人気ブログランキング |
走行テスト
キャブOH後の走行テストです。

すべてノーマル設定です。エアスクリューは1-1/2回転戻しです。

冷間始動直後に走り出した時にカブったような症状は無くなり、十分暖まってから回転を上げていくと、扱いやすさやトルク・パワーの出方は申し分ありません。ひときわ元気になったように感じます。
max回転数までキッチリ吹け上がります。

ということでキャブOH完了です。
c0147448_20563021.jpg
今朝は湿度が高く、宮ヶ瀬湖はもやがかかっていました。あいかわらずの蒸し暑さですね。

帰宅後、プラグチェック。

1番側(左)
c0147448_20575329.jpg
2番側(右)
c0147448_20581555.jpg
2番側がちょっと濃いですね。

次に、ヘルメットホルダーがついているカウルステーの固定ボルトを交換します。ヘルメットホルダーがついているので、このステーはヘクサロビュラ(トルクス)のボルトが使われてます。
c0147448_2134598.jpg
先日、いつのまにか緩んでいたので、普通の六角穴のボルトだと思って六角レンチを差し込もうとしたらうまく入りません。よく見てみたらヘクサロビュラだったというわけですが、星型の穴が削れてナメかかっていました。
c0147448_2135144.jpg
右側の新しいボルトに交換します。
c0147448_2141421.jpg
最後に、オイル警告灯がチラチラ点灯し始めたので、ホンダ純正ウルトラG2オイルを1缶補充しました。黄色の点線のところまで、満タンです。
前回の補充から約1,420kmの走行です。
c0147448_2155949.jpg

by group-a | 2019-08-11 21:14 | NSR250R | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ホイール・タイヤ交換 NSRキャブレター組み立て >>