人気ブログランキング |
スラッジ対策
カタナのエンジン内部がスラッジでかなり汚れているようです。

シリンダーヘッドカバーを開けたときもロッカーアーム周りなどのスラッジ付着を確認しましたが、オイル交換と併せていくつかの対策をします。

まず、オイルを排出。
c0147448_19531799.jpg
ドレンボルトにもスラッジが堆積しています。
c0147448_19541659.jpg
オイルフィルターエレメントにも付着していますねぇ。
c0147448_2064315.jpg
今回は特別にオイルパンを取り外してみたいと思います。
c0147448_2071842.jpg
ボルト15本を取り外し、オイルパン側面に木を当ててゴムハンマーで叩き、ズレたところで剥がしました。
c0147448_2081591.jpg
まっくろくろすけ。
オイルパン全面に堆積しているかも?ぐらいに思っていましたが、地肌が見えているところも多いのでそこまでではなさそう。
オイル分を取り除くと、車体左側(サイドスタンドで立てた時に下になるほう)に堆積が見られました。
c0147448_20103774.jpg
スラッジはオイルと混じってドロっとしていますが粘り気はありません。カーボンなどが主成分なんですかね。あとでキレイに洗浄します。
クランクケース側に見える銀色のがストレーナです。
c0147448_20123183.jpg
なんでプラスネジで留まってるんですかね。キツく締まっているのと体勢が悪くて難儀しましたが、なんとか外れました。
c0147448_2014359.jpg
中に溜まっていたオイルを出すと、いっしょに大きめのカスも出てきました。網にも小さなカスが引っかかっていますが、全部内側っぽいですね。パーツクリーナーで油分を洗ってみると、カスは引っかかっているものの、ストレーナー内部にはスラッジは溜まっていませんでした。

ある程度洗ったら水道の水流で残ったカスを残らず流し、エアブローして水分を飛ばして洗浄完了です。
c0147448_20181124.jpg
クランクケース側も手の届く範囲で汚れなどを拭き取っておきました。Oリングは新品に交換します。
c0147448_202037.jpg
下回りの作業なので、こんな感じでリフトで上げてます。
c0147448_2021429.jpg
洗浄完了したオイルパンと、交換部品のガスケット、オイルフィルターエレメント、Oリング。
c0147448_20214286.jpg
ドレンボルトは輸出仕様車で使われている21mm六角のマグネット付きボルトにしました。ガスケットは再使用(笑)
c0147448_20233512.jpg
Oリング、フィルターエレメントをセットし、オイルパン、フィルターキャップのボルト、ナットを規定トルクで締め、ドレンボルトをつけて完了。
c0147448_2025062.jpg
今回入れるオイルは、スズキ純正 エクスター R9000 10W-40 100%化学合成オイル、4L用意しました。
それから、ワコーズ eクリーンプラス 遅効性エンジン内部洗浄剤です。
c0147448_20273171.jpg
エンジンオイルの分散性を向上させ、遅効性の洗浄作用により走行しながらエンジン内部の汚れを取り除いていってくれるそうです。
効果があるかわかりませんが、フラッシングにはちょっと抵抗があるので、これを試してみます。
オイルをジョッキに移し、eクリーンプラスを注入して撹拌、エンジンに注ぎます。

GSX1100Sカタナ・ファイナルエディション(純正オイルクーラ付)のエンジンオイル量は、

オイル交換時:3,200mL
オイルフィルタ交換時:3,600mL
エンジン分解時:4,200mL

となっています。
eクリーンプラスが100mLあるのと、オイル1リットル缶はたいてい1,050mLくらいあるので、オイル4,200mL+100mLで、約4,300mLぐらいになるはず。
全量注入しました。

今回はオイルパンを外したまま丸1日置いていたので、オイルポンプや通路からもだいぶ抜け落ちたはずです。
エンジン始動前に通路にオイルを汲み上げるため、点火プラグを外し、油圧警告灯(OIL)が消灯するまでセルモーターを回し続けました。プラグを抜いているのでモーターが軽い音を発しながら勢いよく回ります。断続的にしばらく回し、無事ランプ消灯を確認しました。

これでしばらく走って、何か月か後にどうなっているかまた確認します。

マフラーのアタッチメントとエキパイの間からの排気漏れ・二次エア吸入の防止の為、紙ガスケットシートからリング状に切り出したものを挟むことにしました。
c0147448_2033341.jpg
最後、バッテリー後部のハーネスカバーが破けたので取り替えます。
c0147448_20355342.jpg
c0147448_20361774.jpg
c0147448_20362985.jpg
以上、3月最初の土日、二日間での作業でした。

これで今回、カタナで予定していた作業はすべて終了です。キャブをバラしたので正常に機能しているか走行しての確認が必要です。その結果を受けて再調整等しなければならないかもしれませんが、それはまた後日。

今日は朝からずっと雨でした。次の週末は乗れるかな~?
c0147448_20381673.jpg

by group-a | 2019-03-03 20:46 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
Commented by トランク at 2019-03-06 15:28 x
おぉ、ここまでできる設備うらやましいですね。
ウチのもキャブクリーニングしてやらないとなぁ。
Commented by group-a at 2019-03-06 20:27
こんにちは、トランクさま!
設備を貸してもらえるお店がありまして、おかげで、出来ることの幅がずいぶん広がりました。
名前
URL
削除用パスワード
<< テスト走行 キャブレターオーバーホール完了 >>