カタナのアッパーカウルの固定方法変更
カタナいじりの小ネタが続きます。

昨日は朝バイクを休んでハイぶりっ子ちゃんに会いに行きましたが、元気を取り戻した今日はカタナで出撃です。
まだまだ寒く、気温は1度でした。

さて、サイドスタンドをノーマルに戻してどうなったのかをほかのカタナと比べてみました。

まず僕の。
c0147448_19572054.jpg
同じファイナルと比べてみますと、
c0147448_19575164.jpg
傾きの違いがハッキリわかりますが、フロントサスペンションの状態が全く違うこともハッキリわかりますね。
フロントサスペンションのセッティングによって高さがこれだけ違えば、傾きに影響が出るのは当たり前ですが、以前より多少マシになったのでこのまま行ってみます。
c0147448_2081439.jpg
今朝はお日様が出てこず、寒い朝でした。

帰宅後、カタナのアッパーカウル固定方法の変更作業です。

TNKのFRPカウルを使っていますが、FRPカウルは純正の材質より硬く薄いので、振動などによる破損防止のため、ラバーワッシャーを挟んでネジ止めしていました。
それでも塗膜にはクラックが何本も出来てしまってます。
c0147448_20121559.jpg
ラバーワッシャーだけだとネジを締め込んだ時にネジレてしまうので、プラワッシャーをカウル側に入れています。
c0147448_20131023.jpg
ラバーワッシャーの弾性を残した状態で締め付けるわけですが、締め加減が微妙なのと、先日ネジが緩んで無くなってしまったので、キッチリ締められる方法に変更です。グリーンクロメートのネジも今では製造されなくなったので貴重です。たかがネジ、に非ず、失くすのは惜しいです。

用意したのはキタコのツバ付きカラーとラバーカラーです。
c0147448_20191965.jpg
ラバーカラーの厚さは1mm、ツバ付きカラーの出っ張り部分は2.5mmあり、ラバーカラーを入れると1.5mmの凸部が残ります。
c0147448_20202350.jpg
カウルの穴径拡大は気後れするところですが、仕方ないです。半丸ヤスリで8mmちょっとの径に拡大しました。
c0147448_2022676.jpg
c0147448_20221578.jpg
ネジ穴部に当てるとこうなります。
c0147448_20223362.jpg
ネジを締めると、ラバーカラーを少し潰しつつツバ付きカラーの先端がネジ穴側に当たることで、ネジを強く締めてもカウルの樹脂を潰すことはありません。

ということで仕上がりはこうなります。
c0147448_2025054.jpg
c0147448_20251439.jpg
自分的には非常に満足でほくそ笑んでますが、サイドカバーつけたら隠れるし、地味すぎますね(笑)

塗装のヒビ割れがこれ以上増えなければいいんですけど、まぁしゃあないです。

ついでにサイドカバーのマウントブッシュを洗浄しました。
洗浄後のゴム保護・潤滑は、今回はシリコングリースは使わずシリコンスプレーのみでやりました。
c0147448_2029424.jpg
おわり。
[PR]
# by group-a | 2018-02-25 20:31 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
佐久市presents Sound of Oasis in クイーンズスクエア横浜
今日は横浜みなとみらいへイベント見に行ってきました。

水曜から昨日まで風邪でダウンしておりました。
火曜の夜、それまでなんとも無かったのに急に喉が痛み初め、木曜にかけて喉の痛み、そして金曜日は鼻水とくしゃみでメロメロになっていました。

木・金は薬を飲んで安静にしていたので、今朝はかなり良くなっているのを実感しましたが、朝のバイクはやめておきました。昼までにはかなり気分も良くなったので、いざ横浜へ!

みなとみらい駅ビルのクイーンズスクエアで今日はお待ちかねのイベントです。

カノン Sound of Oasis、というFMラジオの番組ですが、ミュージックバードとコミュニティーFMで放送しているそうで、今日は長野県佐久市の提供で公開録音が行われました。エフエム佐久平もこの放送をネットしているみたいです。
今日のイベントは佐久市長をはじめ、佐久市職員の方々、そして、佐久市由来のタレントさんやゆるキャラ・アイドルキャラが来ています。第2部では杉山清貴さん、南佳孝さんのライブもありました。

イベントは13:30から。
番組パーソナリティのカノンさんのライブから始まりです。
c0147448_2082947.jpg
こちら、佐久市の柳田市長。
c0147448_2092734.jpg
佐久市の宣伝と、佐久市への移住についてのお話などもありました。

佐久市のアイドルキャラとのふれあいもできて、大満足。年甲斐もなくはしゃいでしまいました(笑)
c0147448_2011143.jpg

[PR]
# by group-a | 2018-02-24 20:21 | できごと | Comments(0)
オートバイと風とあなたと・野田幹子
ここ最近、野田幹子さんのこと急に思い出したのは何か虫の知らせだったのでしょうか?

なわけないか(笑)

先日、2月7日に野田幹子さんのCBSソニー/Sony Records時代全アルバムのデジタル配信が開始されたそうです。知りませんでした。いまmoraをはじめ、iTunes Store、Amazonでも配信されています。

野田幹子さんの楽曲を、野田幹子さん、と認識して初めて聞いたのは1990年の秋頃で、同年8月に発売された「ヴァカンス・ヴァカンス」というアルバムでした。
c0147448_2130455.jpg
このジャケット写真が気になって「ジャケ買い」でなく、アルバイトしていたレンタルショップで「ジャケ借り」したのが出会いでした。カセットテープに録音して聴いていましたが、すぐに気に入ってCDも買ってしまいました。
とにかく声が良かった。

野田幹子さんのデビュー曲「太陽・神様・少年」という歌はミノルタのカメラのCMで使われていたので、聞いたら思い出すかもしれません。

1987年デビューの女性ミュージシャンに、野田幹子さん、谷村有美さん、そして、今井優子さんがいますが、みなさん美声で、「○○ボイス」という形容が付けられていました。それぞれ「ベルベット・ボイス」「クリスタル・ボイス」「シルキー・ボイス」です。
30年も前の話ですが、時代ですね~

さて、今日の記事のタイトルですが、CUTEというアルバムに収録された曲です。
c0147448_21301759.jpg
「オートバイと風とあなたと」

軽快で躍動感と疾走感のあるイントロから始まるこの曲は、彼氏に誘われて不意にバイクのリヤシートに乗ることになった女性が、最初は戸惑いながらも、その気持ちよさの虜になってしまった様子が綴られています。それまでの服装も休日の過ごし方も大きく変わり、価値観までもが変わってしまう。都会での暮らしから、大自然の中に飛び出していくバイクの素晴らしさを歌っています。オートバイというものをここまで賞賛する内容の楽曲も希少かも知れません。(知らないだけでたくさんあるのかもしれませんが)

このアルバム「CUTE」は全体的に明るく軽やかで爽快、時にしっとりメロウな曲で構成され、これから明るく暖かくなる季節に聴いてピッタリです。
個人的には、1.「駆けてみよう」、6.「オートバイと風とあなたと」、9.「My Brand-new Days」、12.「Sunsetはまあるい気持ち」なんかが好きです。

古いアルバムですが、配信開始されたこの機会にいかがでしょうか?
[PR]
# by group-a | 2018-02-19 23:35 | 音楽・映像 | Comments(0)