VJ21A ステムマウントベース取付 まとめ
RGV250γ(VJ21A)のステムマウントベース取り付けについてまとめ。

セパレートハンドルのバイクの場合、電子機器の取り付け場所は非常に限られます。

「とにかく乗っかっていればいい」というものでもなく、搭載する機器自体の視認性や操作性を確保しつつ、バイクの操縦に影響を与えたり操作に支障が出たりすることがないようにと、そういう諸々の事をクリアするには取り付け場所や方法はけっこう限られます。

大抵の場合、取り付け場所はハンドル周りになるわけですが、ハンドル周りで最も動きが少なくて安定している場所はステムシャフト附近です。

バーハンドルならハンドルクランプタイプのマウントパーツを中心寄りに取り付ければOK。セパハンの場合は・・・、ステムシャフトに差し込むタイプがやっぱりベストですね。

というわけで、ステムの固定がナットになっているVJ21Aもステムシャフト差し込みタイプが使えますが、課題が2つ。

まず、フューエルタンクのブリーザーホースがステムナットの穴に差し込まれているので、これをなんとかします。
このホースはタンク内の圧力を大気圧にする通気の役割と、内圧が上がって噴き出してきたガソリンを排出する役割があるので、それを妨げないようにします。
レーサーでやっているようにキャッチタンクで受けるなどすると良いでしょう。
c0147448_1862226.jpg
黒いフューエルタンクの場合、直射日光などでけっこうガソリンを吹きますので、キャッチタンク内はこまめに点検を。

上の写真ではステムナットも交換済み。ステムナットはM22 P1.0の貫通タイプです。

そしてもうひとつの課題がステムシャフトの内径と使用するマウントパーツの規格が合うかどうか。
VJ21Aのステムシャフトの内径は約14mmですが、上端から4センチメートル附近より奥は内径が大きくなっていました。

ステムシャフト差し込みタイプのマウントパーツはいくつかのメーカーから発売されているので、まずは14mmに対応したものを探します。新たにマウントシステムを揃える場合はここから揃えていけばよいです。

僕の場合はサインハウスで揃えているのでサインハウスのパーツを使いたいのですが、同社のステムマウントベースは12mmのものと15mmのものの2種類と、あとは最近のバイク用に開発された径の大きいものとなっています。
適応範囲は、12mm対応のC-15が12.2~13mm、15mm対応のC-16は15~18mmとなっていて、13mmから15mm未満に対応するものがありません。
他社には13~14mm対応のものがありますが、基本的にメーカーが異なるとシステムの互換性が無いので、マウントベースが他のメーカーに変わるとシステム全体が取り換えとなってしまいます。

ここでだいぶ悩んで考えた末、最終的に選んだのがこの方法です。

外径15mm、厚さ1.0mmのアルミパイプを長さ5センチにカットして縦に切り込みを入れ、すき間を開けたスリーブを作成しました。
c0147448_1862728.jpg
これをステムホールに打ち込みました。
c0147448_1863093.jpg
外径14mmのパイプがあればよかったのかもしれませんが、無いんですよね、これが。まぁその場合、外径が足りなくてステムシャフトにしっかり刺さらなかったり、逆にキツキツで打ち込めなかったりすることも考えられるわけで。
このようにスリットが開いていると、マウントパーツによって内側から圧がかかった時にステムシャフトに食いついてくれるので、この方法がおそらく良いと思います。

これで内径が約12mmになりました。

ナットはもともとついていたワッシャを入れて締めたのと、ナットの高さがけっこうあったのでシャフトの上端と大きな段差が出来ました。ここにステムマウントベースを取り付けるとすき間から水が侵入した時に錆びてしまうので、段差をゴムパッキンとグリースで埋めました。
c0147448_1863280.jpg
そしてこちらが軸部12mmのサインハウス M8シリーズ ステムマウントベース C-15です。
c0147448_1863481.jpg
そしてもうひとつ、M12 8tのアルミカラー。(外径25.6mm、内径12mm、厚さ8mm)
c0147448_1863644.jpg
上で書いたように、VJ21Aのステムシャフトは上端から4センチメートルぐらいのところから奥の内径が大きくなっていました。そのため、作成したスリーブは5センチとしています。
使用するステムマウントベースは上端から6センチ程度をホール内壁と接触するようにしておく必要がありそうだったので、カラーは奥行き確保の意味と、ステムナットの穴を塞ぐ意味を持たせました。

カラーを敷いてマウントパーツを刺し、締め付けたら完成です。
c0147448_1863897.jpg
突き出し量が大きめになっていますが、見た目はけっこう良い感じだと思います(自画自賛)。キャッチタンクは垢抜けないですが・・・

スマートフォンを載せてみましたが、とてもいい感じでしたよ。
[PR]
by group-a | 2015-10-10 19:04 | RGV250ガンマ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 秋空 iPhone6sに機種変更 >>