人気ブログランキング |
カタナのオイル交換
結局やりました、オイル交換。

前回は約8ヶ月半前、その後、5227km走行しました。

今回使うオイルもニューテックの化学合成油、NC-41 10W-50です。
c0147448_20182034.jpg
前回使用したぶんの残りも使います。

まず、マフラーの取り外しから。

フランジがエキパイを傷つけないよう、ダンボールの小片をすき間に突っ込みます。
c0147448_2022493.jpg
フランジの固定ボルトを外したら、アタッチメントが脱落しないように、エキパイにテープで固定します。
c0147448_2024664.jpg
マフラーの取り外しが完了したら、廃油処理箱をエンジンの下において、ドレンプラグを外します。
17mmのめがねレンチで緩めたら、オイルパンに押し付けながら手で回します。
c0147448_20262011.jpg
手の感触で、ボルトが雌ねじから抜けきったのを感じ取ったら、素早く引き抜きます。そうするとオイルが手にほとんどかかりませんね。
オイルがどんどん抜けます。
c0147448_2030249.jpg
このとき、オイルフィラーキャップを外しておくと良い(良かった)です(汗)。

さらに、オイルフィルターエレメントも交換します。特に異常な汚れなどありませんでした。
c0147448_2032593.jpg
オイルがほぼ抜けきったところで、フィルターハウジングに残ったオイルを拭き取り、キャップとの合わせ面の汚れもきれいに拭き取ります。
c0147448_20335551.jpg
新しいオイルフィルターをセットします。
c0147448_20341890.jpg
オイルフィルターキャップにフィルターに添付されていた新品のOリングをセットして元通りふたをします。
また、ドレンプラグとガスケットは新品に取替えます。
ドレンプラグは再使用可能なんですが、ガスケットがガッチリ噛み込んで取れないので交換しちゃいます。

【スズキ純正部品】
09247-14026 プラグ 115円
09168-14002 ガスケット 52円
c0147448_20412987.jpg
続いて恒例、エンジン前面の洗浄です。
c0147448_20414395.jpg
ブレーキダストなどが付着していますので、クルマ用のホイールクリーナーを使っています。
お湯をかけて濡らしたあと、ホイールクリーナーを吹きつけ、しばらくしてお湯で洗い流します。
乾かしたあと、アーマーオールで仕上げておきました。

と、いろいろやってると夕暮れてどんどん暗くなって来ました。

オイルを約3.6L注入して、マフラーを元通り取り付け、作業完了です。

オイル量を点検するため、しばらく暖気してエンジン停止、数分間後に車体を直立させて点検窓からオイル量を見ます。
最初、少し足りなかったので、100mLほど追加して、とりあえず規定量になりました。
c0147448_20465533.jpg
終わった頃にはだいぶ薄暗くなってしまったので写真はブレブレです。

5時頃、完了しましたー。ふぅーーー。

オイル交換は後片付けも大変なので、ちょっと億劫だったりします。
by group-a | 2012-01-15 20:54 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ユニコーン ライブトーク Bi... 何にもない日記 ミーティングw... >>