人気ブログランキング |
タグ:カスタム ( 62 ) タグの人気記事
フロントブレーキホース交換
カタナのフロントブレーキホースを取り替えました。

これまで、U社が企画したホースキットを使っていましたが、純正どおりの接続、配管にすることにしました。
c0147448_2135752.jpg
ステムに3WAYジョイントを固定し、そこから2分岐させたホースをフロントフォークの前側から外側に回し、キャリパーに接続する配管になっています。
ホースの屈曲が少なくて無理がないのが良い点でした。

本当は純正部品のゴムホースに戻すつもりでいましたが、残念ながらファイナルエディション用の左キャリパーにつながるホースだけが廃番になっていて揃えることができませんでした。
仕方がないので純正ホースと同じになるよう、社外ホースで組むことにしました。選んだのはもちろんGOODRIDGEです。シンプルで純正ルックス、かつ、丈夫なので、個人的にはGOODRIDGEのステンレスフィッティング一択です。

マスターシリンダーから3WAYジョイントまでのホースはそのまま使います。長さも大丈夫そうです。
フルードを抜いて3WAYジョイントから下を全て解体し、ステムに純正のジョイントを取り付けます。
c0147448_21134688.jpg
ホースは捨てちゃいましたが、これは大事に取っておいてよかったです。

バンジョーアダプターは、ジョイント側は45度右または左ひねり、キャリパー側は20度のものです。ホース長は460mmです。純正ピッタリの長さのものは無いので、純正より長いもので最も近いのが460mmでした。15mmから20mmぐらいオーバーですかね。

ジョイントから下がけっこうな屈曲になるので、ホントにこれで良かったのか?って不安になりましたが、とりあえず装着完了です。
c0147448_21244354.jpg
マスターシリンダーからジョイントまでは、このように無理のない配管にできました。
c0147448_21252792.jpg
ハンドルを左右いっぱいに切るとホースがオイルクーラーに当たるので、バンジョーアダプターとホースの締め込み具合を調整し、ホースにひねりを与えることで干渉を回避しています。
c0147448_2127229.jpg
c0147448_21271166.jpg
走行中、フロントフォークが沈むとホースの屈曲がより大きくなりますけど、走行中にフロントフォークが沈み込む状況でフルステアをすることは無いので大丈夫でしょう。ホース、オイルクーラー両方の保護のため、ホースにはスパイラルチューブを装着しておきます。

キャリパーのブリーダーボルトは5月に新品に替えたばかりなのに、もうサビで汚くなりました。今のメッキは弱くてどうしようもないです。
ネジ部にはフルードの滲み防止のためシリコングリースを塗り込みます。
c0147448_21295312.jpg
フルードを注入し、エア抜きして完成です。
c0147448_21325325.jpg
ホースの屈曲があんまり酷く感じたので、ホース長を誤ったかなとかなり不安になりましたが、Gooバイクでノーマル状態の写真を見ると同じような感じだったので大丈夫でしょう。
53,434km時点での交換でした。
c0147448_21352457.jpg
ここで一旦作業をやめて撤収し、時計を見ると2時をちょっと過ぎたところ。NSRでちょっとそこまで行ってきまーす。
c0147448_21365816.jpg
帰ってきてからの続き。

エアクリーナーボックスリッドのパッキンを交換します。
c0147448_2139552.jpg
もともとのスポンジがベトベトボロボロになっていたので、2016年12月にホームセンターで買ってきたEPDMスポンジテープに替えました。
ボックスの縁で押さえつけられている部分がぺちゃんこになっています。これでも機密を保ってくれているとは思います。
c0147448_21443197.jpg
EPDMスポンジテープ自体は劣化しておらず、剥がすときに引っ張っても千切れることなくきれいに取れました。
今回はモノタロウで購入したEPDM発泡タイプの気密パッキンテープ(厚み5mm、幅10mm)を使ってみます。2mあって200円弱でした。

ノーマルより発泡の目が荒いですが、おそらく大丈夫でしょう。発泡タイプは曲げの部分でもシワにならなくて見た目良好ですね。
c0147448_21453816.jpg

by group-a | 2019-10-20 22:01 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
キックスターター・レバー取り付け
キックスターター・レバーの比較と取り付けです。

まず、後方から見た出っ張り具合を比べます。

VJ21Aノーマル
c0147448_2234925.jpg
VJ22Aショート
c0147448_224450.jpg
VJ22Aショートはだいぶコンパクトですね。合成写真で比べます。
c0147448_2244524.jpg
続いて収納した状態で真横から見ます。

VJ21Aノーマル
c0147448_2254614.jpg
VJ22Aショート
c0147448_2255937.jpg
VJ22Aショートはカウルの縁に沿うようなカーブで、コンパクトなだけでなく見た目もいいですね。
c0147448_2272321.jpg
但し、レバーを出す時にカウルにだいぶ近い位置を通るため、足を掛ける部分を持って出すと手がカウルに当たってしまいます。手が当たらないような持ち方をしなければならなくなりました。まぁじきに慣れるでしょう。
c0147448_22102290.jpg
さて、肝心の使用感ですが、やはり、回転半径が2センチ小さくなっただけでは大差ない感じでした(笑)
足を掛ける部分がステップペグやブレーキペダルのすぐ近くを通るので、かかとがそれらに当たらないようにちょっと気を遣う感じもあります。ショートタイプでは仕方ないですね。
何かと干渉することは無いので、実用上問題は無さそうです。
by group-a | 2019-02-08 22:26 | RGV250ガンマ | Comments(0)
クラッチレバー・ホルダー
これ見つけました。

違いは・・・

"GSX-S" のロゴが無いこと

レバーレシオを3タイプから選べること
レバーレングスを3タイプから選べること(ブレンボレバーキットもあり)
マイクロスイッチがついていること
カラバリを楽しめること

こちらは値引きもあるのでおトクですw
c0147448_21572387.jpg

c0147448_2205485.jpg

c0147448_22102353.jpg

c0147448_2215453.jpg

c0147448_2216456.jpg

by group-a | 2018-09-25 22:06 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
フロントメーターブラケット取り付け
やっぱり天気が悪いです。

昨日も雨で、夕方以降は雨は上がって路面もだいぶ乾いていましたが、西からまだ秋雨前線の雨雲が流れて来ているのでどうなるか。
明けて土曜日の朝4時。かろうじて雨は降っていません。路面も乾いています。ということで出撃してみましたが、やっぱり細かい雨が降ってきました。相模川の手前でUターン、帰宅です。
c0147448_183872.jpg
今日はこれでおしまい。
帰宅後しばらくしたら小雨も止んできたので、お昼前から作業に取り掛かりました。

今日はオオノスピードのフロントメーターブラケットを取り付けます。
c0147448_18403416.jpg
カタナの油温を見るため、ヨシムラ・デジタルマルチテンプメーターを取り付けたのは、ちょうど10年前の2008年9月23日。
左のミラーに共締めで汎用メーターブラケットをつけ、そこに面ファスナーでつけていました。
c0147448_18463658.jpg
斜めにはなっていますが、視認性には問題なく、不格好であることを気にしなければアリっちゃアリでした。

これで10年近くこのままで来ましたが、ユニコーンのイージークラッチホルダーでミラー共締めにすると位置が高くなってさらに見た目が悪くなったので、以前から構想していた、ステアリングダンパーのブラケットを使ってフロントフォークに付ける方式に大改造しました。
c0147448_1854513.jpg
c0147448_18545996.jpg
見た目がずいぶん良くなりました。

しかし、メーターブラケットは汎用部品、ステダンブラケットは用途外で、これらの組み合わせではなかなか思ったとおりにはなりません。
ハンドルバークランプ、クラッチレバーホルダー、トリップメーターノブとの位置関係から、取り付けに余裕がない、他のものと干渉する、ディスプレイが見づらい、などの問題があり、メーターブラケットとテンプメーター本体をだいぶズラして貼り付けなければなりませんでした。
これでもまぁギリギリの線で使えるレベルでしたのでこのままで行くつもりでした。

ところが、クラッチレバーホルダーをオオノスピードのものに取り替えたときに、クラッチケーブルと思いっきり干渉してしまいました(笑)

やむを得ず、フロントフォークを8ミリ突き出していたのでトップブリッジ上に移設しました。
c0147448_19144528.jpg
c0147448_19145372.jpg
フロントフォークの突き出しは、足回りを調整してもらったときに8mm突き出しでセットアップしてもらいました。
たまたま突き出し量がピッタリだったのでほぼツライチで付けられたに過ぎず、見た目もイマイチ、イマニ、イマサンなのでどうしたものかと新たな悩みのタネになっていました。

そんなときに絶妙のタイミングで発売予告が出たのが、オオノスピードのフロントメーターブラケットでした。もう即決で注文してました(笑)

ということで前置きが長くなりましたが、取り付けです。
c0147448_1923611.jpg
メーターユニットを取り外し、メインキースイッチを取り付けている2本の皿ネジを外し、メーターブラケットをサンドイッチする形で、添付の長い皿ネジを使って固定すれば完成。
c0147448_19231695.jpg
メーターユニットを車体に取り付ける作業をしている最中、メーターカバーを固定するビス(3本のやつ)を1個地面に落としてしまい、どこに行ったかわからなくなりました。
c0147448_19254793.jpg
小さいネジやナット、ワッシャーなどを地面に落とすと、コンクリートなどの色に溶け込んでホントわかりません。落下した位置の周りにあるかと思えば、跳ねて転がってとんでもない場所で見つかったなんてことも。

ネジ探しで作業中断。地面に這いつくばって目を皿のようにして、かなりの時間かかって、やっと見つけました!
c0147448_19285798.jpg
見つかって良かったっていうより、もうね、どっと疲れます(苦笑)

やっと完成です。
c0147448_19313096.jpg
c0147448_19313660.jpg
けっこうギリギリのクリアランスで攻めてますね。
c0147448_19315653.jpg
イニシャルアジャスターノブと相性悪いですが、ギリギリ許容範囲。イザとなればノブを取っちゃいますんで。
テンプメーター取り付けの長い旅もやっとこれで終着駅に着けた気がします。
あとはテンプメーターの配線の這わせ方に改善の余地があるので、次の課題とします。
c0147448_1938052.jpg

by group-a | 2018-09-22 19:42 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
終着点になるか
SNSで新商品の発表を見て、発売日当日に注文しました。

今まで試行錯誤してきましたが、それでも「完全」な「完成」と言える域とは言えませんでした。

専用設計で製作されたこのパーツ、早く取り付けしたいです!
c0147448_23451832.jpg

by group-a | 2018-09-19 23:48 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
クラッチレバー・ホルダー交換
三連休初日の昨日は朝からずっと雨でした。

関東は夕方には雨が上がったものの、夜遅くまで秋雨前線の雨雲が流れてきていました。
c0147448_18125418.jpg
長野県南部の雨雲は南アルプスでせき止められて山梨県には入って来れていなかったので、期待半分で就寝。

翌朝。
c0147448_18244187.jpg
外を見てみると路面もほぼ乾いていたので、バイク出撃の準備。
c0147448_19134582.jpg
5:15、気温21.7度、湿度76%
暑いってほどではありませんが、ちょっと蒸します。今日もメッシュ上下で。

市街地の路面はほぼ乾いていたので問題ありませんでしたが、相模川に向かって下るところから路面は半ウエットに。
馬渡橋を通過して国道413号線に出たところでヘルメットのシールドが霧雨の水滴で一杯になりました。霧雨か雲か、セブンイレブンで一旦停止してちょっと考えましたが、停まっているとさほど雨を感じないので、もうあとちょっと、先に進むことにしました。
c0147448_19211371.jpg
c0147448_19212129.jpg
c0147448_19213050.jpg
どんよりしてヤな天気ですね。低く垂れ込めた雲と鏡のように静かな湖面、風情はありますけどね。

帰宅後、まずマフラーを取り外してエンジンの前面を洗います。
c0147448_19263725.jpg
先週のオイル交換のときに、ケミカルを使ってエンジン洗浄をしましたが、十分に流さなかったために、残った薬剤がエンジンの熱で焼けてイヤなにおいを立てていました。また、汚れと乾いた薬剤が固着して却って汚くなってしまいました(汗)

ブラシで水洗い。あらかた洗い流せたと思うんですが・・・
c0147448_19322091.jpg
さて、次は今日の作業の本番。
c0147448_1934813.jpg
4月28日に取り付けたクラッチレバー・ホルダーですが、5か月も経たないうちに新兵器に交換しちゃいます。

と、レバーからワイヤーを取り外したところで問題発見。
c0147448_19354313.jpg
タイコにかぶさっているカバーが千切れていました。ケーブル自体は無問題なんですが、コレをこのまま新しいレバーにつけるにはちょっと、なので、買い置きのクラッチワイヤーに取り替えることに。
c0147448_1948241.jpg
ワイヤー交換のためにタンク外したりして余分に時間がかかってしまいましたが、新しいクラッチレバー・ホルダー、取り付け完了です。
c0147448_19492948.jpg
オオノスピードのライトクラッチホルダーです。
ハンドルバークランプはブレンボのRCS用ミラーホール付きのものにしました。
c0147448_201512.jpg
2WAYクラッチレリーズアームは、ひとまず短い方にセットしました。
c0147448_20304.jpg
ひととおり組み付けと調整を終え、レバーを引いてみると、激軽です。取替前のものとどれぐらい違うのか、計測とかしていませんのであくまでも感覚ですが、軽いです。
もともと軽くて、カタナのクラッチレバー操作で左手が疲れることなどなかったので実用上全く問題なかったんですが、クラッチ操作は軽いのに越したことありませんもんね。

さて、レバー操作の軽さを実感したところで、次にレバーの形状。
c0147448_20101996.jpg
指がかかる部分はレバーを引いた時に、指に何キロもの重さがかかるので、ここの形状がけっこう大事です。
当然、Rがついて指への当たりが優しくなるように加工されていますが、交換前のU社のものはこのRが意外と小さく、指当たりがちょっとキツかったです。
c0147448_20143333.jpg
新しいもののほうが少しRが大きくなっていますね。
ただ、両者とも上下のRの間は平面となっています。

U社のものを付ける前は純正ホルダーにアントライオンのビレットレバーをつけていました。これがとても秀逸で、指の負担が非常に軽かったです。痛みを全く感じない形状でした。
c0147448_2029295.jpg
よく見てみると、上から下まで、削る角度を変えながらなだらかにRがつけられており、平面が無いです。(厳密には多角形で曲面を擬似しているので幅の狭い複数の平面で成っています)
c0147448_20291186.jpg
クラッチレバーは引きの重さ軽さに関心が行きがちですが、指当たりの良否も重要だと僕は思います。
握力は大丈夫なのに指が痛くなってレバー操作が苦痛になったら何にもなりませんもんね。
by group-a | 2018-09-16 20:41 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
クラッチレバー・ホルダー交換
3年半近く前に買ったカタナ用のクラッチレバー、やっと交換作業です。

これまでノーマルのレバーホルダーにアントライオンのビレットレバー(国内仕様専用)を組み合わせて使っていました。
c0147448_16462325.jpg
これで特に不都合が無かったので今までそのまま使い続けてきたわけですが、買ったまま使わずに取っておくようなものでもないし、交換を決心しましたw。
レリーズアームもロングタイプで、これで十分な軽さでしたが、レバー交換で何か変わるかな?
c0147448_1649649.jpg
交換作業は昨日やりました。

ハンドルバーエンド、グリップ、スイッチボックス、ミラーを取り外し、クラッチレバーアッシを取り外しました。
c0147448_16512557.jpg
用意したパーツはこちら。
c0147448_1652698.jpg
ユニコーンジャパン イージークラッチホルダーKIT 25,920円(特価)
SUZUKI純正部品 58273-31000 ブーツ,クラッチケーブル 140円

Webikeへのリンク
ユニコーンジャパン UNICORN JAPAN/イージークラッチホルダーキット

ポン付けです。元通り組んで完了。
c0147448_16554369.jpg
今までと比べて操作感は・・・

気持ち軽くなったのかな?
ぶっちゃけ、もともとが軽かったので劇的な変化はありませんでした(笑)

ブレーキレバーもクラッチレバーも、油圧/ワイヤーどちらの場合でもたいてはレバーの支点は丸棒のシャフトが入っているだけですが、このホルダーはベアリングが入っているので、作動がスムーズではあります。クラッチレバーは軸に大きな負荷がかかるので、ベアリングによる恩恵はあるのでしょう。

レバー交換が終わったあと、軽く点検なんぞ。

点検ではないですが、先日、K&Nから交換した純正フィルター。
c0147448_179742.jpg
アッパーカウルを外したので光軸調整。フロントフォーク突き出しで前下りになっているので光軸も下を向いていました。
いつもの目に悪い目視法でハイビームを水平に調整しました。

ちなみに、上下調節のときに緩めるネジのプラナットは砕けていませんでした。
c0147448_17124210.jpg
そして今日、宮ヶ瀬まで試走がてらひとっ走り。
c0147448_17194995.jpg
レバーの操作感は良好ですが、レバーの指が当たる部分の角の"R"が少しキツめで指に軽い痛みがあります。アントライオンが絶妙な"R"だったので残念です。長く運転したときに耐えられるかどうかですねぇ。

帰宅後、ガンマの準備作業です。
c0147448_17201343.jpg
昨日も今日も猛烈な強風が吹き荒れて、自宅の作業場(じゃなくて通路)は風の通り道になっているので猛烈な風の中での作業を余儀なくされました。

砂も飛んでくるし、パーツクリーナーのスプレー缶は倒れるし、ウエスは飛んでいくし、ツラい作業でした。
by group-a | 2018-04-29 17:25 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
GSX1100S マグネシウムヘッドサイドカバー / アルミエンジンカバー
ヨシムラさんに感謝!

最近カタナに関すること、全く書いてませんね。今年は車検なのでもうしばらくしたら各部点検・メンテナンスを始めるつもりです。

で本題。

先週末のこちらの記事でグッドニュースが入りました!

YOSHIMURA BLOG

だいぶ前にヨシムラから発売になったマグネシウムエンジンカバー、カムカバー。これらが当時の意匠のまま復刻され発売されることが発表されました。
YOSHIMURA 1135Rにも取り付けられ、一般販売もされた商品でしたが、販売終了後に中古品が高値で売買されるお宝パーツとなり、さらにコピー品と思しき物まで出回るようになるなど、異常な状況になりました。

マグカバーの復刻はGSX-R750/1100用のものが先に実現し、SNSで発表されたときは、僕もですが、多くのカタナファンから熱いリクエストが上がっていました。

5月・6月に発売予定の商品の予価は、マグネシウム合金製のヘッドサイドカバーが23,000円(税別)、アルミ合金製のエンジンカバーが18,000円(税別)と、オリジナルよりはだいぶ高額となりましたが、今回は当時の風合いを再現しつつも耐腐食性を向上させているとのことですし、中古品を4万も5万も出して買うより、ましてニセモノに手を出すより、絶対に復刻品を買うべきでしょう!

Webikeでの購入はこちら
YOSHIMURA ヨシムラ/アルミエンジンカバー YOSHIMURA
YOSHIMURA ヨシムラ/マグネシウムヘッドサイドカバー YOSHIMURA

オリジナルのマグカバーも需要が下がって正常化するかもしれませんね。
c0147448_15204540.jpg

by group-a | 2018-04-01 15:23 | GSX1100Sカタナ | Comments(0)
オイルクーラーコアガード交換
月曜日は海の日、3連休というのに金曜日から風邪(?)ひいてました。

3連休は特に予定はありませんでしたが、唯一、土曜日の夜はいつもの仲間たちと暑気払いの飲み会があるので楽しみにしていました。

ところが、金曜日の午後あたりから喉が痛み始めてイヤ~な感覚。その日は定時で上がって安静にしていたのに、土曜日の朝になると喉の傷みが増していて、つばを飲み込むとズーンと痛い。昨夜からロキソニンを服用していたので体温を計ると平熱ですが、なんか熱っぽくもあり。
結局、土曜日の朝のうちに飲み会は欠席することにしました。残念無念。

連休なか日の日曜日、喉はまだ痛いです。でも、気分はけっこういいので、体を動かして汗をかくと吹っ飛ぶんじゃないか?と勝手に考えてバイクで出発。
c0147448_18424464.jpg
湿度が高くて蒸しますが、まぁまぁ涼しかったですね。風邪で気分が悪くなることもなく、楽しく過ごせました。やっぱ宮ヶ瀬いいわ~(笑)

8:30ごろ退散。

今日の走行45km、給油7.85L、前回からの走行距離99.5km、燃費12.68km/L

帰宅後はいつものように買い物を済ませた後、じっくりとバイクいじりアワーです。
今日はカタナ。
c0147448_1846923.jpg
車検の日以来、3週間動かしていないのでバッテリーが弱ってました。取り外して充電。

ところで僕のカタナはファイナルエディションで、新車時は国内仕様の点火系でしたが前オーナーによって輸出仕様の点火系に交換されています。シグナルジェネレータはガバナー進角のアナログ式で、イグナイタはU社の旧ロゴマークがプリントされていますが、品番ラベルを見る限りは輸出仕様SL以降のものと同じですね。
c0147448_18505132.jpg
さて、話がそれましたが、今日のメイン。
c0147448_18521222.jpg
K-FACTORYのオイルクーラーコアガードです。5年前に取り付けました。
c0147448_18532134.jpg
中央部は細かいメッシュで飛び石からのガード力重視、両サイドは大きいメッシュでエアフロー重視と、デザイン性と機能性を兼ね備えた優れたパーツでした。

申し分ないんですが、最近、こんな悪魔の囁きパーツが発売になりましたので、初期出荷分で予約購入しちゃいました(汗)
c0147448_18564387.jpg
はい、ヨシムラジャパンのオイルクーラーコアガードです。
c0147448_18575792.jpg
K-FACTORYのものとほぼ同形状ですね。メッシュの大きさはヨシムラのほうが多く、板厚も2倍程度あります。
c0147448_18591857.jpg
取り付け簡単なのでサクっと取り替え完了、のはずでしたが。
c0147448_1901250.jpg
オイルクーラーを外したついでに、ブラケットを外し、フレーム磨きです。普段は手が入りませんからね、ついでは大事です。
んで、取り付け完了っす。
c0147448_192768.jpg
c0147448_192377.jpg
こうして覗き込むとヨシムラロゴがビッグですが、普通に見ると目立ちませんね(笑)
c0147448_1932156.jpg

by group-a | 2016-07-17 19:04 | GSX1100Sカタナ | Comments(2)
VJ21A LEDヘッドライト化
ガンマのヘッドライトをLED化します。

どうやら今週末は天気の心配をしなくても良さそうです。
今朝は5時頃に起き、6時に自宅を出ました。気温は10度。だいぶ暖かいです。
三増トンネルを抜け、北回りのルート。ふれあいの館のところにある桜は満開。一昨日の雨も耐え、宮ヶ瀬の桜の木はまだまだ見頃です。
c0147448_16451698.jpg
鳥屋の気温は8度。
c0147448_17505050.jpg
今日は久しぶりにお会いした2人を含む8人でした。8時半解散です。

今日の走行53km

帰宅後、昨日届いたLEDライトの取り付け作業にかかりました。

買ったのは「インパクト」が販売するH4/H7対応LEDヘッドライト。

パッケージングはなんと、真っ白い段ボール箱のみ。
c0147448_17544549.jpg
くりぬいたスポンジで詰められています。
c0147448_17554027.jpg
取説は小さな二つ折りの紙片で、説明文(英語)はほとんど無く、図だけ。
c0147448_1757756.jpg
セット内容は、LEDライト本体と、H4/H7アタッチメント、色温度変更フィルム。
c0147448_1758574.jpg
LEDチップは3個です。

まず仮組みします。
c0147448_17585897.jpg
H4アタッチメントをゴムカバーにはめて、
c0147448_17592123.jpg
LEDライトを装着。
ゴムカバーと放熱器(コンバータ部)が密着していて、熱でゴムが変形しないか心配。

ライトへの取り付けは、まず、アタッチメントだけをはめてスプリングで固定します。
c0147448_180585.jpg
そしてゴムカバーをかぶせ、LEDライトを装着すれば完了です。
c0147448_1813488.jpg
アッパーカウルを外したガンマ。この姿、なんとなくレーサーっぽくてカッコいいです(笑)。
c0147448_1837135.jpg
アッパーカウルを取り付けてみると、LEDライトの放熱器にメーターのケーブルが接触しています。
c0147448_18371378.jpg
これだとケーブルが熱でやられてしまうので、タイラップで他の線と束ねて放熱器から離れるようにしました。
c0147448_18372434.jpg
これぐらい離れていれば大丈夫かなぁ。
試しに点灯してみます。
c0147448_18373362.jpg
ハロゲンの黄色い光と変わって真っ白な光です。

ハイビームでしばらく点灯させていると放熱器がかなり熱くなるので、ちょっと心配です。

最後に光軸調整をして終了!
c0147448_18374122.jpg
明日、トンネルの中で照らし具合を確かめてみます。
by group-a | 2016-04-09 18:08 | RGV250ガンマ | Comments(0)