人気ブログランキング |
<   2018年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
猛暑まだ続く
昨日の作業では干からびるかと思うほど大量の汗をかきました。

夜中でも蒸し暑くてエアコン必須です。今朝も26度でしたが、それでも大勢集まって賑やかになりました。
c0147448_19211956.jpg
昨日、インテークチャンバーの取り付け不良を直したので、高回転で発生していた不具合が直ったかどうか確かめました。
10000rpm付近でスロットルを一定にして引っ張って様子を見ましたが、リミッターのような症状は1回も発生しませんでした。

もう少し様子を見るつもりですが、インテークチャンバーの取り付け不良は明らかでしたので、期待は出来そうです。
つまらない作業ミスで無用な騒ぎになりました。

さて、帰宅後ですが、あまりの天気の良さ、猛烈な暑さで外作業は覚悟が必要。
そろそろ涼しくなってほしい~
c0147448_19334381.jpg

by group-a | 2018-08-26 19:36 | NSR250R | Comments(0)
高回転で不調
10000rpmぐらいでリミッターが不規則にかかったような失速症状が出ていました。

9000rpm以上まで回して加速している時にはハッキリした不調は感じられませんでしたが、10000rpm前後でスロットルを固定して走行していると不規則にリミッターがかかったような失速、パワー抜けが起こります。

とりあえず真っ黒にカーボンが堆積していたプラグを交換しましたが直らず。
交換から約140kmの走行、9000rpmあたりでキルスイッチでエンジンを停止させた時の焼け具合はこんな感じ。
c0147448_18492216.jpg
c0147448_18492830.jpg
濃い感じですがこんなもんでしょう。燃焼に大きな問題は無さそうです。

取り掛かったついでもあり、キャブを降ろしました。
c0147448_18523955.jpg
キャブレターの内部点検。
c0147448_18531341.jpg
ジェット類やニードルは摩耗は無く良好。フロートの油面も13mmに合わせられています。

今回やりたかったのは、パワージェット通路に蓋をするプラグの交換です。
c0147448_18543656.jpg
DMRさんの削り出しプラグ入れました。
元のはこんな状態になっていました。
c0147448_18551382.jpg
パワージェットも不都合のない状態でしたので、キャブは問題なしでしょう。

さらについで。

実用上問題ないですが、汚くなっているネジ、交換できるものを全部交換しました。
c0147448_1911023.jpg
c0147448_1911799.jpg
以上でキャブを元通り取り付けますが、さらにさらについで。
c0147448_1923941.jpg
古くなって硬化しているオイルパスチューブを交換します。
c0147448_1952572.jpg
新品のホースに注射器でエンジンオイルを詰めて、
c0147448_1953693.jpg
オイルポンプに取り付けます。これでほぼエア噛み無しです。
c0147448_196382.jpg
と、ここで問題発見。
c0147448_1971096.jpg
上の写真は作業前の状態ですが、インシュレーターに取り付けられているインテークチャンバーの差し込み具合ってこれでいいんでしたっけ?

インテークチャンバーの差し込み部はいちおうインシュレーターの穴に挿さっていますが、中間のわずかに段差があるところまでです。これをやったのは僕自身ですが、よくよく確認してみると根本まで完全に差し込むのが正解。明らかな取付ミスが判明しました。
c0147448_19124981.jpg
クランプで締め付けられるので完全にゆるゆるではなく、それなりに密着はしていましたが、本来の固定位置の太さより細い部分で締められていたので、もしかしたらかすかに二次エアを吸える状態だったのかもしれません。
回転が高くなって負圧がかなり上がった時に二次エアを吸い、混合気の濃度が不安定に変化し、不具合の症状となった可能性が考えられます。

引き続きキャブ取付後の調整。スロットルバルブの中間位置にある合わせマークを所定の位置にセットして、
c0147448_19182146.jpg
オイルポンプレバーの50%位置の合わせマークを確認します。

ちなみに、50%位置での確認手順は、サービスマニュアル 24章 34~35ページ L/N追補の部分に記載されています。
c0147448_19193121.jpg
エアソレノイド、エアクリーナーボックスを元通り取り付け、ガソリン100ccにエンジンオイル4ccを混ぜた25:1混合燃料をキャブレターに注ぎ、エンジン始動。
オイルポンプのコントロールレバーを手で全開にしつつ、アイドリングでしばらく回し、十分にオイルが供給される状態まで待って完了です。

ちょっと面倒です。
スズキのCCISだとキャブにはオイルが来ていないのでキャブメンテがすごく楽なんですよね。

さて、二次エアを吸っていたとすると10000rpmもの高回転で混合気が薄くなっていたわけで、失火・失速・パワー抜けしていたような症状が実は抱きつきだったとするとエライことです。

マフラーを外して排気ポートからピストンを見てみることにしました。ごく一部しか見られませんが。。。
c0147448_19274180.jpg
c0147448_19274877.jpg
c0147448_19275777.jpg
見える範囲では無傷でした。
2番側(右バンク)は写真が写しづらかったので1枚だけ。
c0147448_19291574.jpg
こちらも目視で確認した範囲は問題なさそうでした。

ひとまず安心。

インテークチャンバー取り付け不良による二次エアかどうかも確定ではありませんが、これでひとまず、明日テストして治っているかどうか確認です。
by group-a | 2018-08-25 19:33 | NSR250R | Comments(0)
台風一過の猛暑
台風一過、というとだいたい台風の荒天がおさまって爽快な晴天になった場合に使う表現だったはず。

台風19号・20号が通過して温帯低気圧になりました。温帯低気圧になったと言っても、ほぼ同じ場所で合流して東北・北海道に荒天をもたらしました。
台風が通過したあとも南から超湿った熱風が引き込まれ、関東も蒸し蒸し暑々の空気で覆われています。

今朝は6時前から既に27度。先週が17度だったので10度もの気温差です。

天気がすごくいいのがせめてもの救い。日陰でじっとしている朝でした(笑)
c0147448_17295555.jpg

by group-a | 2018-08-25 17:31 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
急に涼しくなりました
今週の前半は暑かったような気がします。

ところが8月15日を境に、関東は16日から急に涼しくなりました。

関東の今年の夏は、梅雨入りが6月6日、梅雨明けが6月29日と異例の早さ。期間も短かったですね。そのノリで夏もやたら早く終わるのかというと、どうやらそういうわけではなさそうで、いま北上中の台風19号の影響で来週はまた蒸し暑さが戻ってくるみたいです。しかし、連日38度とか39度とか40度とか平気で記録してしまう超猛暑はもういらないです。

さて、今朝の空気はかなり冷えていて、メッシュジャケットでは寒そうだったのでインナーを重ね着して行きましたが、やっぱり寒かった。
宮ヶ瀬の気温は15度でした。

空気も乾燥していて、とっても気持ちのいい朝でしたよ!
c0147448_2129719.jpg
今月は台風もやたらたくさん発生していますね。
8月3日発生の台風13号から19号まで合計7個、そしてもうすぐ台風20号も出来そうです。

夏の終わり、と言うにはまだ気が早いかもしれませんが、8月ももう下旬になるんですね。
by group-a | 2018-08-18 21:35 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
バイク九州帰省 復路後編 2018年8月13日
さて、いよいよ今日は自宅までの500キロ走。問題は距離や時間より天気です。

朝5:20。何気に船の展望デッキに出てみると、ちょうど日の出直前だったようで、カメラを持った人が数人、東の空が見える側にいました。現在位置は小豆島の南側。
c0147448_21113038.jpg
この地点の日の出時刻は5:22です。

が、東の空はこの通り。
c0147448_2112038.jpg
雲が広がっていますね。

部屋に戻り、ゆっくり支度をしつつ、売店で焼きたてパンを買ってきて朝食を済ませ、8:30、神戸は六甲アイランド港に到着しました。
c0147448_21144459.jpg
8:45ごろ船を降り、阪神高速5号線 六甲アイランド北から入り、ひた走ります。帰りのルートはYahooカーナビのおすすめルートで、阪神高速から西名阪自動車道~名阪国道(天理-亀山 ※無料)~東名阪自動車道~伊勢湾岸自動車道~東名高速道路、です。
東名高速では浜名湖サービスエリアで友人と会う約束をしています。

Yahooカーナビはなかなかいいですね。ただ、高速道路を走っているのに急に高架下にジャンプして一般道を走ったりしてオカシな動きをしますが。

道路自体は高速道路とほぼ同じで無料で通行できる名阪国道では通行料を節約できてよかったです。通行した時はけっこう空いていて快走できました。途中、針テラスがあったので寄ってみようかなと思いましたが、針の出口で、あっ、と思った時は既に通過しちゃってました。まー、先を急ぐので諦めます。

途中、友人とのLINEでの連絡のために2回ほどPAで停まった以外は無停止でドンドン先に進み、12:20過ぎ、浜名湖SAに到着しました。
c0147448_21352349.jpg
c0147448_21353097.jpg
中学時代の同級生が会いに来てくれました。30分ほどしか時間が取れませんでしたが、お茶して話をしているうちに体もクールダウン、リフレッシュして再スタートしました。
c0147448_21393716.jpg
さて、浜松では快晴で気分良く出発した僕でしたが・・・

時間予報では富士から御殿場、箱根あたりで雨に降られることが判っていたので、とにかく早く進んで少しでも雨に降られる時間を減らしたい一心でひた走りました。前方にはとんでもなく高い高度まで上がった雲が見えます。その下には真っ黒い雲が広がっていて、さらに下は白く煙って見えます。

1、2時間待てば晴れるとかいう期待なんか全く持てない、諦めるしか無い光景が目の前に広がっていました。そして雨は、富士どころかそのはるか手前の清水から容赦なく叩きつけてきました。

レインウエア、最初は持ってこようとしていたんですけどね~。宅配便で送りそこねた荷物を追加で入れたためにレインウエアを入れるスペースが無くなり、まいっか、と置いてきてしまいました。濡れるしか無いですw
そんなわけで、メッシュジャケットの中まで水が染み込むのに1分もかかりません。
シューズは、つま先をできるだけ内側に締めていると案外濡れないみたいですが、それでも徐々にしみてきて、終いにはつま先から土踏まずのあたりまで少し浸水してきました。

雨脚が弱まった場所もそれなりにありましたが、自宅まで140kmもの間ほとんど降られっぱなし。晴れていれば猛暑だったものが、全身ずぶ濡れで高速道路を走っていると寒くて凍えてしまいそうになりましたが、16時過ぎになんとか自宅に帰り着きました。
c0147448_2272524.jpg
c0147448_227379.jpg
バイクでの総移動距離708km、今日の走行524km

給油2回
給油量7.60L、走行距離181.6km、燃費23.89km/L
給油量15.04L、走行距離346.4km、燃費23.03km/L
帰宅直前未給油

帰宅後にチェックした雨雲レーダーの映像がこれ。
これは帰宅の約30分前なので、静岡県に居た時間は違った状態でしたが、どこもこんな感じだったことと思います。
c0147448_22123221.jpg

by group-a | 2018-08-13 23:59 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
バイク九州帰省 復路前編 2018年8月12日
長かった夏休みも終盤。12日は帰りのフェリーに乗る日です。

せっかくバイクで帰省したのにあまりの暑さで、6日~11日までバイクには一度も乗りませんでした(笑)
いや~、真夏のバイク帰省はもう取りやめですかね~w

バイク帰省の難しいところはこの季節の天候にもあります。暑いだけでなく、台風や、不安定な気象条件による局地的な豪雨などが大きな要因です。

実際、関東地方をかすめるルートでゆっくり北上した台風13号、九州に接近すると見せかけて不安定なルートで沖縄から大陸方面に逸れている台風14号、関東の南方沖で発生して四国・九州を直撃しそうな台風15号が日本列島を三つ巴で取り囲んでおり、予測の難しい非常に不安定な天気をもたらしています。
c0147448_1954335.jpg
さらに言うと、アメリカのほうで発生したサイクロンが太平洋を渡って日本に接近しています。台風と認められる勢力のままアジア海域まで到達した場合、このようなものを「越境台風」と言うそうです。(台風17号となりました)

そのような状況のため、帰りの予定を12~13日としていましたが、毎日天気予報を見ながら、予定通り決行するか、予備の1日分遅らせるか考えていましたが、予定通り決行することにしました。

20時に新門司港出港なので、実家を15時頃に出れば良いかと考えていましたが、急に雨雲があちこちに発生し始め、雷鳴も聞こえてきました。時間は既に13時を過ぎており、時間がたつにつれてさらに状況は悪化すると踏み、大急ぎで支度して13時半頃実家を出発しました。

ところが、実家を出てすぐパラパラと大粒の雨が落ちてきました。幸い、実家周辺ではさほどではなく、少し濡れた程度で済みました。

が、太宰府ICを過ぎ、福岡ICを通過したところで大雨。古賀SAの手前でビショ濡れになってしまいました。
c0147448_19151919.jpg
降雨エリアを抜けたので古賀SAに避難して天日干し。
汗拭き用に持っていたセームタオルがウエアの水気取りにいい仕事しました。

なんとか着られる程度になったところで再スタート。あとは風と熱風が乾かしてくれるはず。と思ったら、さっきの大雨で気温が下がってます。涼しいんだけど複雑な気分w

それでも、新門司ICのすぐ手前にある吉志PAについた時はほぼ乾いていました。
c0147448_1919164.jpg
17時頃、新門司港に到着しました。
c0147448_1920785.jpg
阪九フェリー新門司港ターミナルの神戸行の建物はこんなのです。
c0147448_19205030.jpg
なんかすごいですね。
建物内に由来が掲示してあり、平城京の「大極殿」をモチーフにして建造されたそうです。
詳細はこちら。(画像クリックで拡大)
c0147448_19225368.jpg
なるほどね。しかし、周囲の景観から完全に浮いているというか・・・(苦笑)

19時頃乗船しました。
c0147448_19243125.jpg
今日の走行距離183.9km

部屋に荷物を置いたらすぐに風呂。学生の団体も乗船していましたが、今日はまだ空いていました。

さてさて、明日は神戸から自宅まで8時間500キロ。天気がかなり不安ですがどうなるか。。。
c0147448_19273668.jpg

by group-a | 2018-08-12 23:59 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
高専だご~観光~焼肉
「高専ダゴ」を食べに行こう、っていう話になっていました。

高専ダゴとは、要するにお好み焼きです。

九州のある地域では団子を「だご」と言います。

例えば熊本では、ふかしたサツマイモとあんこを小麦粉をこねて作った皮で包んで蒸し上げた郷土のおやつが「いきなりだご」、小麦粉をこねて適当に丸めたものを味噌煮込みなどしたものが「だご汁」です。
ただ、熊本でも「お好み焼き」を「ダゴ」と呼ぶことは無いと思いますが、小麦粉成分てんこ盛りのレシピであることから「ダゴ」と呼ばれるようになったらしいです。
あと「高専」の部分は、大牟田市にある有明工業高等専門学校の近くにある店にあったお好み焼きが高専の学生たちに喜ばれ、学生の食欲を満たしていたことから、いつしか「高専ダゴ」と呼ばれるようになったそうです。

ということで、8月11日、行ってきました、新みつや荒尾本店。
c0147448_1650198.jpg
こちらがメニュー。
c0147448_1650134.jpg
ここはスペシャル一択です。スペシャルは大人3人前程度の量で、3人で行ったのでちょうど良いです。

キター!
c0147448_1655387.jpg
超特大のお好み焼きは、チリトリぐらいの大きさの専用返し器具がありますが、お店の人が焼いて出来上がりを出してくれるので、自分でひっくり返して無残なバラバラダゴにしてしまうリスクはありません(笑)
スペシャルは焼きそば麺も入っていて、炭水化物MAX。
3人であっという間に完食しました。

今夜は熊本市内で飲みかたの予定ですが、それまでだいぶ時間があるので、近場で名所の観光などしてみました。

まず、三池炭鉱の万田坑跡に行きました。
c0147448_1715988.jpg
炭鉱主はあの伊藤伝右衛門。
NHKの朝ドラ「花子とアン」で蓮子(仲間由紀恵)を嫁に取った九州の石炭王、嘉納伝助(吉田鋼太郎)のモデルになった人物です。
この史跡はユネスコの世界文化遺産に登録されました。
c0147448_1795458.jpg
現存する史跡はほとんど廃墟ですが、巻揚機室にある機械は程度良く保存されていました。
c0147448_17133244.jpg
c0147448_17134048.jpg
お次は、蓮華院誕生寺 奥之院。

よく通る道の途中にあるお寺ですが、今までこんなお寺があるなんて知りませんでした。
境内には土俵があり、九州場所が始まる時には横綱土俵入りがここで行われるそうです。
c0147448_17171861.jpg
広大な境内には五重塔や世界一の大梵鐘、大仏像などがあります。ちなみに、本堂は五重塔の一層にあります。
c0147448_17185664.jpg
c0147448_17232391.jpg
c0147448_17233329.jpg
この猛暑の中、想像以上に広い境内を歩いて回っているうちに汗だくになってしまいました(;´∀`)

観光はここまで。夜にはまだちょっと早いですが、熊本市街に移動し、2時間ほど時間つぶしして、お待ちかねの焼肉!
c0147448_17282960.jpg
冷えた生ビールで乾いた喉を潤し、いつもの特選セット!
c0147448_17291013.jpg
超ウマです!!
c0147448_17301759.jpg
さらにご飯にオン!!!
c0147448_17302381.jpg
まろやか丸腸でファイヤー!!!!
c0147448_1731423.jpg
至福のひとときでした。

このあと、おでん屋、カラオケとハシゴしましたが、今日は午前中からたっぷり遊んだので、今夜は早め、23時半ごろにお開きになりました。

いつも付き合ってくれてありがとう!
by group-a | 2018-08-11 23:59 | できごと | Comments(0)
バイク九州帰省 往路後編 2018年8月5日
フェリーは個室を予約したので夜はよく眠れました。

5時20分の外の様子。
c0147448_14264850.jpg
新門司港到着時刻は8時30分なので、まだだいぶゆっくりできます。

ゆっくり部屋で荷造りと着替えをして、朝食を食べ、8時過ぎにロビーで到着待ち。
ロビーのテーブルで同席させてもらった車椅子の女性といろいろお話で盛り上がりました。若い頃にバイクに乗っておられたそうで、その件でもいろいろお話できましたが、今現在もお仕事で年中忙しく飛び回っておられるそうで、いいお話を伺えました。

さて、8時30分となり下船です。

新門司インターの手前で給油し、これから知人との待ち合わせ場所に向かいます。
c0147448_14345364.jpg
九州道基山PAで小休止していると、LINEに連絡が入っていました。既に大分道の山田SAで待っているとのこと(笑)
大急ぎで再スタートしました。

今日はGSX-Rで来てくれました。バイクで一緒に走るのも今回が初めてです。日田ICで降りて阿蘇を走りました。
c0147448_14382283.jpg
超ピカピカで新車みたいなGSX-R1100です。
残念ながら今日は少し不調だったようで、気持ちよく走れなかったようです。

お昼は小国のお蕎麦屋さん「吾亦紅(われもこう)」
c0147448_14402775.jpg
人気のあるお店らしく、S先輩おすすめの店みたいです。
c0147448_1441616.jpg
こちらを注文。
c0147448_14412051.jpg
あたたかいおつゆにはあか牛の肉が入っており、肉汁の旨味が出たおつゆも蕎麦によく合って美味ですが、肉も噛みしめると旨味が出てきて美味しかったです。
食後、しばらくまったり会話をして過ごしましたが、このあとは猛暑のため、阿蘇のミルクロードを走ったあと、早々に切り上げとしました。

ZG先輩、遠いところお付き合いいただきありがとうございました。

14時半ごろ、実家到着。
c0147448_14453997.jpg
バイクでの総移動距離829km、今日の走行254km

給油3回
給油量16.57L、走行距離391.9km、燃費23.65km/L
給油量8.51L、走行距離187.2km、燃費22.00km/L
給油量11.99L、走行距離249.4km、燃費20.80km/L
by group-a | 2018-08-05 23:59 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
バイク九州帰省 往路前編 2018年8月4日
2012年7月を最後にバイク帰省を中止していましたが、今年はやりました。

8月4日から5日にかけて、神奈川県の自宅から神戸まで自走、六甲アイランド港から新門司港までは瀬戸内海を航行する阪九フェリーで一夜を過ごし、翌朝九州上陸です。
神戸を20時出港なので時間的にかなり余裕があり、自宅出発は少し遅い時間でも大丈夫そうですが、気温のほうが全然大丈夫じゃないので、朝早く出発して宮ヶ瀬に寄り、そのまま神戸に向かうことにしました。

6時出発。
c0147448_13405736.jpg
関東から神戸まで、途中経路になる地域の天気はバッチリ、すごく暑くなりそうですが、雨に降られる心配が無いのが何よりです。
c0147448_1644393.jpg
宮ヶ瀬で1時間少々過ごし、水分補給して再出発しました。

今回は東名高速ではなく、中央道で西へ向かいます。全距離では東名より3~40キロほど遠いですが、長野あたりでは涼しいのを期待します。

ということで、中央道相模湖ICから高速道路に乗り、9:10頃、一気に諏訪湖SAに到着。
c0147448_1651720.jpg
c0147448_1654022.jpg
時間もまだ早いし高地でもあるので涼しいですね。諏訪湖を出て岐阜県に入るまではやっぱり涼しかったです。
諏訪湖から南に下る、中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那・駒ヶ根を走っているうちに猛烈な眠気に襲われました。この調子で体の力がフッと抜けたら危ないので、下伊那の阿智PAに逃げ込み、冷たいものでリフレッシュしました。
c0147448_166130.jpg
再スタートして、岐阜県に入ったあたりからなんとなく暑くなってきた気がしました。

お昼は琵琶湖のほとりでうな重でもと思っていましたが、時間が遅くなりそうだったので、途中のEXPASA多賀でファーストフードで済ませちゃいました。いちおう、近江牛が使われたものにしましたが(笑)

ということで、琵琶湖に着いたのは2時半でした。
c0147448_1662445.jpg
滋賀県だと近江牛料理がやっぱりメインなんですね。うな重は端っこにチョコっと置いてありました。ランチタイム限定というわけでもないし、我慢しておけばよかったかな。

大津を出ればすぐに京都、そしてあっという間に京都は通過し、大阪に入りました。
神戸に着く前に、西宮でちょっと寄り道をして、再び神戸へ向かい、5時頃に六甲アイランド港に到着しました。
c0147448_1665492.jpg
一般車両の乗船は18:45頃かららしく、1時間半ぐらいは殺風景なフェリー乗り場で過ごさなければなりません。
と、しばらくすると大勢の子供達の団体が入ってきて超にぎやかになりました。

六甲アイランド港の周辺、貨物置き場や倉庫のようなものばかりですが、コンビニはちゃんとあるんですね。乗船時刻間際にコンビニがあることに気づいたので、急遽買い出しに行き、帰ってすぐに乗船時間となりました。19時過ぎでした。
c0147448_1671472.jpg
c0147448_167387.jpg
今日の走行は575kmでした。

乗船後、部屋に荷物を置き、着替えをして、取るものも取りあえず風呂です。
c0147448_1680100.jpg
展望大浴場は既に満員で洗い場待ち。なんとか汗を流し、やっと一息つけました。
c0147448_1681669.jpg
部屋に戻り、心待ちにしていた缶ビールを開け、コンビニ弁当で夕食(笑)
c0147448_1683465.jpg
このあと、おつまみでさらに2本空け、早々に就寝しました。
by group-a | 2018-08-04 23:59 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)