人気ブログランキング |
<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
センターシール
センターシールとは?

2ストロークエンジンのクランクシャフト軸部には気密を保つためのシールがあり、並列あるいはV型の2気筒エンジンのクランクシャフト中央にあるものを一般にセンターシールと言っています。

RGV250ガンマ(VJ21A,VJ22A)では、ミドルベアリングに隣接して配置されるラビリンスシールと呼ばれるものが使われています。
これは非接触式で、簡単に言うと、シャフトとシールのすき間を入り組んだ形状にして、そこに入り込もうとする圧縮ガスやオイルなどの流体が迷路にはまって抜け出せないような状態になることからその名がついています。
入り組んだ形状と言っても、シャフトにリング状のシールを挿入しなければならないので、文字通り迷路のように複雑に噛み合った構造にするには部品構成が複雑になるため、基本的にはシールの内周部に数本の細かい溝を掘っただけのものが使われています。
c0147448_2123659.jpg
この微細なすき間に流体が入り込むと、その流体自体がシールの役目を果たすようになり、かつ、オイル混じりの混合気であれば潤滑性もあるため、非接触式シールの寿命は長いものになります。
但し、すき間は非常に小さいものなので、クランクベアリングが摩耗するなどしてシャフトの振れが大きくなるとシールもダメージを受け、一次圧縮漏れを起こすに至ります。
ちなみに、ヤマハのRZやTZRも確かラビリンスシールだったはずです。

一方、ホンダのNSR250Rは接触式のオイルシールが使われており、さらに途中のモデルからはミドルベアリングと一体になったシールが使われています。

以下の写真がNSR250Rのミドルベアリング兼センターシールです。
c0147448_21231958.jpg
一見、シールドベアリングのようですが、そうではなく、ボールベアリングにオイルシールが組み合わされ一体となったものです。手前に3つある穴はベアリング内部にオイルを供給するためのものです。

NSRではこのセンターシールが劣化して一次圧縮漏れを起こす、いわゆる「センターシール抜け」が問題になることが多々あります。
写真のベアリングはシール抜けを起こしたクランクシャフトから取り外したもので、オイルシールは硬化・変形し、さらにクラックも入っています。
c0147448_21233067.jpg
クラックは分解時に出来たものかもしれませんが、いずれにしてもこのように劣化したものではシール機能は十分に発揮されないため、クランクシャフトオーバーホール、またはアッシー交換が必要になります。

非接触式のシール、接触式のシール、どちらが優れているのかは目的や考え方によるのかもしれません。レース用なら性能重視だし、公道専用なら耐久性重視になるし。
どんなものにも永久に使えるものはありませんが、NSRのクランクシャフトは比較的短いスパンでオーバーホールを考える必要があるようです。もちろん、どのような使い方でも絶対そうなるというわけではないようですが、維持には結構な覚悟とお金が必要そうですね。
by group-a | 2017-10-28 21:43 | NSR250R | Comments(0)
バッテリー交換(メンテナンスフリーバッテリー)
また台風が接近しています。台風22号。

予報だと土曜日から雨が降り始め、日曜は終日、月曜の朝にかけて台風の影響で雨風が強くなりそうだとのこと。

土曜日もほぼ諦めていましたが、朝4時過ぎに起きてみると、降り始めの予想が少し遅い時間になっていました。これならなんとかイケそう!

ということで、5:10スタート(笑)真っ暗です!

5:50頃到着しました。気温は12度と、昨日の冷え込みと比べてずいぶん暖かいです。湿度も高いかな。
c0147448_1031279.jpg
10月13日から雨ばっかりです。23日朝に台風21号が通過したあとは晴れの日が続きましたが、平日ですもんね。で、やっとこの週末は、と思ったらまた台風。みんなフラストレーションが溜まってます。

雨雲が迫っているので今日もいつ降り始めるかわからない状況でしたが、今朝は5人集まりました。
でも7時解散。今日はもう終わりでーす。

宮ヶ瀬湖は台風の大雨で貯水量が一気に増えて満水に近くなりました。
c0147448_10382397.jpg
カタナに乗ったのは10月8日以来。20日間動かしていませんでしたが、今朝の出発時に電圧が10V程度まで下がっていて、スターターモーターを動かすのがやっと、という感じでした。替えのバッテリーは買ってあるので交換しちゃいましょう。

今回載せるのは、MKバッテリー WESTCOのメンテナンスフリーバッテリーです。
c0147448_1047147.jpg
昨日充電したのですぐに交換です。開放で13.5V出ています。

バッテリー掘り出し作業開始。
c0147448_104868.jpg
リヤブレーキリザーバタンクをどかしつつ、エアクリーナーボックスを取り外し。
c0147448_10534860.jpg
先日ハンダ付けしたジェネレータからのギボシ端子に焦げや変色はありませんでした。
c0147448_10542990.jpg
2015年4月に交換なのでまだ2年半しか使っていないんですけど、交換直後からガンマに乗ることが多くなって乗る回数が減ったのが影響したんですかね。
充電してもしばらく置いておくだけで電圧の降下が大きいし。。。

GS YUASAなんで高かったんですが・・・
c0147448_10574812.jpg
開放式よりも自然放電が少ないであろうことに期待です。

MFバッテリーですがメーカー指定により、開放式バッテリーと同じ充電で良いとされていて、充電器も開放式用を使用するようです。
サイズもYB14L-A2とほぼ同じで、ラベル面に向かって横幅が少し小さいですが、バッテリーケースに詰め物を追加しなくても大丈夫でしょう。
c0147448_11204010.jpg
排気ホースはそのまま放置です。

リヤブレーキリザーバタンクの中のフルードが少ないです。
c0147448_11215870.jpg
パッドが減ってリザーブ液面が下がったのではなく、もちろん漏れでもないので、ちょっと注ぎ足します。
c0147448_1126087.jpg
エアクリーナーボックスを元通り取り付けて作業終了。
c0147448_11263179.jpg
c0147448_11265024.jpg

by group-a | 2017-10-28 11:30 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
今ごろ秋雨前線?
この土日、バイクには乗られませんでした。

土曜日の日中は雨の止み間はあったものの、微妙な小雨が断続的に降っていたし、用事で外出していたのでバイクどころではありませんでした。

あ、昨日は衆院選の期日前投票してきました。
投票日の22日を空けておきたかったからですが、今の状況では22日の予定は流れそうです。

で今日、日曜日は朝からずっと雨。最悪です。

この土日を我慢して、週明け数日の雨を我慢したら、次の週末は・・・、と淡い期待を持っていたのも週間予報が更新されるとほぼ打ち砕かれました。次の土日もダメそうです。せめて曇りであってくれれば。。。

気象衛星の画像を見ると、
c0147448_2139361.png
出展:気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/jp/gms/

活発な秋雨前線の雲が停滞していて、雨雲の動きを見ていると、ほぼ同じ場所を流れ続けています。
この画像の左端には台風20号も写っていて、秋雨前線とつながっています。
もはや絶望しかありませんねぇ。

しかも、日本列島の真南には発達中の熱帯低気圧もあって、今後、台風21号になりそうです。

何を支えに生きてゆけば良いのでしょうかw
by group-a | 2017-10-15 21:49 | 季節 | Comments(0)
電源電圧チェック
昨日は時間が無くて、というか、そこまでやる意識がなくてやらなかったこと。

カタナの電源電圧をチェックしてみました。
c0147448_1819545.jpg
イグニッションスイッチをONにしたときに電源が出る場所はいくつかあります。

ホーン、ブレーキスイッチ、リヤコンビネーションランプ、ライセンスランプ、ターンシグナルリレー、クラッチスイッチ、など。

バッテリーからイグニッションスイッチでON/OFFされた電源は一旦ヒューズボックスに戻り、HEAD、SIGNAL、IGNITIONの3系統で各部に分配されます。

今はターンシグナルリレーに来ているものをカプラー部分で分岐させてテンプメーターに導いています。上記のSIGNAL系統になります。
ウインカーを出しているときやブレーキをかけているときに電圧表示が降下するので、ほかに良いポイントが無いか探ってみました。

結論から言うと、どこで取っても全く同じ結果。

あたりまえですよね。

1つの電源から3分岐して3並列回路になっているだけなので、1つの回路でアースとの間の電圧が下がれば、他の回路にも影響が出ます。
並列回路は導線の抵抗が十分に低い場合、同じ電圧で釣り合います。

次に、イグニッションOFFでヒューズボックス下部にあるバッ直端子にテスターをつないでみると12.5V程度を指しました。だいたい正常な値です。
イグニッションスイッチON(ライト常時点灯)にすると11.8V程度。このとき、テンプメーターの電圧表示は10.8V程度になるので、約1Vの電圧低下。

バッテリーからイグニッションスイッチ、ヒューズボックス、を経由した配線で1Vの損失が出ています。

バッテリーや発電機の電圧を正確に計るにはできるだけバッテリーに近い場所に接続するのが良いのですが、Y社のデジタルテンプメーターは、+/-/ACC、の接続じゃないのが難点なんですよねぇ。

1Vの電圧降下は、ハーネス劣化やアース不良、アース線劣化が原因かもしれません。
by group-a | 2017-10-09 18:45 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
麦草峠~諏訪湖
ホントは東北方面へ一泊レベルのツーリングの予定でした。

昨日は雨が降ったので東北ツーリングは中止。代わりに、日曜日の今日、日帰りで長野へ行くことになりました。

6時宮ヶ瀬集合。今日はちょっと気温が高めですね。田名で19度、宮ヶ瀬でも15度もあります。
標高2000メートル以上ある麦草峠を通るので、防寒対策を、との通達でしたが、わりと軽装で来ました。グローブはハーフメッシュのサマーグローブ。無謀だったかな?

6:45スタートしました。

相模湖インターから中央道で長坂インターまで、1,520円。

国道141号線で、清里ぬけて~、JR小海線とのランデブーに思いを馳せながら、小海で給油。
c0147448_1904252.jpg
このあと、国道299号線、メルヘン街道って名前がついてるんですね、キレイな景色を楽しみながら、狭くてタイトなカーブが続く区間も楽しく走れました。
ただ、ノンストップなもんで、キレイな景色も記憶に残すのみでした(笑)

と、麦草峠の最も標高が高い場所に着く手前から酷い渋滞。クルマがずら~っと連なって先が見えません。$&#%して先頭にたどり着くと、そこは駐車場の入場待ち先頭。なんと、紅葉狩り観光客のクルマの列だったのでした。諏訪方面に向かっていた僕達側の車線はそれほどでもありませんでしたが、反対側は延々とクルマの列。あんなもん、絶対に入れませんよね。。。
麦草峠での記念撮影どころの状況ではなく、これまたノンストップで通過(汗)

麦草峠では寒くなるかと思いましたが平気でしたね~。ヨカッタ

だいぶ降りたところにあった東屋で休憩となりました。
c0147448_191091.jpg
といってもここにはなんにもないので、ちょっと疲れを癒やしたところで、腹が減ってきたので次の目的地に向けて再スタート。茅野市を通過し、国道20号線を通って諏訪湖に出ました。

次の目的地は片倉館。国の重要文化財指定で、片倉財閥がいまから88年前に建てたものです。当初より社交・娯楽・温泉を地域住民に提供するための施設だったそうです。
千人風呂に入ってきました。
c0147448_19172682.jpg
c0147448_1918080.jpg
湯上がり後にお蕎麦で腹ごしらえ。
c0147448_19183645.jpg
腹いっぱい頂きました。

諏訪湖はいつも見慣れたダム湖と違って広々していますね。
c0147448_19203975.jpg
長野県の風景って、なんだか、北海道の風景をコンパクトにして、遠くに山脈を配置したような、なんか心が大きくなるような、気持ちが豊かになるような、そんな感じでいいですね。

そうそう、諏訪湖の遊覧船乗り場にある売店ではとんでもないご当地グルメ?郷土料理??が食べられるそうで。
それもバッタ飴、バッタソフト。あとになって思い出したので、チャレンジしませんでした(笑)
どんなものなのか気になる方は検索で調べてみてちょ。

さて、今日のツーリングはここまで。諏訪インターからまた中央道に乗ってひたすら走ります。
双葉SAで生乳(なまちちせいにゅう)ソフトなう。
c0147448_19263972.jpg
ほぼ食べ終わってます。
さらに談合坂SAで休憩して、あとは家に向かって解散。相模湖あたりはひどい渋滞でしたが、幸い、圏央道は空いていました。

諏訪インターから圏央相模原インターまで、2,200円

16:20帰宅
c0147448_19293267.jpg
今日の走行414km
給油8.53+11.38=19.91L、燃費20.72km/L

帰宅後の掃除、日没で暗くなってきたのでササッと軽く、けど、今日気になった振動音の対応を。

エンジンを回した時にタンクが振動で共鳴してました。
先週、プラグ交換のためにタンクを外しましたが、取り付けの具合があまり良くなかったのかも。

ということで、暗いなか、タンク取り外し。
c0147448_1937025.jpg
ついでに新品に交換したプラグの緩みチェックと増し締め。

あと、国内仕様の1100カタナにはクラッチアシスト機構があります。クラッチレバーのスイッチから伸びるリードは、アシストモーターを撤去した場合はメインハーネスに接続する必要が無かったのですが、先週、間違ってつないでしまいました。
クラッチを切るたびにクラッチリレーを作動させてしまうので電気の無駄です。切り離します。
c0147448_1944736.jpg
ところで左側のコネクタに来ている橙/黃のリードはメインスイッチをONにしたときに電源が供給されます。
いま、デジタルテンプメーターの12V電源をウインカーリレーから分岐させて取っていますが、ウインカーやブレーキランプを点灯させたときに大きく電圧が下がります。
なので、遊んでいるクラッチスイッチから電源を取ればマシになるかもです。

カプラー・オンでやりたいので、写真のものに合うカプラーがあるか探してみます。無けりゃクラッチレバーのリードをカットして流用ですかね。
by group-a | 2017-10-08 19:48 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
10月初日、だいぶ冷え込んできました
10月になりましたね。今年も残り3か月です。

今日も予報は文句なく晴れ。
目覚ましは夏設定の4時のままですが、日の出がだいぶ遅くなっているのでそろそろ遅らせてもいいかな?

5時半過ぎに自宅を出ました。気温は14度。
ウエアはまだ上下メッシュです。さすがにジャケットには防風ライナーをつけているので、今日ぐらいの冷え込みならまだ耐えられますが、そろそろ衣替えが必要そうです。朝と昼の寒暖差が大きいので難しいんですよね。

さて、宮ヶ瀬は鳥屋の気温計は11度を示していました。もうちょっとするとひとケタになりそうですね。
c0147448_1465253.jpg
ヘルメットもそろそろフルフェイスに替え時みたいです。オープンフェイスだとシールドを閉めていても冷たい風で頬と顎が冷え冷えになりました。

快晴の日曜日、宮ヶ瀬に集まったみんなも大勢になりましたが、ここを通過してツーリングに向かったバイクもかなりの台数でした。そして今日は一名、新潟までソロツーリングに出たようです。

9時前に退散。

帰宅後の跡片付けのついでにガンマのチェーンのお手入れ。
c0147448_14123486.jpg
いつも通りの内容です。
磨きこんで、
c0147448_14125712.jpg
油を差して、
c0147448_14152565.jpg
おわり。
by group-a | 2017-10-01 14:19 | RGV250ガンマ | Comments(0)