人気ブログランキング |
<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ランエボの歴史に幕
2014年3月28日、三菱自動車がランサーエボリューションの生産を現行モデル限りで終了する方針を明らかにしたようです。

c0147448_16221976.jpg
初代となる「ランサー・エボリューション」が発売されたのは1992年でした。

それまでギャランVR-4で参戦していたWRCへの次の新兵器として、より小型なランサーのボディにギャランVR-4から受け継いだ4G63型ターボエンジンと駆動系を搭載し、戦闘的なエクステリアを纏ったモデルをホモロゲーション取得のために発売したのが始まりでした。

初代は地元の友人が買ったっていう話をだいぶあとになって聞いた程度の関わりしかありませんでしたが、就職してクルマに乗るようになり、クルマにのめり込むようになってその存在を知るに至りました。それはちょうど、エボIIが完売になったあとのことでした。
その頃は新車どころか中古車すらほとんど流通していなかった時期。ペラッペラのカタログを穴が空くほど見てましたね。

その後、縁あってスバルのインプレッサWRX(初代)の中古車を買うことができました。

そう、ランエボはインプレッサとWRCでも市販車でも互いに競い合いトップの座を奪い合っていました。バイクで言えばHY戦争。やっぱり強大なライバルの存在は欠かせないものですね。

そんな時代、今では幻のように歴史から忘れ去られつつありますが、競技で勝つための開発や改良、それが市販車に反映されるという古き良き時代。日本車がごく普通のクラスのクルマでさえ、高い信頼性と性能を誇るまでに進化してこられたのも、このような背景があったからではないでしょうか。

ちなみに、ランエボやインプレッサ、セリカ、パルサー、レガシィなど、WRCのGroup-A規定では、使用される車両の改造範囲が厳しく規制されていました。そのため、各メーカはホモロゲーション取得のための市販車にあらかじめ必要な装備を設定していました。
つまり、改造が許されない箇所は最初からWRCスペックの装備としていたわけで、「過酷なレースでのノウハウをフィードバックした市販車」ではなく、「レースでのノウハウをフィードバックしつつ、そのままレースで使用できるほどの市販車」が製造されていたんですね。
Group-A時代、日本ではそのようなクルマが他国に比べると安価で、そして飛ぶように売れていたこともあって、ホモロゲーション獲得のための条件を比較的容易にクリア出来ていたので、日本車がWRCでトップを独占していたのは日本特有の市場があったためだと言われています。
c0147448_16223019.jpg
さて、ランエボは最終型となるエボXが発売されたのが2007年4月ですから、マイナーチェンジがあったとは言え、量産モデルとしては長く続いたほうではあります。
しかし、時代や価値観の移り変わりは無情なもの。21年続いた歴史にとうとう幕を下ろす時が来たんですね。

時代や流行は繰り返すもの、ではありますが、さすがにこういったクルマがまた新たに現れることは無いような気がします。

もともと保険料が高い上に、ガソリン価格の高騰、消費税と地球温暖化対策税の増税、古い車などの自動車税増税など、ランエボを取り巻く環境はますます悪化していくので、そのうち真剣に考えないといけないのかなぁと弱気になる気持ちも浮かんできたりしていましたが、ランエボ生産終了の話を聞いて、いま乗れるこのクルマに出来る限り乗り続けたい、と思い直しました。

今後の国産車にも、所有する喜びや愛着、運転する楽しさを与えてくれる、そんなクルマが生まれることを願います。
c0147448_165268.jpg

by group-a | 2014-03-31 16:52 | クルマ | Comments(0)
さくら、満開
市役所通りの桜並木がほぼ満開でした!

先週の金曜日はこの状態でした。
c0147448_13512544.jpg
ほとんどがつぼみで、ごく僅かに咲いている程度だったんですが・・・
c0147448_13531030.jpg
3日後にこの咲きっぷり。

金曜、土曜のポカポカ陽気で一気に花開いたみたいですね。

まだつぼみも残っていますが、今日明日じゅうには文句なしの満開になるでしょう。
c0147448_13565022.jpg
今週末、4月5日、6日は相模原市民桜まつりが開催されます。若干天気が心配ですが、今年も見物客で大盛況になりそうですね。それまで桜の花も持ちこたえていてほしいです。

さて、もう一つの桜スポット、多摩ニュータウンの宝野公園・奈良原公園はどんな具合でしょうか?

こちら、宝野公園側です。
c0147448_13591916.jpg
そしてこちらが奈良原公園側です。
c0147448_13593796.jpg
ここはまだ満開には少し間がありそうですね。週末には満開・花吹雪が楽しめそうですよ。
c0147448_1405422.jpg
いよいよ春本番ですね。
c0147448_1414188.jpg

by group-a | 2014-03-31 14:03 | 季節 | Comments(2)
ラジオSRF-M100が故障
SONYのAM STEREO対応ラジオSRF-M100が故障しました。

症状は、スイッチをONにしてチューナーは起動する(液晶表示が時計から周波数表示に変わる)のに音が出ない、というものです。
c0147448_1963697.jpg
このラジオは、基板のオーディオ出力端子とスピーカーの間をスプリングの圧着力だけで接続しているだけなので、接触不良を疑いましたが、ヘッドホン端子からも音が出ないので、どうやら持病が発病したようです。

故障箇所を診断するために分解します。

裏側の5か所のネジを外します。
c0147448_1971170.jpg
表カバーと裏カバーは四辺8か所の嵌合部で結合されています。表カバー側を手に持ち、裏カバーの側面を親指で内側に押しながら慎重に引っ張ると嵌合が外れます。

無事外れたら、電池ケースの上から出ているフレキケーブルを外し、4本のネジを外します。下の2本のネジは電池端子の固定も兼ねています。
c0147448_19125274.jpg
基板を外したあと、上の写真の赤丸印の電解コンデンサーを取り外します。

はんだ吸い取り線ではんだを除去し、丁寧にコンデンサを引き抜きます。

案の定、コンデンサからは電解液と見られるものが漏れているようで、基板との間に付着していました。

洗浄した後、よく見てみると・・・
c0147448_19154583.jpg
電解コンC65の足がささっていた穴の上のスルーホールが腐食して黒くなっています。当然、パターンが伸びる先との導通がありません。

故障の原因は、電解コンからの液漏れと、それによるパターン腐食でした。

取り外した電解コンは新品(取り寄せ中)に交換しますが、腐食で切れてしまったパターンもジャンパー線でつないであげなければなりません。
c0147448_19183513.jpg
写真の下半分(拡大写真)の黄色矢印の2点間をつなぎます。

修理は次回にて。
by group-a | 2014-03-27 19:21 | モノ | Comments(2)
ランエボ、車検
2年前の記事のコピペです(笑)。いや、必要なとこは書き換え、、、ますよもちろん。

ウチのエボIX MRも3度目の車検、もう7年になるんですねぇ。

昨日からクルマを三菱のディーラー(関東三菱自動車販売)に預けていて、今日が引き取りです。
16時にクルマを受け取りに、代車で借りていたミラージュを走らせます。

今回は特に問題なし。
バッテリーが弱っている(充電能力不足)とのことですが、それは認識済み。走行距離が少なく、2月の大雪でだいぶ動かさなかったのでやむなしです。そのうちダメになったら取り替えます。

受付の段階で、燃料系統洗浄、ブレーキフルード交換、下廻り・エンジンルーム洗浄など、不要な作業はカット。

今回の費用はこちら。(カッコ内は2年前の金額)

重量税 24,600円(30,000円)
自賠責保険料(24か月) 27,840円(24,950円)
印紙代 1,100円(同左)
車検代行料 9,450円(同左)
--------------------
諸費用合計 62,990円(65,500円)

法定24か月点検 23,100円(同左)
シビアコンディション点検 2,100円(-)
ブレーキ分解・清掃・調整 6,720円(同左)
スロットルバルブ清掃調整 2,520円(同左)
検査機器による測定検査 8,400円(同左)

パーツクリーナー 1,680円(-)
ブレーキグリス 525円(-)
エンジンオイル交換 10W30 4.2L 4,200円(-)
ガスケット 136円(-)
--------------------
整備代合計 49,381円(67,887円)

合計 112,371円(133,387円)

前回より2万円ほど下がったとはいえ、大出費です。

今年はカタナも車検です。
c0147448_2032519.jpg

by group-a | 2014-03-09 20:26 | クルマ | Comments(0)
開かない入口
今日はどっちで出ようか、けっこう迷いましたが、1か月出番が無かったカタナで今日も。

5時起床。今朝は晴れ間ひとつない曇り空。寒いですが、昨日よりはちょっとマシかな?
暖機をして6:40スタートしました。市街地の気温は2度。昨日より4度高いですね。

寒々しい宮ヶ瀬湖の風景。ふれあいの館や園地は賑わいますが、山間のダム湖っていうのはこんなもんですね。曇っているとなおさらです。
c0147448_18461531.jpg
路面凍結もなく全線ドライ。鳥屋の気温計は-1度。

7:20頃、ふれあいに到着しま・・・


ん?
c0147448_1848815.jpg
7時過ぎているのにまだ開いていませんね。

顔見知りの方3人が既にいらしたので、おしゃべりしながら待つことに。
c0147448_1849650.jpg
しかし、待てど暮らせど開く気配なし。とうとうバスがやって来ました。
c0147448_18494472.jpg
バスの運転手さんも困り果てていました。合鍵っぽいのを持ってはいましたが、結局あきらめて脇道を使って転回、乗客を乗せて走り去って行きました。
ふれあいの館関係者もどんどんやって来ますが、入口の鎖を開けられる人は誰一人居ないようで、一体どうしたことでしょうか。入口施錠は警備会社か何かに委託しているっぽく、理由は不明ですが、係員が今朝はなかなかやってこないようです。

お久しぶりにお会いしたCさんも、師匠もあきらめて引き返してしまう始末。

とうとう痺れを切らした関係者によって、
c0147448_18569100.jpg
バリケード強行突破の図。
1時間も締め出しを食らった僕らも、8:20頃、失敬して入らさせてもらいました。
c0147448_18564621.jpg
結局今日もバイクは少なかったですが、一方、クルマのほうは旧車やスポーツカーが復活し始めています。
今日はロータス(エリーゼ)軍団が大集合。
c0147448_1912761.jpg
その中で一際目立っていたこの1台。
c0147448_1914867.jpg
英国製のROCKETというクルマです。初めて見ました。
FZR1000のエンジンを搭載していて、エキゾーストサウンドはバイクそのもの。(当たり前ですがw)

こんなクルマで公道を走れるなんて、羨ましすぎます!

今日はイイものを観させてもらいました。

10時頃、ふれあいを後にしました。結局、今日は晴れませんでしたね。

今日の走行50km
c0147448_1941558.jpg

by group-a | 2014-03-09 19:05 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
katanaで出撃35日ぶり
昨日の偵察で問題ないことがわかったのでカタナで出撃です。

部屋で保管していたバッテリーは充電も完了、昨日のうちに車体に搭載済みです。準備万端!
5時に起きて、支度をして6:20ごろ自宅を出ました。

3月になりましたが・・・、というより、2月からずっと寒い日が続いています。昨日も東京では午後に急に雪が降ったとかで大騒ぎしていましたね。僕の自宅あたりでもクルマのホイールを洗っている間に雪混じりの雨がパラつきました。

さて、カタナですが、1か月強のブランク。すぐに始動するでしょうか?

まず、キャブからガソリンを抜いていたのでコックを"PRI"にしておきます。
そしてチョーク全開、スタータースイッチON。

2、3秒ほど回しましたが始動せず。しばらくしてもう一度スイッチON。今度は一瞬で始動しました!
やっぱ、バッテリーはちゃんと充電しないとイケませんねー。

今朝は冷えます。マフラーからも水蒸気が盛大に立ち上ります。
c0147448_16471974.jpg
暖気をシッカリして6:29頃スタートしました。

市街地の気温は-2度。どうりで寒いはずです。

今日も半原小入口交差点から宮ヶ瀬へIN!交差点の横断歩道に積まれてた雪から解け出した水が氷になってちょいスリップ。あとは問題なしです。
c0147448_16582940.jpg
やまびこ大橋の気温計は-3度、鳥屋は-4度。まだ真冬の寒さ。手の指先が痺れて感覚がなくなります。

7:05頃ふれあいに到着しました。駐車場はガラ~ンとしていて、また1番乗りか?って思ったら1台の見慣れたバイク。
c0147448_1702131.jpg
今日はバイク4台、クルマ1台、計5人で過ごしました。
クルマで来られたOさん、貴重で希少なバイクが盗難に遭われたそうで、非常に残念です。
c0147448_1752230.jpg
関東地方もスギ花粉の季節に突入しました。
僕は3年前ぐらいから発症しています。今のところ、目が痒く、少し鼻水が出る程度ですが、本格的に花粉が大量飛散する時期は鼻づまりで夜もろくに眠れません。ホント辛いです。

なるだけ花粉を吸い込まないように、
c0147448_177290.jpg
「怪しい」と不評です(笑)。

9時、ふれあいを後にしました。

今日の走行52km、給油5.83L、前回からの走行距離100km、燃費17.2km/L

帰宅後、今日はクルマを車検に出す予定。カタナを片付けたあとクルマ屋に預けに行きました。
c0147448_17125778.jpg
見積もりはお任せでやってもらっていましたが、内容を確認しながら不要なものを削り、3万円ぐらいの節約。
仕上がりは明日です。

今回の代車はミラージュ。前回はミニキャブトラック、要するに軽トラでしたw。
c0147448_17143623.jpg
ミラージュっていうと1990年代に製造・販売されていた4代目・5代目ミラージュの印象が強いです。ハッチバックのものはジムカーナやラリーなんかにもよく使われていて、ランエボとともにけっこう好きでした。

このミラージュにランエボの外装を装着したり、エンジンまでエボのものに換装したりした改造車「ミラエボ」なるものもあったようで。

当時はまだランエボが高価で流通台数も限られていたからでしょうかね。けど、そこまで改造すると費用もかなり嵩んだでしょうなぁ。色んな意味で、エボ買ったほうがおトクなんじゃ?みたいな。

若い層にもけっこう受け入れられていたミラージュでしたが、2000年5月に生産終了してシリーズは途絶えました。ところが、2012年にタイで生産され海外で広く販売される車種として復活しました。いわゆる世界戦略車というヤツです。
外観も丸っこくなってどこから見ても普通のコンパクトカー。モータースポーツに使えるようなグレードは、どうやら無さそうです。

ところで停車時に自動でエンジンストップするアイドリングストップシステム、個人的にはちょっと鬱陶しいです。。。ホントに要るんでしょうか、これ。
by group-a | 2014-03-08 17:55 | GSX1100Sカタナ | Comments(4)
宮ヶ瀬の路面状況
今日は年休を頂きました。

決して宮ヶ瀬の偵察に行くためではないです。
平日の起床時間、5:30に起きて食事もとらずにVガンマ引っ張り出し、久々に宮ヶ瀬に行ってまいりました。

2月の大雪のため、1か月間宮ヶ瀬に行くのを控えていましたが、もう大丈夫でしょう。
水曜日はだいぶ雨が降ったし、雪も減って砂利や砂で汚れた路面もきれいになっているはず。

ということで6:34、暖機を済ませてスタートしました。市街地の気温は1度。まだまだ寒いです。

市街地を抜けて愛川町、全く問題なしです。国道412号線を駆け上がり、今日はオーソドックスに半原小入口交差点から入場します。

が、厚木方面から北上して交差点を左折しようとすると横断歩道上に雪が山積み。
c0147448_109175.jpg
※写真は逆方向から撮影しています。

雪に刺さらないようご注意を。

坂道を駆け登り、信号の先のカーブ。
c0147448_10104366.jpg
カントがついたところの路肩にはまだ多量の雪。この時点では路面は乾いていましたが、天気の良いお昼などは川ができているかもしれませんし、夜や早朝は凍結も心配です。

この先、橋やトンネル前後などは全く問題ありません。

やまびこ大橋、集落、ヤビツとの分岐の先も問題なくクリア。
こちらは水の郷商店街前です。
c0147448_10142879.jpg
商店街前は除雪された雪が路面にはみ出しているので、この写真での対向車線を通行するときは要注意です。

そして虹の大橋。
c0147448_10151749.jpg
塩カルも残っていません。

鳥屋の気温計。今朝の7時ごろの気温は-2度でした。
c0147448_10154157.jpg
ふれあいの館、到着!
北岸道路は「雪崩のため、当面の間、通行止め」だそうです。
c0147448_10165174.jpg
駐車場入口から。
c0147448_10173443.jpg
雪捨て場となった奥座敷の様子。
c0147448_10181332.jpg
バイクのふれあいエリア。
c0147448_10184813.jpg
こっちは大丈夫。
いつもの場所で撮影です。
c0147448_10191078.jpg
自販機コーナー。
c0147448_10194279.jpg
きれいに除雪されていますが・・・
c0147448_10195910.jpg
1台、無残な姿。
ほかの駐車スペースもほぼ問題なしです。
c0147448_10211018.jpg
c0147448_10211917.jpg
北岸道路方面。
c0147448_10214220.jpg
公園方面。
c0147448_10221377.jpg
明日は晴れの予報。ふれあいはスタンバイOKですねっ!!

さて、今日は缶コーヒーも飲まずすぐに引き返します。

帰宅前にさらに偵察。

ふれあいを出てすぐの丁字路を鳥屋方面へ。丁字路のすぐ先は、やはり路肩に多くの雪が残っていて、カントのついたカーブでは雪解け水が流れて凍結していますのでご注意を。
c0147448_10245738.jpg
串川沿いの道を途中まで見てきましたが、おそらく関まで全く問題無しです。塩カルも残っていません。

引き返してサークルKサンクスに寄りました。
c0147448_10263120.jpg
イートインスペースで軽く腹ごしらえ。
c0147448_10265910.jpg
最後は土山峠。

ふもとから少し登ったところの、わきに林道っぽい道がある場所はだいぶ水が流れています。
そして登ったところも。
c0147448_10291365.jpg
以上、宮ヶ瀬偵察隊でした!

今日の走行68km
by group-a | 2014-03-07 10:33 | RGV250ガンマ | Comments(4)
ノーマルマフラーのお手入れ
3月になりましたね。

最後に宮ヶ瀬に行ったのは2月2日。もう1か月ほど前になります。1か月の間まったく宮ヶ瀬に行かなかったのは通い始めてからは1度も無かったことです。
2月8日、14日に降った大雪が自宅周辺でやっと解けてなくなったと思ったら土日連続の雨。これは何かの罰なんでしょーか?

さて、今朝は朝から雨降り。

起きてすぐ、部屋においてあるカタナのノーマルマフラーの手入れを思いつきましたw。

カタナを買ったのは2007年5月。その時ついていたのが輸出仕様のノーマルマフラー。とてもキレイな状態で、しばらくそのまま乗りましたが、集合管に替えたときに取り外しました。
取り外した時に汚れを落とし、油を塗って部屋で保管しています。錆を防ぐためにときどき油の塗り直しが必要です。

ということで引っ張り出したマフラーにKURE 5-56塗ります。
c0147448_1024443.jpg
エキパイも。
c0147448_103174.jpg
1番、4番エキパイと一体になったマフラーは巨大でとっても邪魔になりますが、これは捨てられないですねぇ。
2番・3番エキパイは2000年当時からついていたものがそのままだったらしく、購入した時から残念ながら点サビが出ていました。

今新品で買うと・・・

マフラー左右はそれぞれ約6万円、2・3番エキパイは3.3万円。その他、フランジや割カラー、コネクタ、クランプ、ボルトなど全部を揃えると16万円ぐらいになるので、フルエキのステンマフラーなら余裕で買えちゃいますね。
しかしこれだけの大物部品が新品で出るところがスゴい!さすがスズキ殿。

いつかノーマルマフラーに戻す時まで、大事に保管しておきます。
c0147448_10103995.jpg

by group-a | 2014-03-01 10:40 | GSX1100Sカタナ | Comments(5)