人気ブログランキング |
長者ヶ崎、のち、バイクいじり
6時15分ごろ起床。
薄い雲が広がっているものの、まずまずの天気だ。

ということで、「はや朝」を見つつ、ぼちぼち出かける用意をして、7:20ごろ自宅を出発。

ところが、日曜の朝にしては大和バイパスの渋滞が酷い。
東名高速横浜町田IC入口にさしかかるあたりで原因が判明。



警察の車両が数台、中央寄りの車線に停まって車線規制しており、その先に・・・・・・
転倒してひっくり返っているクルマが居た。

黒いワゴン車(カルディナ?)で若葉マークが貼られていた。クルマはフロント部を中心に衝突の衝撃で破損しているが、それ以外は特に大きな破損は見られない。中央分離帯の段差に激しく乗り上げて転倒したんだろうか。初心運転者がどんな原因・運転でこんな事故を起こしたのか。

その先、保土ヶ谷バイパスでも対向車線で事故があったようで・・・

ともかく安全運転で。

その先は特に問題なく、8:50ごろ長者ヶ崎パーキングに到着。
長者ヶ崎、のち、バイクいじり_c0147448_1894522.jpg
今日はまだ暖かいけど、寒くなってきて出発時間が遅くなる傾向。。。あまりゆっくりしてると今日が終わってしまうので、30分ぐらい休憩して帰宅。

今日の走行、105km

さて、帰宅後、取り外したサイドスタンドスイッチのリード線の処理をすることに。

サイドスタンドスイッチを取り外した後、リード線は短絡させなければエンジンは始動できない。
なので、下の写真(中央部)のようにギボシ端子をつないでクランプで留めておいた。
長者ヶ崎、のち、バイクいじり_c0147448_18196100.jpg
この場所は飛び散ったチェーンオイルですぐに汚れてしまうのと、使わないリード線をこんな場所に出しておくのはあまり好きじゃないので、リード線を引っこ抜いて耐熱アルミテープで穴を塞いだ。
長者ヶ崎、のち、バイクいじり_c0147448_18215312.jpg
サイドスタンドスイッチのリード線は、メインハーネスから分岐してドライブスプロケットの上からセルモータハウジングに達して、アルミテープで塞いだ穴から出ている。
リード線は下の写真(中央部)の緑色の防水カプラで切り離すことが出来る。
長者ヶ崎、のち、バイクいじり_c0147448_18304481.jpg
で、この防水カプラと同じものを買ってきて、端子間を短絡させたものを作ろうと思ったけど、同じ形のものは売られておらず、断念。
ちなみにこれが、ワイヤ,サイドスタンドスイッチリード(36852-493A0)
長者ヶ崎、のち、バイクいじり_c0147448_1833201.jpg
仕方ないので、リード線を戻して、バッテリー横のハーネスカバーの中に収めておいた。
長者ヶ崎、のち、バイクいじり_c0147448_18372821.jpg
あとはチェーンの汚れ取りとチェーンルブの補給をして完了。
長者ヶ崎、のち、バイクいじり_c0147448_18381792.jpg
しかし、バイクに乗るたんび、乗った後はなんやかんやと手入れで手が真っ黒。

汚れていくのを気にしなければ乗りっ放しでいいんだろうけど、そうもいかない、これが僕の悪い癖。。。
by group-a | 2009-11-08 18:47 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< クォーターパウンダー・ベーコン... ヘッドライトのバルブ交換 >>