人気ブログランキング |
<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
観音崎の日の出
今朝は久しぶりに観音崎に日の出を見に行くことにしました。横浜の今日の日の出は6:43。

観音崎の場所はここです。

朝4:00に目覚ましをかけましたが、寒いです。(((+ +)))
でも、窓から外を見ると、空は雲一つない星空。意を決してベッドから出て、簡単に支度をしたあと、4:45、クルマで出発しました。

寒いけど、夜明け前のドライブはなんだかワクワクしますね。トラックが多いものの、道路は空いていて快適です。

保土ヶ谷バイパスを新桜ヶ丘ICで降りて、環状2号線~国道16号線と進みます。

追浜のあたりでちょうど1時間、5:45になりました。空はまだ真っ暗。今日は余裕で行けそうです。
さらに先に進み、馬堀海岸沿いを通過して、目的地のちょっと手前のコンビニで朝ごはんのあんまんとおにぎり、缶コーヒーを買って行きました。
そして6:15頃、観音崎自然博物館の先の見晴らしの良い場所に到着しました。
c0147448_101462.jpg
東の空は明け始めていて、太陽の光で赤く染まった地平近くがきれいです。
c0147448_1016323.jpg
三日月がぽっかりこん 三日月がぽっかりこん
c0147448_10201056.jpg
地上は朝のありふれた風景(笑)
c0147448_1020537.jpg
今朝はどうやら、日の出は雲に遮られているようです。
c0147448_10214727.jpg
日の出時刻を10分以上過ぎて6:56頃、ようやく、朝日が顔を出しました。
c0147448_10223539.jpg
太陽が雲から出ると、辺りはすぐに青空に変わりました。久々に見た日の出は清々しい風景でしたよ。
c0147448_10234010.jpg
最後にクルマをば。
c0147448_1024184.jpg
帰路は三浦半島を横断して長者ヶ崎のあたりで西岸に出て、鎌倉経由のルートで帰りました。

いや~、寒かったけど、早朝ドライブはいいものですね。それではまた!

今日の走行、134km
by group-a | 2011-01-30 10:28 | クルマ | Comments(0)
モリワキ フォーサイトのペン立て
懐かしのモリワキ フォーサイト・エキゾースト・システム(FORESIGHT EXHAUST SYSTEM)。
ホンダのVT250やCBX400Fなどでは定番のマフラーでしたね。

ところで、1980年代後半のバイクブームでは、モリワキ、ヨシムラ、BEET、ダイシン、OVERなどのメーカーがメジャーどころでしたが、現在では、国内外、もっとたくさんのメーカーのマフラーがあってよりどりみどり。それでもバイクの販売が落ちているということなので、需給バランスって難しいものですね。

さて、学生の頃は1988年式のHONDA CBR250R(MC19)に乗っていましたが、そのとき、モリワキMARK-II EMUマフラーを買ったのでした。スチール製のエキパイに、力こぶのついたテールパイプ、普通の筒状のアルミカバーのサイレンサー、という仕様でした。
当時はJMCAも何もなく、車検対応マフラーというものもありませんでしたが、車検のない250cc用でも音量は控えめで、ちょっと拍子抜けしたものです。

そして、そのマフラーに購入者特典として添付されていたのがコレ!
c0147448_18221140.jpg
モリワキ・フォーサイトのサイレンサーカバーと同形状のペン立てです。20年前の品物です。

底の裏側にはモリワキロゴの刻印が。
c0147448_18282586.jpg
モリワキにしてもヨシムラにしても、当時物のマフラーが今でも数多く残っていますが、このペン立ても当時を偲ぶ貴重なアイテムとして大事にしたいと思っています。

ところで、バリバリ伝説で巨摩群が乗っていたCB750FBのマフラー、コミックではモリワキショート管でしたが、アニメではモリワキフォーサイトでした。
ビデオ版として制作された「PART I 筑波編」と「PART II 鈴鹿編」、これら2本をまとめて編集した「劇場版」の3本がありますが、「劇場版」はコミックと同様、何度も何度も見たお気に入りです。

バリ伝アニメについては、また別の機会に書いてみたいと思います。
by group-a | 2011-01-23 18:40 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
取り出せません。取り出せません。
ここ何日か、iTunesでiPodとの同期をとったあと、取り出し操作をするとエラーが出て切り離しが出来ない問題が出るようになりました。

が、そのメッセージの内容が変です。

「iPod“*** の iPod”上のファイルをほかのアプリケーションが使用中しているため、この iPod は取り出せません。取り出せません。」

「使用中しているため」っていうのもおかしいですけど、最後の「取り出せません。取り出せません。」って・・・(笑)

そんな強調して言われてもこっちは困りますよ。ほかで使用中なんてしてませんから。
バグならさっさと直してください。

ちなみに、いつまでたっても使用中しているので、同期が終わっていることを確認してiTunesを終了させ、ケーブルをブチっと抜いています。壊れたら壊れた時です。
c0147448_23552882.jpg

by group-a | 2011-01-20 23:57 | モノ | Comments(3)
クルマのボディカバー、新調
屋根付き駐車場なんて夢のまた夢。初めてクルマを持って以来、ずっと青空駐車です。

ですので、毎週末、1週間の汚れを落とす洗車がクルマを出す前の儀式のようになっていましたが、ひとつ前に持っていた白いクルマの雨水による汚れが目立つのに堪え切れず、ボディカバーの導入に踏み切りました。

ちなみに、白は、黒などの濃色に次ぐ厄介な色だと思います。
塗装面保護のためにワックスを塗ったりしますが、ロウが主成分である固形ワックスの皮膜は、雨水が付着すると汚れ成分を取り込んでしまいます。
1度の降雨でマダラに汚れ、数回のうちに全体が汚染されてしまい、ボディ全体を覆う黒ずんだ皮膜が出来上がります。この皮膜は水洗いだけでは全く落ちません。
一見きれいに見えていても、この上から新たにワックスを塗ったりすると、溶剤によって汚れた皮膜が溶かされ、新しいワックスと混ざってしまって、せっかくの施工が台無しになります。
この段階であればクリーナーやコンパウンドで簡単にきれいになりますが、縦縞模様の汚れが出来た状態で長期間放置していると、かなり磨き込まないときれいなりません。

磨きキズがほとんど見えないのは良いのですが、少しの汚れがすごく目立つので、全体をきれいに保つのは容易なことではないのです。白以外の色は汚れていることに気づかないでいるだけ、ということになりますね。

さて、余談が長くなりましたが。。。

今のクルマも新車のときからカバーをかけていますが、昨年の12月ごろ、カバーの一部に摩耗で穴が出来てしまいました。

全体的に汚れており、また、防水性が落ちているので雨が降ると内側まで水が侵入するようになりましたが、生地が丈夫なので穴が開いた場所以外はまだ大丈夫そうではあります。
c0147448_16535821.jpg
リヤスポイラーの後端が尖っているため、風で煽られたりしているうちに磨耗してこのような状態になりました。
c0147448_16552193.jpg
このように、横糸だけが残ってスポイラーがまる見えになるまでに磨耗していますが、こんな状態になっても裂けたりしないので、生地はかなり丈夫みたいです。
ナイロンタフタなどの安価なカバーではとっくにビリビリに裂けているところです。実際、このカバーの前に使っていた安価なカバーは、この場所から裂けてしまい、半年ほどでダメになりました。

今回、約3年使いましたが、この状態ではここから雨水がどんどん侵入しますので、新しいものに交換することにしました。

購入したのはもちろん同じ製品、ボディカバーの製作販売Professional FactoryさんのランエボIX専用カバーです。
c0147448_18403034.jpg
起毛裏地がついた丈夫な高級生地で、縫製もしっかりしています。
今回購入したものにはフロント部に目印の黄色い布が縫い付けられていました。
c0147448_1795388.jpg
裏地のアップです。
この裏地のおかげで露天駐車の過酷な状態でもボディへのダメージが少なくて済んでいます。
c0147448_17245071.jpg
新しいカバーに交換して完了です。
c0147448_17252544.jpg
古いカバーはフロント部の「たるみ」が多くて地面についていましたが、改善しているようです。

さて、ボディカバーを使うと、クルマを使わない日に雨が降っても全く汚れずに済みますので週末の洗車が必要なくなりました。風の強い日や黄砂の酷い日には多量の砂ぼこりが降り注いだりもしますが、それもヘッチャラです。また、外観だけでは車種が判りにくいので悪戯や盗難の抑止効果もあると思います。
カバーの恩恵はどれも大きなものですが、負担が増える面やマイナス面もあります。

まず、カバーをかける前に必ずボディ全体の砂ぼこりを落とさなければなりません。
特に、起毛裏地に細かい砂ぼこりが入り込むと容易には取れないばかりか、あたかも紙ヤスリのような状態になって、クルマを守るどころか却ってダメージを大きくしてしまいます。

また、雨が降っている日にはカバーをはずして車を出すことが実質不可能になります。
雨が降る中、濡れているカバーを取ること自体が大変ですし、びしょ濡れのカバーを置いておく場所もありません。

これらは、カバーを使うことによるメリットとのトレードオフ、と割り切るしかない部分ですね。

最後に、ランエボのような大きなリヤスポイラーのついているクルマにカバーをかけると、雨が降ったときに屋根とスポイラーの間のところにすごい水たまりが出来ます。多量の水が溜まります。

ボンネットの上にスポイラーと同じ高さの発泡スチロールの箱を置いて水溜り避けにしています(笑)
by group-a | 2011-01-16 17:47 | クルマ | Comments(0)
長者ヶ崎までドライブ
長者ヶ崎までドライブしてきました。ただ、出発したのが遅すぎでした。(12:00)

天気のいい三連休の最終日の午後、そして今日は成人の日。
鎌倉付近が混んでいないわけがありません。

北鎌倉駅付近から鎌倉街道は渋滞。
カーナビの渋滞情報を見ると、鶴岡八幡宮を中心に、八幡宮方向がすべて赤く表示されています。

この辺の道路は交通量の割に流れが悪くなる要因が無数にあって、いつも渋滞しています。
土地柄が土地柄だけに、これだけはどうしようもないですよね。
c0147448_21242756.jpg
参道を抜けて滑川丁字路に出て国道134号線に入ってようやく渋滞から解放されました。
逗子海岸が見えるところまでは空いていましたが、渚橋を先頭に、やはり渋滞。

時間帯が悪すぎましたね、端から判ってはいましたけど。

結局、3時間。バイクで来ていた時の1.5~2倍かかってやっと到着しました。
c0147448_21281841.jpg
もうすっかり陽が傾いています。

パーキングはクルマで来ると有料(1時間300円)です。
あんまりゆっくりしてられませんので、トイレに行ったあと写真を少々撮って10分ぐらいで出ちゃいました。
なんか、ほとんど意味のない無駄なドライブでした。
c0147448_21301013.jpg
ランエボ IX MR - 長者ヶ崎パーキングで

by group-a | 2011-01-10 21:32 | クルマ | Comments(2)
鶴岡八幡宮で初詣
今年のお正月は熊本で初詣しなかったので、ちょっと遅くなりましたが、今日、鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣に行ってきました。

今日も朝から快晴。6時起床、6:40過ぎに自宅を出発して、8時10分頃に鎌倉駅に到着しました。

JR鎌倉駅東口を出て小町通りを進むと、出口の先がすぐ鶴岡八幡宮(の角)です。
c0147448_1492523.jpg
参道進みます。朝の空気が気持ちいいです。
初詣客も少なく、まだ朝8時半頃ということもあって空いていますね。
c0147448_1412423.jpg
手水舎で手と口を濯いで身を清めます。
c0147448_1415690.jpg
石段を上り、本宮でお参りします。
c0147448_14163749.jpg
石段横の大銀杏は強風で根本から折れてしまい、巨大な幹は跡形もありませんが、そのあとから無数の小枝が伸びています。ものすごい生命力ですね。

来年もまたこうして無事にお参りが出来るよう、祈ってきました。

本宮前から参道、由比ガ浜方面の眺めがとても良いです。
c0147448_14193048.jpg
最後、交通安全祈願のステッカーを買って帰りました。
by group-a | 2011-01-09 14:20 | 季節 | Comments(2)
相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜
今日はイオンモール熊本クレアにあるワーナー・マイカル・シネマズで「相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」を観てきました。

映画自体、最近は全然観ていなくて、前回は2008年に上映された相棒 -劇場版-でした(笑)

杉下右京のいる特命係配属のパートナーが亀山薫(寺脇康文)から神戸尊(及川光博)に変わってから、シリアスなエピソードが多くなりましたが、今回の劇場版も一貫してそのような雰囲気だと感じました。

TVシリーズのSeason9 第9話とリンクしており、ラストシーンに現れた詳細不明の人物が警視庁で立てこもり事件を起こしますが、その裏には警視庁、そして警察庁の黒い思惑が渦巻いている、というストーリーです。

事件の核心に迫った杉下・神戸コンビが朝比奈圭子(小西真奈美)の心を救うシーンには思わずもらい泣きを。。。

それにしても、ラストでは思いがけない事件が起こりますが、特命係の今後はどうなるんでしょうかね?
大いに気になります。
by group-a | 2011-01-03 20:38 | 音楽・映像 | Comments(0)
2011年が始まり・・・
新年明けましておめでとうございます。

拙い内容にもかかわらず、御覧くださっている方がいらっしゃるようで誠にありがとうございます。
引き続き、今年もこんな調子で続きますので、よろしくお願いします。

さて、昨年の9月末から更新が止まっているバイクネタですが。


現在、復活のための休息中です。
復活の時にはこれまでよりリフレッシュして、また元気に走ってくれると期待しています。

復活は、早くても春頃、かなぁ・・・


いずれにしても、来年度は10年に一度の大型休暇も予定しています。
また、カタナとともに思い出作りができたらなぁと思っています。
あれだけしょっちゅう行っていた鎌倉や長者ヶ崎もずいぶんご無沙汰していますので、是非、またバイクで行きたいものです。

それでは皆様、今年もよろしくお願い申し上げます。
by group-a | 2011-01-02 20:24 | ひとり言 | Comments(0)