人気ブログランキング |
オイルクーラーコアガードの交換
8月29日にユニコーンのステンレスオイルクーラーコアガードを取り付けましたが、やはり、メッシュの目が細かいため、油温が上がりやすいようです。デジテンの表示ですぐに110度に達してしまいます。

悩みましたが、K-FACTORYのものに取り替えることにしました。
全く、もったいない話しですが・・・

ユニコーンのは目の細かい菱形をしていましたが、K-FACTORYのはハニカム形状で、中央部と左右で穴の大きさが違っています。
c0147448_19122111.jpg
おそらく、タイヤから跳ね上げられる小石などが当たる可能性がある中央部は防御性能、左右は冷却性能を高くするための工夫でしょう。

ユニコーンのはカラーを挟んでロングボルトで取り付けていました。
c0147448_19161213.jpg
ユニコーンのを取り外したところでちょっと比較。
c0147448_19181412.jpg
だいぶ穴の大きさが違いますね。

さて、K-FACTORYのはボルトで固定する部分が折り曲げ加工されていて、ノーマルボルトで固定するようになっています。ただ、錆びていたボルトは捨てちゃったので、M6×20mmのステンレスキャップボルトとワッシャで取り付けます。

こんな感じです。
c0147448_1920147.jpg
ボルトを締め込むときにコアガードも供回りして、ねじれてしまいます。

ねじれないように手で押さえたりしましたが全然ダメ。試行錯誤の結果、強めに締めて、少し戻す、これでねじれなく固定することが出来ました。

さて、実力の程は如何に?

Webikeで "K-FACTORY オイルクーラーガード GSX1100S" を見る
K-FACTORY K-ファクトリー/オイルクーラーガード

by group-a | 2011-06-04 19:41 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 宮ヶ瀬でCB-Fとカタナと 長者ヶ崎 2011.06.04 >>