人気ブログランキング |
タグ:三菱自動車 ( 19 ) タグの人気記事
ランエボの歴史に幕
2014年3月28日、三菱自動車がランサーエボリューションの生産を現行モデル限りで終了する方針を明らかにしたようです。

c0147448_16221976.jpg
初代となる「ランサー・エボリューション」が発売されたのは1992年でした。

それまでギャランVR-4で参戦していたWRCへの次の新兵器として、より小型なランサーのボディにギャランVR-4から受け継いだ4G63型ターボエンジンと駆動系を搭載し、戦闘的なエクステリアを纏ったモデルをホモロゲーション取得のために発売したのが始まりでした。

初代は地元の友人が買ったっていう話をだいぶあとになって聞いた程度の関わりしかありませんでしたが、就職してクルマに乗るようになり、クルマにのめり込むようになってその存在を知るに至りました。それはちょうど、エボIIが完売になったあとのことでした。
その頃は新車どころか中古車すらほとんど流通していなかった時期。ペラッペラのカタログを穴が空くほど見てましたね。

その後、縁あってスバルのインプレッサWRX(初代)の中古車を買うことができました。

そう、ランエボはインプレッサとWRCでも市販車でも互いに競い合いトップの座を奪い合っていました。バイクで言えばHY戦争。やっぱり強大なライバルの存在は欠かせないものですね。

そんな時代、今では幻のように歴史から忘れ去られつつありますが、競技で勝つための開発や改良、それが市販車に反映されるという古き良き時代。日本車がごく普通のクラスのクルマでさえ、高い信頼性と性能を誇るまでに進化してこられたのも、このような背景があったからではないでしょうか。

ちなみに、ランエボやインプレッサ、セリカ、パルサー、レガシィなど、WRCのGroup-A規定では、使用される車両の改造範囲が厳しく規制されていました。そのため、各メーカはホモロゲーション取得のための市販車にあらかじめ必要な装備を設定していました。
つまり、改造が許されない箇所は最初からWRCスペックの装備としていたわけで、「過酷なレースでのノウハウをフィードバックした市販車」ではなく、「レースでのノウハウをフィードバックしつつ、そのままレースで使用できるほどの市販車」が製造されていたんですね。
Group-A時代、日本ではそのようなクルマが他国に比べると安価で、そして飛ぶように売れていたこともあって、ホモロゲーション獲得のための条件を比較的容易にクリア出来ていたので、日本車がWRCでトップを独占していたのは日本特有の市場があったためだと言われています。
c0147448_16223019.jpg
さて、ランエボは最終型となるエボXが発売されたのが2007年4月ですから、マイナーチェンジがあったとは言え、量産モデルとしては長く続いたほうではあります。
しかし、時代や価値観の移り変わりは無情なもの。21年続いた歴史にとうとう幕を下ろす時が来たんですね。

時代や流行は繰り返すもの、ではありますが、さすがにこういったクルマがまた新たに現れることは無いような気がします。

もともと保険料が高い上に、ガソリン価格の高騰、消費税と地球温暖化対策税の増税、古い車などの自動車税増税など、ランエボを取り巻く環境はますます悪化していくので、そのうち真剣に考えないといけないのかなぁと弱気になる気持ちも浮かんできたりしていましたが、ランエボ生産終了の話を聞いて、いま乗れるこのクルマに出来る限り乗り続けたい、と思い直しました。

今後の国産車にも、所有する喜びや愛着、運転する楽しさを与えてくれる、そんなクルマが生まれることを願います。
c0147448_165268.jpg

by group-a | 2014-03-31 16:52 | クルマ | Comments(0)
ランエボ、車検
2年前の記事のコピペです(笑)。いや、必要なとこは書き換え、、、ますよもちろん。

ウチのエボIX MRも3度目の車検、もう7年になるんですねぇ。

昨日からクルマを三菱のディーラー(関東三菱自動車販売)に預けていて、今日が引き取りです。
16時にクルマを受け取りに、代車で借りていたミラージュを走らせます。

今回は特に問題なし。
バッテリーが弱っている(充電能力不足)とのことですが、それは認識済み。走行距離が少なく、2月の大雪でだいぶ動かさなかったのでやむなしです。そのうちダメになったら取り替えます。

受付の段階で、燃料系統洗浄、ブレーキフルード交換、下廻り・エンジンルーム洗浄など、不要な作業はカット。

今回の費用はこちら。(カッコ内は2年前の金額)

重量税 24,600円(30,000円)
自賠責保険料(24か月) 27,840円(24,950円)
印紙代 1,100円(同左)
車検代行料 9,450円(同左)
--------------------
諸費用合計 62,990円(65,500円)

法定24か月点検 23,100円(同左)
シビアコンディション点検 2,100円(-)
ブレーキ分解・清掃・調整 6,720円(同左)
スロットルバルブ清掃調整 2,520円(同左)
検査機器による測定検査 8,400円(同左)

パーツクリーナー 1,680円(-)
ブレーキグリス 525円(-)
エンジンオイル交換 10W30 4.2L 4,200円(-)
ガスケット 136円(-)
--------------------
整備代合計 49,381円(67,887円)

合計 112,371円(133,387円)

前回より2万円ほど下がったとはいえ、大出費です。

今年はカタナも車検です。
c0147448_2032519.jpg

by group-a | 2014-03-09 20:26 | クルマ | Comments(0)
ランエボIX MR車検
ウチのエボIX MRも2度目の車検になりました。
昨日からクルマを三菱のディーラー(関東三菱自動車販売)に預けていて、今日が引き取りです。

鎌倉のバイクショップから帰宅してすぐ、17時ごろにクルマを受け取りに、代車で借りていたミニキャブトラックを走らせます。

見積もりのときの点検でオイル漏れが3か所あったらしく、それらはメーカー保証により無償交換・修理となりました。
・オイルパンシーリングからのオイル漏れ
 →オイルパンを取り外し、シール剤を付け直して装着。エンジンオイルも交換。
・オイルクーラーホースからのオイル漏れ
 →ホース交換
・右リヤショックアブソーバからのオイル漏れ
 →BILSTEIN製ダンパー、及び、ブッシュ等交換


そして、今回の費用はこちら。

重量税 30,000円
自賠責保険料(24か月) 24,950円
印紙代 1,100円
車検代行料 9,450円
--------------------
諸費用合計 65,500円

法定24か月点検 23,100円
ブレーキ分解・清掃・調整 6,720円
スロットルバルブ清掃調整 2,520円
燃料系統洗浄 1,575円
下廻り及びエンジンルーム洗浄 8,400円
検査機器による測定検査 8,400円
ブレーキ・クラッチオイル交換 3,360円

発煙筒 714円
ブレーキフルード 2,598円
タイヤ組み換え・バランス(タイヤ持込) 10,500円
--------------------
整備代合計 67,887円

合計 133,387円


上記以外に、事前にかかった費用は

タイヤ DUNLOP SP Sport MAXX 235/45R17 4本 49,000円
バッテリー Panasonic caos lite N-44B19L/CL 4,800円
Panasonic バッテリー寿命判定ユニット 1,575円
--------------------
合計 55,375円


すべての合計は・・・


188,762円


ちょっとねぇ、お金かかりすぎですよねぇ。。。

今年はカタナも車検です。
by group-a | 2012-03-15 23:07 | クルマ | Comments(0)
ランエボ、エンジンオイル交換
今日はクルマのエンジンオイル交換をしてきました。

クルマのエンジンオイル交換は自分でやるのは大変すぎますので、僕はプロ任せです。

インプレッサWRXに乗っていた頃まではカー用品店に通っては市販オイルを使っていましたが、ランエボIVに買い換えてからはメーカー指定の純正オイルで通しています。
あ、そういえば、エボIX MRの初回点検のときはMOTUL 5100(?)を入れたんだっけか・・・

エボIX MR車両を買ったのがモンスターインターナショナルだったので、初回点検もそこでやってもらったんですが、オイルは安いのでもMOTUL 5100だ、ってことなので仕方なく。それでも12,600円もかかったので、予想外の痛い出費でした。(純正オイルの3倍)
ちなみに、初回点検は事前に日時(開店時間直後の時間)を決めて時刻通りに行ったにもかかわらず、作業自体なかなか始まらず何時間も待たされたので、二度と行きません。

さて、今日は予約の14時に三菱のディーラーに到着、すぐに作業にかかってもらえました。

今、10項目の愛着点検+オイル交換のキャンペーンをやっているらしく、通常、4000円ぐらいかかるオイル交換が、点検付きで1000円で済みました!超おトク!!

併せて、エアコンのフィルターを交換してもらいました。
砂ぼこりや枯れ草のカケラがプリーツの奥にごく少量詰まっていましたが、全体的にはきれいでした。でもまぁ、3年8か月も無交換だったので、この機会に、と。

オイル交換とフィルター交換、工賃込みで6,460円。

ところで、前回のオイル交換は2010年3月12日。車検の時ですね。その時から8.5か月が経っていますが、走行距離はたったの1,550km。。。
c0147448_1728358.jpg

by group-a | 2010-11-28 17:52 | クルマ | Comments(0)
ランエボ ルギーニ、車検終了
昨日の午前中預けたクルマの車検が完了しました。
指定工場での検査なので陸運局に持ち込む必要がなく、短時間で済んでしまいます。

朝一番で取りに行ってきました。

駐車場につくと、見慣れたクルマがちょっと違う雰囲気(笑)
c0147448_1319818.jpg
おおっ!ホイールが替ってます。
10時開店のところ9時40分に着いてしまったので、不審者のようにうろうろと眺め回して待っていると、朝礼を終えたスタッフの方が出てきたので、開店前でしたが納車の手続きを始めてもらいました。

店内にはOUTLANDER ROADESTとRVRが展示されています。
c0147448_13223157.jpg
c0147448_13223967.jpg
ギャラン・フォルティスとランエボXから採用されたジェット戦闘機をイメージしたフロントマスクですが、この2台も同様のデザインになりました。しかしイカついですなー。

そういや、アウディA1が発表されましたが、かなり似ていますね。
アウディも今後、A1のようなフロントマスクに変わっていくようです。

さて、今回の車検にかかった費用ですが、以下のとおりです。

重量税 37,800円
自賠責保険料(24ヶ月) 22,470円
印紙代 1,100円
車検代行料 9,450円

法定24ヶ月点検 23,100円
シビアコンディション点検 2,100円
その他 清掃・点検・調整 9,240円
検査機器による測定検査 8,400円
パーツクリーナー 1,575円

エンジンオイル 10W30 4.5L 4,200円
オイルフィルター 1,470円
ガスケット 136円

タイヤ・ホイール組み換え作業 6,300円

値引 △3,341円

合計 124,000円
by group-a | 2010-03-13 13:41 | クルマ | Comments(0)
ランエボ ルギーニ、車検
2007年3月に納車されたウチのランエボ。あれから3年経って初回車検です。

車検は三菱のディーラーに完全お任せでやってもらうことにしました。けっこう費用がかかりますが・・・

今回はホイールの組み換えもやってもらうつもりなので、まず取り外されるノーマルホイールを洗っておきます。

年に何回かしか洗わないのでブレーキダストで真っ黒け。
でも、スポンジとお湯で洗い流すだけでピカピカになります。カタナのホイールもこんなに楽に洗えたらいいんだけどなー。
c0147448_12431379.jpg
ノーマルホイールを付けた最後の姿。
取り替えるホイールはノーマルとあんまり変わらないんですけどね。スポークの数は同じ、等間隔になるのと色が違うだけなので、それほどイメチェンにはならないかもね。

ま、仕上がりを楽しみに。

午前のうちに預けてきました。
by group-a | 2010-03-12 12:47 | クルマ | Comments(0)
ラリーアート、業務縮小
株式会社ラリーアート業務縮小の発表をしましたね。

廃止される業務、引用すると、

> 1. 弊社業務縮小に伴い、業務・運営を廃止するもの
> (1) モータースポーツユーザー支援全般(参加支援、技術支援、ドライバーオブザイヤー表彰等)
> (2) ラリーアートメンバーズクラブ(RMC)
> (3) ラリーアートオンラインショップ(インターネット通信販売)
> (4) ラリーアート主催のイベント(ドライバーズレッスン等)
> (5) ラリーアートメールマガジン、モータースポーツ情報発信(web等)

だそうで、ラリーアートパーツ、ラリーアートコレクションの販売は継続するそうです。

不採算業務の整理、っていうとことでしょうか。
しかし、この発表がさらなる縮小や完全撤退の序章である可能性もあるわけで、なんとも寂しい気持ちです。

三菱自は既にWRCやパリダカのワークス活動からも撤退していますし、日本の自動車メーカー全体、モータースポーツはもはや市販自動車の付加価値たり得ないということなのでしょうか。

日本の自動車メーカーはこれまで、もっとモータリゼーションの歴史が深い欧米のメーカーを相手に、F1をはじめとするロードレースやラリーの世界選手権で健闘し、後進からトップの座を勝ち取るまでになりました。
そして、その過酷な世界で磨かれた技術を惜しみなく市販車にも注ぎ、ようやく、世界に認められるところまで来たはずです。

ところが、最近は経営状況の悪化からか、モータースポーツなどの活動をやめてしまうメーカーが多く、そして国内で売れるクルマは一見するとモータースポーツとは無縁に見えるものばかりです。実際は、そのようなクルマにも多くの技術をフィードバックしているはずなのですが、無関心なユーザも多いのでしょう。

僕は、昨今のエコカーやEVなどの種類のクルマが、決して、モータースポーツとは無縁で相容れない、対極にある存在だとは思いません。むしろ、これからエコカーやEVがもっと進化するには、苛烈な環境で競い合い、また違った自然の脅威を克服する技術が必要だと思っています。
それは敢えてレースの世界でやる必然性はありませんが、成長する喜びをメーカーとユーザが分かち合う場や機会は必要なんじゃないでしょうか?

採算の取れない事業からの撤退、選択と集中、利益の追求。
営利企業が今後も存続していくにはそれが正しい経営判断なのかもしれないですが、クルマが好きな人たちだけでなく、それ以外の人にもクルマの夢を与え続け、将来の成長へとつながる道は、果たして今の選択の先にあるのでしょうか?

これはもちろん、三菱自動車だけでなく、すべてのメーカーによく考えていただきたいです。
by group-a | 2010-03-11 00:49 | クルマ | Comments(0)
第6弾 パジェロ 2007年ダカールラリー優勝車
三菱 パリダカ パジェロ ダイキャストカー・シリーズの第6弾、2007年ダカールラリー優勝車です。
これで全6台、フルコンプリート。
c0147448_23183541.jpg
2007年は三菱自動車がパジェロでパリダカに参戦して25年目だったそうですが、先に発表された通り、2009年で三菱はパリダカのワークス活動から撤退してしまいました。
従って、2007年モデルのこの車両は、これまでのパリダカ参戦の歴史の中で最後の勝利を収めた栄光の車両、ということになりました。

三菱自動車はパリダカからもWRCからも撤退してしまって今となっては非常に寂しい状況ですが、そもそも、日本のどのメーカーもモータスポーツの世界選手権から手を引いてしまい、もはや、モータスポーツでの活躍やテクノロジーのフィードバックは、日本車の付加価値ですら無くなったように思います。

さて、愚痴はともかく、第6弾のモデルカーには、増岡浩さんご自身が現地で採取した砂漠の砂が、直筆サインを入れた瓶に詰められて添付されていました。

ところで、「全6台ご購入のお客様にオリジナルパッケージプレゼント」とのことだったんですが、オリジナルパッケージって何?
by group-a | 2010-02-18 23:37 | モノ | Comments(0)
三菱 パリダカ パジェロ ダイキャストカー・シリーズ
現在5台目まで集まりました。
c0147448_818278.jpg
左から順に、
1985年ダカールラリー優勝車(ドライバー:パトリック・ザニロリ)
1992年ダカールラリー優勝車(ドライバー:ユベール・オリオール)
1997年ダカールラリー優勝車(ドライバー:篠塚建次郎)
・2001年ダカールラリー優勝車(ドライバー:ユタ・クラインシュミット)
・2003年ダカールラリー優勝車(ドライバー:増岡浩)

一番右の2003年モデルは、特別仕様として、増岡さんご自身が現地から持ち帰った砂を台座に塗布したものになっています。

残るは1台。

ちなみに上に乗っているのは、ランサーエボリューションIX Tuned by RALLIART、ランサーエボリューションVI(アイセルブルー)
by group-a | 2010-02-07 08:31 | モノ | Comments(0)
パジェロ 1992年、1997年ダカールラリー優勝車
第1弾のパジェロ 1985年ダカールラリー優勝車に続いて、第2弾、1992年と1997年の優勝車ダイキャストモデルカーが出ました。
c0147448_23105583.jpg
ユベール・オリオールのドライビングによって1992年に優勝した車両です。
以前の市販車ベースのマシンからチューブラーフレームを採用したレース専用のプロトタイプマシンに替わって2年目、見事、1・2・3フィニッシュの栄光を勝ち取った車両だそうです。
c0147448_23143956.jpg
こちらはご存知、篠塚建次郎のドライビングによって1997年に優勝した車両です。
プロトタイプカーによるハイスピード・ハイパワー競争は三菱とシトロエンの一騎撃ちの様相。そんな状況を問題視した主催側による車両規定の変更によって、三菱はプロトタイプカーでの参戦ができなくなったそうです。そこで、原点とも言うべき、市販車ベースでの参戦が復活。2代目パジェロをベースにしたラリーカーで参戦した1997年、いきなり優勝の栄誉を勝ち取ったのがこの車両です。

1991年に発売になった、この形の2代目パジェロはとにかく売れましたねぇ、ロングもショートも。
1992年に発売されたランサーエボリューションもWRCで大活躍でしたし、1990年代は三菱にとってラリーのイメージをより強くし、最も勢いのあった時代だったかもしれません。
by group-a | 2009-12-05 23:36 | モノ | Comments(0)