人気ブログランキング |
7月22日、九州帰省 神奈川~大阪・泉大津~阪九フェリー
当日、投稿できなかったので後追い投稿です。

日本列島は動きの遅い台風6号の影響で、四国から紀伊半島、東海にかけて非常に強い雨が降っていました。関東も今週初めから台風の雲がかかって、高温高湿の日が続き、強い雨が降ったり止んだりしていましたが、22日(金)になると台風は関東沖南海上に遠ざかり、なんとか晴天にめぐまれました。

直前まで天候にヤキモキさせられましたが、これなら大丈夫そうですね!?

これから我が愛車、カタナで九州を目指します。と言っても、大阪・泉大津から福岡・新門司までは阪九フェリーなので、高速道路で約500キロメートルの行程です。

今日は平日なので渋滞はそれほど無いとは思いますが、朝4時に起床、5:12頃自宅を出発しました。
c0147448_17393469.jpg
厚木ICから東名高速道路に入り、一路、泉大津へ。

関東は、上空の寒気の影響で一昨日の夕方から急激に冷え込み、今朝は20度でした。
陽が登ってくると暖かくなるかと思いましたが、高速道路を走っていると、やっぱり寒いです。今日ばかりは、長いトンネルの中にこもった暖かい空気が有り難かった・・・

たまらず、牧之原SAに止まり、トイレとホットコーヒーで少しの暖を取りました。ここで7:45頃。
c0147448_17452435.jpg
引き続き先を目指します。

やはり、今日は渋滞はなく、去年30キロ以上の渋滞があった浜松~岡崎についても、特に情報はありません。そして、9時少し前に浜名湖SAに到着しました。
c0147448_17475786.jpg
去年の帰路はここで「うな串」を食べましたが、往路では時間が早すぎて、どの店も開店直後だったり、準備中だったりでありつけませんでした。
仕方ないのでさらに先へ。

伊勢湾岸道路はやはり心理的にしんどいですね。ストレートの多い3車線のきれいな高速道路なんですが、バイクで走るとなんだかキツいです。

三重県に入り、四日市に入ったあたりで前方が真っ白に煙っているのが見えてきました。どうやら雨です。
詳細書きませんが、急遽、レインウエアを上に重ね着して先に進むと、やはり降ってきました。
ただ、細かい雨が視界を濡らすものの、路面を完全にウエットにするほどのものではなく、新名神の甲賀土山までの区間を辛抱で走ると、空は晴れてきました。蒸し暑いので甲南PAでレインウエアを脱ぎましたが、バイクもほとんど汚れていませんでした。

水分補給とトイレを済ませ、さらに先へ進みます。

去年は大津SAでお昼にうな重を食べたので、ことしもそこで、と思っていましたが、何時まで経っても大津SAが現れません。それもそのはず、名神高速ではなく京滋バイパスを走っていたからだったんです。

そのまま滋賀・京都を通過し、13:25頃、吹田SAに到着しました。
c0147448_1805944.jpg
しかたないので、ここで遅い昼食。フードコートで豚カルビ丼を食べました。
しばらく休憩して、残りの行程を消化します。

豊中から阪神高速ですが、やはり都市高速というのは緊張しますね。アウェイならなおさらです。
去年しくじった本町IC出口も無事スルーして、そのすぐ先にあるJCTをクリア、その先の過酷なレーンチェンジも無事こなせました。

14:15ごろ、早々と泉大津港・阪九フェリーターミナルに到着しました。去年よりも少し早かったですね。
c0147448_18183226.jpg
そして待つこと2時間半、ようやく乗船。
17:30、泉大津港を出港しました。
c0147448_18195244.jpg
乗船するとすぐ、7階の展望風呂で汗を流したので、展望デッキの潮風も心地良いです。
18:40過ぎ、お約束の明石海峡大橋をくぐるところ。
c0147448_18222067.jpg
このあと、5階ラウンジでfabulousという鍵盤楽器を演奏する4人の女性ユニットのライブがありました。今回はメンバー中二人で九州ツアーとのことで、ライブも二人でした。

今日の旅もハードでしたが、これで一休みできます。明日の朝、目が覚めた時には九州上陸ですね。

今日の走行、527km
by group-a | 2011-07-23 18:28 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月23日、#MFC主催:遠征... ヨシムラ マグカバー 簡易鑑定 >>