人気ブログランキング |
ウォーターポンプ・オーバーホール
前回、ウォーターポンプシャフト(ギヤ)を交換しましたが、関連部品も交換することにしました。

クラッチは取り外したままで、トランスミッションオイルも冷却水も入れていないので、このままエンジン右カバーを外します。

ウォーターポンプシャフトの軸受には、カバー内側から順に、ボールベアリング、オイルシール、メカニカルシールの順についており、カバーを境にベアリングが内側、オイルシールとメカニカルシールが外側にあります。

まず、ベアリングをベアリングプーラーで取り外したら、オイルシールとメカニカルシールは破壊前提で、カバー内側から一緒に押し出します。特工は無いので、径が合うソケットのコマなどを使って叩き出そうとしましたが、メカニカルシールがビクとも動きません。
どうも、瞬間的に力がかかる打撃では外せなさそうで、オイルシールは参ってしまってヘロヘロになってしまいました。
結局、ソケットを当てて油圧プレスで排出しました。

オイルフィルターも取り出して引っかかっているカスを洗浄し、プライマリードリブンギヤのオイルシールとキックスターターシャフトのオイルシール以外、すべて取り外して分解完了です。
c0147448_22411492.jpg
c0147448_2241269.jpg
メカニカルシールを新品に交換します。
c0147448_2244532.jpg
白いリングはインペラーに装着します。手で簡単に押し込めます。
c0147448_22443843.jpg
続いて、カバー表側のオイルシール、メカニカルシールから装着します。

オイルシールは問題なく装着できました。

メカニカルシールの装着では、最初、径の合うパイプを当てて叩き込もうとしましたが、使ったパイプが薄いものだったので安定して打ち込みができません。
そもそもメカニカルシールを打撃で打ち込むのは、抜く時にダメだったのと同様、正しいやり方ではなさそうです。ということで、今度はボール盤をプレス代わりにして圧入することにしました。
c0147448_22494850.jpg
ボール盤の本来の使い方ではありませんし、力が要りますが、油圧プレスより入っていく感覚が判るのと、力のかけ過ぎを防ぐことはできます。

なんとか装着完了。
c0147448_2253437.jpg
c0147448_22533244.jpg
シャフトにはエンジンオイルを塗布してベアリングに装着し、回り止めでギヤを固定し、インペラーを取り付けます。
c0147448_22553654.jpg
c0147448_22554691.jpg
ウォーターホースのディストリビューターにつくOリングも交換します。
c0147448_22573038.jpg
以上で部品交換作業は完了です。
カバーを取り付け、クラッチを組み立てます。各部ボルトの締め付けはトルクレンチで規定トルクに締め込みます。
c0147448_22583658.jpg
c0147448_22594596.jpg
全て組み終えたらトランスミッションオイル(エンジンオイル ホンダ・ウルトラG2)を規定量入れ、冷却水を注入してエンジンを回しながらエア抜きし、問題ないことが確認できたら完了です。

今回のNSRのメンテナンスはこれでひと区切りです。リヤショックアブソーバーのオーバーホールが残っていますが、これはまたいずれやることにします。
c0147448_2333693.jpg

by group-a | 2019-04-13 23:14 | NSR250R | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< カタナ、フロントタイヤ+ベアリ... ウォーターポンプシャフト(ギヤ)交換 >>