オタフクホース交換
梅雨入りしたあと最初の週末、関東は晴れです。

朝から湿度が高くてムシムシ。今日はもう、ジャケットもパンツもメッシュでOKでした。
c0147448_20341526.jpg
朝はいつもの宮ヶ瀬。今日も賑わいましたね。

今日の走行54km

っと、宮ヶ瀬の話もそこそこに、帰宅後にチョコっとガンマをいじりました。

涼しい時期はあっという間に過ぎて気温が上がって来ましたが、ガンマのエンジン、燃焼具合は良さそうです。
c0147448_20344012.jpg
c0147448_20344948.jpg
サイレンサーの排気口は走行後にいつも汚れを拭き取っています。
写真は今日50キロほど走ったあとの汚れ具合ですが、湿り気はほとんどなく、スモークで燻された感じで淡黄色に染まっている程度です。プラグの焼け具合も参考になりますが、プラグの熱価でも変わるので、燃焼の状況が総合的にどうかというのを簡単に見るには排気の汚れ具合を見るのが良いように思います。

さて、買い物に行って必要なモノを仕入れてきて作業開始です。今日はオタフクホースを取り替えます。

これまで耐熱性のあるシリコンホースを使っていましたが、どういうわけか表面がひどくベタつき、タイヤが舞い上げた砂が付着します。
c0147448_20351010.jpg
c0147448_20351746.jpg
ホース交換前に瓶に溜まったオタフク液を洗い流します。
c0147448_20352654.jpg
これは1番シリンダー(左)のもので、少量溜まっていました。前回洗ったのは・・・、ブログの記事に残っている限りで見ると、去年の12月27日みたいです。それが正しいとするとこれが2,372km走行分のおたふくの量ってことになりますが、少ないですね、ホントかな?

2番シリンダーのほうは5月28日に洗いました。その後、全然溜まっていなかったので内側を軽く拭いただけで完了です。
2番側のほうがどうしても多く出るので、瓶の汚染がかなり酷いですね。まだ使えるのでこのままです。
c0147448_20355557.jpg
さて、買ってきたものは・・・
c0147448_2036794.jpg
塩ビのフューエスホース(グリーン、内径8ミリ、外径12ミリ、長さ1m)です。ピンクホースより硬いので、少しは熱に耐えるかなという目論見です。
それぞれ適当な長さにカットして元通り取り付けました。
c0147448_2036164.jpg
c0147448_20362285.jpg
熱の影響がどの程度出るか、しばらく様子を見ていきます。
[PR]
by group-a | 2016-06-11 20:38 | RGV250ガンマ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ぬ!?刀に釘 オタフクソースはなぜ出るか >>