人気ブログランキング |
カタナ復活
フロント周りの点検・メンテナンスのためにショップに預けていたカタナを引き取りに行きました。

ステムかどこかからコンコンいう音、フロントフォークが沈む時のキィという音、の原因は判りませんでしたが、というより、自分で分解点検するなら原因究明もやったかもしれませんが、ショップに頼む場合は費用の問題が大きいわけで。

結局、フロントフォークはシンプルにオーバーホール、ステムは、分解までの過程はオーバーホールと共通なので、ベアリングのコンディションを確認し、異常が認められればそこからベアリング交換に切り替え、異常が認められなければどうするか判断、ということにしました。

前回の記事にも書いたとおり、預けた当日のうちに点検結果が出ました。

ステムベアリングのアウターレースには目立った摩耗や打痕等は無く、ごく当たり前のコンディションだったので、そのまま、グリスアップをしてキッチリ組み直すことに。

ということで、ワイのカタナと再会。
カタナ復活_c0147448_17531814.jpg
オーバーホールしたフロントフォークも作動良好です!
カタナ復活_c0147448_17542383.jpg
2011年春に2本とも新品に交換しましたが、分解してみたところ、中から出てきたオイルの状態(オイル自体も?)が異なり、片側だけ異様に汚れていたとのこと。
新品とはいえ、在庫期間や、アッセンブリーの時期や方法に違いがある場合もあり、必ずしも最良のコンディションではなかったり、バラつきがあることもあるようです。

今回、オーバーホールしましたのでその問題も解消できたことでしょう。

ついでに、三角に減っていたフロントタイヤも交換です。
カタナ復活_c0147448_17585194.jpg
試乗してみましたが、さすがにバッチリです。これで心置きなくカタナで走りまくれます!!

【今回のメンテナンス】
フロントフォークO/H 交換後の走行距離=10,963km
ステムベアリング分解・点検 交換後の走行距離=10,963km
フロントタイヤ交換(BS BT-45V 100/90-19 57V) 前回からの走行距離=15,545km

タイヤは毎回ブリヂストンのBT-45Vですが、フロント1.5万キロ、リヤ2万キロごとの交換です。
カタナ復活_c0147448_1843491.jpg

by group-a | 2013-02-01 18:08 | GSX1100Sカタナ | Comments(4)
Commented by shige at 2013-02-01 20:56 x
カタナ復活、おめでとうございます~。私の愛車も、現在ユニコーンさんに預かってもらっています。ガンマの軽さに慣れてしまうと、一瞬躊躇するかもしれませんね。
Commented by group-a at 2013-02-01 21:40
ありがとうございます。
預けに行く時に久しぶりに乗りましたが、重さだけでなく、曲がるときのステアリンクの切れ方とか、こんなにも違うのかと今更気付かされました。
Commented by at 2013-02-02 10:04 x
カタナ復活おめでとうございます。
カタナは格好良いですね。
Commented by group-a at 2013-02-02 15:15
ありがとうございます。
今回の件、ちょっと過敏になりすぎた取り越し苦労だったかもしれませんが、夏の長距離ツーリングのことを考えると、心配の種はできるだけ取り除いておきたかったです(汗)。
名前
URL
削除用パスワード
<< 宮ヶ瀬復帰初日、凍結路の洗礼(... こんなに天気がいい日は寒くても... >>