0147448_20342677.jpg
キャリパーの洗浄が終わったところでフルードを全て抜き取り、気になっていたマスターシリンダーのパーツ交換をします。
c0147448_20352728.jpg
上の写真は既に取り外し済みですが、ブリーダーボルトと、リザーバタンクと接続するジョイントニップルを交換します。

リザーバタンクを外したところ、ゴムホースに深いひび割れが出来ていました。
c0147448_20403124.jpg
このホース、2018年4月に新品を買って、すぐに交換したんですが、たった1年でこのひび割れ。KOHKENから出ているこのホースはどうも耐久性に難ありのようです。

取り外したマスターシリンダーとキャリパーのブリーダーボルト。
c0147448_20431592.jpg
先端の摩耗と、露出部分のサビのため、新品に交換します。

中身が見えませんが、ブレンボの純正部品、ブリーダーボルトとジョイントニップル。
c0147448_20442229.jpg

スモークグレータイプのリザーバタンク。
c0147448_205103.jpg


そしてゴムホースは今回はキジマのブレーキフルード対応の耐油ホースを使います。ブレンボ用は内径6mmです。
c0147448_20533099.jpg

キャリパーのブリーダーボルトはメッキが変わっていて、銀色になっちゃっています。
c0147448_20555920.jpg
マスターシリンダーのブリーダーボルトは、ネジ部分にワコーズのシリコングリースを塗り込んでおき、フルードのにじみ防止にしてみました。
新しい部品を全て取り付けたらリザーバタンクにフルードを入れ、キャリパのブリーダーボルト側から注射器で負圧をかけて吸引しつつ、レバーをキコキコ引いて送り込みます。左右のキャリパーのブリーダーボルトからフルードしっかり出てくるようになったら、レバー操作だけでエアを押し出してゆき、気泡が少なくなってくるのを確かめます。

加えて同時にマスターシリンダーのブリーダーボルトからもエア抜きをします。
c0147448_205938.jpg
エア抜きをしている最中にまた雨がパラついてきました。こんな時に最悪w。幸い、ちょっとパラついただけで済みましたが。

マスターシリンダーと左右のキャリパー、3箇所からエア抜きをして、エアが出なくなってレバーの手応えがシッカリしたら完了です。
c0147448_20595987.jpg
スモークグレーのタンク、フルードの変色が判りづらそうな感じがしますが、白のカップのように目立たず、こちらのほうがカタナにはしっくり来る気がします。
c0147448_2124282.jpg

# by group-a | 2019-05-18 21:07 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
リザーバタンクステー、アップグレード
カタナのフロントブレーキフルードリザーバタンクのステーをアップグレードしました。

これまで、コーケンがセット販売したブレンボRCSフロントブレーキマスターのリザーバタンクステーを使っていました。ブレンボのS50タンクに適合し、レバークランプのボルトで共締めして取り付けるものでした。
c0147448_2283689.jpg
ステンレスの丸棒を折り曲げたもので、レバーの角度を調整した後の状態で、タンクが少し傾いていました。細めのステン丸棒なので、力技で曲げるかネジるかできるかと思いきや、これがかなり硬い!無理でしたw
まぁ実用範囲内の傾き加減だったので、見た目が残念なのを我慢すれば実害はありません。けど、いつか何か良いものがあればどうにかしたいと思っていました。

で、SNSを見ていたらコレの発売が発表されていたのでした。
c0147448_2218387.jpg
オオノスピードのタンクステーです。カタナにブレンボRCSマスターを付けた場合専用の商品で、写真でも水平についているので、キターッ!って思って即注文しました。

早速取り付けてみました。
c0147448_2222036.jpg
かえって傾きが酷くなってるしw

この構造だと、レバークランプの角度の90度になるわけで、レバークランプが垂直になっていなければタンクは水平になりませんね。レバーを下げた角度で付けているため、このままではどうやってもタンクは水平にならないわけで。

ちなみに僕のレバー角度の調整は、乗車して上体の力を抜き、腕から指先までまっすぐ伸ばしたまま手のひらをハンドルグリップにそっと乗せたときに、指先がレバーに同時に触れる角度に合わせています。運転中の腕は、脇は自然に開け、肘は下に下げずに横向きにしていますので、レバーの角度を上げると手首が上に反って負担がかかります。

というわけで、このやり方で角度を設定した場合はどうにもならず、レバーをこれぐらい上げれば水平になります。
c0147448_22325511.jpg
レバーの角度は操作性や疲労軽減のために重要な要素なので、タンクを水平にするために無理をするのは逆の話になるわけです。
オオノスピードさんに相談し、出来上がったのがこのパーツです。
c0147448_22343947.jpg
関節をひとつ増やし、2箇所で調整可能な構造にすることで、どのような角度にでも合わせられるようになりました。

いろいろ大変な事になりましたが、やっとファイナルアンサーですw
c0147448_22363180.jpg
引き続き、あれやこれや。

まずチェーンの注油ですが、LSベルハンマー使います。
c0147448_22381745.jpg
スプレー式ですが、ドライタイプのチェーンルブのように必要量を大きく超える量が出ることが無いので、ローラーの端を目がけて、控えめでありながら満遍なく吹き付け、表面に残った余分な油は拭き取って磨き上げます。
スプレー式なので作業時間が大幅削減できていますので、飛び散りで潤滑不足になってきたらこまめにやればカバーできるでしょう。こまめにやれるかが問題ですけど。

次に、フェンダー回りに今まで使っていた怪しいステンレスナットやワッシャーを捨て、純正部品に取り替えます。
c0147448_22445313.jpg
c0147448_2245028.jpg
以下は先日の日曜日にやったことですが、リヤブレーキホースが宙ぶらりんになっていたので、クランプラバーを通した上でクランプで留め、また、スイングアームに接する部分には保護のためにシリコンホースをカバーにして取り付けてみました。
c0147448_22465695.jpg
c0147448_2247515.jpg
アフター物の部品は取り付けの不安定さをできるだけ排除したいです。

あと、連休中とそれ以後の長時間走行で、エンジンの放熱で油温センサーのリード線に巻きつけていたスパイラルチューブが溶けてグニャグニャに変形してしまったので、次はコルゲートチューブに替えてみました。
これでどうですかね?やっぱり同じかな?
c0147448_22513948.jpg
c0147448_22514681.jpg

# by group-a | 2019-05-17 22:54 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)