人気ブログランキング |
<   2007年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧
熊本 熊一 忘年会
昨日は毎度恒例、地元での飲みかた。
29(にく)の日、ということで、一次会は焼肉屋「熊一」。2割引らしい。けっこう賑わっていた。
写真は、肉がなかなか出てこず、ビールだけ飲み干したところ。
c0147448_15264146.jpg

鶏セセリ、牛タン、ミノ、ロース、カルビ、豚トロ、牛ホルモン、馬ホルモン、牛丸腸、牛サガリなど食べて、一人4000円弱。
まぁまぁ安かったんじゃないスかね。
牛肉・豚肉だけじゃなくて馬肉・馬ホルモンがあるところがサスガ熊本。

肉のあとはバー、カラオケに行って、AM4時ちょい前に帰宅。

ことしも残すところ、あと2日。
1年間、お世話になりました。来年もよろしく。
c0147448_15341388.jpg

by group-a | 2007-12-30 15:35 | できごと | Comments(0)
到着~
c0147448_16362439.jpg

無事、到着。
熊本の天気は曇り。気温は15度くらいでちょっと温いみたい。
by group-a | 2007-12-28 16:36 | できごと | Comments(1)
熊本へ出発、だけど・・・
c0147448_14636100.jpg

到着地の天候が悪いため、着陸条件を満たさない場合は、福岡空港か宮崎空港に行ってしまうらしい・・・

うそ~(泣)

福岡ならまだいいけど、宮崎とかたまらんばい。
by group-a | 2007-12-28 14:06 | できごと | Comments(0)
日産GT-Rのカタログ
車のカタログ収集が趣味。

といっても、何でもかんでも集めているわけじゃなくて、今持っているのはこんな車。
  • 三菱 ランサーエボリューション
  • スバル インプレッサWRX
  • ホンダ シビックTYPE-R
  • 日産 フェアレディZ
  • 日産 GT-R
  • ダイハツ コペン
ランエボとインプレッサについては、初期から大部分のモデルのものを揃えている。

さて、今回は日産GT-Rのカタログ。
東京モーターショーなどでも多くの観客の注目の的となったこの車。
当初、カタログはWebカタログと、その内容に準じる簡素な冊子カタログが配布されただけで、この冊子カタログも25cm×25cm 16ページと、車の割には非常に残念な代物だった。(もちろん入手済みだが)

ところが先日、何気なくGT-Rスペシャルサイトを見てみると、DVDカタログ無償配布、になっていた。早速、オーダーフォームに入力したことは言うまでもない。

で、今日、そのDVDが届いていた。

早速見てみたが、内容は、コンセプト、機能紹介、ニュルブルクリンクやアウトバーンなどでの走行性能テスト・タイムアタックシーン、インタビューなど、非常に充実している。
車好きなら一見の価値ありですぞ。

北米サーキットでの走行テストシーンもあったけど、これはおそらくラグナ・セカだな~。
c0147448_2131289.jpg

by group-a | 2007-12-27 21:32 | クルマ | Comments(0)
今年の6大買い物
今年は異常と言えるほど、大きな買い物が多かった。

今年の6大買い物、以下のとおりだ。(金額順)
なお、世間に公表するのに不都合のあるものは伏字にした。

1位 △×◎
2位 @#&
3位 パソコン
4位 ネットジューク
5位 デジタルカメラ
6位 洗濯機

1位の△×◎は、書類上の購入は去年なので厳密には今年の買い物にはならないかもしれないけど、モノが来たのが今年だったのでいちおう入れてみた。
パソコン、洗濯機はそれまで使っていたものが突然壊れたので、想定外。

金額の合計は怖すぎて計算不能。(とは言いつつ、キッチリ把握してるけどね)

2008年は貯金にがんばろうっと。
by group-a | 2007-12-26 21:45 | ひとり言 | Comments(1)
年末について
去年もだったかもしれないけど、今年は23日が日曜日だったこともあり、クリスマスがさらに前倒しイベントの様相を呈していた。
23日はクリスマスイブの前日、ということで「イブ・イブ」などと呼んでメディアなどが騒いでいたし、ケンタッキーフライドチキンのお店も23日から満員長蛇の列。
その一方、本番の25日はクリスマスの店じまい在庫一掃セール&正月用品に総入れ替え。
なんとも現金だ。

まぁ、批判めいた野暮な話しはこれぐらいにして、、、
c0147448_21165344.jpg

皆さんは年末と年始とどっちが好きだろうか?

僕はズバリ、年末。

年末の、「終わったナァ」というしみじみした感じと、みんなが残り数日を穏やかに過ごそうという雰囲気、そして、連休はまだ元日以降の分が残っているという心の余裕(笑)
これは土日などの2連休の1日目の気分に通じるものがある。

土日なら土曜日、年末年始なら年末。

何も偉そうに言うほどの事じゃないけど、そういうことなんスよ。

あぁ、そういえば、12月31日から1月1日に変わった瞬間の変わり身の早さも面白いよね。
by group-a | 2007-12-25 20:54 | ひとり言 | Comments(3)
カタナのオイル交換
10:30ごろ自宅を出て、ユニコーンジャパンに向かう。
今日はカタナのエンジンオイル交換。
11:30ごろ到着して、交換作業を依頼した。

オイルはニューテックのNC-50とNC-41の2種類あるが、100%化学合成で耐久性が高く、長期に渡って安定した性能を維持するNC-41を勧められる。
年間5000km程度の走行なら、1年間無交換でもOKとのこと。
ちょっと値が張るが、まぁ良しとしよう。

待っている間、ほかに客がいなかったこともあり、社長の池田さんとマンツーで会話。
メンテナンスのことや、日ごろ気になっていることをいろいろと聞いたりしているうちに1時間たち、作業も完了。
そうそう、ショールームにはFinal Editionのシリアルナンバー0000(非売品)が展示してあった。そのほか、GSX1100S HERITAGEGSX1400S、バーハンドル仕様車も。

ところで、ユニコーンジャパンは1月14日に新店舗でリニューアルオープン。場所は横浜市金沢区福原。ちょっと遠くなるな。

オイル ニューテック NC-41 10W-50 3.6L 12,650円
オイルフィルター 800円
工賃 3,000円
カムエンドカバー SUSビスセット 750円
(各消費税別)

税込み計 18,060円

納車時からの走行距離:3487-1601=1886km
c0147448_13484748.jpg

by group-a | 2007-12-24 14:09 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
ランエボX試乗
三菱ランサーエボリューションXに試乗してきた。

ランエボXの試乗車は東京・神奈川では座間三菱にしか置いてないが、ここにはGSR 5MT(赤)とGSR TC-SST(青)の2グレードもそろっている。
こういう点では、神奈川県というのは恵まれてるなぁ、と思う。

さて、試乗したのはもちろん、TC-SST(Twin Clutch Sport Shift Transmission)。

TC-SSTには、Normal/Sport/S-Sportの3つのモードがある。
Sportモードは、オートシフト時は中・高回転域を使用したパワフルな走行が可能で、減速時のシフトダウンも積極的に行われる。ワインディングなどをパワフルに走行することが可能。
S-Sportモードは、オートシフト時は常に高回転域を維持するような制御が行われ、サーキット走行などに適した非常にアグレッシブな走行が可能。

TC-SSTの真価が体感できるのはおそらくこの2つのモードだと思われるが、試乗では残念ながらNormalモードのDレンジ指定。Sport/S-Sportは市街地の公道走行では1速か2速ぐらいしか使われないような状態だそうた。

しかし、本気モードにしたり、まったりモードにしたりするには、あくまでも人間様のレバー操作が必要で、そんな所はいかにも機械的。状況に応じて意のままに操れるMTとは、こんな所にも違いを感じられそうだ。

ということで、今回の試乗は280PSのパワフルなAT車を体感するにとどまった。

なお、エボXのグレード構成は、GSR 6speed TC-SST/GSR 5speed MT/RS 5speed MTの3グレード。
c0147448_18525081.jpg

GSR TC-SSTは、トランスミッションを生産している独ゲトラグ社での生産の遅れ、休暇などが原因で車両の生産が進まず、現在、4ヶ月待ちとのこと。

余談だが、今現在、旧モデルのエボIX MRなどの中古車価格、下取り価格は高値維持だそうだ。
by group-a | 2007-12-23 18:53 | クルマ | Comments(0)
マニュアル・トランスミッション(MT)
オートマチック・トランスミッション、いわゆるATの車は買ったことがない。
c0147448_1014829.jpg

普通自動車免許を取りたてのころは車へのコダワリはなかったので、「ATの方が楽でいいか」ぐらいに思っていた。
ところが、最初に買った中古車がMTだったことや、もともと、バイクや、モータースポーツの世界などが好きだったことから、車の操作を機械任せにしないMT車がすっかり好きになってしまった。

その後、世界ラリー選手権(WRC)の舞台で活躍しているインプレッサやランサーエボリューションに惹かれるようになり、ますますMT熱は加熱、ATにはほとんど興味を持てなくなっていた。

しかし・・・

ここ数年でATに新技術が登場している。

DCT:Dual Clutch Transmissionというものがそうだ。
「2ペダルMT」と呼ばれるが、クラッチ操作が自動で、通常のATと同じオートシフトモードがあり、マニュアルシフトもレバーやパドルなどで電気的に行うこと、その他、さまざまなコンピュータ制御を組み込んだハイテク装置のため、ATの一種と分類したい。

実例としては、AudiのSトロニック、VolkswagenのDSG、三菱自動車のツインクラッチSST、そして日産GT-Rに搭載されているGR6型デュアルクラッチトランスミッションがあり、主にスポーツモデルに搭載されている。

奇数ギヤと偶数ギヤの2組に分けて、それぞれにクラッチを装備、ギヤチェンジの際には双方のクラッチのON/OFFを切り替える動作をするため、ギヤチェンジが非常に高速に出来るし、トルクコンバータATのような滑りも皆無だ。
しかも、DCTの制御プログラムによっては、ヒール&トーなどの技を駆使して行っていたシフトダウン手順や回転あわせなども、高速で、かつ、ロスなく機械が自律でやってしまうところがスゴイ。

一度、じっくりDCT搭載の車に乗ってみたいが、試乗程度では良さも悪さもたぶん感じられないだろうな。

ランエボやGT-Rにまでハイテクトランスミッションが搭載されるようになって、ますますMTが絶滅危惧種になってしまったが、個人的には、やっぱりMTが好き。

ロスがないから燃費がいい、とかいう、いつの時代の話かわからん、ATに対する負け惜しみのセリフなんて全く必要ない。

エンジンのパワーがダイレクトにタイヤに伝わる感覚が好きだ。
加減速のたびにリズムよくギヤチェンジする感覚が好きだ。
車を自分の意思で操っている感覚が好きだ。(実際はコンピュータ制御てんこ盛りだが・・・)

もはや、合理的な理屈などなく、タダの感覚論。
普通の人からは変わり者呼ばわりされるかもしれないけど、どうでもよい。

MTのクルマに乗れる今は、MTのクルマを存分に楽しみたい。
c0147448_17571117.jpg

by group-a | 2007-12-22 23:26 | GSX1100Sカタナ | Comments(1)
汐留 日本テレビのイルミネーション
今日は社外の用事で汐留に来た。
日本テレビ前は、TV放送のお天気コーナーなどでもおなじみ、イルミネーションがとっても綺麗だった。
イルミネーションの写真は三脚がないとダメばい。
c0147448_2054247.jpg
c0147448_23181621.jpg
c0147448_20543048.jpg

by group-a | 2007-12-19 20:57 | 季節 | Comments(2)