人気ブログランキング |
キャブレター取り外し
今日は久しぶりに晴れ間が広がったので、かなり寒かったんですが、カタナのキャブレター取り外し作業にとりかかりました。

パイロットジェットが詰まった疑いがあるので、勉強を兼ねて、軽くキャブレターの分解清掃をやろう、というのが今回のテーマです。

8時半ごろ、作業開始。



まずはシート、フレームカバー、タンクをチャッチャッと取り外します。ここまでは手馴れた作業なので難なく進みます。
キャブレター取り外し_c0147448_1644784.jpg
キャブレターのフロートチャンバーに溜まっているガソリンを抜き、タンクに戻します。
キャブレター取り外し_c0147448_1645255.jpg
エアクリーナーエレメントが入っているエアクリーナーボックスを外した後、フレーム上部にあるエアチャンバー締付ボルトを外して可動状態にします。
その後、エアインテークパイプのクランプを緩めます。
キャブレター取り外し_c0147448_16505743.jpg
キャブレーター本体を後方に引っ張り、インテークパイプから抜けた状態にします。
キャブレター取り外し_c0147448_16513574.jpg
次に、エンジン側のクランプも緩めて、インテークパイプを上方に引っ張って外すわけですが、カッチリはまってて全く抜けようとしません。回転はするので固着しているのではなさそうです。

それでもエンジンにキズをつけないよう、マイナスドライバーでゴムだけをコジってみると、何やらパキパキ音がします。20分ぐらい頑張ったところでやっと1個外れました。

それがこの状態。
キャブレター取り外し_c0147448_1655128.jpg
エンジンの熱の影響か、締め付けられていた部分だけが柔軟性を失って固くなった上に、多数のクラックが入っていました。
キャブ側はまだ柔らかいのですが、これは完全にダメです。

1番、4番はそのまま頑張って外しましたが、奥にある2番、3番はカッターナイフで少しずつ切れ目を入れ、割って取り外しました。
キャブレター取り外し_c0147448_16565680.jpg
外したパイプとクランプを見て分かったんですが、熱的に厳しい2番、3番の劣化が激しく、特に、3番はクランプのネジ部が油汚れで湿っていました。
もしかしたら、カムチェーンテンショナーアジャスタのオイル漏れと思っていたのは、ここからのガス漏れだったのかもしれません。

キャブは右側から引っ張り出し、アクセルワイヤを外してようやく外すことができました。
キャブレター取り外し_c0147448_1745341.jpg
ここまでで約2時間。

インテークポートはゴミや砂埃が入らないよう、塞いでおきます。
キャブレター取り外し_c0147448_1763085.jpg
ついでなので、カムチェーンテンショナーアジャスタも外しました。
ガスケットが固着していたのでまだすべて取り切れていません。ケミカルのガスケットリムーバーかなんかでちゃんと除去しなければなりません。
キャブレター取り外し_c0147448_1782418.jpg
とりあえず、キャブ以外の部品を元に戻して仮止めしておきます。バッテリーは長期不動に備えてマイナスコードを外した状態にしておきました。

キャブが抜けてちょっと間抜けな状態ですね(笑)
キャブレター取り外し_c0147448_1710695.jpg
さて、このあとは本番のキャブレター解剖ですが、それはまた後日。

完全にダメになったインテークパイプはナップスで発注しました。
こんなゴム筒がなんと1個1,850円(税別)もする高額パーツなので非常に痛い出費です。
キャブレター取り外し_c0147448_17512729.jpg

キャブレター目視チェックへ続く
by group-a | 2010-02-14 17:19 | GSX1100Sカタナ | Comments(4)
Commented by kz2000gt at 2010-02-14 19:59 x
最後の写真はバイクの部品と何か関係あるんですか?(笑)
Commented by group-a at 2010-02-14 21:41
ナップスで部品注文したらくれました。
バレンタインデーと言えば、不二家のハートチョコレート。
Commented by tamo at 2010-02-16 09:19 x
キャブ外してる~。すごい。。
チョコおいしそ(笑)
Commented by group-a at 2010-02-16 13:08
旧車乗りの諸先輩方は自分で何でもやっちまいますからね。
自分でやると苦労も多いですが、上手く行けば満足度も大きいのかな、と思いますです。
名前
URL
削除用パスワード
<< キャブレター目視チェック 雨ときどき雪 >>