人気ブログランキング |
タグ:修理 ( 43 ) タグの人気記事
ブルーレイレコーダー修理
我が家のブルーレイレコーダーが故障しました。

家電品の故障というのは非常に困るもので、冷蔵庫、洗濯機が急に壊れて使えなくなると慌ててしまいます。
生活必需家電の故障は即座に困るので待ったなしですが、パソコン、テレビ、録画機器などの情報家電も、それが必要な者にとっては、やはり、困るものです。

東芝 REGZA ブルーレイレコーダー RD-BZ700

2010年に購入したものなので、いつ故障が出てもおかしくないな、とボンヤリ思っていたところにとうとう不具合が発生しました。

と言っても、視聴、録画、再生などの主な機能は全て問題なく、前面パネルの表示が出ないのとボタン操作が効かないというものでした。ただ、前面パネルには電源OFF時には時計ぐらいですが、電源ONにして使用している最中にはテレビ放送のチャンネル表示や録画中などのマーク表示、録画・再生時間表示などが出るので、これが全く見えないとなると、今どう動いているのかが判らなくなります。意外に困っちゃうのです。

リモコン操作で電源ON/OFFしても表示は全く出ないまま。AC電源コードをコンセントから抜いて、しばらく置いてコンセントに差し込むと、WAIT、という表示が出るので、完全に死んでいるわけではなさそうです。
c0147448_2382729.jpg
ところが、このあとしばらくすると画面の表示は全て消え、電源OFF時の時計表示も、電源ON時のチャンネル表示も出ません。
c0147448_2394065.jpg
筐体を開けて見てみると、メインボードとは別に、前面パネルの中にサブ基板があって、表示部やスイッチ類はそこに載っています。表示機能だけの不具合だとすると、このサブ基板を交換すれば直るかもしれません。

ともかくメーカーに修理に出してみました。

残念。9年前の旧い機種は保守部品も無くなっていて修理できません、と。
電話で報告を聞いた直後に、ヤフオクで部品か部品取り本体を物色していました。

それで入手したのが、液晶表示ボードを含むフロントパネル一式です。
c0147448_2314674.jpg
フロントパネルは手持ちのものを使いたいのでサブ基板だけを摘出して移植します。

※AC電源コードをコンセントから抜いてから作業開始します。くれぐれも電源につないだままやらないこと。壊れるだけでなく、感電の危険がありますので!

本体カバーを開けるとこうです。
c0147448_23153385.jpg
メイン基板と表示部のサブ基板とは1本のフレキケーブルでつながっています。丁寧にゆっくり引っ張れば抜けます。
c0147448_23162541.jpg
前面パネルは上面3箇所、側面左右2箇所、底面3箇所のツメで引っ掛けて止められています。
c0147448_23183835.jpg
c0147448_23184637.jpg
c0147448_23185589.jpg
ツメを慎重に持ち上げて鉄板の突起から外してあげるとパネルはゴッソリ取り外せます。
c0147448_231977.jpg
タッピングスクリュー6本を緩めればサブ基板は簡単に外せます。
c0147448_23195415.jpg
ホコリなどを吹き飛ばし、サブ基板を移植して元通り組み立て、さて、電源ON。

ドキドキのWAIT表示を経て・・・


c0147448_2321729.jpg
オォーー!!直りました!!

デスクトップPCと同様に、モジュール化された構成の電子機器は被疑箇所の部品さえ調達できれば簡単に直せるケースも多いです。基板に載っている部品単位で修理できるのは本物か変態です(笑)。
今回は部品取りの本体一式を調達するまでもなく修理できてよかったです。

外付けハードディスクに大量に溜め込んだ録画番組を無駄にせずに済んだし、めでたしめでたしです。
by group-a | 2019-11-12 23:25 | モノ | Comments(2)
シートカウル修理
いつの間にかガンマのシートカウルが破損していました。

あの時かなぁ・・・。(-_-#)

VJ21Aのシートカウルには片側に2つの突起があり、フレーム側に装着されたマウントブッシュの穴に差し込むようになっています。この突起の足が非常に繊細な作りで、簡単に根本から取れてしまいます。
c0147448_16374831.jpg
突起が取れてしまうのは持病というか、お約束みたいなもんなんですが、今のガンマを入手したときにはすべての突起がちゃんとついていたので、とっても残念な気分。

ということで修理します。

まず、接着剤の足付けのため、両方をペーパーで研ぎます。
c0147448_1732553.jpg
今回使うのはプラリペア。
c0147448_17323043.jpg
プラリペアの樹脂で継ぎ目を肉盛りして固めます。

液と粉を混ぜると化学反応して樹脂化するもののようで、出来上がる樹脂はアクリル樹脂の一種になるようです。それにしてもこの液、臭いがヤバいです。強い刺激臭がして気が変になりそう。換気を十分にしないといけませんね。

出来上がりはこのようになりました。あんまりキレイに出来ませんでしたね。
c0147448_17413390.jpg
他の用途も考えて白にしましたが、クリアか黒が良かったかな。。。
c0147448_17421010.jpg
かなり強力にくっついているようで、この感じだと次は突起が取れるかわりにカウルが割れてしまうかもしれません(苦笑)。
by group-a | 2016-03-26 17:46 | RGV250ガンマ | Comments(0)
修理完了
今日はガンマが帰ってきます。

その前に朝は宮ヶ瀬へ。
朝から洗濯をしたので出発は6時半過ぎ。水郷田名気温は4度、鳥屋の気温は2度でした。まだまだ寒いですね。
c0147448_1827395.jpg
それでも集まる人の数は徐々に増えていってます。今朝は11人でしたかね~。

ガンマ引き取りがあるので少し早めに帰るつもりでしたが、8:45ごろ、全員解散となりました。

カタナの今日の走行54km、給油6.26L、ハイオクガソリン価格108円/L
前回からの走行距離105.6km、燃費16.87km/L

一旦帰宅して、10:00、代車のスクーターで出発しました。保土ヶ谷バイパスを走れないので国道16号線をひたすら走り、10:50ごろ到着しました。わりと早かったかな?

分解して問題のあった部品を見てみると・・・

ウォーターポンプのシャフトはインペラー側にひどい錆。
c0147448_18354867.jpg
ステアリングステムのベアリングは、インナーレースとアウターレースに窪みや摩耗が見られます。打痕、というよりは長期間動かさなかったことで特定箇所に当たり続け、腐食が進んだものと思われます。
c0147448_1836523.jpg
c0147448_18365912.jpg
c0147448_1837565.jpg
ボールも錆で表面が荒れています。
c0147448_18373482.jpg
これで不安要素もかなり解消しました。

ということでトンボ返りで帰宅、ではなく、ついでに長者ヶ崎までひとっ走り!
c0147448_18453773.jpg
ステアリングの動きが非常に軽くスムーズになりました。
ところが、走っていると右足のブーツに何かしぶきがかかっています。よく見るとラジエーターの右下につながっているホースの口から冷却水が少し漏れています。漏れは少ないので帰宅してからバンドを増し締めします。

それともうひとつ。フロントフォークの突き出しがトップブリッジとツライチになっていました。これも帰宅してから修正。

やっぱり2ストは走ってて気持ちいいです。

今日の走行88km、給油11.62L、レギュラーガソリン価格96円/L
前回からの走行距離165.3km、燃費14.23km/L

帰宅後、ウォーターホースバンドの増し締めとフロントフォーク突き出し量の修正をしました。
c0147448_18513100.jpg
c0147448_18511133.jpg
冷却水漏れが治まるかどうかまだ判らないので、今日のところはカウルは装着せずにおきます。
それと、ちょっとあちこち汚いので徐々に磨いていきます。
by group-a | 2016-03-13 18:55 | RGV250ガンマ | Comments(2)
雨上がりにバイク屋へ
各地で猛烈な風が吹き、関東・北陸・東海・中国地方で春一番を観測したそうです。

昨日から降っていた雨は午前11時ごろには上がって日差しが出てきました。お昼すぎには路面も乾いたのでバイクで出かけようかと。宮ヶ瀬に行こうかと思いましたが、ポンプからの冷却水漏れ修理の話をしにバイク屋へ行くことにしました。

冷却水漏れはクラッチカバーのドレンホールから。11日の記事の通りの状況です。
c0147448_18505538.jpg
それと今日、カウルを外した時に気が付きましたが、左のカウルの内側に黄色い液体が。いつも猫のションベンに悩まされてますが、さすがにこんなところにつくはずはないので見てみると・・・
c0147448_18535567.jpg
シフトシャフトのオイルシールから漏れてますね。これも交換しないとなぁ。

13:20、家を出てすぐ国道16号線を南に向かって走り始めると延々と渋滞しています。やっぱ休みの日の昼に出かけるもんじゃないなぁと思いつつ先に進むと、途中、大型トラックが三角板を置いて左側に寄せて停車しています。故障車ですかね、そこから先は渋滞が解消したので良かったです。

それにしても暑いです。気温は22度を超えています。

14時過ぎにバイク屋に到着。
c0147448_1850635.jpg
ポンプのところからの液垂れはヒトコト言っただけですぐに話が通じました。今回は各部のシール交換、お任せにします。
入庫日を決めて、しばらく雑談してから帰宅しました。

今日の走行44km、給油6.04L、レギュラーガソリン価格102円/L
前回からの走行距離93.1km、燃費15.41km/L
by group-a | 2016-02-14 19:01 | RGV250ガンマ | Comments(0)
RGV250γ(VJ21A-J型)修理・整備記録
それはイキナリの大問題発覚で始まりました。

とある筋から手に入れた赤白/J型のRGV250γ(VJ21A)、ナンバー・自賠責は無く、タイヤもカチカチに硬化した状態で走行不可でしたのでトラックに載せて運搬中、タイヤを買いにショップに寄った時にこんな問題を持った車両であることが判りました。

続きを読む・・・
by group-a | 2015-06-20 23:52 | RGV250ガンマ | Comments(6)
Wi-Fi WALKER NAD11 部分フリーズ
WiMAX2+に接続できるWi-Fiモバイルルータ、NEC NAD11が少しおかしくなりました。

いつもどおりPCとはUSB接続、iPhoneやiPad miniとはWi-Fiで接続してインターネットにアクセスしていました。

ところが、PCとつないだり切ったりしているうちにUSBポートの反応が無くなってしまい、充電も出来なくなりました。それでもWi-Fiでは通信できるので完全に壊れてしまったわけではなさそうです。

リセットしたり電源OFF/ONしたりしても変わらず、しまいには工場出荷時の状態にまで初期化してしまいました。それでもUSBポートの反応が無いので、初期化されたまま再設定することが出来なくなってしまい、とうとう手詰まり。

買ってから8か月でメーカー保証が残っているので修理に出すかぁ、と諦めて会社の同僚にボヤいていたら、PC関連に詳しい人が「バッテリーが取り外せるなら、バッテリーを抜いて完全に電源を切ってみたら?」とのアドバイス。

言われたとおりにバッテリーを脱着してから再起動してみると・・・

直りました(笑)

おそらくファームウェアかデバイスの一部が、繰り返し行われる休止/復帰、接続/切断の結果、おかしくなってしまったのでしょう。

再起動しても電源OFF/ONしても直らないときは、バッテリーの脱着で直るかもしれないですよ。
c0147448_22541968.jpg

by group-a | 2015-04-02 22:57 | モノ | Comments(0)
ラジオSRF-M100、修理編
故障で音が出なくなったラジオ(SONY SRF-M100)の修理に取りかかります。

ところでこのラジオ、発売は1992年で今から22年ほど前になります。電子機器とて20年も経つと、大事にしていてもあちこちガタが来ます。半永久的に使えるものなんて滅多に無いんですね。

さて、修理に必要なものを並べてみました。
c0147448_16174790.jpg
半田ごて、糸はんだ、はんだ吸い取り線、こて先クリーナー、ワイヤーストリッパー、ピンセット、ルーペ(老眼には必須)。ほか、マイクロニッパーも使います。

今回、取り替える部品はこちら。
c0147448_16194124.jpg
経年劣化による容量抜け・液漏れが疑われるアルミ電解コンデンサー4個です。黄色丸印が470μF4V、水色丸印が220μF4V。

まず、はんだ吸い取り線を使ってはんだを除去し、コンデンサを抜きます。

抜いた220μF 4Vコンデンサと、代替の新品です。
c0147448_16224356.jpg
こちらは同規格の超小型タイプが入手できました。

そして470μF 4Vコンデンサと、代替の新品。
c0147448_16243892.jpg
新品は耐圧6.3Vのもので、高さが異なりますが、これしか入手できませんでした。470μFは基板に寝かせて取り付けます。

このように。
c0147448_1626224.jpg
c0147448_16262713.jpg
続いて、腐食で切れたプリントパターンをバイパスするジャンパー線を取り付けます。

一方はトランジスタQ10のピンに、
c0147448_16302766.jpg
もう一方はディスプレイ基板と接続するフレキケーブルのコネクタのピンに、
c0147448_16311369.jpg
ハンダ付けしたら形を整えておきます。
c0147448_16314147.jpg
以上で修理完了です。
c0147448_16321660.jpg
元通り組み立てて・・・
c0147448_16322960.jpg
スイッチON・・・

音が鳴りました!

こればかりは写真ではお伝えのしようが無いですが、無事成功しました。

今回ネットで調べましたが、いろいろなホームページ等で紹介されている不具合と修理内容はどれも同じでした。つまり、このラジオで音が出なくなるという不具合は大概、電解コンデンサ劣化が原因で起こると見て間違い無さそうです。
by group-a | 2014-04-12 16:37 | モノ | Comments(4)
ラジオSRF-M100が故障
SONYのAM STEREO対応ラジオSRF-M100が故障しました。

症状は、スイッチをONにしてチューナーは起動する(液晶表示が時計から周波数表示に変わる)のに音が出ない、というものです。
c0147448_1963697.jpg
このラジオは、基板のオーディオ出力端子とスピーカーの間をスプリングの圧着力だけで接続しているだけなので、接触不良を疑いましたが、ヘッドホン端子からも音が出ないので、どうやら持病が発病したようです。

故障箇所を診断するために分解します。

裏側の5か所のネジを外します。
c0147448_1971170.jpg
表カバーと裏カバーは四辺8か所の嵌合部で結合されています。表カバー側を手に持ち、裏カバーの側面を親指で内側に押しながら慎重に引っ張ると嵌合が外れます。

無事外れたら、電池ケースの上から出ているフレキケーブルを外し、4本のネジを外します。下の2本のネジは電池端子の固定も兼ねています。
c0147448_19125274.jpg
基板を外したあと、上の写真の赤丸印の電解コンデンサーを取り外します。

はんだ吸い取り線ではんだを除去し、丁寧にコンデンサを引き抜きます。

案の定、コンデンサからは電解液と見られるものが漏れているようで、基板との間に付着していました。

洗浄した後、よく見てみると・・・
c0147448_19154583.jpg
電解コンC65の足がささっていた穴の上のスルーホールが腐食して黒くなっています。当然、パターンが伸びる先との導通がありません。

故障の原因は、電解コンからの液漏れと、それによるパターン腐食でした。

取り外した電解コンは新品(取り寄せ中)に交換しますが、腐食で切れてしまったパターンもジャンパー線でつないであげなければなりません。
c0147448_19183513.jpg
写真の下半分(拡大写真)の黄色矢印の2点間をつなぎます。

修理は次回にて。
by group-a | 2014-03-27 19:21 | モノ | Comments(2)
USB HDD修理
BUFFALOのUSB HDD、HD-HES500U2の修理に取りかかりました。

被疑箇所はケースに内蔵されている電源回路

HD-HESU2はAC100V直結タイプで、ACアダプターではなく、電源回路が内部に入っています。そのため、OAタップやコンセント周りがスッキリするので個人的には好みだったんですが、その分、本体の故障率が上がるデメリットがありますね。

こちらが本体から取り出した電源ユニット。
c0147448_1994516.jpg
今回、交換を行うのは左側にある背の高い電解コンデンサー2個。
c0147448_19131359.jpg
てっぺんが少し盛り上がってます。

この前書いたように、電解コンデンサはSAMXONという中国の電解コンデンサーメーカの製品。1000μF 16Vと2200μF 10Vの2種類、どちらも耐熱105℃のものでした。

まず、裏面のはんだを取り除いてコンデンサーが取り外せるようにします。

はんだ吸い取り線を使ってはんだを除去します。半田ごては30Wのコテ先の細いもの。
電源層なんかがある多層基板じゃないのでワッテージは大丈夫だと思うんですが、コテ先が細すぎるからか、やや難航しました。昔、会社で使っていた電動ポンプ式のはんだ吸い取り器だったら10秒もかからなかったでしょうねぇ。

ようやく取り外せました。
c0147448_19205749.jpg
電解液の漏れはありませんでした。

それぞれ、新品の電解コンデンサーに取り替えます。
c0147448_19214927.jpg
用意したのは日本ケミコンの製品。

ハンダ付け完了。付着したフラックスはパーツクリーナーで洗浄しました。
c0147448_19245748.jpg
こんな感じ。
c0147448_19254853.jpg
元通り組み立てて電源ON。USBケーブルでPCに接続すると、正常に認識されました。
c0147448_19263751.jpg
ケースを元通り閉じて動作確認しましたが、正常に使えました!

恐らく、電源の出力側コンデンサーが劣化して、HDDに供給する電源が不安定になり、それで動いたり止まったりしてたのでしょう。

復旧したこのHDDは、バックアップ用としてまた活躍してもらいます。
by group-a | 2013-11-24 19:30 | モノ | Comments(4)
故障した外付けHDDユニットのチェック
10月に故障して使えなくなったBUFFALOの外付けHDDユニットをチェックしてみました

会社の同僚の方からSATA-USB変換ができるケーブルを借りて、ベアドライブの動作確認。
c0147448_041218.jpg
ドライブはWestern DigitalのWD5000AAKS。
すんなり認識して、今、ディスクチェックやってますが問題なさそうです。ドライブユニットは無事そうですね。

ということは、ケースの方でしょうか。 1つ、気になっていたのが電源回路の電解コンデンサ。
c0147448_044126.jpg
てっぺんが少し膨らんでいます。
c0147448_05019.jpg
1000μF 16V(青)と2200μF 10V(緑)の2個ですが、どっちも同じように膨らんでいますね。 おまけに青い方はちょこっと何か漏れ出てないかい?

これ以外にも47μF 200Vのが2個ありますが、こっちは2個とも膨らんではいないようです。
c0147448_053747.jpg
電解コンデンサは4個ともSAMXON製。香港に本社を置く中国の電解コンデンサメーカーのようです。

どうも電解コンデンサが怪しいですね。全部、日本メーカーのものに取り替えてみますかね。

余談ですが、コンデンサの保護フィルムに印字されている文字を読むのに、そのままだと老眼で全く見えないので、デジカメのマクロモードで撮影してやっと読めました(苦笑)。
細かい作業をやると目が疲れて、数分でショボショボの涙目になるし。若い頃は細かい作業を何時間やっても大丈夫だったのに、視力の低下、身体の老化は泣けてきますね。
by group-a | 2013-11-20 00:09 | モノ | Comments(2)