カタナの車検準備、その3
カタナのリヤタイヤに釘がぶっ刺さったのは一週間前。

無謀にも抜いてみたところ、運良く空気漏れするような致命傷ではなかったようですが、この一週間は毎日、タイヤのしぼみ具合を見ていました。走行せず、置いているだけでは抜けている様子はなかったので、今日はカタナで宮ヶ瀬まで走ってみます。

5:30スタート。

まず、近くのガソリンスタンドでタイヤの空気圧チェックと補充をします。
補充前は200kPaでした。
c0147448_1434454.jpg
空気を足して235kPa程度にしました。
※というか、取説標準空気圧より大幅に低いですね。一名乗車・後輪290kPa
c0147448_14414789.jpg
気温は22度、薄雲が出ているのでちょうどいい涼しさでした。
c0147448_1443818.jpg
☆さん離脱のとき、何故かリヤタイヤの空気が抜けてしまっていた、というトラブル発生。さすが旅人、常備していた緊急用パンク修理剤でなんとか走れる状態になりました。無事に修理(交換)できたでしょうか?

今日も早めの時間、8時過ぎの解散となりました。

帰る途中、またガソリンスタンドに寄って給油と空気圧チェック。
c0147448_1540767.jpg
エアポンプのホースの口金をつけた時にはめ込みが甘く、空気を少し漏らしてしまいました。それでかどうか断定は出来ませんが、エア圧は223kPa。また補充しておきました。

今日の走行45km、給油5.48L、前回からの走行距離93.6km、燃費17.08km/L

帰宅後、車検に備えて、タイヤとブレーキの点検をやりました。

フロントタイヤの溝は4.5mm(タイヤ中央)。替えたばかりなので当然。
c0147448_1545147.jpg
リヤタイヤは4.4mm
c0147448_15461047.jpg
続いてリヤブレーキキャリパのパッド残量点検、のついでにキャリパの清掃です。
キャリパをブラケットから外して、グリースやダストなどの汚れを拭き取り、ダストブーツをめくると・・・
c0147448_15464659.jpg
前回詰めたシリコングリースがきれいなまま残っていました。
ダストブーツは値上がりして高価なのできれいに洗って大事に使います。外したパーツ一式、きれいに洗浄しました。
c0147448_15531080.jpg
パッド残量は約2.2mm
c0147448_15534021.jpg
2年前の車検前点検では2.5mmぐらいだったので、2年で0.3mmしか使ってません。新品を入れたのが2010年4月17日、それから6年2か月、走行距離25,056km、もともと6mm厚のパッドだったので、単純計算であと1万キロは保ちそうですが、それよりすこし前に交換かな~。ちなみにモノはRKのFA5です。

元通り組み付けて完了。
c0147448_1602290.jpg
フロントブレーキパッドも交換したばかりですが点検です。
左側3.5mm
c0147448_1612527.jpg
右側も3.5mm
c0147448_1613679.jpg
おあとは、左右ウインカー、ハザード、尾灯、制動灯(前・後ブレーキ)、前照灯(Hi/Lo)、警音器の確認をして、今日の点検はこれでおしまい。
このあとすぐガンマの光軸調整をやったので、今までやったことなかった2台並べての記念撮影!
c0147448_1655038.jpg
別々に置いているし乗る時も当然別々なので、2台をわざわざ並べることなんて無いんですよね。今回はじめて!(笑)。だから何だ?
[PR]
by group-a | 2016-06-19 16:09 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
Commented by KFX at 2016-06-19 17:11 x
こんばんは。
ユーザー車検というと後整備で通すだけで何もしないという印象でしたが、重要保安部品の整備も抜かりなくしているGr.A殿はさすがですね。
私は途中エンコの原因をオートチョーク不良と勝手に断定して、中華製の安っすい部品を頼みました。整備もギャンブルなんてGr.A殿とえらい違いです。

ところで☆殿は無事帰宅されたのでしょうか・・・同じトラブルにあったら私ならオロオロするだけなのになぁ。
Commented by group-a at 2016-06-19 17:51
おつかれさまです!
車検のためのメンテナンス、準備、と称して3か月も前からちょっとずつ整備する、これもひとつの楽しみにしちゃってますが、ただヒマなだけじゃないかと・・・(笑)

オートチョークとか付いてるんですね。
そういえば僕が乗ってた1986年の2スト50ccのスクーター、チョークなんか付いてませんでした。なおるといいですね!

僕も出先のトラブルはお手上げ、ロードサービスのお世話になるしかないですねぇ。。。
名前
URL
削除用パスワード
<< カタナのメンテナンス、その5 エアスクリュー調整、圧縮測定、... >>