スギ花粉終息
4月に入って急激に花粉症の症状が治まりました。

今年は2月の中旬からスギ花粉が飛びはじめ、ツライ花粉症の季節となりました。宮ヶ瀬の杉の木も黄褐色の花が咲き乱れ、膨大な量の花粉を撒き散らしていました。

3月はホントつらかった。
起きている間はそれほどでもなかった鼻づまりが、就寝しようと横になるととたんに両鼻が詰まって呼吸がしづらくなります。僕は口で呼吸するのは相当意識しないと出来ないし、口呼吸は口の中や喉が乾燥して良くないので普段からやっていません。両鼻が詰まると眠れなくなるので、即効性のある血管収縮剤の点鼻薬を使う夜が続いていました。

この「血管収縮剤」の点鼻薬は長期間続けて使うと良くないらしく、連続使用は2週間までとし、その後少なくとも2週間は使用を控えるべきだそうです。そんなわけで今年は、即効性には劣るものの持続性のある「ステロイド系」のものに切り替えてしばらくしたところで3月が終わりました。ちなみにステロイド系も1年間に1か月の使用期間を超えてはいけないそうなので、年じゅう何かのアレルギーで苦しんでいる人はホントにつらいんだろうと思います。

今年は3月いっぱいでスギ花粉の飛散が終わったらしく、4月になるとそれまでの苦しさがウソだったように楽になりました。

それでもヒノキ花粉は多量に飛んでいるようで、宮ヶ瀬に居るとバイクに黄色い粒子が積もります。黄砂もだいぶ混ざってるかな?
今のところヒノキ花粉にはアレルギー反応が出ていないのですが、これもいつまで続くか不明です。やっと終わった花粉症に今はホッとしたところです。
[PR]
by group-a | 2018-04-13 10:11 | 季節 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ヨシムラ ツーリングブレイクタイム 花粉、黄砂、強風、砂塵、寒暖差 >>