人気ブログランキング |
リヤブレーキパッド交換
カタナのリヤブレーキパッドが限界を大幅に超えてベースプレートが露出する寸前まで減ってしまっていたので、急ぎ、ブレーキパッド交換をすることにしました。



その前にまず、先週、チェーンの張り調整をやったあとに忘れていたチェックを実施しました。

チェーンラインの確認。
c0147448_2042726.jpg
チェーンラインがまっすぐになっていて曲がりがないこと、タイヤを回転させて引っ掛かりや異音が無く、スムーズに回転することを確認しました。

続いて本番、リヤブレーキパッドの交換作業を始めます。

前回(2008年4月20日)取り付けたのはRKエキセルのUA7でしたが、今回はFA5にしてみました。
c0147448_17503940.jpg
UA7よりはストリート向けでロングライフな性質のブレーキパッドです。
Web!keで "RK ファインアロイ55 ブレーキパッド GSX1000S" を見る

摩擦面はこんな感じ。
c0147448_17543154.jpg
新品時のパッド厚さは6mmです。
c0147448_17553739.jpg
さて、取り付け作業開始。
まず、シムにRK 鳴き止めグリースを塗り、
c0147448_17583377.jpg
ピストンが当たる部分にも塗っておきます。多い?少ない?ま、これぐらいで。
c0147448_17594244.jpg
矢印の向きが前になるようにセットします。
そして、キャリパをブラケットから外し、ローターの外側にずらしてパッドをセットします。
c0147448_182552.jpg
パッドピン、ベータピン、スプリングをセットし、キャリパを元の位置に固定して取り付け完了です。
c0147448_1855020.jpg
この後、ローターを脱脂し、ブレーキペダルをキコキコして作業完了。

続いてフロントのブレーキパッドをチェックしました。
c0147448_1872872.jpg
残り厚さは1.5mm~2mm。新品が4mmなので5分以下に減っていいます。
もうしばらくしてから交換することにしました。
by group-a | 2010-04-17 18:13 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< その後の長者ヶ崎 岡田有希子 >>