人気ブログランキング |
2011年 07月 21日 ( 1 )
ヨシムラ マグカバー 簡易鑑定
ようやく手に入れたヨシムラ マグネシウム エンジンカバー。
c0147448_032631.jpg
「正規品」とのことで思い切って入手したものですが、興味もあることから、簡単な鑑定をやってみました。

このパーツ、マグネシウム合金の鋳造で単一素材で出来ていることから、一番簡単なのは「比重」を求めることです。

ということで、理科の実験。

比重を求めるには、重量と体積の測定が必要ですが、複雑な形状をした物体の体積を測定するのに一番良いのは、空気中での重量と水中での重量の差分を測る方法です。
「流体中の物体は、その物体がおしのけた流体の重さ(重力)と同じ大きさの浮力を受ける(Wikipediaより引用)」というアルキメデスの原理を利用するわけですね。
水に沈めたときに軽くなる重量(浮力)が、押しのけられた水の体積と一致します。水の比重は1.0ですから、浮力=体積、と考えることが出来ます。

まず、マグカバーの重量測定。
c0147448_0323153.jpg
約187gですね。

続いて水中での重量測定。
c0147448_0325315.jpg
約85gです。

ということは、187÷(187-85)=約1.83 (g/cm3)

マグネシウム合金AZ91の比重が1.83ですから、マグネシウム合金で出来ていると見て良さそうです。

とはいえ、コピー品がアルミ合金とは限らないし、鋳造を請け負ってくれる業者ではマグネシウム合金での鋳造もやってくれるようなので、この鑑定で判ったことは「マグネシウム合金で出来ている」ということだけなんですけどね。

でも、これで正規品であることがほぼ間違いない気がしてきました。

しかし、絶版品が入手困難になるのは仕方ないとして、それを利用してコピー品を売るようなことをするから、こんな気苦労もするわけで、本当に迷惑な話ですよね。
by group-a | 2011-07-21 00:33 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)