人気ブログランキング |
<   2013年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
大滝詠一さん、逝去
今年最大、そして悲しい知らせでした。

2013年12月30日、大滝詠一さんが亡くなられたそうです。
死因については現時点でまだ錯綜しているようです。

今年は、山下達郎のサンデーソングブック新春放談に出演がありませんでしたが、それでも30周年記念盤の発売もあったし、来年はEACH TIMEの30周年記念盤が発売予定になっていました。

ご自身のボーカルにはあまり納得がいっていないようで、なかなか本人歌唱の新作を出してくださらず、結局、最後の作品が2003年の「恋するふたり」になりました。TVドラマ「東京ラブ・シネマ」の主題歌でした。

大滝詠一さんといって多くの人が思い浮かべるのが、アルバム「A LONG VACATION」に代表されるような、いわゆるリゾートミュージックの典型のような作品、それから、ナイアガラ・トライアングルVol.1/Vol.2での作品だと思います。
僕も高校時代、FMラジオやレコードなどを必死で聴き漁るようになり、1984年、EACH TIMEの発売を迎えました。このEACH TIME、何度聴いたか判らないぐらい、毎日、繰り返し聴いていましたねぇ。

当時、既にCDは発売されていましたが、まだまだ高嶺の花だったCDプレーヤーを買う財力などなく、レコードさえ、既発盤は中古レコード屋(上通ウッドストックのウッドペッカー)から仕入れてきていました。

ちなみに、1982年10月1日、CBS SONY/EPIC SONYが世界初の市販CDとして発売した50タイトルのCDのうち、日本国内制作タイトルに大滝詠一さんの「A LONG VACATION」、NIAGARA TRIANGLE VOL.2の「NIAGARA TRIANGLE VOL.2」が選ばれました。
これらの規格番号はそれぞれ35DH-1,35DH-2と、栄えある1番、2番をゲットしています。価格はそれぞれ3,500円。

その後の新作は、シングル曲が、フィヨルドの少女、Bachelor Girl、幸せな結末、恋するふたり、の4作、アルバムもCDとCTのみ発売(後にMDも)のリミックス盤「B-EACH TIME L-ONG」、企画盤の「Snow Time」のみと、ファン泣かせでした。

なかなかCDプレーヤーを買えずにいるうちに貴重なCDが次々と発売されていたこともあり、やっとCDを自力で買えるようになった頃にはほとんどのCDが廃番になってしまっていた、という。。。

ネットオークションでどんだけ苦労したかわかりません(笑)。

それでもプロデューサーとしては多くのアーティストに楽曲が提供され、ファンにとってはすぐに氏の作品であることがわかるものが多く、それはそれで思わずニヤリとしてしまう嬉しいものでした。

竹内まりやさんの「Longtime Favorites」に収録されている「恋のひととき」のような形でもいいので、もう少し歌声を聴かせて欲しかったのですが、本当に残念なことになりました。

これまで楽しませてくれてありがとうございました。

最期は苦しい思いをしたのかもしれませんが、どうぞ安らかに。。。
by group-a | 2013-12-31 16:02 | 音楽・映像 | Comments(0)
忘年会 2013.12.28
昨日は地元で忘年会でした。

今年最後の熊本の週末は強い冷え込み。日中は雪がパラつき、たいした崩れはなかったものの終日気温は低いままでした。

20時、待ち合わせ場所に集合。
c0147448_13501852.jpg
今年は予約してくれていたようで、定刻通り全員揃った(笑)ところでお店へGO。

ところが、多少遅れるのを想定して指定していた入店時間よりも早く着いちゃって、ほんのチョット入店待ち。
c0147448_13544117.jpg
残念ながら店の名前を覚えるのを忘れ(?)ました。今年は焼き肉ではありませんw。
c0147448_19113170.jpg
今年も4人で、1次会、2次会(おでんのひろば)、カラオケと楽しく過ごし、あっという間に午前2時を過ぎていました。

最後に天外天でしめラーメンの流れでしたが、この冷え込みのなか店外での行列にめげてしまい、あきらめて帰宅となりました。

今年もお世話になりました。来年もまたよろしくお願いします。
by group-a | 2013-12-29 14:05 | できごと | Comments(2)
年末帰省 2013.12.27
2013年もあとわずか。早いですねー。

出勤は今日、27日が最終日。今年もいろいろありましたが、年末年始にまで引きずるようなトラブルは無く、なんとか穏やかに年末を迎えられました。このまま何も無いことを心の何処かで祈ります(笑)。

さて、仕事納めの日は15時でひとまず業務終了。事務所で納会が行われましたが、缶ビールとおつまみ少量をパクって、そのまま15:40のバスで羽田空港に向かいました。

空港の出発ロビーでカンパイ!
c0147448_23153557.jpg
年末の羽田空港は利用客で賑わっていましたが、カウンターもセキュリティゲートもたいした混雑無く、スイスイと進めました。
c0147448_2319211.jpg
これから4日まで、地元で何もせずぐうたらと過ごします(笑)。

それでは関東の皆さま、ごきげんよう!
c0147448_23194441.jpg

by group-a | 2013-12-27 23:20 | できごと | Comments(0)
キリン樽生一番搾り
店頭販売は2010年12月、通販は2012年12月で終了の予定でしたが、東北地方太平洋沖地震で工場が被災、一時期生産がストップしていました。その後、生産再開して、当初の終了予定から1年後の今月末で本当に販売終了になってしまいます。

別売(販売終了済)のビアサーバを使って、炭酸ガスの圧力でゆっくり注いだ麦芽100%ビールに、風味を封じ込めるミクロの泡のふた。生ビールの美味しさを家庭で気軽に楽しめました。

1520mL缶1本で1400円ぐらいするので缶ビールに比べるとだいぶ高価ですが、小さなコップでもビアグラスでも、1杯から気軽に美味しく飲めるのがいいです。

終了直前に駆け込みで最後の1セットを購入。年が明けたら頂きま~す。

今までありがとう!
c0147448_22111925.jpg

by group-a | 2013-12-26 22:14 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)
gammaも乗り納め、宮ヶ瀬の皆さま良いお年を
今日はえらい冷え込むなぁ

ゴミ出しに出たときは晴れてました。で、小一時間ぐらい部屋でゆっくりして外に出てみると、黒い雲が空に広がっていました。
c0147448_14203227.jpg
今日は出ようかどうか、ちょっと迷いましたがw、宮ヶ瀬で今年最後のご挨拶を、と思い、6:30、Vガンマでスタートです。市街地の気温は1度。

宮ヶ瀬に出たところでちょうど7時になったので今朝は北岸からアクセス。

7:10頃、ふれあいを後にしました。宮ヶ瀬の気温は-2度。
c0147448_1423948.jpg
どんより曇り空。
今日は天皇誕生日。お休みですが、早朝の宮ヶ瀬は静まり返っています。
c0147448_14242722.jpg
さすが、師匠はいつもどおり、早くからいらっしゃいました。

このあとお二人現れて、寒くて寂しい中、しばしの談笑を(笑)。
c0147448_14314851.jpg
今年も一年なんとか乗り切りました。

このブログの過去記事、「宮ヶ瀬」タグで記事数を数えてみると2013年は102件ありました。
1件は陣馬形山からの帰りに立ち寄った記事なので、それを除くと、宮ヶ瀬通勤回数はおそらく101回!!(笑)

来年もこんな調子でやりますので、よろしくお願いします。

皆さま、残り少なくなった2013年をご無事で。そして、良いお年をお迎えください。

8:30頃、ふれあいを後にしました。

今日の走行52km、給油7.17L、前回からの走行距離103km、燃費14.4km/L
2013年の走行距離2,726km

Vガンマは今日が今年最後なので、ガソリンスタンドでタイヤにエアを補充。
c0147448_1439516.jpg
いつも利用しているGSの空気入れはこんなタイプです。ノズル先端がゴムホースになっているので、バイクのバルブにもなんとか差し込めます。

帰宅後は軽く足元の汚れ落としをしておきました。
c0147448_14422822.jpg
c0147448_14441410.jpg
今年1年、お疲れさまでした。事故などもなく、無事過ごせました。

Vガンマ用の交通安全祈願のステッカーは今年は買わなかったので、来年は仕入れて来ようと思います。
c0147448_14442675.jpg

by group-a | 2013-12-23 14:48 | RGV250ガンマ | Comments(0)
katanaは今日で乗り納め
3連休2日目、晴れ。

室温8度、なんとか5時に起きました。今朝も情報7daysを見ながらこたつでのんびり(笑)。

週末は早朝からお昼にかけてエネルギーを使ってしまうので、夜は持ちません。昨夜も21時過ぎに寝てしまいました。

さて、今年バイクに乗れるのも残り2日になりました。別に何処かに行くわけでもなく、この冷え込みの中ではやっぱり宮ヶ瀬はちょうどいい距離です。

今日はカナタで出ます
c0147448_13444015.jpg
3.4Wのところを間違えて1.7Wを付けてしまったメーター照明の電球は、火曜日に取り替えました。予備用に3.4Wを買っておいて良かったです。
で、こちらも予備用に買った未開封の1.7Wは、ナップスで3.4Wのものに取り替えてもらえました。

暖機して6時半頃、スタートしました。今朝の市街地の気温は1度。

昨日はずっと天気が良かったので、宮ヶ瀬「まで」の道はほとんどドライで問題なし。北岸が開放される7時が近づいていましたが、今日も東岸からアクセス。

朝日に染まる宮ヶ瀬ダム。
c0147448_13544757.jpg
しかーし、宮ヶ瀬トンネルの手前から路面は真っ黒。路肩は白っぽい。やまびこ大橋も、その先の集落も、ヤビツとの分岐の先も、水の郷商店街前も、虹の大橋も。
東岸道路は殆どの区間が凍結しているか塩カルかで真っ黒でした。

7:10頃、ふれあいに到着しました。宮ヶ瀬の気温は-2度。
c0147448_13551743.jpg
スピードを落として走ってきましたが、マフラーに塩カルのハネはついていないようですね。
c0147448_13555340.jpg
今日も来たばかりの時はご覧のとおり。
c0147448_1493626.jpg
師匠と禅師さまがお二人でいらしただけでしたが、日曜日なのでこのあと3人集まって、今日は6人でした。でもやっぱ、少ないですねぇ。
c0147448_14113226.jpg
僕らのほかにバイクはほんの数台、クルマも少なく、楽しいひと時も今日は早めにお開きです。

8:45頃、ふれあいを後にしました。

帰りは北岸です。
北岸は殆どの区間、凍結や塩カルの心配はなく、最後から2番めのトンネルの手前が日陰になっているのでちょっとドキっとする路面状況、あと、最後のトンネルから国道412号までの間が凍結or塩カルでした。

今日の走行52km、給油2.94L、燃費17.3km/L
2013年の走行距離4,346km

今年はバイクで九州帰省しなかったので少なめですね。長めのは陣馬形山キャンプツーリング2回だけでした。

カタナは今日が今年最後なので、ガソリンスタンドでタイヤにエアを補充。帰宅後は軽く足元の汚れ落としをしておきました。
c0147448_1419067.jpg
c0147448_14192995.jpg
c0147448_14194332.jpg
今年1年、お疲れさまでした。事故などもなく、無事過ごせました。

交通安全祈願のステッカーは初詣で返札し、また新しいものを仕入れてきます。
c0147448_14201713.jpg
c0147448_14211650.jpg

by group-a | 2013-12-22 14:24 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
今年の初雪は早かったですね
あんまり寒いんで起きるのが毎日つらいです。

夜中のうちに室温は下がって10度以下です。ふとんから出るのに気合が要ります。

それはそうと、夜中に地震がありましたね。自宅のあたりは震度2だったようですが、寝込んだところを襲われると、頭が回らず、ただただ揺れが大したことなく治まってくれと考えてるだけです。デカいのが来たら死んでしまいそうです。

さて、今朝も5時過ぎに起きて支度、6:20ごろ部屋を出ました。
c0147448_17252327.jpg
表通りの路面はほとんど乾いていますが、裏に入るとまだ湿ってます。ただ、ビショビショな感じではないので大丈夫でしょう。

今朝の市街地の気温は0度でした。

水曜日から降り続いた雨は昨日一旦止んだあと、昼過ぎに急に降りだして夕方には止みました。ところによっては雪になったようです。昨日はかなり冷え込んだので、路面は凍っているかもしれません。宮ヶ瀬は塩カルも散布されているかも。

そう思いつつ、宮ヶ瀬湖東岸から進入。

トンネルを抜けるにつれて路面が白っぽく見えてきたので、スピードは抑え気味にしてなるだけ寝かせず、リヤブレーキでスピードコントロールします。
c0147448_17283632.jpg
ここは宮ヶ瀬トンネルの手前。幸い、残った水分が少なかったようでアスファルトの石が露出していて、滑るほどではありませんでした。

宮ヶ瀬トンネルを抜けてやまびこ大橋。路面に白い粒が散らばっています。塩カルです。
やまびこ大橋から虹の大橋にかけて、塩カルが散布されていました。
c0147448_17312764.jpg
散布量が少なかったのか、それほどひどい状況ではないですね。明日はどうかなぁ・・・
c0147448_17323951.jpg
7:15頃、ふれあいに到着しました。宮ヶ瀬の気温は-2度。それほど低くないですね。
c0147448_17362630.jpg
柵の霜もこのとおり、大きく成長してます。
c0147448_17384086.jpg
さすが師匠は僕よりもだいぶ早くいらしてますが・・・、ここのところ土曜日はふたりっきりになってしまいましたね。

僕らのほかにバイクが来る気配は無く、だいぶ経ってから1台、もう1台、と合計2台が現れただけでした。

丹沢の山々に雪が積もると・・・・・・
c0147448_1802334.jpg
白馬登場!

蛭ヶ岳山頂の真東、稜線にある樹木の無い場所に雪が積もると、真っ白な馬の形が浮き出ます。
いま、Google Earthでその場所を見ると雪が積もっているので、ダイナミックな山の地形を鳥瞰しながら白馬の姿を見ることが出来ますよ。

結局、今日はあとになってクルマでIさんがみえただけでした。9時ごろでしたかね、解散です。

今日の走行51km

帰宅後は塩カル洗浄。

マフラーに飛沫が。
c0147448_1862549.jpg
塩カルはお湯で洗うのが手っ取り早いです。

マフラーの排気口ですが、50km走行後はこの状態です。

2番シリンダー側(右)
c0147448_18103637.jpg
オイルなどの湿り気は非常に少なく、飴色に染まる程度。燃焼具合は問題無さそうです。
マフラーが乾いている割には、プラグは接地側の縁の部分がいつも黒く湿り気味なんですが、シリンダーが寝ているからでしょうか?

1番シリンダー側(左)
c0147448_1813523.jpg
こちらはいつも黒く湿っています。
もちょっとオイルの排出が少ないといいんですが、オイル供給量が多めなんでしょうか?
こちらのプラグはいつもカラッカラで白っぽいので、燃焼温度はやや高いと思うんですが・・・。難しいですね。

オイル汚れを拭き取ってオシマイ。
by group-a | 2013-12-21 18:24 | RGV250ガンマ | Comments(2)
メーターの電球が切れていました
昨晩は早く寝たので、今朝は4:20起床。

昨夜、特番のあとで遅れて放送開始となった情報7days(録画)を見て出発までの間を過ごします。
見終わったあと、6:20、まだ暗いなかカタナで出ました。
c0147448_155746.jpg
今日気がついたんですが、メーターの照明が暗いです。というか、下だけ明るくて上が暗い。今まで気にしなかったので気が付きませんでした。帰ってから調べてみます。

6時半ごろスタートしました。市街地の気温は-2度。

今日も宮ヶ瀬湖東岸からアクセスしましたが、やまびこ大橋の気温計は3度。そして、鳥屋の気温計は0度でした。昨日に比べると気温が高いですねー。

6:55頃ふれあいに到着しました。
c0147448_160532.jpg
今日はいつもの面々、6人が集合。
c0147448_1653931.jpg
今年ももうすぐ終わりですね。

僕個人的には何事も無く、逆にこれといった新しいこともなく、淡々と1年を過ごした感じです。皆さんはどうだったでしょうか?

仕事で出かけられた方、個人の事情のある方、いろいろあって2013年の暮れはやや寂しい宮ヶ瀬です。
2014年もまた、楽しく過ごしたいですね。
c0147448_168733.jpg
9時頃、ふれあいを後にしました。

今日の走行51km、給油6.02L、前回からの走行距離102km、燃費16.9km/L

帰宅後すぐにメーターのランプの確認です。
c0147448_1695610.jpg
アッパーカウルとメーターカバーを外したところです。
メーター裏側の一番上のところに1個、ソケットがありますので、ここを確認。
c0147448_16104728.jpg
バルブは真っ黒に煤けてます。スイッチをONしても点灯しません。やはり切れてますね。

取り急ぎ、バルブを買いにオートバックスに行ってみましたが、四輪自動車用では12V 1.7Wのウェッジ球は置いてありませんでした。最初からそうしとけばよかったですが、ナップスへ急行。ありました。

スペアに1.7Wをもうひとつと3.4Wを1個、買っておきました。10%OFFセールだったのでちょっとお得でした。
c0147448_16142991.jpg
新しいバルブを挿して、スイッチON。
c0147448_16154297.jpg
ハイ、直りました(笑)。

※後で気になって海外仕様のパーツリストを見たら、なんと、輸出仕様は全部(8個)3.4Wで統一。
古い電球のガラスには、"STANLEY 158・H.D." と印字されているだけで、電圧やワッテージの表記はありません。ネットで調べてみると、どうやら3.4Wのようです。こりゃ次回取り替えですなぁ、めんどくさ。
ちなみに国内仕様は1.7W×2、3.4W×6となっています。合計8個の内訳は、メーター照明3個(上1個、下2個)、インジケータ5個(ターン2個、ニュートラル、ハイビーム、油圧警告)。
サービスマニュアルの配線図や整備データの記載では、メーター照明が3.4W×1、1.7W×2と記載がありました。実物を確認したところ、下2個が1.7Wでした。輸出仕様車は3.4W統一なのでシンプルで良いですね。


カバーとカウルを元通りに戻して作業終了。

ついでに、エキパイフランジボルトの頭に出ていた錆を落としておきました。
c0147448_16165071.jpg
ステンボルトではかじり付きの恐れがあるのでスチールボルトを使っていますが、オイル交換で1年に1回取り外すし、雨の中は基本的に走らないし、THCつけとけばステンボルトでも大丈夫かも?とか思ったりして。
c0147448_1618227.jpg
カタナのカスタムは終わりと心の中で思っていましたが、地味にこまごまとした物が変わったり付いたりしているような、いないような。
by group-a | 2013-12-15 16:21 | GSX1100Sカタナ | Comments(4)
とうとうふたり
寒いですねぇ。二度寝で30分。

5:20に起きて6時には支度が完了しました。が、外は真っ暗。20分ぐらいこたつで暖まって外に出ました。
c0147448_15255792.jpg
まだ暗いですね。

ちょっと念入りめに暖機しましたが、気温計は0度を少し下回っていて水温はほとんど上がりません。6:30頃、ようやくスタートです。
c0147448_1534826.jpg
宮ヶ瀬湖東岸からアクセス、やまびこ大橋を渡って集落を抜け、ヤビツへの分岐を通過して水の郷商店街まで、路面はキレイにドライで、湿ってたり霜が降りてたりはしていませんでした。
でしたが、虹の大橋は塩カル散布の跡が。。。走行には支障なく、ハネもありませんでした。

そして7:05頃、ふれあいに到着しました。宮ヶ瀬の気温は-4度。
c0147448_15342353.jpg
缶コーヒーを買いに自販機コーナーへ行くと師匠がいました。
ですが、駐車場はご覧の様子。
c0147448_153608.jpg
寒いし誰も居ないしで二人っきり、震えながら過ごしました。そして7時半になってようやく陽が射してきました。
c0147448_15374876.jpg
でも駐車場はガラ~ンw
c0147448_15383719.jpg
僕らのほかには5台ぐらいが入れ替わりで現れたぐらいでしたね。8:10頃、ふれあいを後にしました。

今日の走行51km、給油7.28L、前回からの走行距離101km、燃費13.9km/L

帰宅後、おしり拭きのあと、押し歩きで重さを感じたのでチェーンのお手入れ。
c0147448_15412142.jpg
チェーン交換から張り調整無しに1300km近く走っちゃいました。ちょっとタルんでるかな?って思ったので調整を。

アクスルナットを緩め、アジャスターで調整。
アジャスターナットはほんの2分の1回転締めるだけでチェーンはピンピンに張りますので、微調整でいいんですよね。

ただ、難しいのは、サービスマニュアルに書いてあるとおりにやって、ホントに大丈夫なのか、ってこと。
SMには、空車でサイドスタンドを立てた状態で20~30mm、となっているのでその通りにすると、乗車時にパンパンになってしまいます。

空車時と乗車時、両方の振れ幅を見つつ、調整しました。結局、ほぼ元のままでした。
c0147448_1554753.jpg
c0147448_15541524.jpg

by group-a | 2013-12-14 15:55 | RGV250ガンマ | Comments(2)
Nikon DfにSB-28
※2014.12.21 外光オート撮影について追記(文末)

ニコン・スピードライト、いわゆるストロボは、1997年発売のSB-28を持っています。

当時、一眼レフカメラはまだフィルムカメラが主流の時代。ニコンではF5をはじめ、F100、F90などが発売されており、それらの機種に対応する多機能ストロボの最上位機種がSB-28でした。

僕はこれをガンカプラーを介してF3につけたり、F4につけたりしてストロボ撮影をしていましたが、どちらかというとF4がメインでしたかね。

というのも、ペンタプリズム部にホットシューが無いF3は巻き戻しノブのところに独特なアタッチメント形状をしたホットシューを装備しており、基本的にはそのまま装着できるSB-16AやSB-17が標準オプションとしてラインナップされていました。その専用ストロボは2機種しかなく、一般に広く流通しているISO規格のものを装着できるよう、ガンカプラーというアダプタが発売されました。
ところが、ただでさえカメラボディの左の端っこにかさばるストロボを付けてバランスが悪い上に、ガンカプラーなどという大きなゲタを履かせると、さらにバランスが悪く、また、大事なF3の巻き戻しノブ部がもげそうに思えて精神衛生上も決して良いものではありませんでした。
それに、F3のホットシュー接点の形状はお世辞にもよく出来ているとは思えませんでした。

と長くなりましたが、これがF3でストロボ撮影をしなかった理由です(笑)。

さて、件のSB-28ですが、長らく押入れと防湿庫での休眠の時を終え、晴れてDfとともに活躍の時が来たと思っていましたが・・・

Dfに取り付けて試し撮りしてみると・・・

撮影された画像は真っ白。

カメラとスピードライトが連動して、普通にシャッター押すだけでそれなりに撮れるのを期待していましたが、部屋の暗い方を向けていたため、秒単位のスローシャッター。それにストロボの発光が浴びせられるので、そりゃ当然真っ白になります。

どうやらシャッターに連動して発光はするようです。

ところが、シャッター速度や絞り値、レンズの焦点距離などの一切がカメラボディと連携出来ておらず、レディライトさえ表示されていません。AF補助光も作動しません。

こりゃ、長期保管の間にご臨終か?と悲しい気持ちになりましたが、F4を引っ張り出して空写ししてみると、見事に正常動作。

まさか、Dfのほうが初期不良!?

焦りながら取説を読むと、「次のスピードライトを使用する場合、外部自動調光(A)あるいはマニュアル発光撮影となります。装着レンズによって機能が変わることはありません。」、と。ナンノコッチャ?

調べてみると、どうやら、Dfで、というより、ニコンのデジタル一眼レフカメラでSB-28はTTLが使えないみたいです。SB-28の機能のほとんどは無効で、昔ながらのストロボみたいに、背面の早見表を見て、ISO感度と距離から絞り値を割り出し、カメラを設定して、シャッターを切る、ということをやらなければならないみたいで。

ニャンともはや。

レトロ感漂う最新デジタル一眼レフカメラで、レトロなストロボ撮影が楽しめるとは思いもしませんでした(笑)。

まぁ、ストロボを使った撮影の機会は、さしあたってあまり無いし、慌てて新機種のスピードライトを買うことも無いですが、ちょっと残念な気持ちになりました。

2014.12.21追記分
既に多くの記載がネットにありますが、稀に検索でこの記事にアクセスされる方もいらっしゃいますので、念のため訂正しておきます。

スピードライト側のセンサーで調光する「外光オート」が使えます。
Df本体側をMモードにし、「感度自動制御」などを使用している場合はそれもOFFにします。
スピードライトは「Aモード」、連動機能は動作しないのでカメラ側のレンズ焦点距離、絞り値に合わせてそれぞれセットします。
以上で外光オートでの撮影が可能です。
但しTTLと比べて精度は落ちますので、露出の調整はマニュアル補正で対処します。
c0147448_03012.jpg

by group-a | 2013-12-11 00:06 | モノ | Comments(2)