人気ブログランキング |
キャブレターオーバーホール開始
カタナのキャブレターオーバーホールに着手しました。

オーバーホールと言っても、残念ながら完全オーバーホールではありません。「シロウト手出し無用」の領域は侵さず、未経験の4基分離にはチャレンジして、出来る範囲で最大限のオーバーホールをやりたいと思います。

シート、フレームカバー、フューエルタンク、エアクリーナーボックスを外し、エアチャンバーの固定ボルト2本を外します。エアチャンバーのアウトレットチューブのバンドとインテークパイプのバンドを緩め、エアチャンバーを後方にズラしながら、キャブレターを車体右方向に無理やり引っ張って取り外しました。

スロットルワイヤーを外してキャブレターの取り外し完了。
c0147448_16462047.jpg
エンジン側には詰め物をして、しばらくこのままで居てもらいます。
c0147448_16472542.jpg
この際、エンジンの背中側をキレイにしたり、アースケーブル交換とかしたいですね。

エンジンから抜き取ったインテークパイプは交換からちょうど9年。エンジン側の硬化やヒビ割れを想定していましたが、意外に全く問題無しでした。
c0147448_1652191.jpg
キャブレターはプラスネジやマイナスネジばかりで、しかもけっこう固く締まっていて分解には難儀します。いくつかのネジをナメそうになりながら、インパクトドライバーなどを利用して分解出来ました。
c0147448_16535665.jpg
ピストン&ダイヤフラムは汚れはあるものの、問題なし。
c0147448_16544034.jpg
今現在、新品は一個あたり17,712円もするので死んでほしくない部品です。

さらに分解していきます。

パイロットスクリュー。2.0回転戻しに設定されていました。
Oリングは交換します。
c0147448_16574614.jpg
ファイナルエディションのフロートチャンバーには別部品のドレンブロックがネジ止めされており、漏れ防止のためにOリングがハマっています。Oリングを取り出してみると損傷が認められました。
c0147448_1712923.jpg
フロートチャンバーとドレンブロックはASSYで、Oリング単品の部品設定がありません。

フロートを外し、ニードルバルブを取り出します。

ニードルは、やや当たりが確認出来るものの、段付きと言う程でもなく、おそらく大丈夫。かな??
c0147448_17121411.jpg
バルブシートはくすんでいますが、フィルターにゴミの付着はありませんでした。Oリングは交換です。
c0147448_17133287.jpg
このあと、メインジェット、ニードルジェットまで取り外しました。ほかはジェットドライバー(セットスクリュードライバー)の用意が無かったため、次に持ち越します。
c0147448_17153230.jpg
c0147448_17193012.jpg

by group-a | 2019-02-11 17:19 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< キャブレター分解・洗浄完了 リヤブレーキキャリパーのパッド... >>