人気ブログランキング |
7月24日、帰路 泉大津~神奈川
今日(7月24日土曜日)は夏休みの最後の試練、大阪泉大津港から神奈川の自宅までの長距離Run、その日です。

北九州・新門司港から夜の間に航行した阪九フェリーは、定刻5:40に大阪・泉大津港に到着しました。
c0147448_1439569.jpg




ナビの案内を頼りに、早朝の阪神高速を走ります。まだクルマが少なく、全線快適に走れました。
それにしても、さすが阪神高速(?)、超ドデカ級のレーダーアンテナを備えた「速度違反取締装置」があります。かなり古い機種でしょうけど、それだけ昔から配備されてるってことでしょうね。

阪神高速をどう走るかなんてサッパリ判らないので、完全にナビお任せですが、走っててよく判らなかったのが、4号湾岸線->天保山JCT->16号大阪線と来て信濃橋に差し掛かたとき、ナビ画面を見ると、なぜかルート(この先走るべきルート)が交差しています。信濃橋を直進通過すると、東船場JCTを右にカーブ。1号環状線に入りました。

環状線??

ガイド通りに環状線を回ると、はたしてさっきの信濃橋の立体交差に戻りました。
あとで地図を見てみると、なるほど、湾岸線から名神高速の豊中ICに行くにはこういうルートになるようです。最短・最適ルートかどうかはわかりませんが、納得しました。

やっぱりナビは便利!

草津から亀山に抜ける新名神高速道路を走っているときは、標高が高いこともあって、ちょっとひんやりした空気が気持ちイイ。
朝ごはんを食べていないのでちょっとお腹がすきました。往路でも寄った土山SAに寄ってサンドイッチで朝食です。
c0147448_1457851.jpg
予報では今日も酷暑日。気温が上がりきらないうちに走行距離を稼ぎたいのでさっさと再出発。

東名阪自動車道の鈴鹿IC付近では、ちょうどいま鈴鹿サーキットでは8耐の予選だなぁと思いつつ通過。

と、ナビが案内する名古屋を通過するルートでまた解らないことが。
往路では伊勢湾岸自動車道を通りましたが、復路では四日市JCTをそのまま通過。名古屋市内に突っ込み、名古屋高速に入りました。理由はよくわかりません。
ナビにVICSユニットは無いのでリアルタイムの渋滞情報はありませんが、統計情報を元にしたコースどりをすることはできるのでこの影響も考えられはしますが、定かではありません。

名古屋市内を抜け、名古屋ICから東名高速道路です。あとはゴールまで一本道ですね。

豊田市の上郷SAで水分補給の小休止。
c0147448_15155237.jpg
SAを出ると渋滞。岡崎まで混雑していました。

その先は全く問題なく、スムーズに静岡県内に突入。浜名湖SAで小休止(上郷から1時間弱)。
c0147448_152114100.jpg
よくわからない写真ですが、浜名湖です。
と、目に止まった「うな串」。
c0147448_15222159.jpg
1本380円。ちょっと高いけど、うなぎとタレの香ばしい風味が美味。汗をダラダラ流しながら食べました。

そして、静岡県内をどんどん進み、富士川SAで最後の小休止(浜名湖から約1時間40分)。
c0147448_15312018.jpg
利尿作用があるものは水分摂取としては不適当なので控えていましたが、最後に缶コーヒー1本。

もうだいぶ疲れましたが、厚木ICまで100kmを切っています。もうひと頑張り。
神奈川県内に入ると、高速道路から見える風景はいささか殺風景ですが、反対側の下り車線が混んでいてもこちらはスイスイ。助かります。

そして13時頃、厚木ICを通過、14時頃自宅に到着しましたぁ。
c0147448_1550245.jpg
ちかれたびー。

それにしてもカタナ君、猛暑の中、よー走ってくれたバイ。おつかれさん!!!

総走行距離:1,901km
使用燃料:67.21L
平均燃費:28km/L(これ、ビックリ)
by group-a | 2010-07-25 16:00 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< デジカメ、撮像素子のホコリ付着で修理 7月23日、帰路 新門司港へ >>