人気ブログランキング |
2019年 10月 05日 ( 1 )
GSX1100Sカタナ・ジェネレータ点検、純正ボルト戻し
デジタルテンプメーターの電圧計表示が妙に低いので点検しました。

ジェネレータに問題があるかどうかを点検します。

ジェネレータからのリード線のギボシ端子はハンダ付けしてから全く焦げなくなりました。
c0147448_1844366.jpg
まず、この3本のギボシを切り離し、ジェネレータの断線とリークをチェックします。

3本のリード線の間はジェネレータのコイルで、電気的には1本の導線でつながっています。抵抗値は3つとも0Ωなので断線や接触不良などは無く、問題無しでした。
c0147448_186532.jpg
テスターの黒リードをアース線(バッテリーのマイナス端子)につなぎ、赤リードをジェネレータのリード線につないで導通の有無を見ます。

ジェネレータのコイルは電気的にどこにも接触していないはずですので、ここで少しでもリークが確認された場合はジェネレータに問題があることになります。
c0147448_1883358.jpg
テスターの針は振れず、抵抗値無限大(導通無し)なので問題無しでした。

次に、ジェネレータ単体での発電電圧(交流)を見ます。

ジェネレータとレギュレータの接続を切ったままエンジンを始動して、ジェネレータの端子間の交流電圧を見ます。
c0147448_1810511.jpg
3000rpm程度で3つとも50V弱まで出ていました。問題なさそうです。

次にジェネレータとレギュレータのギボシ端子を元通り接続して、レギュレートレクチファイヤで整流・電圧変換された電圧を見ます。

サービスガイドに従い、テスターの赤リードをスタータリレーのプラス端子につなぎ、黒リードをバッテリーマイナス端子につなぎます。
c0147448_18142295.jpg
これでエンジンを始動し、3000rpm程度の回転での電圧(直流)を見ると、13Vぐらいでした。
c0147448_18225324.jpg
ここでデジタルテンプメーターの電圧計を見ると、
c0147448_1823886.jpg
12.1Vです。
レギュレータの出力により近い、スタータリレーの電圧と差があります。

エンジンの回転数をアイドリング回転の少し上あたりに落としてみると、デジテンでは12.8Vで、
c0147448_18254262.jpg
スタータリレーの部分の電圧は13.5Vでした。
c0147448_18262477.jpg
デジタルテンプメーターの電源は、イグニッションスイッチを通ったあとの回路のウインカーリレーから分岐させて取っています。
スタータリレーとは回路が元から別ですし、レギュレータ~ヒューズ~イグニッションスイッチ~ウインカーリレー、と旅をしたあとにさらにデジテンの電源コードを通っているので、車体を一往復半の長旅です。
ここでの電圧降下が1V弱あるということです。

配線による損失があることはいちおう把握していましたが、肝心の発電系に問題は無さそうということが判ってまずは一安心です。
にしても電圧が低めなのが気になります。レギュレータの出力側には複数の回路やバッテリーが並列でつながっています。これらが電圧を下げるような影響を及ぼすこともあるかもしれませんが、何が悪さをしているかは、エンジンの運転に影響が無いものを順次切り離していくしかなさそう。
とりあえず、バッテリーは取り外して補充電はしておきました。

次に、クラッチカバーとジェネレータカバーを留めるボルトを純正ボルトに戻します。

純正ではないステンレスボルトを使っていましたが、やっぱり純正ボルトですよね。

エンジンのように高温になったり冷えたりする場所で、エンジン側の材質と熱膨張率が違うボルトを使っていると、幾度となく繰り返される膨張・収縮で、最悪の場合、雌ねじがごっそり削られてしまうことがあるとのこと。
既に長い間ステンレスボルトを使い続けてしまっていますが、見た目に凝るのはこれで終いです。純正ボルトに戻します。

1本ずつ抜いては、純正ボルトにTHCを塗って規定トルクで締め、全数交換完了です。
c0147448_2025044.jpg
c0147448_2025720.jpg

by group-a | 2019-10-05 20:05 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)