人気ブログランキング |
GSX1100S KATANAのETC車載器とりつけ方法
11月9日に取扱店にETC車載器をつけてもらってから、12月13日にアンテナとインジケータを移設し、今日は車載器本体のとりつけ方法を、「両面テープ固定」からソフトケース収納式に変更した。



用意したのは、YAMAHAのオプションパーツ・用品・アパレルブランドのワイズギア(Y'S GEAR)の製品で、アンテナステーや車体への取り付け部品など一式がセットになったもののうち、ETCステーセット ケースタイプ2(Q5K-YSK-055-E11)をチョイスした。

Web!keで "ワイズギア(ヤマハ)/ETCステーセット ケースタイプ2" を見るワイズギア(ヤマハ)/ETCステーセット ケースタイプ2

これは、車載器本体をソフトケースに収納し、面ファスナーで車体に固定するタイプである。
カタナの場合、車載工具のスペースぐらいしか車載器を搭載出来ないんだけど、狭いうえにホコリや水などにもさらされる場所なので、その対策も必要なのだ。(本体は防塵・防水設計になってるけど)

取り付けは簡単。
車載器本体から出ているコード3本をソフトケースの穴に通さなければならないので、まず、接続済みの3つのコネクタを外して車載器を車体から切り離す。
出来たら、ソフトケースに収納して、元通り接続して、面ファスナーで固定するだけ。

取り付け状態はこのとおり。シートとの干渉もなく、キッチリ収められている。
GSX1100S KATANAのETC車載器とりつけ方法_c0147448_10105524.jpg
これでひととおり、ほぼ理想的な取り付け状態にすることができた。
狭いので取り出すのが面倒だけど、これはもう我慢するしかない。

アンテナはこう。
ステーは、イージーライダースETCアンテナマウントブラケット(商品番号:5836)
GSX1100S KATANAのETC車載器とりつけ方法_c0147448_10115296.jpg
インジケータはメーターの横に貼り付けた。
向こう側に見えるアンテナのコードをクリップで1か所、固定する予定。
GSX1100S KATANAのETC車載器とりつけ方法_c0147448_10124571.jpg

※ETC車載器一式の取り付けは、取扱店で実施する決まりになっており、アンテナの角度調整や受信状態を検査機器によってテストする必要があります。
by group-a | 2008-12-21 10:26 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 2008年、乗り納め ETCを活用して箱根へ行こう >>