人気ブログランキング | 話題のタグを見る

何にもない日記 may4.exblog.jp

バイクとクルマと趣味と物欲の、何にも「なら」ない日記ですよ。GSX1100S KATANA、RGV250ガンマ、NSR250R、ランサーエボリューションなんかを取り扱っております。


by group-a

ホイール塗装剥離

8月半ばから少しずつ取り組んでいた作業。

RGV250ガンマのホイールの塗装を剥離していました。


2015年に入手した車両には黒く塗られたホイールがついていました。
VJ21Aの赤白カラーにはもともと白いホイールが組み合わされています。黒い塗装の欠けた部分や、塗り残しの部分に白い塗膜が見えているので、黒で上塗りしたものになります。

ガリ傷、キャリパーや工具が当たった傷、拭き傷、フルードやパーツクリーナーなどによる痛みが目立ってきたので塗り直しをしようと思います。

フロントは17インチでVJ22Aなどとも共通なのでまだいいとして、リヤが18インチでタイヤの選択肢が無く、VJ22Aは17インチ化されているので、需要がホントにありません。放っておくと金属ゴミになるしかないので、この際、お金はかけずに手間をかけてキレイに再生したいと思います。

塗装は剥離剤を使って落とします。

まず、ホームセンターなどで入手できる水性環境配慮型の剥離剤を試させてもらったところ、表面の黒が「浮いて」「剥がれる」というより「溶ける」感じです。ヘラのようなもので掻き取ると、下にはグレーのプライマーが露出してきました。思ったより作業が捗りませんでした。

まず、初日はスポークの部分を片面だけであきらめました。

業務用でわりとよく耳にするナトコの「スケルトン M-201」を通販で入手し、これで一気にやっつけようと意気込みます。
ホイール塗装剥離_c0147448_18223719.jpg

Amazon.co.jp | ナトコ スケルトンM-201 金属ハケ用 1kg 業務用 剥離

淡青色のドロっとした液体をハケで塗ると、すぐに塗膜が溶けてブクブクしてきました。
ホイール塗装剥離_c0147448_18241963.jpg
さすが業務用、と感心したのもつかの間、掻き取ってみるとやはり、表面の黒い塗膜が溶けていただけで、プライマーが頑張っています。
こしゃくなプライマーめ、やりおるわい!ヽ(`Д´#)ノ

あと、リム部分の外側はアルミの表面が切削されていて滑らかなので塗膜の剥がれが良く、内側はザラザラの鋳肌のため塗装の食いつきが良くて素直に剥がれません。
ホイール塗装剥離_c0147448_18435389.jpg
3日間頑張ってなんとかここまで落としました。ザラザラ面にはまだだいぶ白いのが残っていますし、リムの内面に回った塗装はまだ手をつけていません。
ホイール塗装剥離_c0147448_18472566.jpg
さらにもう1日頑張って、だいぶキレイになってきました。
ホイール塗装剥離_c0147448_1849569.jpg
リヤホイールはひとまずここまでにして、引き続きフロントホイールに取り掛かります。
ホイール塗装剥離_c0147448_1991232.jpg
スケルトンをたっぷりめに塗ると・・・
ホイール塗装剥離_c0147448_1995664.jpg
塗膜がぶわ~っと浮いてきました。
ヘラで掻き取ると、
ホイール塗装剥離_c0147448_19103763.jpg
リムの外側部分は下の白塗膜もろとも剥がれてしまいました。
内側部分とスポーク部分ではあいかわらず頑張ってますが、フロントにはプライマーを塗るのをサボったようで、リヤより捗ります。

1日で裏も表も、ここまで剥がせました。
ホイール塗装剥離_c0147448_19153583.jpg
週末だけの作業なので開始から1か月が経ってしまいましたが、まだ「剥がし」すら終わっていないんですよねw

しつこく手強かったのはザラザラ鋳肌の部分です。この部分の剥がしで一番捗った方法は、剥離剤で浮かせたところに荒目のスチールワイヤーブラシでこする方法でした。
ホイール塗装剥離_c0147448_19203436.jpg
ヘラで掻いてもザラザラの目に食いついた塗膜は頑固でしたが、スチールブラシの硬い毛先がよく掻き取ってくれました。

これでほぼ終わり。

より完全を期するために軽くサンドブラストを当てたいので、次はマスキングですかね。
ホイール塗装剥離_c0147448_1927762.jpg

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by group-a | 2019-09-21 19:31 | RGV250ガンマ | Comments(0)