フロントフォーク浸水点検
そういや夏のバイク帰省の帰り、東名高速で大雨に見舞われたのでした。

カタナのフロントフォーク、ダストシールを上げてみました。

左側
c0147448_17355026.jpg

そして右側
c0147448_17361192.jpg
あれっ!?

ストッパーリングを取り出すと・・・
c0147448_17364615.jpg
錆~~

幸いストッパーリングの軽い錆発生でした。
c0147448_17395050.jpg
ストッパーリングは錆を磨き取り、オイルシールとアウターチューブの溝についた赤錆汚れはウエスで拭き取りました。
c0147448_17415597.jpg
あのときはすごい豪雨だったので、一見シッカリ密閉しているように見えるダストシールでも、わずかに侵入していたようです。

普段は雨が降る中を走ることは無いんですが、あのバイク帰省の時のように避けられない雨中走行をしたあとは要チェックですね。
[PR]
by group-a | 2018-10-19 17:49 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 霧降高原 クラッチレリーズアーム交換 >>