人気ブログランキング |
<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
タイヤ交換、プラグ交換
連続テレビ小説「ひよっこ」が、今日、最終回を迎えます。

これを書いている20:45時点、まだ最終回を見ていません。終わってしまうのを見届けたくないような?、いや、ただまだ見る時間が無いだけなんですが。
全体的に軽めのストーリー展開で、リアルな描写は割り切って端折った部分もありましたが、いいんですそれで。毎回、爆笑したり、共感したり、泣いたり、素直に楽しめるドラマでした。
このあと最終回を見ます。

さて、今日は宮ヶ瀬のあとカタナのタイヤ交換してきました。

リヤホイールを外すところまで自分で。
c0147448_20525317.jpg
前回、ハブダンパーを交換したので手順は心得ています。

外し終わって新品のタイヤに交換。今回もブリヂストンのBT-45V 130/90-17 68Vです。
c0147448_20552285.jpg
買ってしまったあとだけど、今回は製造年月をチェック。
c0147448_2155133.jpg
2017年34週、8月20日の週ですね。まだ出来たての温もりが残ってる感じ(笑)。これなら大丈夫。

組み替えて、元通り車体に取り付けて、完了。
c0147448_218957.jpg
リヤまわりが輝いて見えますw

さて、帰宅したあと、久しぶりにタンクを取り外しました。この姿を見るのもずいぶん久しぶり。
c0147448_21104520.jpg
何故かと言うと、プラグがこの赤錆。
c0147448_21113654.jpg
どうしても湿気でプラグの弱いメッキがすぐにダメになって赤錆になってしまいます。交換してからまだ1年半ぐらいで、点火性能に問題はありませんが、安いものなので交換します。

取り外したプラグは程よい焼け具合です。
c0147448_21133269.jpg
今までずっとNGK D8EAを使っていましたが、今回はD8EAよりだいぶ安かったレジスター入りのDR8EAを買いました。1個270円。
c0147448_21145770.jpg
プラグを取り外すときは小石の除去を完全に、キレイに掃除して新品プラグを取り付けます。
c0147448_21165555.jpg
古いプラグは4本とも同じ焼け具合でした。
c0147448_21174776.jpg
ここしばらくカタナのメンテナンス記録が続いていますが、もう少しだけ続きます。その分、お金がぶっ飛んでます・・・(泣)
by group-a | 2017-09-30 21:20 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
リヤタイヤ、限界
タイヤサイドのひび割れが思っていた以上に酷い状態です。

オゾンクラックとよく言われますが、オゾンのほか水や油、化学薬品などの環境要因によるゴムの劣化や硬化、空気圧不足や荷重によってたわんだり伸びたりを無数に繰り返すことによる疲労破壊などが原因になります。
c0147448_903375.jpg
前回の交換が2015年3月、使用期間2年6か月、走行距離はまだ6,500km程度なので、いくらなんでもおかしいと思ったら・・・
c0147448_911923.jpg
2011年43週、10月下旬の製造でした(;´Д`)

前回は購入も取り付けも量販店で、ちょうど店頭在庫にあったのでそれを付けてもらったんですが、まさか製造から3年以上も経ったものだったとは。

タイヤは寿命が短いので、製造から時間が経っていないものを入手するということも大事で、そこを必ずチェックするものですが、無頓着過ぎました。

そりゃ6年も経てばヒビだらけにもなりますよね。

ちょっとしか使ってないので、山はまだたっぷりです。
c0147448_96170.jpg
1枚めの写真にも写っていますが、円周方向に長いクラックが走っていますので、これはもう危険領域です。

ということで、今週末に交換予定です。

ところで、荷掛けフックにこんなものをつけました。
c0147448_992868.jpg
カタナの荷掛けフックの先端は切りっぱなしで縁がけっこう鋭いので、掃除やメンテナンスのときに手や腕を引っ掛けると危ないです。

径が7mmなので、内径6mmのビニールキャップを左右両サイド4か所、はめ込んでおきました。
by group-a | 2017-09-27 09:13 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
通り雨が降ったようで
曇っていたけど今朝は大丈夫のはず!

5時半スタートでした。

9月ももうすぐ終わり。月の数字がふた桁になると今年も残りわずかだなぁと感じます。そして5時頃はまだ夜明け前で真っ暗です。空気も冷たさを感じるようになりました。
空は一面の曇り空でしたが、かすかに切れ目があって今日は大丈夫だろうと思いつつ出発。

ところが自宅を出てすぐ、カタナのスクリーンとヘルメットを濡らす雨粒が付き始めました。ただ、本降りになるほどでもなく、向かう先の上空はやや明るかったのでそのまま進みます。
そして、相模川に掛かる橋に差し掛かったあたりから路面がウエットに・・・

引き返すかどうか迷いましたが、濡れ加減がそれほどでもなかったのでそのまま進むと、上り坂の先あたりからドライ路面に変化。どうやら通り雨で狭い範囲だけ降ったみたいですね。

ところで、宮ヶ瀬に向かう道の途中途中、どこからともなく金木犀の香りがふんわりと香ってきました。そういえばもうそんな時期なんですね。
金木犀は木も花もわりと地味ですが香りはけっこう強いので、香りはすれども姿は見えず、この気持ちのよい季節の空気に文字通り花を添える存在ですね。
って、キザな言いっぷりw。でも、さすがに香りは文字でも写真でもなかなか伝えられません!

山間にあって雨が降りやすい宮ヶ瀬でも降っていなかったようです。引き返さなくてよかった。
c0147448_16341981.jpg
台風や秋雨で宮ヶ瀬湖の貯水量は72%まで増えました。
c0147448_1635149.jpg
今日はけっこう賑わいましたね。昨日の朝は出られなかったので良かったです。
c0147448_1641527.jpg
今日の走行46km

昨日は時間が遅くなって出来なかったカタナのチェーンのお手入れを帰宅後にやりました。

前回はいつでしたかね。
c0147448_16432591.jpg
まずチェーンとスプロケを拭き上げます。
c0147448_16435760.jpg
スプロケの歯はかすかに痩せている気がしますが、まだ十分使えそうな雰囲気です。37000km超えです。ゴールドだったチェーンはほぼシルバーになりました(笑)。
c0147448_16453667.jpg
あとはオイルを差していき、全体に薄く馴染ませて完了です。
c0147448_16481461.jpg

by group-a | 2017-09-24 16:49 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
カタナのエンジンオイル交換
昨日から今朝にかけて雨になりました。

今日は予報通り、朝の9時頃に雨が上がりました。とは言え、気温がグッと下がったこの時期、路面が乾くには時間がかかります。
週間予報を見て今日はカタナのオイル交換をすることにしていました。購入したオイルもちょうど届いています。

ということで11時ごろ作業開始。

前回は2016年5月15日、それから1年4か月、走行距離は3,330kmでした。

暖機してオイルを45度ぐらいまで温め、まず、マフラーをはずすためにフレームに傷防止の養生テープを貼ります。
c0147448_17383885.jpg
ノーマルマフラーより着脱は簡単ですが、チタンマフラーも傷がつくと美観が損なわれるので丁寧に作業します。取り外し完了。
c0147448_17402653.jpg
ドレンボルトをはずしてオイルを抜きます。
が、手が滑ってボルトを処理箱に落としてしまったので、オイルで汚れた手を拭いたりしているうちにすっかり抜けてしまい、写真を撮ったときには終わりかけでした(汗)。
c0147448_1742171.jpg
ドレンボルトのガスケットは今回もアルミワッシャを使います。ボルトは再使用です。
c0147448_1746166.jpg
オイルはNUTEC NC-41 10W-50。前回の残りが少し残ってます。
c0147448_17472577.jpg
残りをビーカーに入れると・・・
c0147448_1747412.jpg
ちょうど200mLでした。今回はフィルターを交換しませんので給油量は3200mL、あと3L入れれば良いはずです。

ビーカーで計量して3200mL入れたところ。
c0147448_1749367.jpg
このあと暖機してオイル量を確認するので、マフラーを取り付けます。取り付けも丁寧に。
c0147448_1749519.jpg
暖機を3分ほどやってエンジンを止め、1~2分ほど落ち着かせてからバイクを直立させ、量を確認。
c0147448_17504396.jpg
規定範囲内です。

残ったオイルはだいたい1Lあるはずなので、4L缶から1L缶に移し替えます。ビーカーで1000mL計って移し替えたところ、少し残りました。
c0147448_1752468.jpg
約150mL。エンジンに注ぎ足しておきました。

作業終了は13:30、2時間半かかりました。
by group-a | 2017-09-23 17:57 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
台風一過の夏日
台風18号、夜中のうちに猛スピードで通過していきました。

朝起きた時にはもう雨は止んで自宅の前は路面もほとんど乾いていました。
ただ風がすごい。ムシっと湿った風が吹き荒れておりました。今日は晴れて気温がガンガン上がりそうです。

6時半ごろ出発!気温は24度もありました。

交通量が多めのところは良かったものの、宮ヶ瀬に近づくにつれ日陰がちな場所の道路はほぼウエット。しかも道路沿いに木が多い場所は落ち葉・枯れ枝でひどい状態です。わかっちゃいたけど・・・

しかしまぁ、宮ヶ瀬に着くと青空が広がり、風もおさまり、気持ちいい空気のなか朝のひとときを楽しんできました。
c0147448_1734663.jpg
下回りは、こんなんでましたけど~~
c0147448_17345643.jpg
このあとは買い物に出て、もう2回戦目はなし。余った時間でチョコっとカタナいじり。

先日リヤサスを交換しましたが、買い置きしていなかったスイングアーム側のボルトはそのまま再使用しました。
c0147448_17522944.jpg
c0147448_17524214.jpg
フランジつきの頭の座面が荒れていたので新品を取り寄せました。
c0147448_17532913.jpg
【SUZUKI純正部品】
09103-10019 ボルト 129円×2

THCをシッカリ塗布します。座面にも。
c0147448_17552876.jpg
やっぱりセンタースタンドが無いとこの作業はツライですね。力技でなんとか交換完了です。
c0147448_17564436.jpg
c0147448_175651100.jpg
ところでファイナルのリヤサスのイニシャルは穴に棒を突っ込んで回してやる方式。取扱説明書には、車載工具のプラスドライバーを突っ込め、と書いてあります、
c0147448_1882265.jpg
が、このクォリティ、それに先が尖ったプラスドライバーを浅い穴に差し込んで安全に作業が出来るとは思えません。
c0147448_212848.jpg
というわけで、5.5mmの六角棒レンチがぴったり入ります。
c0147448_2134749.jpg
標準サイズだと5mmか6mmになりますが、5mmではまったく引っかからないし6mmは入らない。ただ、5.5mmのレンチなんかサイズが特殊で普通は売っていません。でも、ホームセンターで4~500円程度で買えるセット物にはなぜか入っています。
持っているものは一般的な短いものなので、もっと楽に調整できるよう、長いもので安いのが無いか探しに行きましたがありませんねぇ。まー、金をかけるところじゃないし、5.5mmなんてほかに使い道も無いので、有るもので良しとします。
by group-a | 2017-09-18 18:14 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
あゝ、三連休
絶妙なタイミングで台風18号が。

昨日までいい天気だったのに週末になったとんたん、秋雨前線と台風18号の影響で今日から明日いっぱいは雨です。

それでも関東の朝は、まだ雨のエリアに入っていなかったので、カタナで出撃。気温19度。
でも、7時になる前にはもう宮ヶ瀬湖の上空が暗くなってきてポツポツ降り始めました。緊急退散です。

午前中のうちから弱い雨が降りはじめて、あとはもう自宅に引きこもりです。

新しく買ったMFバッテリーを初期補充電、
c0147448_17223560.jpg
しつつ、早めの時間から一杯。
c0147448_17231122.jpg
コイツが時間をかけて日本列島をなぞるように北上していきます。台風18号めーー。あの18号さんとはエライ違い。
c0147448_17255218.png
出典:気象庁
http://www.jma.go.jp/jp/gms/
by group-a | 2017-09-16 17:27 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
発電不良??その3
「発電」がおかしいわけではなさそうです。

今日はカタナで宮ヶ瀬へ。朝はずいぶん涼しくなって、晴れていても過ごしやすくなりましたね。秋はどんどん深まっていっているようです。

さて、宮ヶ瀬からの帰り、寄り道してお世話になっているバイク屋さんに寄ってきました。
カタナの発電回りの件についていろいろ話しを聞いて、切り分けとしてまず、ジェネレータ単体の発電電圧を見てみました。

ジェネレータとレギュレータの接続を切ってエンジンを始動させ、3本のリード線それぞれの間の交流電圧を測定。エンジン回転を3000ほどに上げたあたりで全て15~20Vの電圧が出ていたので、どうやらジェネレータは問題なさそうです。

次に、コゲるギボシをやっとハンダ付け。
c0147448_1854112.jpg
ジェネレータ側、古いギボシをちょん切って付け直しですが、リード線自体がかなり硬化していました。ビニール被覆の劣化と芯線の酸化が原因でしょうか。
これで発熱が収まると良いのですが。。。

ところでバイクいじりをしていると手が汚れます。
手袋をすると汚れないのですが、夏は汗で蒸れてあせもができるので軽い作業は手袋なしでやることも多いです。そうするとこんな具合に汚れますね。
c0147448_18104860.jpg
この程度の油汚れ、このハンドソープで簡単に落とせます。
c0147448_18122872.jpg
クラシエ(旧 カネボウ)のナイーブです。

バイクいじりをし始めるより前から使っていた製品ですが、普通によく落ちるので重宝していました。
ところが、しばらく前に製品切り替えかなんかの時に暫くの間、店頭から姿を消し、仕方なしに他の製品にしましたが、これが油汚れがぜんぜん落ちない。困ってアマゾンで試しに検索したら新製品で出ていたので即購入。やっぱりコレです。

ちょっともみ洗いするだけでサッパリです!
c0147448_18155441.jpg

by group-a | 2017-09-10 18:17 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
発電不良??その2
カタナの発電系の点検、その2です。

バッテリーは取り外して充電しておきました。
c0147448_1843083.jpg
充電器で充電しているときの端子間電圧は約14.5Vまで上がっています。
c0147448_18441036.jpg
充電終了後の開放端電圧を測ります。
c0147448_18481031.jpg
13.5V出ています。
c0147448_18482087.jpg
バッテリーを載せ、エンジンを始動し、スターターリレーの+端子とボディアースとの間の電圧を測ります。
c0147448_1853245.jpg
ディマスイッチのLo/Hiを切り替えてもやはり電圧は変化しませんでした。

周囲への騒音を気にしつつ、エンジン回転を5000まで上げると・・・、う~ん、13Vしか出ませんねぇ。

サービスマニュアルには、14~15.5Vの範囲であること、とあるので電圧が低いということになります。
こうなるとやはり、ジェネレータかレギュレータでしょうか?

今日のところはここまで。

このあと思いつきでリヤサスペンションの取り替えをやっちゃいました。

左側ショックを取り外し。
c0147448_18535419.jpg
片サスでも空車だとほとんど沈みませんね。

以前ヤフオクで落札した新品に近い純正サスです。
c0147448_1855647.jpg
サビて汚いナットとワッシャも交換します。
c0147448_18553121.jpg
【SUZUKI純正部品】
08313-10107 ナット 102円×2
09160-10094 ワッシャ 71円×2
09160-10093 ワッシャ 102円×2
c0147448_18593612.jpg
上側の取り付けシャフトねじ部にはTHCを塗っておきます。
c0147448_1951972.jpg
サクッと取り替え完了。
c0147448_1955125.jpg
右側も。
c0147448_196250.jpg
完了。意外に楽でしたねぇ~
c0147448_196272.jpg

by group-a | 2017-09-09 19:07 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
発電不良??
なんだか急激に秋らしくなりましたね。

関東の涼しい陽気は台風15号の影響みたいです。今朝の宮ヶ瀬は16度と、寒いぐらいの気温になっていました。

帰り、デジタルテンプメーターの電圧低下アラームランプが点灯するはずのない時に点灯しているのに気づきました。電圧計の数字を見ると異常に低いです。
c0147448_1212682.jpg
アイドリング回転のときの電圧がコレ、10.7Vです。

常々電圧が低いなとは思っていました。ただ、テンプメーターの電源をウインカーリレーから分岐させている関係でバッテリーから遠く、配線による損失が大きいのが電圧が低く見える原因とタカをくくっていました。

それでもこの電圧は異常。帰宅後に軽く調べてみました。

まず、ジェネレータから来ているリード線のギボシ、カバーが焦げてます。が、以前見た時と特に変わっていません。焦げるほどに発熱する抵抗、ひとつの要因ではあります。
c0147448_1291724.jpg
引き続きサービスガイドを見てテスターで点検。
c0147448_1293036.jpg
バッテリーのリークは無し。

レクチファイヤの抵抗値は問題なし。

ジェネレータステーターコイルの導通は問題なし。

バッテリーの開放端電圧は・・・12V(やや低いか?)

バッテリー充電電圧は・・・13V!?

スタータリレーの+端子とボディアースにテスターをつなぎ、エンジンの回転を5000rpmに・・・、しましたがディマスイッチをHIにするのを忘れていました。

ただ、ヘッドライト常時点灯になった国内仕様のSRとSYは、LO/HIどちらでもジェネレータの3相を常に使っているんじゃなかったかな?
確か、常時点灯ではない輸出仕様などはLO/HIで2相/3相の切り替えがあると聞いたような。

発電電圧測定は念のためやり直しますが、電気系のトラブルが起こっているとしたら厄介ですね。
被疑箇所は、ジェネレータ、レギュレータ、バッテリー、ハーネス、リード線、などなど。切り分けをうまくやらないと不必要な部品まで取り替えて高額出費にもなりかねません。

電気のプロに相談してみますかね。。。

バッテリーをはずして充電器にかけてみましたが・・・
c0147448_1924978.jpg
充電量がかなり不足しているようで、なかなかCHARGE UPランプが点きません。
こりゃバッテリーが終了か~?
by group-a | 2017-09-03 12:23 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)