人気ブログランキング |
ウォーターポンプシャフト(ギヤ)交換
やっぱり割れていました。

今日は前から気になっていたウォーターポンプシャフトの点検をしました。

というのも、NSR250Rのウォーターポンプシャフトの樹脂ギヤは長年の使用で軸部分がパキパキに割れる問題があって、ほぼ全ての車体で発生するそうです。

エンジンオーバーホールの時にもらった写真に写っていた樹脂ギヤの裏側には細かいクラックが複数見えていたので気にしていたものの、点検するにもクランクケース右側のカバーを開けなければならないことと、割れていた場合の替えのギヤは純正部品は廃番になっていて、高価な社外品しか無いので手を付けられずにいました。ところが、使用する素材から見直し、低価格化も実現した社外部品が出たため、しばらく前に購入してみました。

使用実績という点では、先に発売されていたもの(純正部品より高性能な樹脂ギヤのもの)に悪い話を聞かないのでそれを使うのが良いのでしょうが、金額が今回購入したものの3倍近いので(汗)

ということで、サクッとクラッチ分解。
c0147448_2005869.jpg
冷却水を抜いてポンプカバーも外します。
c0147448_2012775.jpg
クランクケース右カバーを外します。エンジンオーバーホールから1年半ですが、ガスケットはかなりこびり付いていました。
c0147448_2039647.jpg
外したカバーから見える樹脂ギヤの軸部を覗き込むと・・・
c0147448_20395071.jpg
見えますね、黒く染まったクラックが。
シャフトを固定してインパクトレンチでインペラーを外します。
c0147448_20412673.jpg
思いっきり割れていますね~
c0147448_20415625.jpg
これで交換決定。
用意したのはDMR-JAPANのMCナイロンギヤのシャフトです。7,344円
c0147448_20425163.jpg
クランクケースカバーにシャフトとインペラーを取り付けます。メカニカルシールは今回は取り外さず、そのままとしました。
c0147448_20451540.jpg
ところで、カバーを外してからシャフト交換までの間、いつの間にかクランクケースにこびり付いていたガスケットがキレイに無くなっていました。不思議な事があるものです。
こびり付いたガスケット剥がしは地味で時間がかかる上に、雑にやるとキズをつけてしまうので神経を遣いますよね。

てなことを言っていたらスタッフの方が手伝ってくださり、シャフト側の作業をしている間に済ませておいてくれたのでした(笑)どうもありがとうございました!
ひとつ謝らなければならないのは、キレイになったクランクケースの写真を撮り忘れた件です(^^;;

プライマリードリブンギヤにクラッチアウターを固定するネジ穴にはネジロック剤が残っているため、タップでクリーニングしました。M7×P1.0です。
c0147448_20484351.jpg
新しいガスケットをセットし、
c0147448_20485651.jpg
カバーを取り付け、ポンプカバー、ホースを戻して、今日のところはここで終了です。4月半ばまで作業の時間が取れないため、この状態で一時休止となります。
c0147448_2049101.jpg

by group-a | 2019-03-24 20:52 | NSR250R | Comments(2)
Commented by 小人 at 2019-03-25 07:44 x
写真撮り忘れちゃったんですね~
苦労したのに…(;_;)
Commented by group-a at 2019-03-25 08:52
スミマセン(^^;;大汗
新しいガスケットがホント邪魔ですねw
名前
URL
削除用パスワード
<< ウォーターポンプ・オーバーホール ステムベアリング交換 >>