人気ブログランキング |
タッチアップペイント
カタナのタンク、2011年5月に新品に取替えました。

ですが、2014年頃だったか、アルミ削り出しでとんがったカドがたくさんあるスマホマウントをタンクの上に落っことして、タンクの塗装が欠けてしまいました。
c0147448_1247393.jpg
その後、工具をぶつけた時かなんかにも塗装欠けが出来てしまい、こちらも塗装に小さい穴が出来てしまいました。
c0147448_12471367.jpg
ひとつ目は地まで届いていなかったようですが、ふたつ目は完全にサビが出ています。

サビは花咲かGで落とし、タッチアップペイントで穴を塞ぎます。

用意したのはスズキ純正のタッチアップペイント YD8 ソニックシルバーメタリックと、爪楊枝。
c0147448_1249110.jpg
【SUZUKI純正部品】
99000-79380-YD8 タッチアップペイント YD8 ソニックシルバーM 756円

塗る場所を脱脂して爪楊枝の先端につけた塗料を乗せていく感じで少しずつ塗っていきます。
塗って乾いたら軽くペーパーをかけ、さらに塗って、を繰り返します。
c0147448_12523785.jpg
2回目を終えた状態です。
c0147448_12525139.jpg
c0147448_12525996.jpg
まだ少し窪んでいますので、もう少し繰り返します。

と、ここで中断。
シートの縁がこすれている場所の塗装が摩耗してしまい、かなり銀ピカになっています。こりゃ地まで行ってますね。
c0147448_12543618.jpg
サビてはいないので、このまま保護シールで覆っちゃいます。
c0147448_12572521.jpg
タンクサイド(左)には引っかき傷。パンツの金具で引っ掻いてしまった跡ですねぇ。とても残念な気持ちになります。
c0147448_1361944.jpg
さて、塗装の続き。さらに2回塗って4回塗りです。
c0147448_1363467.jpg
c0147448_1364362.jpg
こんなもんですかねぇぇぇ

とりあえず穴は塞がったのでこれで良しとします。コンパウンドで軽く磨いて終了!
by group-a | 2017-07-16 13:01 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 猛暑の三連休、ブレーキとチェー... ブレーキ液交換 >>