人気ブログランキング |
フロントブレーキホースの微調整
カタナのフロントブレーキマスターシリンダーをブレンボのラジポンに取り替えた際、ホースも取り替えましたが、ホースの取り回しにちょっぴり問題がありました。

左側は分岐のすぐ先がフロントフォークのインナーチューブに当たるぐらいに接近しており、右側は側方への張り出しが大きくなっていました。

これがその状態。
c0147448_21182342.jpg
まず、マスターシリンダーとホースに入っているブレーキ液を抜き、キャリパーのバンジョーボルトを一旦外しました。
そして、ホースとバンジョーの接続部をゆるめ、ホースを少しねじりながらフロントフォークとのクリアランスを確保し、バンジョーを固定します。
c0147448_21214958.jpg
わかるでしょうか?

わかりませんね(笑)

before & after の比較。
c0147448_21223670.jpg
右側(向かって左側)の側方への張り出しが減り、ほぼ左右対称になりました。

インナーチューブにくっつきそうだった部分もクリアランスを確保しています(ピンボケですが・・・)。
c0147448_21245621.jpg
キャリパー側のバンジョーは、今まで少し外側に向けて固定していましたが、ストッパーの位置まで内側に向けておきました。
c0147448_21264388.jpg
ホースに少しねじりを与えることでアウターとのクリアランスも確保しています。
c0147448_21281715.jpg
スズキ ブレーキフルードを注入して、エア抜きして終了。

このあと、チェーンにオイルを注しておきました。
c0147448_21305892.jpg
ロングツーリング仕様?

by group-a | 2012-07-14 21:35 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 宮ヶ瀬カタナ’ズ・初ショートツー 梅雨空の宮ヶ瀬 >>