一時休眠、バッテリー取り外し
次、いつ乗れるかわかりませんが、とりあえずバッテリーを外しておきます。

手間のかかるカタナのほうから。

シート、フレームカバー、プレート、Rリザーバータンク、エアクリーナーボックスを外して、やっとこさバッテリーを外せます。
c0147448_13262219.jpg
次、載せるときの手間を省くため、エアクリボックスは外したままにしておきます。そのため、パイプはラップで塞いでおきました。
c0147448_1328327.jpg
キャブからガソリンを抜いておきます。
c0147448_132953.jpg
輸出仕様のキャブはボルトで塞いであるだけなので、ガソリン抜くのも面倒ですが、国内仕様はノズル状の排出口にホースをつけてドレンスクリューを緩めるだけで抜けます。

エアクリボックスを外すとき、ボックスにスレ傷がついていたのでフレーム側を見てみたら・・・
c0147448_13344318.jpg
矢印の先のところ・・・
c0147448_1335363.jpg
削れてます(汗)。

んー、せっかくフレーム塗装したのに、残念なことをしました。コンパウンドで軽く表面を研磨して脱脂し、透明の粘着保護シートを貼っておきました。
c0147448_13363872.jpg
見えないので黄線で囲ってあります。
エアベントホースの下に黒い縦スジがありますが、この右側も保護シートを貼ってあります。

気化したガソリンで汚染されるエアベントホース出口附近と、シートのゴムクッションが当たるところなど、シートフレーム各所に保護シートを貼っていますが、エアクリボックスとの干渉部分は見逃していました。

そして最後、Vガンマからもバッテリーを外します。
c0147448_1339276.jpg
こっちは楽ですねぇ。シートを外せばすぐバッテリーが顔を出します。

外したバッテリーは次に備えて充電です。
[PR]
by group-a | 2014-02-11 13:45 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 先週の雪より酷いかも 休日、されど、自宅にて引きこもり >>