人気ブログランキング |
ヨシムラ マグネシウム カムカバー
こちら、現在は絶版品のヨシムラ マグネシウム カムカバー、SUZUKI GSX1100S KATANA/GSX750S KATANA(III型を除く)/IMPULSEなどに適合するドレスアップパーツです。
c0147448_21272161.jpg
定価は13,000円でしたっけ?
でも、ネットオークションでは定価をはるかに超える値段で取引されています。

このカムカバーはまだマシなほうで、エンジンカバー(点火パルスジェネレーターのほうのカバー)は4万円弱から5万円台までの値がついています。ちなみに、エンジンカバーの定価も13,000円です。

そのような状況に目をつけ、コピー品を製作して売りさばく者がいるようです。

正規品は、マグネシウム合金で鋳造したカバー本体の全体(裏表)に濃茶色の塗装を施し、「ヨシムラ」や「I've Got The Power!」の文字の部分だけ金色の光沢を残した加工がしてあったものもありました。GSX1100S KATANAのはそうなっていました。
車両に装着して使われていたものは、経年劣化で、表面に酸化腐食が出たり光沢が無くなったり、塗装が劣化してグレー系に変色したりしています。
また、YOSHIMURA KATANA 1135Rに装着されているものを真似て、黒と赤に塗装した方も多かったようです。

ネットオークションの写真だけで真贋を見分けるのは難しいですが、カタナ(GSX1100S/GSX750S)のもにについては、以下のような点に注意が必要だと思います。(これらのひとつ、またはいくつかに該当する場合でも必ずしも非正規品であるとは断定できませんので、あくまでも注意する観点として捉えてください)

・異様にきれいに見えるもの
 未使用品などを除き、通常使用されていた物は汚れや腐食、変色が見られます。
 発売から10年近くが経過している物ですので、相応の変化かどうかがポイントになります。

・表面や裏面の色が異なる物
 標準塗装はSUZUKI GSX-R750R等スズキの限定車のマグカバーに倣ったものだそうです。
 表裏とも、焦茶や酸化した黄銅のような色が基本で、経年劣化で灰色っぽくはなるようです。

・標準色以外で塗装された物
 古くなって見栄えが悪くなったものや、趣味趣向で自家塗装された方も多く、そのような物との区別・見分けが必要ですが、非正規品であることを隠蔽するための塗装も考えられます。

・品名表示に「マグネシウム」や「マグ」などの表記がない物
 ネットオークションでは、品名や商品説明に事実と異なる記載をすることは禁じられており、これは詐欺行為に当たります。また、検索キーワードと称して無関係の語句を記載する紛らわしいケースもありますので、注意が必要です。
 単に記載しなかっただけ、というケースもありますので、区別は必要です。

・表面のロゴや裏面の合わせ面の金属色がアルミ色などで不自然な物
 マグネシウムは灰色に金属光沢のある色をしています。
 これにアルミと亜鉛を少量加えたものがマグネシウム合金ですので、基本的に銀色の金属ですが、酸化しやすいため、正規品は表面を塗装または鍍金してします。塗装が剥げ落ちたり研磨したものを除いて、銀色の金属素地が露出したものはありません。

おそらく、実際に入手するまでは偽物であると断定できないと思いますし、そもそも、偽物が流通しているかどうかも確たる証拠がありません。

手元に本物があれば詳細な写真や重量などを記載できるのですが、残念ながら持ち合わせていません。

※後にエンジンカバーも入手しました。重量などを測りましたので、参考までにどうぞ。
ヨシムラ マグカバー 簡易鑑定

くれぐれもお気をつけください。
c0147448_22193327.jpg
このカムカバーも地味にタイミングを狙ってようやく手に入れたもの。
エンジンカバーもほしいなぁ・・・どなたか譲って頂けませんか?(笑)
by group-a | 2011-04-20 22:33 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< リバイバル 東京タワーも被災 >>