人気ブログランキング |
<   2018年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
昨日、梅雨明けしました
関東甲信は昨日、梅雨明けの発表がありました。

平年では7月21日ごろ、昨年は7月6日、過去の記録での最早は2001年7月1日だったそうなので、6月29日というのは異例の早さです。気象庁の発表では29日、とされていますが、25日以後はずっと天気が良くて猛暑続きだったので、個人的には29日より前だったのではとも思います。
但し、まだ梅雨前線は居ますし、台風7号に押し上げられている感じもありますので、この先どうなるかは不明ですね。

さてさて、梅雨明けした関東での週末。今日は6月30日なので2018年も前半が終わりです。明日からは7月。早いですね~

天気はものすごくいいですが、朝から30度超え。ついこの前まで肌寒い日があったりしましたし、まだ体が暑さに対応しきれていないかもしれません。暑熱馴化、でしたっけ、注意しないといけませんね!
c0147448_9412178.jpg

by group-a | 2018-06-30 09:41 | NSR250R | Comments(0)
森田童子
元シンガーソングライターの森田童子さんが亡くなっていたことが6月12日に報じられました。

僕が森田童子という名を知ったのは、ありがちではありますが、TBS系列で1993年に放送された「高校教師」というドラマの主題歌・挿入歌でとなります。

「高校教師」は、主演が真田広之・桜井幸子、ほか、峰岸徹、持田真樹、京本政樹、赤井英和、渡辺典子、若林志穂、広田玲央名が出演するドラマで、大学の研究室から女子校の教師として異動させられた羽村隆夫(真田)が、不思議な縁で知り合った高校生・二宮繭(桜井)と徐々に心のつながりをもっていくストーリーです。
このドラマ、教師と生徒との恋愛感情、教師による女子生徒への暴行、実の父娘の間の許されない性的関係と共依存、同性愛、愛と死、という非常に重いテーマを扱ったものですが、当時社会現象になるほどのものでした。脚本は野島伸司。

このストーリーで効果的に織り込まれたのが森田童子の楽曲でした。

主題歌は「ぼくたちの失敗」、挿入歌やエンディングには「男のくせに泣いてくれた」「G線上にひとり」「君と淋しい風になる」「ぼくが君の思い出になってあげよう」「君は変わっちゃったネ」が使われました。

独特の世界観がある歌詞で、淋しく、ともすれば陰鬱としたものでしたが、なぜか強く引き込まれてしまうものでした。歌詞にあるような体験をしたことなどもちろん有り得ませんが、それでもなぜか。

※以下、経歴等はネット記事等を参考にしています

学生運動による闘争や血なまぐさい暴力沙汰が世の中を不安定にしていた時代に多感な時期を過ごし、そしてまた、友人の死に影響を受け、歌うことを始めたそうです。

歌詞を聞いていると、日本の歌謡曲に多い甘い恋愛とは程遠い、身悶えするような苦しい愛や別離、そして死というものを感じます。
青春や今日のこの一瞬というものがすべて明るく将来があるものであるという保証など無く、常に終わりや死を意識する、そうせざるを得ないような心情や社会、あるいは、そう思い込むような風潮というものがこの国にあったのかと思いを馳せます。

カーリーヘアとサングラスで表情を隠し、その素顔を見せることは無かったといわれています。ミステリアスな雰囲気の一方で、拙いような、子供のような儚げな歌声のミスマッチが余計に歌詞の世界観を際立たせていたように思います。

1975年のデビューから8年後の1983年の事実上の引退以後は一切音楽会に出ることはなく、一般の女性として生きていたようですが、今年の4月24日に享年65歳でこの世を去ったそうです。

ドラマでのみ知った僕などが偉そうに語れるほど森田童子さんのことを知ってなどいませんが、訃報に触れ、なにか心の一部が少し欠けた感じがしました。

ご冥福をお祈り申し上げます。
c0147448_20313952.jpg
アルバム「A BOY」

by group-a | 2018-06-25 20:35 | 音楽・映像 | Comments(0)
車検、難なく終了 2018年
今日はカタナの車検に行ってきました。

1週間前に予約を入れ、週間天気予報を見ながら車検決行のタイミングを見ます。今年は25日の第1ラウンドを予約。いい具合に晴れになったので、予定通り行きます。

前回同様、自宅を早く出て、車検の前に宮ヶ瀬へ。
6:20頃スタート。今日は最高気温が30度以上になるらしいです。
c0147448_1221012.jpg
市街地はちょっと蒸しましたが、朝の宮ヶ瀬は爽やかですね。日陰でスマホでラジオ聴きながら静かに過ごします。
c0147448_1251093.jpg
復刻版のヨシムラ マグネシウムヘッドサイドカバー、アルミエンジンカバーと、手曲げバナナ管。マフラーの性能はともかく、いい佇まいです(笑)。マフラーはJMCA認定なんで車検は安心です。

7:40ごろ出発し、8時ごろ車検場に到着しました。
c0147448_129831.jpg
c0147448_1291553.jpg
今回のオドメーター表示は45,463km。前回は40,599kmでしたので、4,864km走行となります。

書類作成と自賠責保険の継続は前日に済ませましたので、時間まで日陰で待機です。

ちなみに、自賠責保険は24か月分で保険料11,520円、2年前より2,120円お安くなりました。
また、以前はOCRシートで20円が必要だった検査申請書は普通紙で良くなったので、自動車検査票、自動車重量税納付書と合計3枚、印刷で持ってきました。

時間になったところで、窓口で検査手数料1,700円と重量税5,000円の印紙を購入します。
重量税は2年前は4,600円なので今回400円アップ。4年前は4,400円、6年前は3,800円、8年前は4,400円でした。

検査受付窓口に書類一式、検査証、自賠責保険証書、納税証明書、整備記録簿を提示して、受付終了。
c0147448_12182944.jpg
1番にラインについたので、すぐに検査が始まりました。書類を渡して車両の検査。前照灯(HI/LO)、方向指示器、制動灯、ホーン、車体番号、原動機型式の確認、排気音量測定。今回は車体の幅(ハンドル部分)と高さの計測がありました。排気音量は96dBだったようです。もちろん余裕で基準内。

以上で検査機による自動検査に入ります。

スピードメーター40km/h、フロントブレーキ、リヤブレーキ、最後に、前照灯の光軸検査も「◯」。

検査結果を記録したシートを受け取り、窓口に戻って新しい車検証を交付してもらって、しばらく事務所内で涼んで車検場を後にしました。
c0147448_12264027.jpg
今回、検査にかかった費用は、

・重量税 5,000円
・検査手数料 1,700円
・自賠責保険料(24か月) 11,520円

合計 18,220円

でした。
by group-a | 2018-06-25 12:27 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
アルミエンジンカバー取り付け
早速、取り付けてみました。

木・金は天気が良かったんですが、週末はどうやらあまり良くはなさそうです。それでも土曜日の午前中はなんとか持ちそうなので宮ヶ瀬へ。
c0147448_15245796.jpg
湿度が高くて少し蒸しますが、バイクで走っているとちょっと寒かったりしました。

帰宅後、カタナの車検前点検の続き。

ヘッドライト光軸の最終点検。若干下を向いていたので微調整をしておきました。
次にジェネレータのギボシ点検。

以前はギボシ端子が熱で焼けて絶縁カバーが焦げてしまっていたので、昨年9月にギボシ端子とリード線をハンダ付けしました。
c0147448_15265426.jpg
9か月経ちましたが、発熱で焼けた跡も焦げもなく、全く正常です。

点検はここまで。

ヨシムラ アルミエンジンカバーを取り付けました。

こちら、今まで使っていたマグネシウムエンジンカバー。
c0147448_15443636.jpg
新しいアルミエンジンカバー。
持ち比べると、アルミのほうはズッシリ重いですね。
c0147448_15464376.jpg
色の感じからして粘土細工みたいです(笑)
c0147448_15471211.jpg
c0147448_1549772.jpg

by group-a | 2018-06-23 16:46 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
ブレーキ分解点検
カタナの車検期日が迫っています。

朝6時過ぎに一旦は出ましたが、自宅周辺は細かい雨がパラついていて、走るとスクリーンやヘルメットのシールドに細かい水滴がビッシリついてきます。意外に降っているのですぐに引き返しました。

帰宅してすぐ、カタナのブレーキの分解点検を実施しました。車検前の点検整備になります。
c0147448_16391721.jpg
汚れはたいしたことないので、ピストンを回しながらウエスでダストを拭き取り、ピストンにはメタルラバー(潤滑剤)を吹き、揉み出しして完了。
c0147448_16411477.jpg
鳴き止めグリースですが、今回はピストンの当たり面にシリコングリースを塗る作戦にしました。
c0147448_16415865.jpg
左側のパッドの残量
c0147448_16422098.jpg
c0147448_16422756.jpg
2枚とも2mmで均等な減り具合です。

右側も同様にクリーニング。
c0147448_16433353.jpg
右側のパッドの残量
c0147448_16441541.jpg
c0147448_16442224.jpg
こちらも2枚とも2mmで均等な減り具合です。

元通り組み付けてフロント終了。
c0147448_16473654.jpg
次はリヤです。
c0147448_16474963.jpg
こちらも汚れはごく軽微。
c0147448_16482214.jpg
ダストとグリースを拭き取り、パッドの残量計測。
c0147448_164913.jpg
c0147448_16491597.jpg
2枚とも5mmと、タップリの残量です。
ピストンにシリコングリースを塗り、
c0147448_16504431.jpg
各部をグリスアップしながら元通り組み付けて完了。
c0147448_16514847.jpg
最後にタイヤの減り具合チェック。

フロントは2.9mm程
c0147448_16521453.jpg
リヤは5.5mm程
c0147448_16524451.jpg
続く。。。
by group-a | 2018-06-17 16:56 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
ヨシムラ アルミエンジンカバー
6月13日に発送の連絡があり、配達日指定にて本日受け取りました。

ヨシムラ アルミエンジンカバー、GSX1100S KATANA用です。
こっちも買ってしまった・・・w
c0147448_15294070.jpg

ヘッドサイドカバーはマグネシウム合金が使われましたが、どういうわけかこちらはアルミ合金。
c0147448_15302199.jpg
転倒時などの耐衝撃強度の問題でしょうか?、わかりませんが。

ヘッドサイドカバーは4個セットで税別23,000円、エンジンカバーは税別18,000円です。マグだったら25,000円超えていたかもですね。

虎の子、マグネシウムエンジンカバーとちょっと比較。
c0147448_15365340.jpg
まず、持った時の重さ、あくまでも感覚ですが明らかに違いますね。アルミ合金は重いです。
c0147448_15374414.jpg
c0147448_15375328.jpg
あと、細かいことですが、文字の輪郭が甘く、英字はやや細身になっています。
"ヨシムラ"の部分は四角い枠の内側の彫りが浅くなっています。

このまま車体につけてしまえば全く気にならない程度ですが、文字表面を削ってアルミ地を出し、1135R風の塗装を施した場合は少し際立つかもしれません。

さて、いつ取り付けますかね。
by group-a | 2018-06-16 15:48 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
ヨシムラ マグネシウムヘッドサイドカバー
回収の連絡が来ました。

オンラインショップで購入したのでメーカーからすぐに出荷されて手元に届いていましたが、袋から出さず、ちょっと見ただけで箱に戻して置いておいたのでぜんぜん気づきませんでした。
回収手配は販売店が先に行われていたようですね。

ということで、修正版が出来上がるまでの間、1か月ほど使わせてもらうことにしました。
c0147448_12591256.jpg
なんかすごくキレイ(笑)
c0147448_132832.jpg
十数年使われたこのオリジナル品の、錆びたような古びた感じがいい味出していただけに、ちょっと違和感があったりして。
c0147448_1321522.jpg
英語以外の表記ではこうなるのか?とも思って調べたけど、どうやらそれは無いようですね(苦笑)
メーカーとしても設計担当さんとしても、この間違いはやっぱりそのままにはできませんよね~
しばらくしたらメーカーにお返しします。


c0147448_1351087.jpg

by group-a | 2018-06-09 13:14 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
梅雨入り
今日、近畿、東海、関東甲信が梅雨入りしたとみられる、と発表されました。

九州北部は5月28日とずいぶいん早い印象でしたが、関東はだいたい平均的な梅雨入りでしたね。

今週末は雨ですかねぇ?
c0147448_15565583.jpg

by group-a | 2018-06-06 23:59 | 季節 | Comments(0)
メータークッション交換
走行中、カタナのメーターの揺れがひどくなってきました。

昨日はちょっと蒸しましたが、今朝はカラッとした気持ちのいい空気でした。
c0147448_15233453.jpg
梅雨入り前の五月晴れ!
c0147448_15241925.jpg
あ、もう6月か~

走行中、路面の小さな凸凹を通過したときなどにメーターが大きく揺れるので、クッションを交換することにしました。

その前に、フロントブレーキホースがハンドルに当たっているのを修正します。
c0147448_15261530.jpg
いつから当たってたんだろ?

取り付けた当初の写真を探してみたらありました、2012年6月23日
c0147448_1533166.jpg
ちゃんと隙間があるので、そのあとのいつかの作業で当たるようになったのでしょう。

バンジョーボルトを一瞬ゆるめて、すかさずズラし、すぐに締める!
c0147448_15352034.jpg
漏れなしで成功です。

引き続き、作業の本番。メーターを取り外しました。
c0147448_15371347.jpg
ブラケットを支えるクッションを交換します。ほか、ブラケットとメーターの間のクッションとメーター枠の部分のパッキンも一緒に交換します。

蔵出しの部品です。
c0147448_15492851.jpg
【SUZUKI純正部品(価格は2008年時点のもの)】
34196-49300 クッション 219円
34955-28010 メータクッションNO.1 99円×3
34956-11300 クッション 126円×2
34955-11300 クッション 126円×2

外した古いクッションは・・・
c0147448_16122958.jpg
つぶれて丸くなっています。

新品との比較。
c0147448_16131029.jpg
c0147448_161317100.jpg
凸型のはブラケットの上にあるので潰れはほとんどありませんが、重さを支える下側は薄くなっていますね。潰れと硬化で揺れを抑える力が減っているようです。

元通り組み立て、
c0147448_16165266.jpg
ステムヘッドに取り付けます。
c0147448_16174840.jpg
明らかにシッカリ感がアップしました。
by group-a | 2018-06-03 16:45 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)