ブレーキパッド変更
カタナのブレーキパッドを変えました。

GSX1100Sカタナを入手したのは2007年5月。もともとついていたブレーキパッドが消耗して最初に交換したのが2009年5月で、この時以来、フロントブレーキにはRKのUA7というブレーキパッドを使ってきました。

ストリート用としてはスポーツ寄りで、ドライ性能に優れ、されどローター攻撃性は低く、耐摩耗性はやや劣るものの、バランスの取れたセミメタルパッドということで使ってきました。
実際、効きについて不満は無く、どのレンジでもよく効いていましたが、ブレーキディスクが2万キロ台で摩耗しています。
2011年5月に最初の交換をして、その時がオドメーター読みで20,078km。途中で240km/hメーターに交換されていたので実走行距離は不明ですが24,000km程度と思われます。

そこから約29,000km走行、またもや摩耗が限界を超えたようです。
c0147448_155190.jpg
c0147448_1571926.jpg
均一に平らに減っているわけではないので、部分的にはさらに薄くなっているところもあるでしょう。右側は3.9mm台後半なので僅かにマシですが、いずれにせよ、使用限界4.0mmを下回ってしまっています。

実はリヤブレーキも使用限界に達していて、前後合計3枚、新品を買う羽目となりました。既に入手済みです(汗)

ファイナルエディションのフロントブレーキは、メーカーがファイナルを発表したときのプレスリリースでは、

・チェーン、フロントディスクローター、リヤサスペンションダンパーを質感の高いゴールドパーツ(金色)とした。
・前輪ディスクブレーキに、軽量・高剛性の対向ピストン4ポットキャリパーを採用し、制動時の信頼性を向上させた。

とアピールされていますが、ファイナルのフロントブレーキこそ、頭の痛いウイークポイントだったのです。

TOKICOの対向4ピストンキャリパーは、当時発売の他のモデルでも使われていたものだったと思いますが、常に固着気味です。特に小径ピストンの動きが非常に悪く、オーバーホールでシール溝等をキレイに清掃しても動きが改善せず、大小4つのピストンが均等に動くことはありません。
また、シールの引き摺りも酷く、メンテナンスの時にいたずらにピストンを多くせり出させるとダストシールまで引き連れてはみ出すことがあるので要注意です。どうも個体差では無いようなので、造りの問題かもしれません。
キャリパーの内側がアルミの地のままで表面処理がされていないため、腐食もしやすいです。

取り付けピッチ62mmのキャリパーは、純正としては珍しいものではないと思いますが、ローター径300mmということと、フロントフォーク・アウターチューブの形状を含め、SRまでのすべてのカタナとブレーキシステムが異なります。そのため、ブレンボやニッシンなどのキャリパーを付けるためにカタナ用として作られたサポートに互換性が無く、ブレーキシステムのアップグレードもままなりません。唯一、ユニコーンジャパンからサポートとディスクがセットになった商品が出ていますが、ブレンボキャスティングキャリパーは別途用意しなければならず、かなりいいお値段です。

また、片押し式シングルピストンキャリパーが付く全年式共通サイズのカタナのホイールに対向4ピストンキャリパーをつける関係でディスクのオフセットが非常に大きく、ディスク単体で見ても互換性に難があり、そのまま取り付けられる300mmの社外ディスクは存在しません。

にしても、3万キロも保たずにディスクが摩耗してしまうなんてのは辛すぎるので、新品のディスクに替える前に、使うパッドを考え直してみます。
c0147448_15364785.jpg
デイトナの赤パッド。

デイトナのブレーキパッドの中でディスク攻撃性がとりわけ低い商品で、ライフを犠牲にしつつも効き具合にこだわったものだとのことです。おそらく、ダストが多量に出るのでしょう。

新品の表面と使用途中のものとでは比較は難しいですが、RKのパッドのほうがメタルフレークが大きく荒いように見えます。
c0147448_15421250.jpg
c0147448_1546143.jpg
キャリパーをキレイにしてパッド交換、完了です。
c0147448_15474132.jpg
赤パッドのお手並み拝見。


c0147448_16395145.jpg

[PR]
# by group-a | 2018-11-11 16:00 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
長野県ツーリング・須坂~駒ヶ根~陣馬形山(キャンプ編)
道中編からの続き。

早太郎温泉「こまくさの湯」を後にして2人でキャンプ場へ向かいます。

陣馬形キャンプ場に上がる道はちょっと分かりづらく、途中の分岐ポイントを間違うとなかなかリカバリーが大変です。道幅も細いし。
しかし、紅葉で色づいた木々が、だいぶ傾いてきた陽射しを浴びてキラキラ輝いていました。写真はありませんが(笑)

キャンプ場に到着したのは3時をだいぶ過ぎた時間。既にキャンプ場内はテントが一杯で、入り口から見た限りでは空いている場所があるのかどうか判らない程でした。

う~、マジかぁ~!?

駐車場もクルマで一杯なので、路肩の空いている場所にバイクを停め、荷物を持って行くと、なんとかテント2つ分の平らなスペースが確保できました。
しかし、隣のテントとの間隔は2メートル前後と、かなりの混雑感。この余裕のない寿司詰め状態が後の苦悩の元となりました。

だいぶ薄暗くなってきたので、急いでテントを組み立てます。

テント組み立ての練習は前もってしていませんが、取説を熟読してイメトレ完璧。つっても、そんな難しいものではなく、ムーンライトテントの名の通り、月明かりほどの暗さでも簡単に組み立てられるのが特徴なのであります。

地面にブルーシートを敷き、テント本体を広げ、フレームを組み立ててテントとつなぎ、四隅をペグで固定すると、あっという間に形になります。最後にフライシートをかぶせて何箇所かのフックをつなぎ、張り綱にテンションをかけつつ、ペグで固定していけば完成です。
c0147448_10385880.jpg
すっかり陽は沈んでしまいましたが、山頂からの絶景。
c0147448_10423919.jpg
360度、ほとんど遮るものが無く、中央アルプスと南アルプスが見渡せます。

腹も減ってきたので、今夜の夕食はインスタントのカレーめんですが、お湯を沸かしにかかります。
c0147448_10453470.jpg
この日の夜は風がそこそこ吹いていて、バーナーの炎が大きく煽られ、風よけなしではまったく沸騰しませんでした。クッカーのフライパン側を風よけにしてようやく沸騰しました。

暗くて見づらいですが、テントサイトの様子。
c0147448_10473044.jpg
仮設避難所か難民キャンプか?ってな具合です。風があって気温も10度を切ったのであちこちで焚き火や薪ストーブの火が焚かれ、キャンプ場内は煙に包まれていました。

腹ごしらえが済んで、ホントならマッタリ語らいタイム、と行きたいところですが、寒い!(笑)

5時半で既に真っ暗でしたが、1時間後の6時半でもう耐えられず、二人ともそれぞれテントに引きこもりました。
c0147448_1052930.jpg
さすがに3人用だけあって、寝るスペースの両側に大荷物も置ける十分な広さ。寝返りも、なんなら大の字になって寝ることも可能(笑)
そのぶん、荷物としてはかなり嵩張りますけどねー。
c0147448_10551529.jpg
1本だけ、好きなビールで乾杯。

このあとはもう寝るだけになってしまいましたが、ここからが苦痛の始まり。

夜遅くまで大きな話し声がしていたし、薪割りの音が響いていたし、通常レベルを大きく超える酷いいびきが響いてくるし、ほとんど眠れませんでした。それでも何時間か意識がすっ飛んだ時間帯もあったので、少しは眠れていたのでしょう。

ちなみに5年前なので古い話なんですが、その頃は5月、10月のハイシーズン中でも十分な間隔を置いてテントを設営することが出来、また、キャンパーもマナーの良い方たちばかりだった印象です。陣馬形キャンプ場はどちらかと言うと穴場だと思っていました。
利用者が増えれば質も変わってくるんでしょうけど、この状況だともはや穴場とは言えませんね。

何度も眠ったり?起きたりしているうち、外でゴソゴソかすかな音。時間は3時半頃。さては?と思い外に出ると、連れが撤収作業を始めていました。未明撤収とは聞いていたけど、ここまで早いとは(笑)
4時に離脱して行きました。

僕もなるだけ早く帰宅したいので、4時頃から片付けを始めました。

まず、フライシートが表裏両面とも結露でビッシリ濡れていたので、超吸水タオルで拭き取りました。時間がかかるし普通の人はやらないと思いますが、これでこのまま巻いて収納しても問題ないレベルまで水気が取れました。
ブルーシートの裏は濡れて枯れ芝がもっさりついていますが、さすがにこれを取り除くのは無理なので、内側にしながら畳んで持ち帰り、家で洗います。
荷物をまとめ、テントを畳んで収納して、7時頃にやっと完了しました(爆)
時間かけすぎですよねw。これがマイペースですww

やっと朝の風景を見る余裕が。
c0147448_1185276.jpg
既に太陽は高く登っています。そして雲が広がってきています。
事前に出ていた予報では土日ともいい天気でしたが、急に雨の予報が出ています。関東は夜に雨マークが出ていたので、急いで帰れば大丈夫だろうと、7時過ぎに僕も離脱しました。
c0147448_11111630.jpg
本当は駒ヶ根ICの近くにあるわんこ寺、光前寺を参拝したかったんですが、先に帰った隊員から、既に小雨が降ったとの情報があり、無念ですが諦めました。(この判断は正しかったか?)

諏訪方面に大きく北回りする中央道をひた走り、諏訪湖SAで朝ごはん。
c0147448_11133685.jpg
ここも早々に立ち去り、ズンズン進みます。長野までは青空が見えていましたが、甲府あたりから怪しくなり、ごく小さな水滴が落ちてくることも。
そしてついに相模湖IC付近まで来たあたりで本降りの雨が降り注いできました。あっという間にびっしょりです。

なんかここのところ、ロングのツーリングに出ると、必ず帰りに避けようのない雨に降られてます。
8月の九州帰省の時、先日の霧降高原の時、そして今回。
唯一、上田に行った時は問題なしでしたので、1勝3負です。

11時30分、やっと帰宅。
c0147448_11185927.jpg
ジャケットはビショビショ、電熱グローブもだいぶ水を吸い込んで濡れてしまっています。下はレザーパンツで、オイルで手入れされているので大した水濡れなし、シューズもウォータープルーフなので問題なしでした。

帰宅した頃には雨粒が小さくなり、すぐに止んでしまいました。こんなことなら光前寺に寄っていれば、もしかすると濡れなかったかもしれない、と、タラレバ後悔先に立たず。

ともかく無事帰宅しましたので、このあとはゆっくり・・・、とは行かず、濡れたジャケットなどの後始末、雨が上がったのでテントを干したりブルーシートを洗ったり、大変な後片付けを今日のうちに済ませるため、結局、夜遅くまで休むヒマが無かったです。
おまけに職場からトラブルの電話までかかってくるし。

今回の走行距離、654km(トリップメーターは出発前の走行距離が含まれています)
c0147448_11314612.jpg

[PR]
# by group-a | 2018-11-04 23:59 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
長野県ツーリング・須坂~駒ヶ根~陣馬形山(道中編)
11月最初の週末はカタナで長野へ行ってきました。

11月3日は長野県須坂市で開催される「須坂銀座通りうまいもん市」に行く予定にしていたところに、宮ヶ瀬バイク仲間からキャンプへのお誘いがあり、方向はだいぶ違いましたが同じ長野県、下伊那郡中川村にある陣馬形山頂の陣馬形キャンプ場でテント泊する予定に決めました。

8月に購入して未使用だったテントが威力を発揮する時が来ました。バイクでのキャンプにあたっては、荷物の積載やパッキングに課題がありましたので、急遽、いくつかの用品を手配しました。
まず積載ですが、何年か前に小屋宿泊で行った時に使ったオルトリーブの防水バッグは、テントはどうやっても入れることが出来ず、バッグの外で積載しようにも、ズレたり落下したりしないような積載をするには工夫が必要で、考えている時間が無いため、痛い出費ですが大型のシートバッグを購入しました。


いくつか物色したところ、この手のバッグは必要に応じて容量の拡縮が出来るんですね。購入したものは最小時に48リットル、左右それぞれに引っ張り出せる部分があって、最大時に78リットルまで拡大できます。

かさばるシュラフ、テント、マット、チェアなどを入れたのがこちら。
c0147448_913645.jpg
このあとシュラフ(右上の緑色)はコンプレッションキャップで圧縮して容量削減しました。これで、着替えや重ね着用の防寒着、道具などが詰め込めそうです。

ほか、ペグ打ち用のゴムハンマー、グランドシート代わりのブルーシート、超吸水タオル、カレーヌードルBIGを買い足し、準備完了。

イントロ長くなりました(笑)

11月3日 土曜日 5:50、少し明けてきた早朝に出発しました。

圏央道~関越道~上信越道を利用して須坂長野東ICまで、須坂市須坂のイベント開催場所に10時ちょうどに到着しました。開始時間にはなんとか間に合った(^_^;
c0147448_9271160.jpg
須坂も蔵の街として、白壁の伝統建築が立ち並ぶ街づくりがされています。ここ銀座通りの商店街に並ぶ店も、古い土蔵造りの建築物が残っており、また、新しく建てた家やアパートなども蔵を模した外装だったりして、目の保養になりました。

さて、お目当ては長野県佐久市のご当地アイドルキャラクター。歩行者天国になった通りを進むと・・・ありました(^^)
c0147448_9344377.jpg
まだイベントが始まったばかりなので、ブースはようやく準備を終えたところ。これから出動、というところでしたのでシッカリご挨拶できました。狙っていたTシャツもゲット。
c0147448_9363386.jpg
c0147448_9364437.jpg
このあと駒ヶ根まで移動、そのあとキャンプ場入りして明るいうちに設営など済ませなければならないので、たった1時間しか居られなかったのが残念。「福まき」を見届け、記念の写真撮影などし、次の目的地へ出発しました。

上信越道から中央道で駒ヶ根ICへ。インターチェンジから降りてすぐ、霊犬早太郎伝説でおなじみの早太郎が祀られている光前寺と、周辺にある温泉は早太郎温泉郷、ってことで有名です。あと、駒ヶ根名物B級グルメ、ソールカツ丼。
時間の都合で光前寺はお参りできませんでしたが、早太郎温泉「こまくさの湯」に立ち寄りました。
ここは「ゆるキャン△」に登場する聖地wで、訪れてみたかった(笑)
c0147448_100520.jpg
c0147448_1015336.jpg
カウンターで入湯券を購入。お食事がセットになっておトクなセット券1,020円です。
c0147448_104494.jpg
さすがに風呂場の写真は撮れませんでしたが、露天風呂が気持ちよかった。紅葉がきれいな山に青空、ちょっと冷たい空気。癒やされます。ここまでバイクで走ってきた体の疲れが解けていきました。

温泉を堪能し上がろうとしたら、我が名を呼ぶ声が。
なんと、キャンプ場で合流するはずだった仲間とバッタリ(笑)思いがけず合流となりました。

湯上がり後、ちょっと遅い昼食です。
c0147448_1054633.jpg
ミニソースカツ丼セットきたー

有名な店で出てくるメガ盛りとは違い、成人男性向けとしては量が少ないですが、僕にはこれで十分。景色を眺めながら美味しくいただきました。
c0147448_1084425.jpg
食事を済ませ、お尻に根が生えかかりましたが、えいっと引っこ抜き、今日の宿泊地のキャンプ場へ。

つづく・・・
[PR]
# by group-a | 2018-11-03 23:59 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)