DSC-RX100M3にカシオEXILIMケースESC-330
先月、コンパクトデジタルカメラ ソニーDSC-RX100M3を買っちゃいました。

コンパクトデジタルカメラはリコーのCX2を使っています。
ブログに使う写真を撮るのがメインなので性能とかはあまり問題ではなく、特に近接マクロ撮影が出来て、操作性が良い(習熟している)ことを重視していましたので何も問題はありませんでした。

ただ、センサーにホコリが乗ってしまい、被写体や写し方によっては黒い点が出てしまうようになったので買い替えを考えていました。

最近のコンパクトデジタルカメラは多機能・高性能できれいな写真が撮れるのに値段が安く、機種も豊富で非常に魅力的なんですが、外装がプラスチックになってしまっているのが個人的には残念なところ。

そんな中、多少高価ではあるものの、金属外装で質感が申し分なく、性能は言うまでもなかったのがソニーのRX100シリーズでした。
c0147448_2353912.jpg
3代目のM3ですが、このシリーズは初代が今でも現行で、つい先日4代目が発売になったところです。I~iVがすべて現行モデルとして発売されている稀有な機種です。

さて、カメラの仕様はさておき、このカメラには専用の「ケース」がありません。いや、速写ケースはあるんですが、純正のラバーグリップをつけると速写ケースが使えなくなります。
だからと言って裸で持ち歩くのは不都合もありますし、スッポリ収納できるケースが欲しいところです。

今日、ヨドバシカメラで物色して見つけたのがこれです。
c0147448_23101643.jpg
カシオEXILIM専用のケース、ESC-330

RX100M3のサイズは101.6x58.1x41.0 (mm)と、正面寸法は非常に小さいのにレンズの出っ張りの分、厚さが41ミリあって、汎用のケースでムダのない大きさのものは少ないようです。
c0147448_23135367.jpg
ESC-330に入れてみると、スッポリ、絶妙な大きさ。
c0147448_23172299.jpg
ただ、フラップ式のふたを閉じた時に上にわりと多めのすき間が出来てしまいます。
c0147448_23175942.jpg
RX100よりも10ミリ以上高さがある機種を対象にしているのでしかたのないところです。
中で多少動くものの、実用上大きな問題はないレベルだと思います。気になる場合は底にめがね拭きとかクリーニングクロスとかを敷くと良いかもしれません。

そういや昔、一眼レフの速写ケースのレンズのところに折りたたんだレンズ拭きの布を入れてませんでしたっけ?
[PR]
by group-a | 2015-08-13 23:23 | モノ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< お盆休み終盤 懐か写真 >>