人気ブログランキング | 話題のタグを見る

何にもない日記 may4.exblog.jp

バイクとクルマと趣味と物欲の、何にも「なら」ない日記ですよ。GSX1100S KATANA、RGV250ガンマ、NSR250R、ランサーエボリューションなんかを取り扱っております。


by group-a
引き続きリアブレーキのメンテナンスに取り掛かります。

まず、パッドピンを抜いてスプリングを取り除きますが、ブレンボのカニキャリパーはキャリパーを外さないとパッドが取れません。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13151814.jpg
なんか、よだれ垂らしたような汚れがついてます。。。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13152044.jpg
ウェッティではなく、また、ホイールに垂れた跡もないためフルード漏れとは断定できませんが、注意が必要です。
あとで写真を見て気づきましたが、パッドには水滴がついていました。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13152219.jpg
ピストンが当たっているところが円形に湿っています。フルード漏れなのか、それとも最近雨が多いので結露かバイクカバーから染みた雨水か?

リアブレーキパッドの厚みは4ミリ、ブレーキディスクの厚みは5ミリでした。

キャリパーのピストンの動き具合はまぁまぁかな。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13152410.jpg
キャリパーとパッド、パッドピンは清掃し、グリスアップして組み直します。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13240513.jpg
パッドスプリングはブレンボ純正品から社外のスプリングに替えています。
Amazon.co.jp | JSM Brembo 2POT 84mmピッチキャリパー用 ステンレスパッドスプリング ブレンボ新、旧カニキャリパー適合

パッドピンはN PROJECTのMタイプ、またはCタイプの1本を使います。ほか、内径4ミリ・厚さ1ミリのプラワッシャーと、厚さ0.2ミリのシムを使います。

キャリパーにパッドを入れたらひっくり返して左手で包むように持ち、中指と人差し指でパッドが落ちないように支えます。
JSMのパッドスプリングを写真のように置きます。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13240965.jpg
スプリングの巻いてあるところを左手の親指で押しながらパッドピンを差し込みます。スプリングを押さえる指が痛いし、パッドピンがなかなか通らないですが、なんとかします。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13330839.jpg
パッドピンのベータピンを挿す穴がキャリパーボデーから少し離れています。このままではピンが正しく固定できません。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13331338.jpg
ここに、1ミリのプラワッシャーと0.2ミリのステンレスシムリングを入れます。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13331599.jpg
これでベータピンの穴と揃いました。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13331692.jpg
1ミリ程度の隙間ぐらい問題ないのでは?と思われるかもしれませんが、パッドピンが1ミリ抜けると反対側が大きくガタつくため具合が悪いのです。
ベータピンを挿せば取り付け終了。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13331895.jpg
ブレンボ純正のカニ用スプリングは取り付けにくいし、パッドピンを固定するだけでパッドはカタカタ遊びます。
このスプリングであればパッドピンとパッドの間に適正なテンションをかけ、かつ、パッドが開く方向にもテンションをかけるので、こちらのほうが理にかなっていると思います。
但し、パッドの摩擦材側面を直接押さえているので、スプリング線材の太さ分以下の厚みまで使い切ってしまうとスプリングとディスクローターが干渉することになります。パッド交換は早めに行う必要があります。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13394237.jpg
Amazon.co.jp | JSM Brembo 2POT 84mmピッチキャリパー用 ステンレスパッドスプリング ブレンボ新、旧カニキャリパー適合

カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13432663.jpg
続いてフルードの入れ替えもやります。
昨日、リアのフルードも入れ替えましたが、少量だけ残っていたフルードを使ったら色が少し黄色くなっていたので、やはり新しいフルードに入れ替えます。

ついでに、リアのリザーバタンクホースを留めているホースクリップが錆びているので塗装されているものに交換します。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13452559.jpg
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13452750.jpg
キジマの12Φホースクリップです。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13463888.jpg
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13464073.jpg
リザーバタンクホースを透明なものに取り替えてから2年半以上が経ちましたが、黄色や褐色に変色したり曇ったりすることもなく、また、ひび割れや硬化などの変質も起こっていません。材質が何なのか知りませんが、見た目だけでなくなかなか優秀です。
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13473839.jpg
カタナ、車検前整備その2(リアブレーキ)_c0147448_13473997.jpg
フルード入れてエア抜きしてリアブレーキのメンテナンスは終了です。

# by group-a | 2024-06-03 13:59 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
神奈川県、今日は夜半から明け方にかけてザーザー降りの大雨でした。

昨日は終日まぁまぁ持ったものの、今日は不安定な天気で午後にもまた雨になるらしいです。
8時過ぎには晴れてきて路面も乾いたので10時頃に自宅を出て宮ヶ瀬に向かってみましたが、宮ヶ瀬湖周辺だけ雨が降っていました。典型的な山間部の天気ですね。ポツポツ来たあたりで即座にUターンして帰宅しました。

自宅のあたりは弱いながら日差しもあり、わりと涼しいので今月末に車検を控えたカタナのメンテナンスに着手することにしました。まず今日はブレーキ。(午後から雨なのに、そんな日にブレーキやって大丈夫なのか?)
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14561808.jpg
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562071.jpg
今日のところはフロントブレーキの点検、キャリパー掃除とフルード交換をやろうと思います。

キャリパーからブレーキパッドを取り外し、ピストンの動き具合を見ます。
パッドはまだ然程減っておらずピストンは奥まで押し込まれた状態でしたので、そこからブレーキレバーを操作してピストンをどんどんせり出させます。この時の出具合が均等かどうか。

左は概ねバランス良かったです。さすがブレンボ。
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562213.jpg
右はちょっと動きが悪くなっていましたが、純正キャリパーのときのようにピストンのどれか1つ(特に小さい方)が固着するようなことはありませんでした。
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562363.jpg
今回はこのまま戻しました。頃合いを見てピストンを外しての掃除はやったほうが良さそうです。

パッドの厚みは右が約4.3ミリ、左が約4.5ミリ、ブレーキディスクの厚みは安物のプラスチック製アナログノギスの精度では新品時の5ミリからの差はほぼ見て取れないレベルでした。

パッドのピストン当たり部分にシリコングリスと、パッドの側面のキャリパーボデーに当たるところにスレッドコンパウンドを塗り、パッドピンにもスレッドコンパウンドを薄く塗って元通り組みます。
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562438.jpg
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562611.jpg
あとはフルード交換ですが、どうせなら前後とも、と思ってリアもフルード交換だけ先にやることに。(やめておけばよかった)
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_14562843.jpg
リアのエア抜きが終わったところで雨が降ってきました!

まだポツポツだったので大急ぎでフロントもエア抜きまでなんとかやり終えましたが、写真など撮るヒマもなくバタバタでした。
やっぱこうなるよね。

そもそも雨が降るとハッキリ予想されていて、空も暗くなってきたのになんでブレーキメンテナンスやるのかって話です(笑)
車検が6月下旬以降とうこともあって雨がちな時期にやる羽目になるというのはあるんですが、それはそれとしても、雨が近づくとブレーキメンテナンスをやりたくなる、という謎心理。病気でしょうか?

ところで、フロントフォークのアクスルブラケットのピンチナットを純正指定の普通の六角ナットからキャップナットに取り替えています。
カタナ、車検前整備その1(ブレーキメンテナンス)_c0147448_17243082.jpg
併せて、ワッシャとロックワッシャも同じステンレスの黒のものにしています。
見た目も良いし、スタッドボルトの錆防止にもなります。スタッドボルトにはスレッドコンパウンドを塗っておきました。


# by group-a | 2024-06-02 15:15 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
今期オンエアのアニメで最もハマっている作品です。

今期は他に、鬼滅の刃 柱稽古編、宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち、響け!ユーフォニアム3、うる星やつら、ゆるキャン△3、転生したらスライムだった件3、を見ています。
こうして挙げてみると結構な数ですね(僕基準では)。

中でも一番ハマってしまったのが題名と冒頭に書いたように「終末トレインどこへいく?」なんです。

公式サイトはこちら

以下、なるだけネタバレが無いよう留意していますが、今後見る予定の方で一切の先入観を排除したい方はすっ飛ばしてください。

まず、なぜ「終末トレインどこへいく?」を見ることにしたかの理由ですが、ズバリ「終末」と「トレイン」というキーワードの組み合わせに惹かれたからです。
終末戦争とか終末論とかのきな臭いイメージではなく、とは言っても、人類が何らかの災で大幅に数を減らし荒廃してしまった終末世界を、ファンタジックなイメージで描いた絵やその世界観、加えて、僕らが子供だった時代の日本の原風景や当時の記憶を表現したノスタルジックな絵が大好きで、この作品にはそのような世界観の描写があるような予感がしたからです。
新海誠さんや細田守さんの劇場アニメ映画に惹かれるのもそういったところがあるからです。

登場人物のキーパーソンである中富葉香(ようか)が7G事件に巻き込まれ、世界が東京の池袋と西武鉄道池袋線を中心にして大きく狂ってしまったところからストーリーが始まります。
西武鉄道池袋線の駅がある吾野に住む女子高校生たち、千倉静留(しずる)、星撫子(なでしこ)、久賀玲実(れいみ)、東雲晶(あきら)と、秋田犬のポチさん、4人と1匹が2両編成の西武鉄道2463編成で池袋を目指す決心をし、途中の駅でさまざまなトラブルに巻き込まれる、というストーリー展開です。
この記事の時点で9話までオンエアされました。

主要駅ではそれぞれにちなんだ不可思議現象が描かれていたり、周辺の地理やランドマーク、施設を扱ったエピソードを盛り込んでいますので、池袋線沿線事情に思い入れがある方は興味深く見られるのではないでしょうか。
また、女子高校生が鉄道車両を運転するという非現実設定ですが、運転や車両そのものの描写の忠実度も高いので、そういう視点でも楽しめると思います。

特に大泉学園駅の周辺は、作中アニメーション「練馬の国のアリス」の町となる「ネリアリランド」化していて静留たち一行がドタバタトラブルに巻き込まれます。1話限りのエピソードであるにも関わらず、練馬の国のアリスの登場人物であるアリス、スーちゃん、渾沌(こんとん)他、モブキャラに至るまでキャラクター設定が本格的であるのがウケます。

ストーリーは次回10回を控え、いよいよクライマックスの様相。7G事件の真実にどう迫るのか?、囚われの身となっている葉香はなぜ一人で池袋へ行ったのか?、今後の展開が見逃せません。

Amazonプライムビデオ他、各配信サービスで全話見られますので、興味のある方は是非。

# by group-a | 2024-05-31 16:09 | 音楽・映像 | Comments(0)