人気ブログランキング |
<   2015年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
無くなったネジ取り付け、以上。
この土日、朝は走られませんでした。

金曜日は日中から夜遅くまで、夜半を過ぎても雨が降り、翌朝になっても路面は濡れたままでした。
そして、土曜日の日中はなんとか天気は持ったものの、日曜日の夜明け前に路面を濡らす雨が降り、朝になっても弱い雨が降っていました。

朝型バイク乗りにとって、こういう天気はホントに困ります。

この前までの連休は連日バイクに乗ったんじゃないの?、それはそれ、これはこれ。寝貯めが出来ないのと同じで乗り貯めも出来ないのです。

実は今日、8:40に宮ヶ瀬に向かいましたが、相模川を渡ったとたん雨粒がヘルメットのシールドを濡らし始めたのでUターン。宮ヶ瀬に近づくことも許されませんでした。

あーつまんない。

さて、お昼ちょうど、注文していた部品が届いたので早速取り付け。

連休中、キャブをいじった時に緩めたネジを締め忘れていたようで、走っているときの振動で失くなってしまいました。。。
c0147448_16133774.jpg
シートカウル左右をつなぐナットとネジです。
c0147448_16143214.jpg
【SUZUKI純正部品】
47168-12C00 ナット,フレームカバー,センタ 338円
09139-05020 スクリュ 50円
c0147448_16165178.jpg
確実に締めておしまい。

こういうちっぽけな部品でも、代用がきく汎用品は無いので失くしたら大変。純正部品が供給されていることに感謝です。

締め忘れご用心!
by group-a | 2015-09-27 16:17 | RGV250ガンマ | Comments(2)
ヨシムラの新製品
これっ!、カタナのオイルクーラー用もほしいっ!

YOSHIMURA BLOG ラジエターコアプロテクター

いまつけているK-FACTORYのものに何の問題もないです。
ただ、ヨシムラロゴが入ったもの、カッコいいっす。

RGV250γのはさすがに言えない(笑)。

ガンマのほうはそろそろ過冷却防止のためのスクリーン、考えなきゃね~
気温が下がって水温計の針があんまり振れなくなってきました。
by group-a | 2015-09-25 18:24 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
ウインカースイッチの分解・清掃
長かった5連休、今日で終わりですね。

今朝も目覚まし無しで4時に起きましたー

今日も宮ヶ瀬に行くつもりですが、いつもどおりのコースで向かうのもおもしろみがないし、道志1往復するほどの気合もなく、早朝なのでちょっとね。

ということで、大垂水峠を通って行くことにしました。
コースは、国道16号~町田街道~八王子南バイパス~国道20号(大垂水)~国道412号~宮ヶ瀬、となります。

5:25スタート。タンクの中のガソリンが減っているので出発前に給油です。
給油11.61L、前回からの走行距離164km、燃費14.1km/L

今日もメッシュジャケット+メッシュパンツ+メッシュグローブで出ましたが、今日はさすがに寒い!
ただ、早朝は寒いんですけど陽が出るとまだ暑いんですよねぇ。この時期はホントに悩ましいです。

八王子側から走る大垂水峠はずっと下りなので、ブレーキングでGがキツくてちょっとストレス気味でした。逆方向も走ってみたいですね。
とは言え、減速帯やセンターポールが多く、それでもクルマのタイヤのスリップ痕がすごいので、余裕をもって走れるぐらいがいいですね~。

関から串川沿いの道に入って宮ヶ瀬へ。サークルKサンクス前を一旦は通過しましたが、冷えた体に温かいものを入れたくてUターン。ホットコーヒー1杯で小休止です。
c0147448_1546472.jpg
6:40頃、いつもの場所に到着。
c0147448_1548314.jpg
連休最終日ですが、今朝は6人。少なめですね。
日本列島の南に台風21号が発生しました。連休中は連日晴天に恵まれましたが、今週末はどうもダメそうです。

8時頃宮ヶ瀬をあとにしました。

今日の走行68km

帰宅後、気になるところをいくつかメンテナンスします。

まず、昨日やったキャブレターの調整(エアスクリュー)の確認です。マフラー排気口の状態は、
c0147448_15551716.jpg
c0147448_15553529.jpg
オイル湿りはほぼ無し。良い感じで燃えきっていそうです。左右の差も無いのでバランスも良さそうです。
実際、走ってみてスロットル操作に対するツキも良く、低速からトルクがスムーズに出て気持よく走れています。
そしてプラグは、
c0147448_15561135.jpg
アイドリングでしばらく回したので黒っぽいですが、こんなもんでしょう。

次に、ウインカースイッチの動作不良。左側に倒したときに戻りが悪いです。
c0147448_15595740.jpg
分解。
c0147448_1612065.jpg
レバーの支点になるビスを外してカバーを取り、カバー以外を元通りに組んで動きを見てみると、
c0147448_1625411.jpg
やはり黒く汚れた油分で張り付きが起こっているようです。
分解して洗浄しました。
c0147448_1634465.jpg
摺動部にリチウムグリースをごく薄く塗って、元通り組み立てました。
c0147448_1641864.jpg
動作確認OK!

続いてチェーン+スプロケ。

この連休中、よく付き合ってくれたお礼にキレイに拭き上げました。
c0147448_1663924.jpg
オイルはいつものSLFC。
c0147448_16131256.jpg
1回のメンテナンスで使う量は1.0~1.5cc。買ったのは2012年1月なので3年8か月使って、まだ5分の2残ってます。
今日も注射器でチョンチョンと注油。終わったら油分を手で伸ばしてなじませます。
c0147448_16133084.jpg
このほか、油分が枯れて動きが悪くなったサイドスタンドとキックスターターペダルにもグリスアップして、連休最後のお疲れさまメンテナンス終了!
by group-a | 2015-09-23 16:14 | RGV250ガンマ | Comments(2)
エアスクリュー調整とキャッチタンク取り付け
昨日に続いて今日もガンマで出ました。

連休4日目、まずまずの天気です。雨の心配が無いのでこの連休中、天気予報をチェックする必要がほとんどありませんでした。ありがたいです。

5時半過ぎ自宅を出発。気温は19度、まだメッシュジャケットで大丈夫です。日が昇ると暑いですもんね。
c0147448_19362433.jpg
土日は賑わっていましたが、さすがに5連休を毎日通うひとは少なく(笑)、今朝は5人ほど。
8時を過ぎたあたりで生理現象が危険レベルに達してきたので失礼して帰宅しましたw

今日の走行44km

冷間時始動直後に回転が上がってしまう問題に対応して、キャブレターの油面調整とエアスクリュー、エアジェットの交換をやりましたが、どうやら燃調が濃くなっているようです。

新品に交換したエアスクリューの設定は、
1番(左)側=2回転戻し(以前は1+7/8回転戻し)
2番(右)側=2+1/8回転戻し(以前と同じ)
としました。
1番側を変更した理由は、1番側のマフラー排気口のオイル湿りが2番側と比べて多めだったので、少し薄めて(空気の量を増やして)みました。

ところが、

1番側
c0147448_19463669.jpg
2番側
c0147448_19465286.jpg
ちょっと乾いてしまったので判りづらいですが、1番側のオイル湿りがまだ多く、2番も湿り気が以前に比べて多いです。

取り外した古いエアスクリューをルーペで見てみると、表面が荒れて細かいクレーターもできていたので摩耗していたのでしょう。それが新品に変わったことで吸い込める空気量が減って混合気が濃くなったのかもしれません。

そこで、1番・2番ともに2+1/4回転戻しに設定してみました。
c0147448_1952033.jpg
エアスクリューの設定に関して、こういうカットアンドトライなやり方は本来の正しいやり方じゃないんでしょうけど、しょうがないです(苦笑)。

続いて、フューエルキャッチタンクを取り付けます。

VJ21Aの場合、フューエルタンクのブリーザーホースはステムナットの穴に差し込まれていて、吹き出したガソリンはステムシャフトの穴から排出されます。

タンクが黒く塗装されていると日光で熱せられて内圧が上がり、かなり吹き出します。吹き出したガソリンがダバダバとフロントフェンダーにかかるほど。
今は白いタンクなので真夏でも吹き出しは全くありませんでしたが、ほかの訳もあってキャッチタンクの取り付けです。
c0147448_19584398.jpg
タンク本体を掴むのはマフラーバンド。60φでは径が足りませんでした。しかたないのでスプリングを引っ掛けてテンションかけてます。
c0147448_2032917.jpg
取り付け場所は、メーターステーのヘッドライト固定部に共締めすることに。
汎用のステーやカラー、ボルトなんかを使って取り付けますが、苦労した割には危なっかしい感じです。

仮取り付けをして、ハンドルを左右に切ったり、左いっぱいに切った状態で干渉しないことを確認。
c0147448_2043625.jpg
c0147448_2044396.jpg
ブレーキレバーにけっこう近いですが、運転中に当たることは無いと思われますのでこれで行ってみます。

本締めしてホースを配管して取り付け完了です。
c0147448_2061453.jpg
もう1本のホースはエア抜きブリーザーです。

自宅周辺を軽く走った感じでは大丈夫そうでした。しばらく様子を見ながら走行ですかね。

こんなことでいいんですかね!?
by group-a | 2015-09-22 20:15 | RGV250ガンマ | Comments(0)
時には海を眺めてみたい
時には海を眺めてみたい、と思い立ちました。

いつもの宮ヶ瀬、いい場所です。ただ、広々とした海は見えないです、どうやっても。
以前は毎週のように行っていた三浦半島の沿岸ですが、宮ヶ瀬とは反対方向ですもんね。5連休を利用して、1日は海を見に行こうと考えていました。

ただ、今朝起きてみると空いっぱいに広がった雲。せっかく海を見に行くのに曇っていると海までねずみ色染まってしまいます。どうしようか迷いましたが、出発時間が近くなると南のほうの雲が切れて晴れ間が広がりつつあるようでした。うん、行こう!

ということで5時半ごろ、ガンマでスタート。
早朝の国道16号線、保土ヶ谷バイパス、環状2号線、鎌倉街道はずっと空いていて、少しヒンヤリする空気もあってガンマの吹けは絶好調です。

あ、そういや冷間時始動直後に回転が勝手に上がる問題、やっぱり微妙です。一時的にオタフクカバーに栓をしてみるかなぁ?

話もどって、

鶴岡八幡宮の参道、『段葛』は改修工事でこのとおり。
c0147448_21215269.jpg
フェンスで覆われ、桜並木は1本残らず伐採されて、なんとも味気ない風景です。が、崩れそうに老朽化していたというのだから仕方ないですね。

長者ヶ崎のすぐ手前のコンビニでパンを1個買って、7時過ぎ、いつもの駐車場に到着。
c0147448_21234431.jpg
缶コーヒーを飲みながらちょっと腹ごしらえです。
空はやっぱり曇ってますね。江ノ島は見えますが、残念ながら富士山は見えません。
c0147448_2124254.jpg
長者ヶ崎に通っていた頃は、この場所で顔見知りになった方も何人かいました。
ホンダX4の方、GSX-R1000の方、湘南青春バイク三人衆、皆さん、どうしてますかね。

ちなみに、前回長者ヶ崎に来たのは今年の2月1日にカタナで、前のK型Vガンマで最後に来たのは2014年の2月23日でした。1年に1回ぐらいのペースだな~

まぁバイク乗りにとってこの場所は、宮ヶ瀬、江ノ島、西湘PA、大観山のようにバイクで集まるような場所ではなくて、ただ通過するだけor小休止の場所だから閑散としているのもやむなしです。

30分ほど居て引き返しました。

帰る前にちょっと寄り道。
c0147448_21333665.jpg
例の漫画の聖地(笑)。
数人の女性グループが駅の前で写真撮ってました。もしかすると彼女たちも漫画や映画を見て訪れたのかもしれないですね。

続いて稲村ヶ崎。
c0147448_21361838.jpg
ようやく晴れてきましたが、降りて写真やら撮っていると汗がたくさん出てきます。走ってると涼しいんですけど、たまらんので今日はこれでオシマイ!

帰りの保土ヶ谷バイパス、環状2号線の新桜ヶ丘ICの手前から既に渋滞しています。ヤな予感!
案の定、保土ヶ谷バイパスは三車線ともクルマで埋まってます。そこそこ流れてはいましたが、車列は時々止まります。

先に進んでいくと、終点に近づくにつれてちょっと様子がおかしいです。

三車線のうち右から二車線は国道16号線相模原・八王子方面へ向かい、左の車線は東名高速道路につながりますが、どうも東名高速に行こうとしているクルマがとんでもない長さの列を作り、かつ、真ん中の車線から左に車線変更しようとしているクルマが入りきれずに、「人」の字のような行列を作っていました。
こりゃ東名高速(料金所)はとんでもない渋滞になってそうですね!

保土ヶ谷バイパス終点のちょっと手前から渋滞はウソのように解消しました。。。

今日の走行120km、ちょっと疲れた。
by group-a | 2015-09-21 21:49 | RGV250ガンマ | Comments(0)
シルバーウィーク2日目、キャブレターの油面調整
昨日はガンマ、今日はカタナ。

昨日、ガンマのキャブレターを取り外したので動かすことができません。晴れた休日にバイクに乗れないのはツライですね。
そういう意味で、2台体制ならせっかくの休日を棒に振ることはありませんし、翌日以降に持ち越しのメンテナンスも憚ることなく出来ます!

今朝は出発前に空に雲が広がっていましたがそれも徐々に消えて行き、宮ヶ瀬の空には青空が広がっていました。

いつものことではありますが、なんやかんやで僕らは旧車ばかり。
c0147448_17283286.jpg
年齢層は・・・、そこそこ高いですよ、そりゃもう。20歳代ではないです(笑)。

最新のバイクで余裕のある走りを楽しむのもオッケイ、古いバイクで老化と付き合いながら共に走りを楽しむのもオッケイ。運転が楽しい、っていうのがバイクの醍醐味ですよね。

今日も8時頃まで過ごしてきました。

今日の走行49km

カタナで出たのに"RGV250ガンマ"カテゴリ。昨日の続きをやりましたよ。作業場所が日陰になるまで、キャブレターの実油面確認をやります。

こちら、ダンボールで作った30度治具。
c0147448_17382011.jpg
油面を見るときにキャブレターのインレット面を30度にセットするために使います。

まず右側。
c0147448_17405515.jpg
少し油面が高いです。
右側はシリンダー2番、キャブレターが寝ている側なので、油面が高いと燃調に悪影響が出やすいかもです。

次に左側。
c0147448_1743267.jpg
こちらはまずまず。

右側はフロートレベルを微調整して油面を少し下げることにしました。結果、
c0147448_17445877.jpg
左とだいたい同じになりました。

ジェットは全交換完了、油面も合わせ、アイドリング開度も再調整済み。キャブレター単体で出来ることはもうこれぐらいです、たぶん。
ということで元通りエンジンに取り付けます。

ササッとタンクを外して復旧作業開始。
c0147448_1748386.jpg
各部、丁寧に組み付けてキャブレター取り付け完了です。
c0147448_17491771.jpg
エアクリーナーボックス、フューエルタンクも取り付け、エンジン始動。

うーん、治っていないっぽい??なんか微妙。
もうあと考えられるのはオタフク抜きぐらいしかないんですけど!

また考えてみようっと。
c0147448_175214100.jpg

by group-a | 2015-09-20 17:55 | RGV250ガンマ | Comments(2)
シルバーウィーク初日、ガンマの問題調査
昨日まで雨続き。

ほんとによく雨が降ります。ところが祝祭日の晴天率は案外高かったようです。
9月の5連休、シルバーウィークとも言うらしいですが今年は並びが良かったようです。ともかく連休の初日、朝から晴天に恵まれました。

5時過ぎにガンマで出撃。

ところで最近、ガンマの冷間時始動直後の挙動がおかしいです。

チョークを使って始動するのですが、始動してすぐにチョークを閉じてもエンジンの回転が5000rpmぐらいまで勝手に上がってしまいます。ガス欠の(キャブレターの中のガソリンが無くなった)時に回転がガーッと上がるのと似ている気がしたので、再びチョークを全開にして濃い混合気をくれてやったりすると回転が落ちて、そうこうしているうちに正常なアイドリング回転に落ち着きます。
なぜ急にこんなことになったのか判りません。

始動直後に5000rpmにも回転が上がってしまうのは良くないし、正常な動きとは言えないので調べて直さないといけません。

さておき、宮ヶ瀬に向かいました。
c0147448_21154115.jpg
今朝は少なめ、宮ヶ瀬は静かで穏やかな朝でした。

今日の走行53km

帰宅後、用事を済ませてガンマの調査開始です。
c0147448_21241664.jpg
キャブまわりの点検です。

キャブレターは取り外してあとで詳しく調べます。
c0147448_21252964.jpg
チョークを閉じても回転が上がること、スロットル全閉なのに5000rpm近くまで上がるので二次エア吸入も疑ってみます。
インテークパイプへのキャブレターの取り付けはシッカリ出来ていて、緩みや差し込み不良はありませんでした。

インテークパイプとリードバルブを取り外してみます。

1番側
c0147448_2128021.jpg
1番側のリードバルブにはカーボンが多く付着しています。以前、K型で見た時も同じだったので、レイアウトの関係でどうしてもこうなるのかもしれないです。

2番側
c0147448_21291713.jpg
こちらは特に問題なし。

インテークパイプにも割れや欠けは無く、押しつぶしてみても柔軟性があってヒビ割れもありませんでした。インテークパイプは問題無さそうです。
汚れているリードバルブは1枚ずつ取り外して磨き、元通り丁寧に組み付けました。
c0147448_2131518.jpg
c0147448_2131139.jpg
リードバルブの閉じ具合も大丈夫です。

リードバルブとインテークパイプは元通り取り付けて、インテークパイプの口はラップでふさいでおきました。
c0147448_21332574.jpg
あとはキャブレターの点検ですが、今日のところはここで時間切れ。

キャブレターは部屋に持ち帰り、以前から気になっていたところを修理します。

こちら、右側のエアジェット。
c0147448_2135147.jpg
締め付けのときにしくじってだいぶ傷んでいます。なんのためにエアジェットをいじったのか、なんでこんなふうに欠けるまで締めようとしたのか理由が不明です。
幸い、緩める方向は欠けていなかったので無事取り外し出来ました。

エアスクリュー(左)とエアジェット(右)を新品に入れ替えました。
c0147448_21364824.jpg
いちおうこれでジェット・ニードル類はすべて新品に入れ替え完了です。

ちなみに、デリケートで特殊サイズのジェットを回すには、これまた特殊なドライバーを使ったほうが良いです。
c0147448_21414488.jpg
PBのドライバーで106シリーズです。
セットスクリュー用に作られた製品で、軸から刃先までの幅がストレートになっています。セットスクリューと同様に、穴の奥に入っていることもあるジェットにはもってこいです。
c0147448_224037.jpg

by group-a | 2015-09-19 21:53 | RGV250ガンマ | Comments(0)
カタナのブレーキが、ん!?
今朝はカタナで出動!

5:35ごろ、外に出るとまだ朝陽が出始めたばかり。
c0147448_1873569.jpg
昨日もでしたが、まだメッシュジャケットで快適に走れる涼しさです。

最近のお気に入りルート、県道65号線を北上して(GoogleMapを見ていま知りましたが、トンネルの手前にこっ◯◯堂が(笑))、串川橋で国道412号に出て、関から串川沿いの道(県道513号線)で宮ヶ瀬湖に向かいます。
虹の大橋でこの景色。
c0147448_18152445.jpg
露出を補正する余裕が無くてこの暗さですが。。。

間もなく到着。
c0147448_18175326.jpg
そこそこ天気の良い日曜日の朝、だいぶ涼しくなってきてバイク乗りも大勢です。今朝も8時までのひととき、楽しく過ごしました。

今日の走行49km

最近、カタナのフロントブレーキの効きが悪い気がしています。というより、ブレーキが滑っているような気さえしています。
油で汚れたウエスでブレーキディスクを汚してしまったか、または、パッドが減って(だいぶ薄っぺらくなっているのは認識してますが)効きが悪くなったか。

帰宅後、ブレーキキャリパーのメンテナンスをやりました。

パッドは残量1ミリほどでした。交換時期ですが、効きが落ちるほどでもなく。
c0147448_19292668.jpg
新品1セット持っていますが、今回は、まえ早めに交換したときの残量1.5ミリの中古パッドを入れておきました。

あとはキャリパーを揉み出しして、元通り組み付けて完了。

試走してみましたが・・・、あまり変わりません。。。

うーん、もしかすると、ガンマのブレーキの効きとの違いから「効かない」と感じてしまっているのかも??

今のガンマを入手した時は、ブレーキのタッチはふにゃふにゃだし、加速はにぶいしで、カタナに乗った時はカタナの全てが良く感じていました。
ところが今や、ガンマはブレーキのタッチもシッカリしているし効きも立ち上がりが鋭くてガンと効く、加速も下からいい感じなので、逆に、カタナのブレーキが効いていないように感じているのかもしれません。

でもブレーキは重要なので、カタナに乗る時はしばらく用心します。

作業を終えて部屋で涼み、昼ごはんを済ませたところで12時半。雨が降る様子が無いので・・・

ガンマで今日二度目の出撃!(笑)
c0147448_1944419.jpg
気温は25度程度だったと思いますが、風はほとんど無く、じっとしていても暑いです。
c0147448_19502113.jpg
30分もしないうちにふれあいを後にしました。

ガンマの今日の走行47km
by group-a | 2015-09-13 19:57 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
台風一過
線状降水帯。

今回、テレビニュースや天気予報コーナーでクローズアップされた気象用語です。
バイク乗りたるもの雨雲レーダーの画像は常に見ていますので、この「線状降水帯」は以前から何度も見ていました。

雨雲は西から東に移動していくもの、ではありません。大きくはそうなんですが、個々の雨雲の動きを見ているとさまざま。晴天を願うバイク乗りとしては、この「線状降水帯」ほど恨めしいものはありません。雨雲の動きをリアルタイムで見ていると雨雲が「抜けていく」気が全くしないのですから。

今回の関東の豪雨は、台風18号と台風17号の合作であったということなのでしょう。後追い台風も腹が立ちますが、並走する台風がこんな被害をもたらすという典型例だったのでしょうね。

さて、台風18号は温帯低気圧になってからもなお、北関東に甚大な被害をもたらしました。が、東海や南関東は金曜日から台風一過の晴天に恵まれました。今週末はバイクも存分に楽しめそうです。

ということで、今朝は4時半に起床。だいぶ日の出が遅くなりました。

5:35頃、ガンマで出撃です。気温は・・・、水郷田名の坂の上の気温計で18度でした。
相模川に架かる高田橋を渡ると、スマートフォンで聴いていたラジオの音声に割り込んで「ゆれくるコール」の地震速報が。路肩に寄って停車しましたが、特に揺れは感じず。でも、アラートの情報を見てみると東京で震度4を超える揺れだそうで・・・
結局、揺れは感じることは出来ませんでした、というより走ってるうちに既に揺れは治まっていたのかもしれません。
c0147448_17261834.jpg
宮ヶ瀬に着くと、やはり地震の話題。宮ヶ瀬あたりでもそこそこ揺れたみたいですね。
震源地は東京湾、最大震度は震度5弱だったようで、宮ヶ瀬あたりも震度4ぐらいの揺れだったみたいですね。早朝から物騒でしたが、大事はなく(会社からエスカの電話はありましたけど)、いつもののどかな宮ヶ瀬でありました。

今週の雨で粉吹いてます。帰ったら磨いておかないと。
c0147448_17364241.jpg
8時、宮ヶ瀬をあとにしました。

今日の走行51km

さて、とうとうコレを買っちゃいました。
c0147448_17381190.jpg
メーカー出荷時のままで高さ調整するのを忘れてたのでウイリーしてるみたいに高々と持ち上がってますが、フロント用スタンド、J-TRIPのものです。
後ろから前から、J-TRIP固め。

簡単にフロントをリフトアップできますね~。

アクスルを抜く場合はハンドルを少し左に切った状態でリフトアップします。
c0147448_17413673.jpg
ハイ、メーターギヤを交換します。
c0147448_17422585.jpg
【SUZUKI純正部品】
54600-32C02 ボックスアッシ,スピードメータギヤ 5,832円
34910-12C01 ケーブルアッシ,スピードメータ 2,160円

ギヤボックスへのケーブル取り付けを失敗しないよう、今回は取り付け前に接続を済ませておきました。
c0147448_1746202.jpg
プライヤーなどは使わず、手の力だけで抜けない程度に締めておきました。

ホイールを元通り取り付けて、交換作業完了です。
c0147448_17474060.jpg
試走してメーターが振れることを確認して完了!

ところで、スズキ車のメンテナンス性の悪さも軽整備で遭遇する程度なら、もう笑いのネタにするぐらいに慣れましたが、こればっかりは設計者に殺意を覚えます(笑)。
それは、ガンマのフロントフェンダー。

フェンダーを外す時に、フロントフェンダーブレース(アルミの板でスタビライザーみたいなもの)をフロントフォークから外すだけでいいのかと思いきや、それだとブレースやフェンダーが引っかかってどうやっても外せない。
ブレースとフェンダーは4組のボルトとナットで結合されているので、それを分解すればいいのですが、タイヤ・ホイールがついたままだとタイヤとフェンダーのすき間が狭くてボルトとナットの着脱が非常にやりづらい。

おそらく、フェンダーを外すには、先にホイールを外すのが手順なのでしょう。

ということで、フェンダーをつけたまま、フロント用スタンドを掛けられるか確かめてみましたが・・・
c0147448_17593242.jpg
スタンドのアタッチメント部を差し込む時と上げ下げの時、スタンドとフェンダーがギリギリのクリアランスなので、養生したうえで慎重にやれば問題ないことが判りました。

おしまい。
by group-a | 2015-09-12 18:06 | RGV250ガンマ | Comments(2)
雨続き
8月下旬からよく雨が降ります。もう飽き飽き・秋秋してます。

c0147448_651457.jpg
今年、関東の梅雨明けは7月19日でしたので、晴れて暑い夏は1か月ほどで終わってしまったことになります。

そして台風。

今日、台風18号が発生して、サイクロンが日付変更線を越えてわざわざやってきている台風17号とともに日本列島を目指して進んできています。台風も多い。
c0147448_6563630.png
出典:気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/jma/index.html

最後にバイクに乗ったのが8月23日なので半月ほど乗れてないです。
c0147448_6571079.jpg
※この2台は僕のではありません。

土曜日の朝は久々に気持ちいい天気でしたね。もうメッシュジャケットでは寒かったそうで、雨が降っているうちにすっかり秋が進んでしまっていたようです。

ところで・・・

土曜日から日曜日にかけての夜中、おもてに停めているクルマのボディカバーに火がついたままのタバコの吸い殻が捨てられたらしく、焼け焦げで出来た穴が3つも出来ていました。
カバーがほぼ平らになっているところに乗せられたので吸い殻は燃えながらカバーを焦がし、風か何かで転がって、クルマの真下に燃え切った吸い殻が1つ落ちていました。
幸い、クルマのボディには被害がありませんでしたし、カバーは難燃素材なので燃え広がることもありませんでしたが、そうでなければクルマが焦げたり、最悪の場合は火災にもなり得る問題です。

これだから・・・(怒)
by group-a | 2015-09-07 07:19 | 季節 | Comments(0)