人気ブログランキング |
キャブレター分解・洗浄完了
今週はキャブレターの連結を分解し、洗浄まで終わらせました。

ダイヤフラムやフロート、ジェット類の一部取り外しは先週やりましたが、今週は残りのジェットの取り外しと、連結をバラして、洗浄までやっていきます。
c0147448_2015647.jpg
チョークのリンクシャフトを取り外し、キャブレターを連結する2本のアングルフレームを外せば4基がバラバラに出来ます。スロットルバルブの連結部のスプリングを飛ばさないように注意し、フューエルニップルとエアベントニップルを抜いていけば分離完了。
c0147448_2091631.jpg
キャブボディは、外部は全体に薄汚れていますが、内部は非常にキレイです。長期不動歴が無く常に動かし続けてきたので、この辺は問題ナシです。
c0147448_2012512.jpg
c0147448_20121119.jpg
先週、適切なサイズのドライバーを用意していなかったので取り外し保留にしていたパイロットジェットと、インレット部についているパイロットエアジェットを取り外します。
パイロットジェットは簡単に外せましたが、エアジェットは非常に固く締まっていて、そのままでは外せませんでした。浸透潤滑剤ラスペネを吹いてしばらく置き、再チャレンジ。力いっぱい押し回し、カキッという音がして緩められました。

これでキャブボディに残ったのはバタフライのみ。このまま洗浄します。
c0147448_20251098.jpg
キャブレタークリーナーの溶液に漬け込み、超音波洗浄機に入れて洗浄します。
c0147448_20265230.jpg
写真の洗浄液は既に2基を洗ったものなのでかなり汚れています。

4基分のボディ、ジェット類すべてが洗浄完了しました。
c0147448_2030307.jpg
チョークプランジャーのゴム栓はたぶん大丈夫だと思います(?)
c0147448_2031726.jpg
チョークプランジャーほか、ジェット類は表面のみごくごく軽く磨いておきました。

取り外したフューエルニップルとエアベントニップル。Oリングを取ってみました。
c0147448_20374451.jpg
樹脂のエアベントニップルは汚れを落とすとキレイになりましたが、アルミのフューエルニップルは腐食でくぼみがたくさん出来ています。
Oリングは、何本かはヒビ割れ多く、完全に死んでいます。
c0147448_20421388.jpg
Oリングだけを交換すれば良いのですが、純正部品としてはOリング単品の設定が無く、モノタロウなどで同じサイズのものを買うか、オオノスピードさんから買うかのどちらかです。
Oリング自体は安いものですが、今回はニップルごと新品の純正部品を取り寄せました。

以上でキャブレターの分解・洗浄は完了です。次回より組み立てに入ります。

最後に。
エアチャンバーのアウトレット面は中央が凹んでますね。コイツの修正にもトライします。
c0147448_20455056.jpg

by group-a | 2019-02-17 20:49 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< バルブクリアランスの点検、調整 キャブレターオーバーホール開始 >>