人気ブログランキング |
<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アルミフランジの曲がり修正!(成功編)
もう1年以上前から、マフラー(ヨシムラ 手曲げチタンサイクロン)のフランジが、ボルトの締め過ぎでひん曲がっていました。

今日、取り外して改めて見てみると、ずいぶんひどい状態ですねぇ。
c0147448_1762527.jpg
フランジの上に出っ張ってるパイプは本当はすぐに外れるものですが、曲がったフランジが噛み込んで取れなくなっています。

以前、ボルト穴にドライバーの軸を突っ込んで腕の力で戻そうとしたこともありましたが、ビクともせず、あっけなく敗退。
アルミだからとあまく見ていましたが、どっこい、アルミ合金は剛性が高く、軽くても硬いのです。

それ以後、どうやれば修正できるのか、日夜をいとわず悩み続けましたが、ネットで検索して見つけた情報をもとに、いろんな工具を調べ、2つの特殊工具を手配しました。

ちなみに、ネットで見つけたのは、「マフラー フランジ 修正」で検索するとすぐに見つかるもので、ギヤプーラー2個を組み合わせた方法でした。

話しを戻して、購入した工具はコレです。
c0147448_17125152.jpg
ギヤプーラー(薄爪タイプ)とステアリングホイールプーラーで、何れもストレートで購入しました。
これに、M8×100ステンレスボルト2本、M8ステンレスナット4個、M8ステンレスワッシャ4枚、M10×15鉄ボルト(焼入れ無し)1本です。
※M8×100ボルトはもっと短いもので良いです

ステアリングホイールプーラーはボディのみ使用します。プーラーボディにM8×100ボルト2本を取り付け、これでフランジを押します。
中心のネジ穴にはM10×15ボルトを差し込み、ギヤプーラーのセンターボルトの犠牲になってもらいます。

そして、ギヤプーラーの褶動各部と先端に極圧性のあるグリースをつけ、フランジに組み付けた状態がこれです。
c0147448_17202664.jpg
ギヤプーラーのセンターボルトを17mmのメガネレンチで締め込んでいくと、ステアリングホイールプーラーが押され、両翼のM8ボルトがフランジのボルト穴の部分を押して、曲りを修正していく、という動作ですね。

なお、この方法はアルミ削り出しフランジの形状に合わせて考案したものなので、その他の形状のフランジでは上手くいかないかもしれません。

少しずつ締め込んでいくと、まず、フランジが噛んで取れなかったアダプターパイプが外れます。
工具を一旦外して、アダプターを取り外してから、再度組み付けて、今度はまっすぐになるまで少しずつ締めていきます。

締め込む間、ギヤプーラーの爪がすっぽ抜けないよう注意し、適宜、爪の幅を狭めてしっかりホールドできるようにします。

そして、ごくごく僅か、逆に反るような状態まで締めていけば完了!
c0147448_17285046.jpg
工具を取り外してみると、このとおり、すっかり真っ直ぐに修正出来ました!!
c0147448_1729458.jpg
いやー、始める前はどうなることかと思いましたが、1年3か月もの間、悩んできた甲斐がありました(笑)

4本とも修正し、マフラーを脱脂してバイクに装着して完了です!!!

エキパイフランジのボルトは、排気漏れを恐れて命がけで締める必要なんてなくて、ほどほどでいいんですよね。
by group-a | 2011-09-25 17:36 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
宮ヶ瀬のち、下準備!
今週も4時半起きで宮ヶ瀬に行って来ました。

今朝も寒いですが、昨日ほどじゃないですね。
5時半ごろ自宅をスタート、6時を回ったところで鳥居原パーキングに到着しましたが、入り口がまだ閉まっていました。
バイクが何台か中に入っていましたので、すき間から入らせてもらいました。
c0147448_1648532.jpg
今朝は天気が良くないですね。曇って暗いのと、集まってくるバイクもずいぶん少ないので、一層寂しげです。

7時になって北岸道路が開放されると同時に、帰宅の途に着きました。

今日の走行、50km
給油2.59L、燃費19.3km/L

さて、今日はある仕事に取り掛かろうと思います。

今までずっと暇さえあれば、どうやるのが一番確実に望む結果を出せるのか、考えてきましたが、なんとか目処がつきました。

ということで、カタナからマフラーを取り外します。

ヨシムラ 手曲げチタンサイクロン、ノーマルマフラーと違って、腰を痛める恐れもなく、10分でちゃちゃっと取り外し完了です。
c0147448_165527.jpg
作業の間、EXポートはテープで塞いでおきます。
c0147448_16553278.jpg
マフラーがなくなるとオモチャみたいですね。一本足のサイドスタンドがなんとなく情けないです(笑)
by group-a | 2011-09-25 16:57 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
カウルビスのゴムワッシャ交換
アッパーカウルをFRP製のものにしているので、固定するビスにゴムワッシャを挟んでいましたが、圧でぺっちゃんこに潰れてヒビ割れも出来ていたので交換することにしました。

今まで使っていたのは、ホームセンターで購入したもので、耐油性は謳われていましたが、それ以外は特に書かれていませんでした。
今回使うのはナップスで購入した、EPDM(エチレンプロピレンジエンゴム)を使用したもので、「耐老化性・耐候性・耐オゾン性・耐油性に優れ」とあります。
c0147448_22113118.jpg
キタコ ラバーカラー(EPDM) 商品コードNo. 0900-094-09801

1袋2枚入りで168円と、目が飛び出るほど高いですが、試しに使ってみます。

締め込む時にビスとカウルの間でねじれないようにと、ゴムの変形を最小限にするため、カウル側にプラワッシャを1枚重ねておきます。
c0147448_22114413.jpg
締め込みトルクは軽めにします。
c0147448_22141410.jpg
これでしばらくは持つでしょう。

Webikeで "KITACO ラバーカラー" を見る
キタコ KITACO /ラバーカラー

by group-a | 2011-09-24 22:18 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
一気に秋、長者ヶ崎も寂しい風景
今朝も5時に起きましたが、寒いですねぇ。
台風15号が通過して2日置いた今日、空気が一気に冷たくなりました。

予報では今日の最高気温は24度となっていますが、陽が出ると暑くなるはずなので、メッシュジャケット(胸部プロテクター入り)で出かけます。
c0147448_1854254.jpg
6時ごろ、自宅をスタートしました。

昨日が休みだったので、日曜日みたいな気分ですが、今日は土曜日。6時台ではありますが、道路はやや混雑しています。

鎌倉で2度ばかり停まったので、今朝の到着は遅く、7:45頃になりました。
c0147448_18562784.jpg
今年は海水浴客が少なかったようですが、海水浴シーズンもとうに過ぎ、気温が下がった海はやっぱり寂しげですね。
去年は理由あって10月以降、秋・冬の長者ヶ崎には来れなかったので2年ぶりになるわけですが、この感じも久しぶりでちょっと戸惑いますw

パーキングが開くのは9時からなので人っ子一人いませんが、それにしても妙に寂れた感じがします。
それもそのはず、長者ヶ崎レストハウスが、どうやら閉店しているっぽいです。
c0147448_1923386.jpg
建物の手前には自販機が2台並んでいましたが、撤去されてガラーンとしてます。
もともとそれほど賑わう場所ではない上に、今年の風評被害。いろんなことが重なってのことと思いますが、こうして寂れてしまうのはちょっと残念ですね。
c0147448_199780.jpg
今日の走行、107km
給油5.53L、燃費19.3km/L
c0147448_22195669.jpg

by group-a | 2011-09-24 19:12 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
カタナのエンジン磨きと、KATANA誕生30周年記念・ライブトーク
今日は午後2時から、ユニコーンジャパンのイベントに行く予定です。
ですが、それまでヒマがあるので、カタナのエンジンでも磨いてみようかと思います。

その前に、先日交換したプラグの電極すき間チェックと増し締めです。

写真は撮っていませんが、1番と4番のプラグの電極すき間をシックネスゲージで測定したところ、0.63~0.65mmでした。

購入したまま調整せずに取り付けましたが、既定値の範囲内になっているようです。
ちなみに、規定値は0.6~0.7mmとなっています。

外したプラグは元に戻し、4本とも増し締めしておきました。

そのあと、エンジンにアーマーオールを吹き付け、ウエスで磨き上げました。
c0147448_21564753.jpg
磨き上げた直後はテカテカです。黒エンジンはこれで誤魔化せます(笑)
c0147448_21573264.jpg
っと、夢中になって磨いていたら12時近くに・・・。ヤバ、遅れる。。。

汗だくの体を拭いて大急ぎで出発の支度をし、そして、ちょうど2時頃ユニコーンジャパンに到着しました。

今日は、今年でGSX1100S KATANAが発売になって30周年になるのを記念して、カタナの歴史についていろいろ話しがありました。
誕生時の開発エピソードは、横内悦夫さん自らのお話しも聞きましたが、カタナのデザインを請け負ったターゲットデザイン社の逸話から、1100及び750各世代のエピソードが順を追って紹介されました。
c0147448_2210413.jpg
RIDE 52でピックアップされたGSX750S3も展示されてます。
c0147448_22142526.jpg

by group-a | 2011-09-23 22:27 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
朝練(2011年9月19日)、宮ヶ瀬
行ってきました、宮ヶ瀬。

今朝は4:30に目覚ましをかけて支度に取り掛かりましたが、さすがに9月下旬ともなると、4時半ではまだ真っ暗ですね(笑)
でも、今日も朝から湿気ムンムンで、昼間は暑くなりそうです。

宮ヶ瀬に行くときは、だいたい朝6時到着を目標に出かけるようにしていますが、外が真っ暗だったので、昨夕録画したちびまる子ちゃんを見つつ、ゆたっとしていたら5時半近くなってしまいました。

5:25スタートで、6時ちょっと過ぎに宮ヶ瀬・鳥居原パーキングに到着しました。
c0147448_8594239.jpg
以前お会いしたカタナの方はもう既にいらしてました。
しばらくしてNinjaとXJRの方や、以前CB1100Fで来られた方も加わって1時間ほど、楽しくお話ししてきました。

10月2日は富士山スカイライン「水ヶ塚公園駐車場」で10~13時、F&カタナミーティングがあるそうです。(詳細はバカ団イベント掲示板などで)
行ってみよっかなー。

7時を回ったので、帰りは北岸道路を軽く流してきました。

今日の走行、52km
by group-a | 2011-09-19 09:10 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
カタナのチェーンメンテとスパークプラグ交換
長者ヶ崎から帰宅してすぐ、チェーンメンテとプラグ交換に取り掛かりました。

現在、チェーンルブはSUPER ZOILを使っています。

ホワイトチェーンルブ等と違って、チェーンに吹きつけると、粘度の低い液体がシュワッと広がって隙間に浸透していき、てんこ盛りにならないので拭き取りも簡単で済み、非常にお手入れが楽です。

ただ、飛び散りが無いわけではなく、飛散などで油分が切れると金属面が乾いた状態になりやすいようです。

ということで、作業が楽なぶん、こまめな点検と補給が必要みたいです。

チェーンとスプロケットの汚れをウエスで拭き取り、スプロケの磨耗状態を確認します。
c0147448_1631141.jpg
歯の当たり面はハードアルマイト加工されており、アルミ合金ながら非常に高い耐摩耗性を持っていますね。
交換から16,859km走行していますが、まだまだイケそうです。
ただ、ローラーに最初に当たる歯の山の片斜面が少し削れて、僅かにノコギリ形になってきているような気がします。
歯の側面は、アルマイトコートがほぼ完全に維持されていて完璧です。

チェーンルブを吹きつけて軽く拭き取り、作業完了です。
c0147448_16374831.jpg
続いてスパークプラグ交換です。

この作業は特に難しいところはないんですが、一にも二にも、プラグまわりの異物除去ですね。

プラグキャップを外して覗いてみると・・・
c0147448_1763522.jpg
ありますね、小石が。
これぐらい大きいのはどうということはないんですが、ガスケットのところに入り込むような小さいのが厄介です。

コンプレッサーとかエアガンとかは無いので、缶スプレーのエアダスターを使います。

緩める前に念入りに吹き、少し緩めたところで更に吹き、プラグを外したらそっと持ち上げて手早く交換します。

特に、2番と3番には小さい石がたくさん入っていたらしく、エアダスターで吹いた瞬間、飛ばされた石が顔面を襲ってきました(汗)
これは保護眼鏡もしたほうが良さそうです。お気をつけ下さい。
c0147448_17185718.jpg
ということで4本全て交換完了です。
締め込みトルクは、ガスケットの潰れ具合を感じながら、アテにならない手トルクで最後にグイっと締め込んでます。

外したプラグをチェック。
c0147448_17345992.jpg
前回交換から3年ちょっと、18,643km使用しましたが、電極に特に問題はなさそうですね。カーボンの堆積もなく、焼け具合もちょうど良いです。

錆は・・・、バイクカバーから染みてきた雨水が原因ですが、タンクの上に防水シートをかぶせないと防げないですね。
by group-a | 2011-09-18 17:30 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
長者ヶ崎 2011.09.18
しかし、台風がよく来ますね。しかも、今年はダブルタイフーンのパターンが多い。

今現在、15号と16号が発生していますが、16号が抜けた後、沖縄付近でダラダラしてる15号が急ターンして本州の太平洋側を襲ってきそうです。
ここのところ、台風が発生するのが台湾のあたりと、緯度が高めなのも関与しているのかもしれません。

さて、金曜日の夜遅くから急なにわか雨が断続的に続いていた関東地方、土曜日までは不安定な天気でしたが、明けて日曜の今朝は快晴です。今日一杯、安定した好天に恵まれそうです。
c0147448_1543160.jpg
相変わらず蒸し蒸しとした空気に包まれていますが、刷毛で掃いたような雲は空高く、だんだん秋らしくなってきてますね。
5:48頃、自宅をスタートしました。

涼しくはないんですが、走ってると汗をかかない、という感じです。

んで、7:15頃、長者ヶ崎パーキングに到着しました。
c0147448_16125469.jpg
今日は、空気の透明度は高くないものの、富士山がそれなりによく見えます。

やっぱ、こういう風景を見ると、秋だなぁ、って感じますねぇ。
c0147448_16141321.jpg
朝食のあんパンをパクつきながらFBに写真をアップし、45分ほど過ごしました。
c0147448_16174531.jpg
ホント、いい天気。
8時頃帰宅の途に着きました。

明日も天気いいみたいなので、宮ヶ瀬行ってみよっかな。

今日の走行、105km
給油5.12L、燃費20.5km/L
by group-a | 2011-09-18 16:21 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
中秋の名月
今夜の月はきれいですね。
c0147448_2323698.jpg
帰宅は9時を過ぎていましたが、涼しい夜風が吹いていました。

昼間はまだまだ暑いですが、秋はたしかに近づいているようです。
by group-a | 2011-09-12 23:08 | 季節 | Comments(0)
2011.09.11 長者ヶ崎
紀伊半島に壊滅的な被害をもたらした台風12号、東北沖を北上した13号、九州沖を西寄りに北上した14号と、先週1週間は台風が3つも来ましたね。

今週末は1週間前とは打って変わって、関東は土日ともいい天気に恵まれました。しかし蒸し暑い・・・
台風13号が過ぎた後、3日ほどは涼しくなったんですが、週後半からまた、グッタリするような蒸し暑い真夏の陽気に逆戻りです。

実は木曜日の夜、会社の仕事で徹夜をしまして、ちょっとした力仕事した時にどうやら腰の筋を痛めたようです。そのあとソファで寝たりしたもんだから、金曜日の朝は厄介な状態になってしまいました。

そういうわけで、土曜日は朝からかなり天気が良かったんですが、大事をとってゆっくり横になっていました。でも、それが幸いしたのか、酷いときは1週間ぐらい引きずる痛みが今朝は概ね問題ないレベルまで回復!
朝5時に起きて支度、6時チョイ前に自宅をスタートしました。日曜日の早朝の道路は空いてて調子いいですね。

しかし、遠く横浜方面の空には巨大な積乱雲が。保土ヶ谷バイパスを走っていると、その積乱雲の巨大さが嫌とういほどよく分かる状況になってきました。そして、右手にも、かなり離れてはいますが積乱雲が。あれは箱根のほうでしょうか。
こんな積乱雲の真下に入ったら最後、土砂降りだけじゃなく落雷の危険もあるので、対向車と前方の状況に注意しつつ、とりあえず先に進むことにしました。

鎌倉を過ぎて滑川丁字路に出たところです。ここまで無事。
c0147448_1785632.jpg
江ノ島のさらに先の方に大きな雲が発生していますね。

渚橋で、帰っていくヨンフォアのオッちゃんと挨拶を交わし、7時ごろ、なんとか無事に長者ヶ崎に到着しました。
c0147448_17105920.jpg
あちこちにモクモクと背の高い雲がわき上がっているようで、不気味な空模様です。
c0147448_17134193.jpg
それでいて海はベタ凪で、海面は鏡のようになっていますね。

FBに写真投稿などしながら、1時間ぐらい居て帰路につきました。

・・・

保土ヶ谷バイパスの終点まできたところで・・・

来ました、雨!!

くーーー

ただ、ザーッと来るほどではない通り雨で、それでも短時間で路面をウエットにする降りではあるので、それなりに濡れちゃいました。
246号をくぐるあたりではすっかり止んでいたので助かりましたが、帰ったら洗車しなきゃ。

今日の走行、106km
給油5.64L、燃費18.6km/L

で、洗車しました。
c0147448_1720106.jpg
とは言え、それほど汚れてはいなかったので、エンジンまわりとフロントホイール、ついでにフロントブレーキを洗剤で洗い、リヤフェンダを拭いたぐらいです。
c0147448_17205673.jpg
ところで、バイクいじりのぷちエコ ネタをひとつ。
c0147448_17213583.jpg
これ、チェーンを手入れして油ギトギトになったウエスです。

ここまで真っ黒く油を吸ってしまうと、触れるものすべてを油ギッシュにしてしまいますが、油に直接触れていない面を表にして汚れた金属パーツを磨くと、汚れを溶かしながら落としてくれ、さらに、サビ防止の油膜を作ってくれます。
下回りなど、汚れがちな場所をこれで拭いて、必要に応じてきれいな部分で乾拭きすると非常にいい塩梅ですよ。

手が汚れないように、使い捨てのポリ手袋を忘れずに。。。って、あれ?
by group-a | 2011-09-11 17:29 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)