人気ブログランキング |
カムチェーンノイズ??
以前からではあったけど、カタナのエンジンのノイズが気になる。

よくあるエンジンのノイズというと、バルブが作動するときに発生するタペットノイズがまず考えられるけど、タペットノイズとは違いそう・・・
というのも、カタカタとかカチャカチャとかいう音ではないし、アイドリング中は音がしない。
タペットクリアランスの点検をしたのが1年ちょっと前で、それから8,500kmぐらいの走行だから、いくらなんでもねぇ。

で、どういう音かというと、
  1. 冷間時、エンジン始動直後にパチパチパチ
  2. 走行中、2,000~3,000rpmの間でカチカチカチ(そんなに大きな音ではない)
  3. 走行中、スロットルを戻してエンブレがかかったときにジャジャジャーー
  4. エンジンが熱くなると軽減
という感じ。
特に、3. があるのでカムチェーンノイズじゃないか、と。

なので、とりあえず手始めとしてカムチェーンテンショナーの作動を点検することにした。



カタナのカムチェーンテンショナーはシリンダーブロックの背面中央に取り付けられている。
c0147448_17315039.jpg
このカムチェーンテンショナーは自動式で、丸いハンドルは軸がロックシャフトになっていて、このロックシャフトはテンショナーのチェーンガイドを押すプッシュロッドが戻らないようにする働きを持っている。
なお、ハンドルを反時計回りに回すと、プッシュロッドがフリーになってカムチェーンに押されるとプッシュロッドは戻ってくる。

本来、カムチェーンテンショナーはエアクリーナーボックスとキャブレター一式を外した状態で着脱を行うことになっているけど、今日はこのまま実施。(これが苦労のモト)

で、なんとか外したカムチェーンテンショナー。
c0147448_173921100.jpg
サービスマニュアルに従ってプッシュロッドの動作を点検してみたけど、特に問題なかった。

ロックスクリュを緩めた状態(エンジン装着時と同じ状態)でハンドルを反時計回転方向に一杯回し、プッシュロッドを押し込んでおく。その状態でハンドルから手を離し、プッシュロッドを押さえる力を緩めた時、ロッドがスムーズに伸びるかどうか。
引っかかりなど無く、スムーズに作動すればOK。

ということで、特に収穫は無く、カムチェーンテンショナーを元に戻した。
キャブがついている状態では固定ボルトを回すための空間が全く無く、締め付けにはかなり苦労を・・・

なんとか取り付けを済ませてエンジンを始動させると、まぁ当たり前だけど状態の改善は無し。

さぁ、次はどうしたものか。
by group-a | 2009-11-07 17:50 | GSX1100Sカタナ | Comments(4)
Commented by カタナ at 2019-05-03 23:39 x
原因が何だったか教えてもらえますか?
Commented by group-a at 2019-05-04 15:34
カタナさま
ずいぶん昔の記事が発掘されたようで驚きました(^_^;
まず、カムチェーンのノイズと見て良さそうです。エンジン回転の変動によってカムチェーンの張りが変化して音が変わるのは、こういう言い方は好きではないですが、そういうものみたいです。
カムチェーンの音があまりに酷い場合はスライダーやガイドの破損も疑われますが、気にするほどのものでありませんでしたので、この記事の当時から今日まで、問題なく経過しています。

参考にならずすみませんでした。
Commented by カタナ at 2019-05-05 22:34 x
GWずっとそのことについて調べていると少しおもしろい記事がありましたよ。内容はマフラー交換したらメカノイズがなくなったっていう記事です。その人いわくマフラーのガスケットとの隙間でその音が鳴っているとかw
異音がなくなるかなくならいかやってみる価値ありまっせ
Commented by group-a at 2019-05-06 06:01
確かに、音の発生源を特定するのは難しかったり、原因が判ってみると意外な場所だったり、ということはあるでしょうね。
疑わしいところを潰していくのも手かもしれません。
名前
URL
削除用パスワード
<< ヘッドライトのバルブ交換 寒い!!! >>