人気ブログランキング |
ミドルスロットル取り付け
6月も今日で終わり。

6月最終日、4本目の記事となります。最後はスロットルグリップの交換。

ユニコーンジャパンから発売されているミドルスロットルセット
ミドルスロットル取り付け_c0147448_20254020.jpg
いわゆる、なんちゃってハイスロ。ノーマルよりも径が少し大きい巻取り部がついたスロットルグリップに、左用グリップがセットになったもので、グリップ表面のパターンはファイナルエディションのものと同じになっています。

ところで、スズキのこのスロットルグリップはよく出来ていて、スリーブに凹凸の溝があり、グリップラバー側の凹凸と噛み合っています。グリップ両端のツバの部分にもスリーブのツバが入っていて、回転方向にも軸方向にも一切ズレないようになっていますので、ボンドなどの接着剤が不要なんです。

さて、ノーマルとの比較ですが、径の違いはこのとおり。
ミドルスロットル取り付け_c0147448_20321579.jpg
ノーマル(右)よりも径が大きくなっています。

取り付けは簡単。

まず、スロットルワイヤーの調整ネジを緩めてワイヤーに遊びを作っておきます。
バランサーウェイトを取り外し、スイッチボックスのネジ2本を外し、ボックスをパカッと開けてワイヤーを外すとスロットルグリップは取り外せます。

逆手順で取り付けます。
ミドルスロットル取り付け_c0147448_20355974.jpg
見た目は全く変わりません。グリップが新しくなって気持ちいいです。

スロットルの操作量ですが、ノーマルは、
ミドルスロットル取り付け_c0147448_2038103.jpg
全閉から全開まで、90度を少し超えています。

ミドルスロットルだと、
ミドルスロットル取り付け_c0147448_2038478.jpg
角度が小さくなってますね。

全閉時、
ミドルスロットル取り付け_c0147448_20395087.jpg
全開時、
ミドルスロットル取り付け_c0147448_204023.jpg
持ち替え無しでなんとかなります。まぁ、全開にはしませんけどね。

体感できる変化は特に無いのは判っていますが・・・(笑)。

by group-a | 2013-06-30 20:58 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< カタナ用のタンクガード 夏のメンテナンスその3-ウイン... >>