人気ブログランキング | 話題のタグを見る

何にもない日記 may4.exblog.jp

バイクとクルマと趣味と物欲の、何にも「なら」ない日記ですよ。GSX1100S KATANA、RGV250ガンマ、NSR250R、ランサーエボリューションなんかを取り扱っております。


by group-a

カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)

神奈川県、今日は夜半から明け方にかけてザーザー降りの大雨でした。

昨日は終日まぁまぁ持ったものの、今日は不安定な天気で午後にもまた雨になるらしいです。
8時過ぎには晴れてきて路面も乾いたので10時頃に自宅を出て宮ヶ瀬に向かってみましたが、宮ヶ瀬湖周辺だけ雨が降っていました。典型的な山間部の天気ですね。ポツポツ来たあたりで即座にUターンして帰宅しました。

自宅のあたりは弱いながら日差しもあり、わりと涼しいので今月末に車検を控えたカタナのメンテナンスに着手することにしました。まず今日はブレーキ。(午後から雨なのに、そんな日にブレーキやって大丈夫なのか?)
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14561808.jpg
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562071.jpg
今日のところはフロントブレーキの点検、キャリパー掃除とフルード交換をやろうと思います。

キャリパーからブレーキパッドを取り外し、ピストンの動き具合を見ます。
パッドはまだ然程減っておらずピストンは奥まで押し込まれた状態でしたので、そこからブレーキレバーを操作してピストンをどんどんせり出させます。この時の出具合が均等かどうか。

左は概ねバランス良かったです。さすがブレンボ。
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562213.jpg
右はちょっと動きが悪くなっていましたが、純正キャリパーのときのようにピストンのどれか1つ(特に小さい方)が固着するようなことはありませんでした。
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562363.jpg
今回はこのまま戻しました。頃合いを見てピストンを外しての掃除はやったほうが良さそうです。

パッドの厚みは右が約4.3ミリ、左が約4.5ミリ、ブレーキディスクの厚みは安物のプラスチック製アナログノギスの精度では新品時の5ミリからの差はほぼ見て取れないレベルでした。

パッドのピストン当たり部分にシリコングリスと、パッドの側面のキャリパーボデーに当たるところにスレッドコンパウンドを塗り、パッドピンにもスレッドコンパウンドを薄く塗って元通り組みます。
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562438.jpg
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562611.jpg
あとはフルード交換ですが、どうせなら前後とも、と思ってリアもフルード交換だけ先にやることに。(やめておけばよかった)
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562843.jpg
リアのエア抜きが終わったところで雨が降ってきました!

まだポツポツだったので大急ぎでフロントもエア抜きまでなんとかやり終えましたが、写真など撮るヒマもなくバタバタでした。
やっぱこうなるよね。

そもそも雨が降るとハッキリ予想されていて、空も暗くなってきたのになんでブレーキメンテナンスやるのかって話です(笑)
車検が6月下旬以降とうこともあって雨がちな時期にやる羽目になるというのはあるんですが、それはそれとしても、雨が近づくとブレーキメンテナンスをやりたくなる、という謎心理。病気でしょうか?

ところで、フロントフォークのアクスルブラケットのピンチナットを純正指定の普通の六角ナットからキャップナットに取り替えています。
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_17243082.jpg
併せて、ワッシャとロックワッシャも同じステンレスの黒のものにしています。
見た目も良いし、スタッドボルトの錆防止にもなります。スタッドボルトにはスレッドコンパウンドを塗っておきました。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by group-a | 2024-06-02 15:15 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)