フロートチャンバー、コンプレッションテスト、おたふくカバー穴あけ
宮ヶ瀬から帰ったあと、いろいろやってみました。今日の走行49km

先週の土日は久しぶりに充実していました。そのぶんクタクタに疲れましたが(笑)。今週末はまたバイク三昧となります。

まず、ガンマのキャブレター摘出。
c0147448_1943746.jpg
フロートチャンバーを観察してみます。まず左側についていたほう。
c0147448_19433423.jpg
底の刻印は1-1Pですね。
次に右側についていたほう。
c0147448_1944651.jpg
こっちも1-1Pでした。
刻印は同じですが、オーバーフローパイプの長さは違っています。
c0147448_19515542.jpg
これからすると、キャブレターボディが寝ている右側には長いパイプのほうで良いような気がしたので、とりあえず元通りにしておきました。

と、そのあともモヤモヤしながらずっと考えていましたが、やはりフロートチャンバーは左右逆のようです。
キャブレターにガソリンを入れた状態で左右それぞれをインテークパイプに挿した状態の角度にしたとき、傾斜の違う左右キャブレターの油面からオーバーフローパイプの突き出し量は同じになるはずですが、今の状態では、1番側(左)は油面にほぼスレスレ、2番側(右)は油面からかなり突き出した状態になっていると思われます。
左右を入れ替えないとダメですね!


【参考文献】
http://blog.livedoor.jp/rsvrmille/archives/1750189.html

次に、この状態になったところで・・・
c0147448_19544996.jpg
先日買ったコンプレッションテスターが登場!!
c0147448_19552767.jpg
普通はキャブレターとエアクリーナーボックスをつけたままで測定しますが、キャブを取っ払ったままやるので、吸気を妨げない程度にインテークパイプにウエスを軽く突っ込んでおきました。
プラグを2本とも抜いて、1番側(左)から。
指針の上昇が止まるまでキックペダルを蹴りまくり・・・
c0147448_19573796.jpg
約900kpaとなりました。2番側(右)も同じ。
c0147448_2033888.jpg
サービスガイドには圧縮比:7.5、圧縮圧力:7.8kg/cm2-500rpmと書いてあります。
7.8kg/cm2は約765kpaですが、さっきの数字と比べるとずいぶん小さいですね。そもそもキックペダルで500rpm回せるかという問題もありますけど、サービスガイドに書かれている数字との差は何なんでしょ?針が上がらなくなるまでキックし続けるというので合っているのでしょか?

最後、おたふくカバーの穴あけ加工です。

シリンダーが縦になっている1番側(左)はオタフク部屋も縦になっているので、廃液が抜けやすいようにカバーへの穴開け加工は済ませました。
オタフク部屋が下を向いている2番側(右)は、特に不都合は無さそうですが、念のため穴開け加工をすることにしました。

カバーを外してみると廃液はほとんど入っておらず、カバー裏の窪みに少し溜まっている程度でした。(写真はありません)
洗浄して穴あけ加工します。
c0147448_2021113.jpg
縁に近い位置に5ミリの穴を開けます。
c0147448_20225163.jpg
キャッチタンクに貯まる廃液は、かなーーーり粘度が高いです。
流動性がほとんど無く、カバーとキャッチタンクをつなぐホース内にも溜まり、ホースやニップルを閉塞させます。それでもバルブから漏れる排気ガスの圧で押し出され、タンクまで届いてはいます。
色は茶褐色でウンコ状。オイルが黄色のCCIS TYPE02だからでしょうか?

穴あけ加工で何かが改善するわけでは無いと思いますが、気休めです。
[PR]
by group-a | 2016-05-28 20:32 | RGV250ガンマ | Comments(3)
Commented by peperon at 2016-05-31 10:13 x
ご無沙汰しております。
もし宜しければ、スズキ純正CCISと、TYPE02の比較を、主観で構いませんので教えて頂きたいです!
Commented by group-a at 2016-05-31 11:19
実は・・・標準CCISオイルとの違いが判るほど比べていないので、差がどれぐらいあるのか判らないというのが正直なところです(^^;;

メーカーの謳い文句では「耐摩耗性、耐焼付性」が良いということなのでそれを鵜呑みにしてます(^^;;;;

公道走行に関してはどちらも不都合無いはずです。
実感したところは、TYPE02は排煙が少ない、臭いも比較的悪くない、キャブの設定が適切で燃焼温度が適切ならば排気中の未燃焼オイルが少なくオタフクもほとんど出ない、といったところです。

とかなんとか言いながら、値段が2倍ぐらいもする02を入れているのは保険みたいなものです(笑)

参考にならなくてゴメンなさいm(_ _)m
Commented by peperon at 2016-05-31 12:24 x
なるほど、参考になります、ありがとうございます(*´・ω・`)
やっぱり安いので標準を現在は使ってますが、臭い、白煙多い、おたふくバンバン溜まるのトリプルコンボなもので(笑)
試しに次は02を使ってみようかなぁ…
名前
URL
削除用パスワード
<< カタナの車検準備、その2 カタナの車検準備、その1 >>