人気ブログランキング |
台風19号
影響は11日金曜日から出ていました。

関東地方は金曜日から台風から伸びる雲がかかり、日本全国で雨が降っていたのは関東と静岡の一部でした。

明けて土曜日。夜中から雨が降っており、朝のうちから本降りの雨になっていました。台風19号の大きな雲がほぼ日本列島全部を覆っています。
土曜日は一日じゅう雨で、夕方以降は雨もいよいよ本腰を入れて強く降り、というより、風で雨が吹き付ける感じになっていました。こうなるともう、家でじっと耐えるしかなく、こんな状況の屋外でじっと耐えている愛車たちが不憫に思えて泣けてきます(笑)。といっても、どうすることもできないんですが。
c0147448_2152384.jpg
18時頃、神奈川県西武は猛烈な雨がずっと降り続けており、特に、山のほうは雨雲レーダー画像で真っ黄色の状態が続いていました。
21時頃に台風の中心が通過するので、このあたりが峠でしょうか。

果たして21時過ぎになるとそれまで外で吹き付けていた雨の音がパッタリ止み、雨も風も台風のものとは思えない程の小雨になっていました。

さすが台風の目、と思いましたが、今回の台風19号は南側の雲がほとんど無く、中心の通過と同時にほぼ雨が止んでしまうというものでした。

自宅周辺は河川氾濫や、排水が追いつかないことによる冠水などがほとんど心配ない地域なうえに、雨戸を閉めた自宅にこもりっきりだったので、土曜日の夜はあちこちで被害が出ていたことはテレビの映像でしか知ることはできませんでした。

翌、日曜日の朝。
c0147448_222590.jpg
朝4時半にはもう岩手沖に抜けていました。
この時間はまだ真っ暗でしたが、関東の空は雲ひとつ無い快晴になっていました。

気になっていた車やバイクですが、カバーが取れたり破れたりすることはなく、無事な姿で静かに佇んでいました。台風が通過したあとの吹き返しの強い風もなく、ホントに無風。静かな朝です。

台風19号は恐れていたような強い風は無く、ただひたすら長い時間、大雨を降らせた台風でした。
濡れたカバーをはぐり、当たり始めた朝日にさらして乾かしつつ、車やバイクの湿気を飛ばします。
c0147448_22103695.jpg
c0147448_22104441.jpg
車はともかく、バイクは旧車ばかりなので湿気が大敵。すぐにサビます。
バイクカバーの裏側は不織布で水を吸うと乾きにくいので、裏返して乾かします。

いつものようにバイクで走りに行った仲間からの情報によると、あちこちで土砂崩れや、増水して溢れた河川の水によって運ばれた大量の土砂が道路に堆積していたりと、ひどい状況のようです。また、宮ヶ瀬のいつもの場所も水や土砂が溜まったりしてバイクで行けるような状況ではありませんでした。

こんなにいい天気ですが、今日はバイクで出るのは完全に諦めました。
c0147448_2220989.jpg
このまま買い物しただけで家に帰るのはどーにも我慢できなくなったので、既に宮ヶ瀬仲間のパトロールで既知ではありましたが、画が欲しいというだけの理由でやってきました、ここへ。
c0147448_22213835.jpg
セブンイレブンの四つ角からの坂道を登った先の信号のある交差点から先は全面通行止めの看板が出ており、先へ行くことはできません。どこかで土砂崩れでも起こって道を塞いでいるのでしょうか?
ここに居た少しの間にも、幾台ものバイクや車が通行止めの表示を見て引き返していきました。

戻って国道412号線を北へ回り、オギノパン手前の北岸道路入口付近。
c0147448_22245751.jpg
あまりにも汚く、ここから左折はしませんでしたので正確な情報は把握できていませんが、服部牧場のほうに行く道の丁字路のあたりから国道のところまでの間で大量の土砂が道路に崩れ落ちているようです。北岸もアウトでした。

宮ヶ瀬周辺の道路は、宮ヶ瀬へ行けなかったたくさんのバイクが行き場を失ったように走っていたのが印象的でした。

山の斜面から湧き出した水や土砂で一部の路面が濡れており、ちょっと汚れてしまいましたので、ブレーキダストで真っ黒になっていたホイールともどもキレイに洗って、三連休なか日の一日は終了です。
c0147448_2236114.jpg

# by group-a | 2019-10-13 22:39 | できごと | Comments(0)
GSX1100Sカタナ・レギュレートレクチファイヤ点検
昨日の点検で併せてやっておくべきでした。

レギュレートレクチファイヤに問題があるのかを切り分けるため、レギュレータの出力端子での電圧を測定します。

GSX1100Sカタナ国内仕様(SR)とファイナルエディション(SY)はヘッドライト常時点灯なので、ヘッドライト点灯による損失を取り除くためヘッドライトバルブのソケットを外してから測定しました。

エンジンを始動し、アイドリング回転数の1100rpmあたりにするとデジタルテンプメーターに14.0Vが出ました。
c0147448_15544460.jpg
この時点で、テスターでレギュレートレクチファイヤの出力側カプラの端子の電圧を見ると、
c0147448_15554644.jpg
14.5Vが出ていました。

この状態でヘッドライトを点灯させた場合の電圧がほぼ昨日の測定結果の13.5Vですので、ライト点灯で約1V降下するみたいです。

ん!?

ヘッドライト常時点灯ではない輸出仕様車は、ヘッドライト消灯時はジェネレータ2回路、ヘッドライト点灯時は3回路使って対応しているという話を聞きました。(未確認)
国内仕様であるSR/SYは常時点灯で、ジェネレータも3回路常時使用です。
にもかかわらず、ヘッドライト点灯で1V降下して、本来14.5Vあるはずの電圧が13.5Vに低下するということは、バッテリーの充電能力が常に低いということでは?

そういえばバッテリーが常にちょっぴり弱い、なんだか充電不足気味な気がしていましたよ。

ハーネスなどの配線の経年劣化で損失が増えている部分もあるかもしれませんが、基本的には輸出仕様車と大差無い電装系でヘッドライト常時点灯にしたことで電圧不足気味になっているんでしょうかね?
ハーネスは純正部品の新品を確保していますが、いま時点でハーネス交換はちょっともったいないwので、そういうことにしておきます。

ともかく、アイドリングで14.5Vの出力電圧をキープしているということで、レギュレートレクチファイヤも問題無いことが判りました。
# by group-a | 2019-10-06 16:20 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
GSX1100Sカタナ・ジェネレータ点検、純正ボルト戻し
デジタルテンプメーターの電圧計表示が妙に低いので点検しました。

ジェネレータに問題があるかどうかを点検します。

ジェネレータからのリード線のギボシ端子はハンダ付けしてから全く焦げなくなりました。
c0147448_1844366.jpg
まず、この3本のギボシを切り離し、ジェネレータの断線とリークをチェックします。

3本のリード線の間はジェネレータのコイルで、電気的には1本の導線でつながっています。抵抗値は3つとも0Ωなので断線や接触不良などは無く、問題無しでした。
c0147448_186532.jpg
テスターの黒リードをアース線(バッテリーのマイナス端子)につなぎ、赤リードをジェネレータのリード線につないで導通の有無を見ます。

ジェネレータのコイルは電気的にどこにも接触していないはずですので、ここで少しでもリークが確認された場合はジェネレータに問題があることになります。
c0147448_1883358.jpg
テスターの針は振れず、抵抗値無限大(導通無し)なので問題無しでした。

次に、ジェネレータ単体での発電電圧(交流)を見ます。

ジェネレータとレギュレータの接続を切ったままエンジンを始動して、ジェネレータの端子間の交流電圧を見ます。
c0147448_1810511.jpg
3000rpm程度で3つとも50V弱まで出ていました。問題なさそうです。

次にジェネレータとレギュレータのギボシ端子を元通り接続して、レギュレートレクチファイヤで整流・電圧変換された電圧を見ます。

サービスガイドに従い、テスターの赤リードをスタータリレーのプラス端子につなぎ、黒リードをバッテリーマイナス端子につなぎます。
c0147448_18142295.jpg
これでエンジンを始動し、3000rpm程度の回転での電圧(直流)を見ると、13Vぐらいでした。
c0147448_18225324.jpg
ここでデジタルテンプメーターの電圧計を見ると、
c0147448_1823886.jpg
12.1Vです。
レギュレータの出力により近い、スタータリレーの電圧と差があります。

エンジンの回転数をアイドリング回転の少し上あたりに落としてみると、デジテンでは12.8Vで、
c0147448_18254262.jpg
スタータリレーの部分の電圧は13.5Vでした。
c0147448_18262477.jpg
デジタルテンプメーターの電源は、イグニッションスイッチを通ったあとの回路のウインカーリレーから分岐させて取っています。
スタータリレーとは回路が元から別ですし、レギュレータ~ヒューズ~イグニッションスイッチ~ウインカーリレー、と旅をしたあとにさらにデジテンの電源コードを通っているので、車体を一往復半の長旅です。
ここでの電圧降下が1V弱あるということです。

配線による損失があることはいちおう把握していましたが、肝心の発電系に問題は無さそうということが判ってまずは一安心です。
にしても電圧が低めなのが気になります。レギュレータの出力側には複数の回路やバッテリーが並列でつながっています。これらが電圧を下げるような影響を及ぼすこともあるかもしれませんが、何が悪さをしているかは、エンジンの運転に影響が無いものを順次切り離していくしかなさそう。
とりあえず、バッテリーは取り外して補充電はしておきました。

次に、クラッチカバーとジェネレータカバーを留めるボルトを純正ボルトに戻します。

純正ではないステンレスボルトを使っていましたが、やっぱり純正ボルトですよね。

エンジンのように高温になったり冷えたりする場所で、エンジン側の材質と熱膨張率が違うボルトを使っていると、幾度となく繰り返される膨張・収縮で、最悪の場合、雌ねじがごっそり削られてしまうことがあるとのこと。
既に長い間ステンレスボルトを使い続けてしまっていますが、見た目に凝るのはこれで終いです。純正ボルトに戻します。

1本ずつ抜いては、純正ボルトにTHCを塗って規定トルクで締め、全数交換完了です。
c0147448_2025044.jpg
c0147448_2025720.jpg

# by group-a | 2019-10-05 20:05 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)