人気ブログランキング |
<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ランエボ、エンジンオイル交換
今日はクルマのエンジンオイル交換をしてきました。

クルマのエンジンオイル交換は自分でやるのは大変すぎますので、僕はプロ任せです。

インプレッサWRXに乗っていた頃まではカー用品店に通っては市販オイルを使っていましたが、ランエボIVに買い換えてからはメーカー指定の純正オイルで通しています。
あ、そういえば、エボIX MRの初回点検のときはMOTUL 5100(?)を入れたんだっけか・・・

エボIX MR車両を買ったのがモンスターインターナショナルだったので、初回点検もそこでやってもらったんですが、オイルは安いのでもMOTUL 5100だ、ってことなので仕方なく。それでも12,600円もかかったので、予想外の痛い出費でした。(純正オイルの3倍)
ちなみに、初回点検は事前に日時(開店時間直後の時間)を決めて時刻通りに行ったにもかかわらず、作業自体なかなか始まらず何時間も待たされたので、二度と行きません。

さて、今日は予約の14時に三菱のディーラーに到着、すぐに作業にかかってもらえました。

今、10項目の愛着点検+オイル交換のキャンペーンをやっているらしく、通常、4000円ぐらいかかるオイル交換が、点検付きで1000円で済みました!超おトク!!

併せて、エアコンのフィルターを交換してもらいました。
砂ぼこりや枯れ草のカケラがプリーツの奥にごく少量詰まっていましたが、全体的にはきれいでした。でもまぁ、3年8か月も無交換だったので、この機会に、と。

オイル交換とフィルター交換、工賃込みで6,460円。

ところで、前回のオイル交換は2010年3月12日。車検の時ですね。その時から8.5か月が経っていますが、走行距離はたったの1,550km。。。
c0147448_1728358.jpg

by group-a | 2010-11-28 17:52 | クルマ | Comments(0)
VAIO Type S(VGN-SZ53B/B)の内蔵ハードディスク
自宅のメインPCとして、VAIOノートType Sを使っていますが、内蔵HDDの空き容量が3~4GBと、常にギリギリの状態です。

ノートPCは内蔵HDDの交換が面倒で、本体をかなりバラバラにしなければならなかったり、封印を解かなければならない場合もありますが、VAIO Type Sは比較的楽、というか、かなり簡単みたいです。

ということで、今日は本体を開けて内蔵HDDに辿りつくまでの手順を記録しておきます。

なお、ノートPCは基本的に、自分で分解したりするとメーカーや販売店の保証が受けられなくなります。HDD交換も保証対象外です。実施する場合は、自己責任となりますのでご注意ください。

まず、本体を開けるには小さなビスを外す必要がありますが、サイズの合っていないドライバーを使うとネジをなめてしまいますので、サイズの合った、ちゃんとした造りのドライバーを用意します。
今回使用したドライバーは、プラスドライバーのNo.0とNo.1です。

1. 本体の電源を切り、バッテリーを外して平らな場所に裏返して置きます。
キーボード固定ビスとパームレスト固定ビス3本を外します。
c0147448_16113054.jpg
2. ひっくり返し、F8キーのあたりを引っ掛けて持ち上げながら、キーボードのF1キーとF2キーの間にある可動ツメを先の尖ったもので押してキーボードを浮かせます。Insertキーのところも同様にします。
c0147448_16151556.jpg
3. キーボードを起こすとこのようになっています。写真中央の黒い可動ツメと左側の突起で固定されていました。
c0147448_1616767.jpg
4. キーボードを本体からひっくり返すと1本のフレキシブルケーブルで本体と接続されているので、本体側のコネクタを解除します。黒い押さえを手前側に引っ張り出します。このとき、工具で基板の表面配線に傷をつけたり切ったりしないよう、厳重に注意してください。
c0147448_16201293.jpg
5. キーボードを外したら、パームレスト固定ビス3本を外します。ここではNo.0のドライバーが必要です。
c0147448_1621764.jpg
6. パームレストのタッチパッドなどをつなぐフレキシブルケーブル2本を外します。ここで使用されているコネクタは、押さえを起こすタイプです。ケーブルに傷をつけないよう注意しながら、茶色の押さえを起こします。
c0147448_16225778.jpg
7. このようになります。
c0147448_16234294.jpg
8. パームレストを手前にずらして外せば作業完了です。
c0147448_16243575.jpg
9. VGN-SZ53B/BにはSeagateの80GB 5400r.p.m. 9.5mm厚のST98823ASが使われていますね。
c0147448_16265580.jpg
ここまで来ればあとは楽勝でしょう。

今日のところはここまで。
by group-a | 2010-11-27 16:32 | モノ | Comments(2)
ハイ・ファイ・セット
以前、ソニー・ミュージック・ダイレクトからハイ・ファイ・セットのベストアルバム2組が発売されました。

GIFT BOX (DYCL 1316~9, 2006年11月10日発売)
アルファミュージック編 1975~1978 (MHCL 1551~4, 2009年7月15日発売)

「GIFT BOX」は1975~1991のシングル収録全曲とアルバムからのベスト・セレクション17曲、「アルファミュージック編」は、アルファミュージック在籍時代のアルバム収録全曲と、シングルバージョンやハイファイブレンドバージョンの収録、初CD化ボーナストラック2曲のうれしい内容です。

ハイ・ファイ・セットは、赤い鳥の解散後にメンバー3人で結成された美しい歌声とコーラスが特徴のボーカルグループで、現役時代も、活動を休止した現在も、多くのファンがいます。

ただ、残念なことに、オリジナルアルバムはすべて廃盤になっていて、現在発売されているのはベスト盤だけです。それらも、集めた曲が微妙に違っているだけで定番曲の多くが重複しており、定番以外のこの曲が聴きたい、と思うと、複数のCDを買わなければならない事態になっていてなかなか手が出しづらいものでしたが、この2タイトルは満足行く内容になっていると思います。さらに、リマスターされているので音質・音圧ともに向上し、かなり聴きやすくなっています。
あとは、EMI、SONY時代のアルバム全曲が収録されたものがあれば完璧なんですけどね。特に、EMI時代の楽曲が手に入りづらいのを何とかして欲しいところです。

ハイ・ファイ・セットというと荒井由実の楽曲でも有名で、そのイメージが強い人も多いと思いますし、僕自身もそうですが、個人的にはハイ・ファイ・セットによる歌唱の楽曲のほうが好きですね。
最後の春休み、霧雨で見えない、中央フリーウェイ、冷たい雨など、編曲も秀逸です。

このほか、スカイレストラン、メモランダム、燃える秋、Good-bye school days、7月のクリスマス、Boy friend、プラトニックしましょ、Angeles Fly~天使の季節~、モーニング・フライト、忘れないわ、Do You Remember Me?、かってなバイブル、など、好きな曲は枚挙に暇がありません。

あー、やはりEMI時代の曲をほとんど知りませんね。再CD化求む!
c0147448_1661497.jpg

by group-a | 2010-11-23 16:08 | 音楽・映像 | Comments(2)
新しい相棒 Season5 ナンチャッテ
c0147448_18345325.jpg
Nikon COOLPIX P7000

デジカメでは初のニコンです。フィルム一眼レフカメラはニコンのみですが、デジカメでは選択対象になりませんでした。

初めて買ったデジカメは、2004年3月購入、PENTAX Optio S4i
このカメラはオートホワイトバランスの具合が悪く、色味がかなり不自然な写真ばかり撮れていました。また、購入当初より画面右下に緑色のカブリがあったようで、本当なら初期不良で交換もできたはずでしたが、たいして撮影しなかったので気付かないうちに保証期間が終わっていました。
手のひらに収まる大きさのビレット風の全金属ボディは所有欲を満たしてくれるものでしたが、満足のいく撮影が出来ないので使うのを止めました。

次は、2006年11月購入、RICOH GR DIGITAL
このカメラは良かったですね。単焦点広角28mm相当のGR LENSと画像処理エンジンの生み出す画像はクリアで、被写体の存在感や空気感を再現してくれていました。
特に問題は無かったのですが、次のカメラへのバージョンアップのため、オークションに出品しました。

3台目は、2007年12月購入、RICOH GR DIGITAL II
正常進化といえるスペック変更と、初代にあった機能や装備のいくつかの不満点を解消していたので、出てまもなく買い替えを決めました。
2年間使い続けましたが、撮像素子にホコリが付着する問題が発生。ホコリが付いただけでレンズユニット交換:約2万円の修理費用が発生するのに呆れ、なんとか自分で出来ないかと、やめとけばいいのに余計なことをしたものだから、無残な結果となりました。

4台目は、2010年1月購入、RICOH CX2
現役です。リコーの普及モデルではハイエンドに属し、コンパクトでありながら10.7倍ズームを搭載した高機能モデルです。
ただ、やはり、このクラスのコンパクト機で高倍率ズームをやるとどこかに破綻があります。決定的にダメなのが、ワイド側で撮影すると画面の隅の像が完全に流れてしまっていることです。小さなレンズで無理な高倍率化をしたことによる問題だと思います。

ということで、レンズ交換式ではないデジタルコンパクト機のハイエンドモデルとして、Nikon COOLPIX P7000を選びました。
まだ試し撮りもしていません。背面の液晶モニタに保護フィルムだけは貼りました(笑)
by group-a | 2010-11-13 19:06 | モノ | Comments(2)
琥珀ヱビス 2010
今年も発売です、サッポロビールから「琥珀ヱビス

11月10日発売ですが、コンビニには既に。
c0147448_22282226.jpg
最近、酒の量が増えてるような。せっかくなら500mL、みたいな。体重も増量中、みたいな。

フルーティな風味がタマランです。
by group-a | 2010-11-08 22:29 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)