人気ブログランキング |
ブルーレイレコーダー修理
我が家のブルーレイレコーダーが故障しました。

家電品の故障というのは非常に困るもので、冷蔵庫、洗濯機が急に壊れて使えなくなると慌ててしまいます。
生活必需家電の故障は即座に困るので待ったなしですが、パソコン、テレビ、録画機器などの情報家電も、それが必要な者にとっては、やはり、困るものです。

東芝 REGZA ブルーレイレコーダー RD-BZ700

2010年に購入したものなので、いつ故障が出てもおかしくないな、とボンヤリ思っていたところにとうとう不具合が発生しました。

と言っても、視聴、録画、再生などの主な機能は全て問題なく、前面パネルの表示が出ないのとボタン操作が効かないというものでした。ただ、前面パネルには電源OFF時には時計ぐらいですが、電源ONにして使用している最中にはテレビ放送のチャンネル表示や録画中などのマーク表示、録画・再生時間表示などが出るので、これが全く見えないとなると、今どう動いているのかが判らなくなります。意外に困っちゃうのです。

リモコン操作で電源ON/OFFしても表示は全く出ないまま。AC電源コードをコンセントから抜いて、しばらく置いてコンセントに差し込むと、WAIT、という表示が出るので、完全に死んでいるわけではなさそうです。
c0147448_2382729.jpg
ところが、このあとしばらくすると画面の表示は全て消え、電源OFF時の時計表示も、電源ON時のチャンネル表示も出ません。
c0147448_2394065.jpg
筐体を開けて見てみると、メインボードとは別に、前面パネルの中にサブ基板があって、表示部やスイッチ類はそこに載っています。表示機能だけの不具合だとすると、このサブ基板を交換すれば直るかもしれません。

ともかくメーカーに修理に出してみました。

残念。9年前の旧い機種は保守部品も無くなっていて修理できません、と。
電話で報告を聞いた直後に、ヤフオクで部品か部品取り本体を物色していました。

それで入手したのが、液晶表示ボードを含むフロントパネル一式です。
c0147448_2314674.jpg
フロントパネルは手持ちのものを使いたいのでサブ基板だけを摘出して移植します。

※AC電源コードをコンセントから抜いてから作業開始します。くれぐれも電源につないだままやらないこと。壊れるだけでなく、感電の危険がありますので!

本体カバーを開けるとこうです。
c0147448_23153385.jpg
メイン基板と表示部のサブ基板とは1本のフレキケーブルでつながっています。丁寧にゆっくり引っ張れば抜けます。
c0147448_23162541.jpg
前面パネルは上面3箇所、側面左右2箇所、底面3箇所のツメで引っ掛けて止められています。
c0147448_23183835.jpg
c0147448_23184637.jpg
c0147448_23185589.jpg
ツメを慎重に持ち上げて鉄板の突起から外してあげるとパネルはゴッソリ取り外せます。
c0147448_231977.jpg
タッピングスクリュー6本を緩めればサブ基板は簡単に外せます。
c0147448_23195415.jpg
ホコリなどを吹き飛ばし、サブ基板を移植して元通り組み立て、さて、電源ON。

ドキドキのWAIT表示を経て・・・


c0147448_2321729.jpg
オォーー!!直りました!!

デスクトップPCと同様に、モジュール化された構成の電子機器は被疑箇所の部品さえ調達できれば簡単に直せるケースも多いです。基板に載っている部品単位で修理できるのは本物か変態です(笑)。
今回は部品取りの本体一式を調達するまでもなく修理できてよかったです。

外付けハードディスクに大量に溜め込んだ録画番組を無駄にせずに済んだし、めでたしめでたしです。
# by group-a | 2019-11-12 23:25 | モノ | Comments(2)
リードバルブ交換
昨日やらなかったリードバルブ交換をやってみました。

昨日、本当は長野県の須坂に行きたかったんですが、天気予報ではこぞって関東は午後に雨が降ると言っていたので遠征を見合わせたところ、全然降らねぇでやんの。
結果論で言えば、雨は夜遅くになってから降ってきたので日中の外出なら全く問題なかったわけです。

しかし、夜中にかけてけっこうな雨脚になったので朝バイクはダメだろうと思っていたら、意外に宮ヶ瀬近辺は路面が乾いていたとのこと。自宅前はそこそこ濡れていたのに、そんなことがあるんですね。
朝の宮ヶ瀬は諦めた代わりにバイクいじり。パパっとリードバルブを交換して試運転に出かける算段です。

カウル、タンク、エアクリーナーボックス、キャブレターを外し、インマニ、リードバルブを摘出します。
c0147448_21283195.jpg
インマニ+リードバルブの取り付けには元々プラスネジが使われていましたが、VJ22A R型から使われている六角フランジボルトに替えてあるので着脱は格段に楽です。
ちょっと角度が窮屈だったり、インマニと近接していて工具が干渉したりするので、6.3sqのソケットレンチを使うと良いです。
6.3sq 8mmのソケットに、首振りのロングエクステンション、ラチェットハンドルを使えば8本全部が楽に扱えます。
c0147448_21364478.jpg
見て触った感じではインマニもリードバルブもキレイで問題なさそうですが。

新品のリードバルブは、VJ21A K型を入手した2012年に買っておいたもので、品番の13153-12C10はパーツリストではK型用と指定されています。
c0147448_21455584.jpg
ちなみに、リードバルブはJ型:13153-12C00、K型:13153-12C10ともに廃番にはなっておらず併売されていますが、J型用が税抜価格で1枚あたり300円高いです。(2019年11月時点で、J型用:1200円、K型用:900円。いずれも税抜価格)
また、リードバルブ・アッシ(リードバルブ組立完成品)の品番は元々、J型:13150-12C00、K型:13150-12C10と別れていましたが、今ではどちらとも13150-12C11に統合されています。ということは、J/K型ともに同じリードバルブで問題ないということですが、12C00、12C10と区別されていたときのプレートに互換性があるかどうかについてはよく分かりません。ネジ穴の位置は同じだし、板の性質に差があるようには見えないので、大丈夫でしょう!

リードバルブ分解。ネジをナメないように。
c0147448_21464176.jpg
サビなど無く、良好です。

リードバルブの板には表・裏の区別があり、2枚を合わせると、このようにわずかに反っているのが判ります。
c0147448_21475325.jpg
この反りによってプレートと本体とが密着するわけです。
古いプレートは、
c0147448_21494358.jpg
どうでしょうか?新品よりかすかにまっすぐになってますかねぇ?経年変化によるものか、もともとこうだったのかは不明です。

板の裏表を間違えて取り付けるとバルブの機能が損なわれますが、バルブと押さえ板の切り欠きの位置を合わせて取り付ければ良いし、裏表を間違えたら先端が開きっぱなしになるのですぐに判ります。
c0147448_2153263.jpg
交換完了。
c0147448_21542457.jpg
パッパッと元に戻し、宮ヶ瀬へ試運転に出かけました。
c0147448_2155044.jpg
やっぱりといいましょうか、当然といいましょうか、残念ながらといいましょうか、全く変化無しでした(汗)

リードバルブはシロ、ってことはハッキリしましたw
# by group-a | 2019-11-04 22:16 | RGV250ガンマ | Comments(0)
トルクロッドの化粧直し
朝はだいぶ寒くなってきました。

朝の宮ヶ瀬の気温はヒトケタ台に突入しました。こうなると普通のグローブでは指先がかじかんできますんでウインターグローブの出番になります。今朝は電熱グローブ出しました。
c0147448_1656018.jpg
電熱OFFでもけっこうな分厚さなのでそこそこ持つんですが、それでも冷えてきたのでグリーン(低)で来ました。
令和元年も11月になり残り2か月。これまで酷い気象現象に苛まれ続けましたが、せめて年の瀬は穏やかに過ごしたいものです。
c0147448_1782838.jpg
さて、帰宅後にすぐあるものを取りに行きました。

ガンマのトルクロッドがサビていたので、昨日、古い塗装を落として塗り直しておいたのでした。

塗装前はこんな感じでした。
c0147448_171058.jpg
c0147448_17101413.jpg
c0147448_17102778.jpg
筆塗りか何かの筋が残る適当な塗装がされていて、薄い塗膜の下からサビが浮いてきています。

パーツクリーナーで汚れを拭いていたら銀色の上塗りされた塗膜が溶けて落ちてきたので、剥離剤で全て取り除きました。ロッド部分にはナメクジが這った跡のようなサビがあちこちについていたので、サンドペーパーである程度磨き、シンナーで脱脂して缶スプレーの銀で塗り、クリアで仕上げしました。

一晩、塗膜を硬化させて持ち帰ったのがこちらです。
c0147448_17155227.jpg
クリアの塗膜が薄すぎて光沢がほとんど出ていませんでしたw

フレームへの取付部のピロボールベアリングにグリースを塗り込み、新品のダストシールを取り付けます。
c0147448_17185043.jpg
VJ21Aはリヤキャリパーを着脱するのにホイールを外さなければなりません。トルクロッドを外す際にも、キャリパー側のボルトがブレーキディスクに当たって抜くことが出来ず、結局、ホイールを外してやらざるを得ません。
c0147448_17211276.jpg
フレーム側を取り付け、キャリパーと接続して、ホイールを取り付ければ完成。

ほとんど目に入らなくなるトルクロッドでした。
c0147448_17222668.jpg
続いて、インテークマニホールドとリードバルブを点検しました。
c0147448_17255990.jpg
低中回転でやや扱い難く、特に冷間時始動から温まりきるまで5000rpmで酷くグズつきます。燃費も市街地走行で13km/L前後と低調。

リードバルブを点検してみましたが、ちゃんと閉じているので問題ないと思うんですよね。インテークマニホールドもクラックひとつなく、ゴム部分の柔軟性も十分あります。
新品部品はストックしていますが、暗い雲が出てきて空模様が怪しくなってきたのもあって、交換はせずに元に戻しました。

最後、ブレーキディスクのホールに溜まったブレーキカスを掃除。
c0147448_17361428.jpg
ブラシを穴に突っ込むと、体に悪そうな黒い粉塵が煙のように霧散し、ひと仕事終えるとホイールはダストだらけです。
c0147448_17504781.jpg
それにしても穴が多すぎです。VJ21Aのフロントディスクで168個あります。

RGV250ガンマは、VJ21A/VJ22Aで数が多く、VJ23Aで少なくなりました。
NSR250Rも、MC16/MC18/MC21は穴だらけで、MC28になって大幅に減りました。

穴が多ければ多いほどエライ、って時代だったんですねw
# by group-a | 2019-11-03 17:51 | RGV250ガンマ | Comments(2)